窓の雨音を止める方法

多くの人は雨が窓に与える騒音を楽しんでいますが、他の人にとってはそれが大きな気を散らす可能性があります。私と同じように、特に雨の多い地域に住んでいる場合は、窓の雨音を防ぐにはどうすればよいか疑問に思うかもしれません。さて、簡単な答えは次のとおりです。

窓の雨音を防ぐ最善の方法は、屋外に雨戸を取り付け、雨との間に別の層を設けることです。あるいは、室内に防音ブラインドやカーテンを設置して、騒音が聞こえないようにすることもできます。最後に、新しい厚い窓を取り付けることができます。

窓の雨音を止める方法

チェックアウト 防音窓に関する私のガイド.

この記事では、窓の雨音を止めるための最も効果的な解決策を見ていきます。これらのソリューションは一般的な窓の防音としても機能するため、他の騒音を遮断したい場合は試してみてください。

防音窓

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

試したことがある人なら誰でも 部屋を防音にする ウィンドウが問題のある領域であることは、事前にわかります。最大の問題は、堅固な壁と比較して、窓が比較的薄いことです。

ガラス自体が実際に伝達する音波は、他の多くの固体物体よりも少ないです。これを正しく理解するために、音波が物体をどのように伝わるのかを復習しましょう。

音が耳に入るまでは振動波です。これが空気中を伝わる仕組みです。波によって粒子が振動し、それが波をさらに遠くへ運びます。音波が固体物体 (壁など) に当たると、このプロセスが継続します。

音波は固体オブジェクト内の粒子を振動させ、音響エネルギーを一方の側からもう一方の側に伝達します。ただし、その過程で、一部のエネルギーは吸収され、一部は反射されます。物体を通過すると音が小さくなるのはこのためです。

ガラスはちょっと違いますが。として知られています アモルファス固体。つまり、これは粒子が固体物体に通常見られる結晶パターンではなく、ランダムに配置されていることを意味します。

これは、材料がより高いレベルの吸収と内部反射を有することを意味するため、防音目的に非常に適しています。しかし、本当の問題は、私が述べたように、窓が家の他の固体構造物よりもはるかに薄いことです。

について考えるときに考慮すべきもう 1 つのこと 防音窓 遮断しようとしている音が衝撃音なのか、それとも空気伝播騒音なのかです。これらの用語は一目瞭然ですが、たとえば次のとおりです。

  • 空気伝播騒音 誰かの叫び声や車のクラクションなど、空気中を伝わる音です。
  • 衝撃音 床を踏む足音や釘を打つ音など、物体を叩く音です。

衝撃音は一般に、騒音源が表面に近いため、固体物体を通して聞く方がより明瞭になります。実は直接接触しているんです。

雨が窓に当たると衝撃音が発生します。聞こえる音は文字通り、雨粒が窓の表面に当たる音です。大きな音ではないかもしれませんが、たとえば裏庭の木々を揺らす雨や風よりもはるかにクリアな音です。

窓の雨音を止める方法

窓に当たる雨音を防ぐためには衝撃音への対策が必要です。どれだけの時間があるか、どれだけのお金を費やしたいかに応じて、多くのオプションがあります。

このリストでは、安価でセットアップが簡単ないくつかの簡単な修正を取り上げます。ただし、この特定の問題を解決し、一般的により優れた防音性を提供する、より複雑なオプションもいくつかあります。ただし、それらはより高価です。

窓の雨音を止めるための私のおすすめの方法は次のとおりです。

1. いくつかのシャッターを取り付ける

最初のオプションはインストールすることです シャッター (関連記事) 窓と雨の間に別の層ができるため、屋外に設置してください。雨の音を止めることはできませんが、別の面で騒音が発生することになります。

主な利点は、シャッターと窓ガラスの間に空気の隙間があり、特に衝撃音による音の伝達を軽減できることです。

これを行うと問題は完全に解決されるはずです。雨の音は一般にそれほど大きくないため、別の固体表面を追加すると効果的です。

金属ではなく木材など、ある程度の防音特性を持つ素材で作られたシャッターを取り付けることをお勧めします。防音効果のある断熱材入りのシャッターもございます。

唯一の本当の欠点は、かなり高価になる可能性があることです。 DIYが得意でない限り、誰かにお金を払って取り付けてもらう必要があり、費用がかさむだけです。

また、シャッターを閉めると光を遮断します。つまり、日中に雨の音を遮断したい場合は、暗い部屋に座る必要があります。これで世界の終わりではありませんが、最大の解決策でもありません。

2. 窓が適切に断熱されていることを確認してください

Windowsのノイズ

二重窓は現在、ほとんどの家庭でかなり標準的になっています。複層ガラスのメリットは、断熱性と遮音性が高いことです。

これは 2 枚のガラスの間に空洞があるためです。キャビティはガス (通常はアルゴン) で満たされており、これにより窓を通過する熱と騒音の量が減少します。

時間の経過とともに、特に窓が適切に密閉されていない場合、このガスが漏れる可能性があります。空洞内の空気が多ければ多いほど、断熱効果は低くなります。

解決策は、窓を完全に交換するか、誰かを呼んで空洞にアルゴンガスを補充してもらうことです。これは通常、それほど高価ではなく、いずれにしても良いアイデアです。

また、次の点も考慮してください。

  • ガラスが厚ければ厚いほど、通過する音は少なくなります。
  • 三重ガラスの窓は二重ガラスよりも断熱性に優れています。
  • ガラス間の隙間が大きいほど断熱性が高くなります。
  • ウィンドウスペーサー 金属ではなくフォームで作られており、音の伝達を軽減します。

3. 断熱カーテンを取り付けます。

NICETOWN 遮光カーテンパネル 寝室用 - 3パス マイクロファイバー ノイズ低減 断熱ソリッドリングトップ 遮光ウィンドウドレープ (パネル2枚、52 x 84インチ、グレー)

防音カーテンは効果がないことが多いため、一般的には使用しないことをお勧めします。ただし、雨の音のような小さな騒音であれば、十分に機能します。

防音カーテンは、多くの場合、厚手の素材で作られたカーテン、または生地を何層にも重ねて作られたカーテンです。重くて柔軟な生地は音の伝達特性が低いため、これは窓を通過する騒音を軽減するのに役立ちます。

例えば防音カーテンなど これらのような アマゾンで 内側には太い黒い糸の層があります。これによりカーテンに重量が加わり、遮音性が向上します。

私のものをチェックしてください 防音カーテンのおすすめランキング.

シャッターと同様、主な欠点は室内の光の量を損なうことです。したがって、雨の音と光のどちらかを選択する必要がありますが、これは実際に雨音がどれだけ気を散らすかによって異なります。

防音カーテンは一定レベルの断熱効果も提供しており、多くの場合利点となります。寒い季節に部屋が少し寒い場合は、断熱カーテンを使用することをお勧めします。

4. 防音ブラインドをDIYで作る

自分で防音室を作る ブラインド 窓から入る騒音を軽減するための費用対効果が高く、簡単な方法です。最も技術的な部分は壁にブラインドローラーを取り付けることですが、すでにブラインドローラーを持っている場合は、残りは非常に簡単です。

次の機器が必要です。

  • 防音材(質量負荷ビニールなど)
  • お好みの生地
  • カーテンレール/ブラインドローラー
  • 接着剤とハサミまたはカッターナイフ
  1. 窓のサイズを測り、各側面と下部に 1 インチを追加します。
  2. MLV を寸法に合わせてカットし、平らにレイアウトします。
  3. 布地を同じサイズにカットし、MLV の前面 (部屋に面する側) に接着します。
  4. 接着剤を使用してブラインドの上部をブラインド ローラーに固定します。さらに安全に固定したい場合は、釘を 1 ~ 2 本使用します。
  5. ローラーを窓の前に吊るして完了です。

ブラインドローラーを使用することをお勧めします コネクタ (アマゾン)、所定の位置にロックするものが必要になるためです。これは、MLV がかなり重い製品であるため、ブラインドが自重で転がり落ちる傾向があるためです。

大量に充填されたビニールは、音波が接触しても振動しないため、防音に最適な製品です。代わりに、波を消散するだけなので、この種のプロジェクトに最適です。

他の多くのソリューションと同様に、防音ブラインドは使用中に光を遮断します。ただし、窓に当たる雨の音もしっかり遮断してくれるので、試してみる価値はあります。

さらに、これはおそらくこのリストの中で最も費用対効果の高い選択肢です(防音カーテンを購入することを除けば)。最も高価な部品は大量に装填されたビニールですが、他のさまざまな防音プロジェクトに予備を使用できます。

最終的な考え

この記事が、窓の雨音を止める方法についてのヒントになれば幸いです。お金に余裕がある場合は、窓をより最新のオプションに交換するのが、断熱性と防音性の両方の点で最適です。

ただし、手っ取り早い解決策を探している場合は、防音ブラインドを自分で作るとうまくいきます。

類似の投稿