硬質または発泡ボードの断熱ブロックは音を出しますか?

誰もが部屋で大音量で音楽を再生したいという衝動に駆られたことがあるはずです。ただし、家中の他の人に迷惑をかけずにこれを達成できるとは限りません。フォームボード断熱材が音楽のジレンマを完璧に解決できるかどうか疑問に思われるかもしれません。

フォームボードは非常に軽量で多孔質であるため、音を遮断しません。つまり、音波の通過を防ぐことができません。ただし、発泡ボードは音の反響や跳ね返りを防ぐ優れた吸音材です。

フォームボード断熱材は音をブロックしますか

この記事の残りの部分では、フォームボードについて知っておくべきことをすべて説明します。 遮音性, そのため、その仕組みをよりよく理解し、自分の音楽的ニーズに合わせて情報に基づいた決定を下すことができます。

フォームボード断熱ブロックが鳴らないのはなぜですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

フォームボード断熱材は最適な選択肢ではありません 部屋の防音壁全体を覆っても。これは、フォームが多孔質であるため、音が素材を通過するためです。

音を通過させる発泡体の能力の例は、カバーやイヤホンのクッションとして発泡体を使用していた古いスピーカーやイヤホンに見られます。泡は音をまったく遮断しないため、これらのデバイスは泡で完璧に機能しました。

音を遮断するには、泡よりも密度の高い物質が必要です。フォームは音を遮断するのではなく吸収します。これを理解するには、次の違いを理解することが重要です。 吸音性 そして閉塞。

音の遮断と音の吸収

音を遮断するのと吸音するのは全くの別物です。どのオプションを達成しようとしているかに応じて、異なる物質を使用する必要があります。

素材が音を吸収すると、部屋の中で音が反響したり跳ね返ったりするのを防ぐことができます。吸音材は音波を捕らえて熱に変換し、通過する音波を減らします。吸音材は通常、泡のように多孔質でスポンジ状です。

ただし、吸音材を使用しても音を遮断することはできません。たとえば、熱可塑性プラスチックは断熱性には優れていますが、防音性は劣ります。吸音性はありますが、効果を発揮するほどの質量はありません 吸音パネル.

一方、遮音は、音が特定の素材を通過するのを防ぐことを目的としています。これを効果的に達成するには、フォームよりも密度の高い素材を使用する必要があります。

発泡断熱材の用途

発泡断熱材が音を遮断する効果的な選択肢ではない場合、この材料は他にどのような用途を提供できるのでしょうか?

先ほども述べたように、発泡ボードは音の反響や跳ね返りを防ぐ吸音材です。大きな建物やジムやサロンなどのオープンエリアで非常に役立ちます。

音が発生すると、その音は空気中を伝わり、エネルギーが低下するまで伝わります。途中に壁、天井、床などの表面がある場合、音波はそこに当たり、すぐに跳ね返り、エネルギーを失うまで継続します。

表面が強ければ強いほど、音波をより効率的に押し返すことができます。だからこそ、誰もいない大きな建物に私たちの声が響くのです。重いリバーブは音の明瞭さを低下させるため、フォームボードなどの吸音材が役に立ちます。

部屋を防音にする方法

発泡ボードは音を遮断するのに最適な選択肢ではないことがわかりました。しかし、代替手段は何でしょうか?

防音材の設置

インストール中 防音材 特定の部屋から出る余分な音を遮断する優れた方法です。以下に、優れた遮音材の例をいくつか示します。

  • ミネラルウール
  • グラスファイバー
  • スプレーフォーム断熱材

これらのオプションについて詳しく説明します。

ミネラルウール

ミネラルウール断熱材は軽量で、熱特性と音響特性が向上しています。ミネラルウールの緻密な性質により、床、壁、さらには天井を通る熱や冷気の移動が妨げられます。さらに、騒音、振動、衝撃も吸収します。

ミネラルウッドとグラスウールの混合物で作られており、95%吸音性と優れた吸音性を備えています。 NRC 1.05 の値で、騒音の減衰と低減が向上します。

壁にミネラルウールを追加すると、部屋間の音の伝達が最小限に抑えられ、フィードバックやエコーが減少し、全体的な音質が向上します。

グラスファイバー

グラスファイバーは、ウールに紡がれ、小さなガラス繊維で強化された溶融プラスチックで構成される多孔質素材です。温度関連の断熱材としては古典的ですが、ミネラルウールのように音を吸収する効果もあります。

標準的な 3-1/2 インチ (8.89 cm) 厚のグラスファイバーバットを壁の空洞に使用する場合、 STC 評価は 35 から 39 に上げることができます。また、音は壁を通って伝わるとさらに減少します。

スプレーフォーム断熱材

スプレーフォームは遮音効果が非常に高いオプションです。気密シールを作成し、室内に騒音が閉じ込められるのを防ぎ、同時に外部の騒音を軽減します。

この代替案には、以前の選択肢では達成できなかった壁の隙間をスプレーフォームが覆う能力があるため、ミネラルウールやグラスファイバーよりも利点があります。ウールやグラスファイバーは固い素材だからです。

ただし、スプレー泡は密度が低いため、このオプションはミネラルウールやグラスファイバーほど効果的ではないことに注意することが重要です。スプレーフォームは一般に軽度の音遮断に使用されますが、ミネラルウールやグラスファイバーは騒音を完全に遮断できます。

家づくりで断熱性を考慮する

建物の断熱システムは、壁を通る空気の流れを減らすように設計されています。空気の流れが減少すると、音が減衰して遮断されます。通常、R 値が高い断熱材は、空気が壁を通過するのを防ぎ、音を低減する効果があります。

外壁の防音対策として、ドアや窓の周りにガスケットや発泡材を使用します。

音が外部から部屋内または部屋間へ伝わるもう 1 つの領域は、床、壁、天井が交差する場所です。移動を最小限に抑えたい場合は、ハウスメーカーと話し合って解決策を見つけてください。 1 つの方法は粘弾性減衰です。

内壁面には、より厚い乾式壁、二層乾式壁、または湿らせた乾式壁を設置できます。通常の乾式壁と比較して、湿った乾式壁は密度が高く、防音性に優れています。

最後に、調査を行うことをお勧めします。 NRC と STC について学び、住宅建設業者や知識のある人に防音工事を最適化するよう依頼してください。

こちらのビデオでは、自宅でできる音の遮断のヒントを紹介しています。

https://www.youtube.com/watch?v=xXHeIOEOiAA

結論

フォームボード断熱材は断熱効果はありますが、この材料は遮音パネルとして機能するほど重くありません。ただし、密閉された空間でのバウンスやエコーを軽減し、音質を向上させることができます。

ノイズの伝達を防止または低減するミネラルウールやグラスファイバーなどの高密度の素材を使用することで、音を完全に遮断することが可能です。通常、音を吸収して部屋に出入りするのを防ぐために、天井、床、壁、さらにはドアに設置されます。

情報源

類似の投稿