消音 – それは何ですか?どの素材が最適ですか?

消音は、吸音、消音、音響処理とも呼ばれます。

これらの用語はすべて、同じ方法を指します。 室内の音に影響を与え、改善する、部屋や建物に出入りする騒音を制限したり、旅行中に車内をより静かな場所にするのにも役立ちます。

防音の必要性から、多くの人が次のようなものを探しています。 適切な防音とは何か そして、防音に使用するのに最適な素材は何か。

消音とは何ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

消音とは、空間内の周波数の伝播を制限したり、空間に出入りする音を低減したりするために、領域に材料を適用するプロセスです。綿、吸音フォームとパネル、連続気泡断熱材、厚いカーペットはすべて、防音に適した素材です。

消音 – それは何ですか、そしてどの素材が最適ですか。

消音は防音とは異なり、他の目的にも役立ちます。防音材にはさまざまな種類があり、状況に応じて使い分ける必要があります。 生成されるサウンドの種類に大きく依存します、音が伝わる周波数、および音の発生源。

防音とは実際何なのか、そしてさまざまな状況で使用するのに最適な素材をいくつか見てみましょう。

消音 – 概要

防音とは、建物、部屋、または車に材料を取り付けることです 空間の内部での響きを改善するため 空間に出入りする音や騒音の量を制限します。

消音、または消音とも呼ばれます 音響処理、部屋の響きを改善する目的でレコーディングスタジオでよく使用されます。 追加する 壁、コーナー、その他の表面に防音材を塗布乾式壁や天井のスペース内だけでなく。

吸音材を使用することで、 取り除く 不要なエコーやリバーブ 室内での作業はあらゆる人にとって基本的なプロセスです レコーディングスタジオ、音楽の録音に使用されるかどうか 楽器やポッドキャストの録音にも。

防音材は、建物内のプライバシーと低レベルの騒音を維持しながら、住宅や他の建物を外部の騒音から遮断するためにも使用されます。これは通常、次のようにして実現されます 壁内に配置される連続気泡断熱材、家や建物の間仕切り、天井、床。

この防音効果は建物を防音にするものではありません。それでも、そうなります 外部の騒音が大きすぎるのを防ぐ また、大きな騒音が建物の外に出て近隣に迷惑をかけるのを防ぐのにも役立ちます。

これは、録音を目的とした建物だけでなく、録音を目的とした施設にも役立ちます。 作業場やワークスペースとして使用される 騒音が多く発生する場所。 

ダンス スタジオ、音楽学校、コールセンター、イベント会場、レストランなどの他の企業も、建物内でこのタイプの防音材を使用している可能性があります。 外部音源からの妨害を制限する 建物から漏れ出る音のレベルも軽減します。

非常に騒がしい車内を運転したことがある方なら分かると思いますが、 自動車の防音の必要性 同じように。

消音機能は、音楽や騒がしい環境に役立つだけでなく、消音機能なしで高速道路を走行している車内は不快です。 非常に不快な場所.

消音装置のない車は、次の理由により信じられないほどうるさくなります。 高速走行時の車外からのタイヤの轟音や風切り音。これらの音は予想よりも大きな音量に達するため、長時間さらされていると耳に悪影響を与える可能性さえあります。

このため、 車内の防音は重要です。この用途における消音は、外部発生源から車両に侵入する騒音の量を減らすことを目的としています。音が完全になくなることはありませんが、消音効果はあります。 騒音レベルを大幅に下げる.

消音と防音は違いますか?

防音は防音とは大きく異なります。 私の記事を読んでください 防音と消音.

防音工事とは、 すべての音が空間から出たり入ったりするのを防ぐ.

のプロセス 防音は防音よりもはるかに複雑です そしてゼロから始めます。建物は防音性を念頭に置いて特別に設計および建設される必要があります。

防音性はここまで あらゆる種類の外部振動をすべて排除します あらゆる周波数を音として生成または送信する可能性があります。

したがって、防音性を考慮して作られた多くの建物は、 建てられた 振動を吸収する特殊な基礎を備えた、彼らは持っています 防音材 建物の構造に組み込まれた防音技術や、 出発する 二重壁層間の空気層 に 特定の周波数をトラップするのに役立ちます.

こうした特殊な構造だけでなく、建物の内部構造も防音設計として設計されています。内部構造は次のとおりである必要があります。 防音を目的として設計された、通常どおりに構築されておらず、後で健全な処理が行われています。

部屋が防音であれば、それは絶対に許可されます 部屋に出入りする音やその他の周波数がないこと あらゆるソースから。

消音はまったく別のプロセスです。

防音という用語は、外部騒音のない空間を作ることや、すべての音が空間から出ないようにすることを指すのではなく、むしろ 騒音レベルとエリア内での音の移動方法を制限する.

消音は、音が外部からのものか内部からのものかに関係なく、室内の騒音レベルを制限しますが、 完全に音を遮断するわけではありません.

防音された部屋またはスペースは、部屋を作るために部屋またはエリア内に材料を追加することによって音響処理されています。 エコーと残響の点でより良く聞こえます 外部からの音をより静かにします。

防音には価値があるのか?

防音効果が期待できるのは、 高価で非常に長いプロセス.

関係する材料は高価であることが多く、必要な労力も高額になる可能性があり、各表面や音源に必要な正確な材料を見つけるのは困難な場合があります。 消音材を正しい位置と正しい寸法で実装する 完了するまでに非常に長い時間がかかる場合があります。

理由が何であれ、防音プロセスを検討している多くの人は、コスト、時間、調査、労力と支出を比較検討する必要があります。 防音効果の結果 彼らの状況において防音対策が実際に価値があるかどうかを判断します。

部屋の騒音を軽減する

部屋の騒音を軽減する

室内の防音は、 最も簡単、安価、そして最もシンプル 実装する 音の減衰。

部屋の騒音を軽減するために必要なのは、どのような音源によってどの周波数が発生しているのか、部屋内の音響上の問題のある領域がどこにあるのかをある程度理解することだけです。 問題を解決するための吸音フォームまたはパネル.

室内の防音プロセスには、通常、設置が含まれます。 音響 パネル、 音響フォーム、厚い敷物、部屋にあるその他の資料。

これらの材料は、屋根から吊るしたり、壁に取り付けたり、隅に置いたり、戦略的な場所に置いたりすることができます。 部屋内の音波の伝播を制限する、エコー、残響を除去し、部屋の外から来る騒音を和らげます。

特に難しい工程ではありませんが、 時間がかかる場合があります。マテリアルを適切にインストールするための適切なツールを入手するには、ある程度の金銭的および時間的な支出が発生する場合があります。

このタイプの防音材は、 比較的安価な、使用されている材料が簡単に見つかります。

録音用の部屋や作業場での大きな騒音を軽減するために防音材を使用する場合、 時間と努力をする価値がある より良い作業環境と、よりクリアで一貫した録音を実現します。

建物内の防音効果

家や完全な作業場などの建物全体の防音は、 防音プロジェクトの中で最も高価かつ困難なプロジェクト.

このタイプの防音材は、 空間を防音する最も効果的な方法、しかし、それは最も時間、労力、労力、そしてお金もかかります。

建物全体の防音、または音響処理を行うには、建物内およびその周囲で常に発生している音の種類と周波数を決定し、選択する必要があるなど、多くのプロセスに従う必要があります。 適切な目的に使用するための最も効率的でコスト効率の高い材料.

このレベルの防音には、天井や這うスペース内に材料を配置したり、壁に埋め込んだり、床を変更したりする必要があります。 構造内のあらゆる空洞を高密度の消音材料で埋める同じく。

ただし、これでプロセスが終了するわけではありません。防音プロセスは、すべての部屋の内部で継続する必要があります。 音の伝わるあらゆる場所に吸音材を設置コーナーや隅など。

建物に防音処理が施されるのは、 非常に高価で、材料を取り付けるには専門の作業者が必要です 消音の実装には、音源とその発する周波数を決定するために、多くの時間と手間がかかり、多くの計算が行われます。

この支出は、建物がその意図された目的で非常に長期間使用される場合にのみ価値があります。建物の防音に関わるすべての作業は、 より高品質の製品を生産することで金銭的利益を生み出す、高品質の録音、または建物内の従業員の生産性の向上など。

このプロジェクトを完了するのにかかるコストと時間が長く建物の有用性を妨げる場合、または防音効果を得るために支出が高すぎる場合、 各部屋の内部に音響処理を行う必要があります 建物全体の騒音を軽減する代わりに。

車内の防音対策

消音車両

通常、車両は組み立てられる工場で防音処理されます。搭載されている消音材は、 一般的に非常に効果的かつ効率的です.

ただし、車両を再構築している場合、または車両を所有している場合は、 新しい消音材を取り付ける必要がある非常に古い車両, 防音に価値がある理由と、価値がない理由がいくつかあります。

車内の防音効果はあくまでも 車両が高速で走行する場合には絶対に必要です、車両に大音量のサウンドシステムが搭載されている場合、または車両が砂利道で使用される場合。

車両が低速で走行しているとします。その場合、風切り音やタイヤ鳴きはあまり気にならないが、高速走行や長距離走行では、 車内のタイヤの轟音や風切り音が耳をつんざくほどに大きくなり、耐えられなくなる場合があります。.

問題の車両が非常に古く、最初に取り付けられていた消音材が劣化している場合 腐食または除去された、車内の風切り音やタイヤの轟音が深刻な問題になる可能性があります。

車に大音量のサウンド システムを取り付ける場合は、車外の人のためだけでなく、車外の人のためにもある程度の防音が必要になる場合があります。 車内の音質向上.

車両を長時間使用する場合は、追加の防音機能が役立つ場合があります。 砂利道での運転、主に砂利道で長距離を運転する場合に適しています。

車両の防音は、どの程度の防音を行う必要があるかによっては、費用のかかる試練になる可能性があります。 どのような材料が使用されているか、そしてその素材が減衰させることを目的とした音。

消音材に使用されている素材 車両の重量が増加する可能性があります、これは自分の車を高く評価している人にとっても重要な要素です。

車が古すぎたり、あまり価値がなかったり、あまり速く動かなかったり、金銭的支出が大きすぎたりする場合は、 不要なノイズと一緒に暮らすほうが良いかもしれません 車内。

防音に使用するのに最適な素材は何ですか?

サウンドトリートメント_アコースティックフォーム

消音材として市販されているものはたくさんありますが、次のようなものを見てみましょう。 業界標準の消音材 部屋、建物、車両の場合:

サウンドトリートメント/アコースティックフォーム

この特殊なフォーム素材は、特に 音を吸収または分散するように設計されています、周波数に応じて。

この素材は素晴らしい仕事をします 室内の不要な音の伝播に対処する、エコーや残響など。任意のサイズに形成およびトリミングすることもできます。さまざまな厚さと密度があり、比較的安価に購入できます。

ピュアコットン素材

綿は優れた防音素材です。それ 特殊な音響フォームと同等のパフォーマンスを発揮します 安価でありながら。

この素材は 汎用性が少し劣る、一部の周波数に対して効果を発揮するには、さらに多くの量が必要です。

綿はさまざまな形や大きさに作ることができます。 パネル、シート、パッド、カーペットなど。 デニムなどの素材にすることもでき、重ねて使用すると、密度が高いため、低周波音に対して非常に効果的な音響処理になります。

コットンは 耐熱性と難燃性、安価で多用途であるだけでなく。

ストーンウールオープンセル遮音材

この材料は魅力的であり、次の用途に非常に効果的です。 建物や部屋の内部構造.

この素材は 素晴らしい 吸音性があり、熱や湿気にも強い。使い方は簡単で、比較的安価に購入でき、すぐに入手できます。

この素材は、部屋から出る音と部屋に入る音を吸収するのに役立ちます。ストーンウールとそれに類する素材は、 全体的な音の減衰に最適です 正しく適用されれば、家、建物、作業場、またはスタジオに適用されます。

車両用ダイナマット

ダイナマットは、 消音材 あれは 防音車用に特別に設計されています および他の車両。

それは作られている ブチルゴムとアルミニウム製。粘着面があるため、垂直面に貼り付けたり、車の内装に滑らずに貼り付けることができます。

この素材は、足元、ドアの空洞の内側、トランク内、カーペットの下、ヘッドライナーの後ろなどに使用できます。 他に必要な場所ならどこでも.

この素材は、このクラスのリーダーです。 タイヤの轟音や風切り音などの音を軽減します。 車内。

結論

防音とは、部屋、建物、車両から出入りする騒音を和らげるプロセス、またはその方法です。 部屋の音響を良くして音響を良くする 録音またはその他の目的のため。

消音は防音を目的とするものではありません。 音質を向上させたり、ノイズレベルを低減したりする、音を完全に遮断するのではなく。

このプロセスにより改善されるのであれば、費用をかける価値は十分にあります。 車内の音質、建物、または部屋ですが、 それ 費用がかかり、困難なプロセスになる可能性がある.

消音には多くの材料を使用できます。それでも、その優れた点で専門家に好まれているものはいくつかあります。 優れた消音特性と用途.

空間の音を減衰させる場合は、存在する周波数を減衰させるために必ず適切な材料を使用してください。 特定の周波数範囲をターゲットにする、単に構造に密度を加えるのではなく。

研究を行い、時間をかけて使用するのに最適な材料を決定します。 防音の専門家のアドバイスを求める 自分でこのプロジェクトに取り組む前に!

参考文献

類似の投稿