防音効果のある間仕切りベスト 4: あなたの空間を防音に

防音ルームディバイダーは、プライバシーが必要な方や、部屋をさまざまな機能エリアに分けたい方にとって素晴らしいソリューションです。

騒音を効果的に低減し、2 つの空間の間に防音壁を提供します。市場には多くのオプションがあり、最適な防音ルームディバイダーを選択するのは難しい場合があります。

最高の防音ルームディバイダー

この記事の残りの部分では、入手可能な最高の防音ルームディバイダー 4 つを検討します。これらの製品と、それが空間の防音対策に優れたソリューションである理由について詳しく説明します。 

私のおすすめもチェックしてください 最高の防音カーテン

最高の防音ルームディバイダー

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

現在市場で入手可能な防音ルームディバイダーのトップ4は次のとおりです。

1. Versare VersiPanel 音響パーティションウォール – サウンドパネルルームディバイダー

Versare VersiPanel 吸音隔壁は最高のパフォーマンスを発揮します。 防音室 機能性とスタイリッシュさを両立したディバイダー。重量のあるフォームコアと音響リブ付き生地構造により、騒音を効果的に低減するように設計されています。 

複数のユニットを連結したり、さまざまな形状、構成、角度で配置したりするなど、柔軟に配置できるディバイダーは、レコーディングスタジオ、オフィス、教室など、さまざまなスペースに最適です。

これらのパネルは 0.30 の NRC (騒音低減係数) 評価を誇り、2 つの空間間を伝わる音を最大 30% まで遮断できます。このユニットは魅力的なマットブラックのフレームを備えており、ベルクロで簡単に取り付けることができるさまざまな吸音生地のカラーが用意されています。 

長所

  • 効果的な消音: Versare VersiPanel の重いフォームコアと吸音リブ付きファブリック構造により、騒音を低減するのに非常に効果的です。 NRC 評価は 0.30 で、最大 30% の音の通過をブロックできます。
  • 多彩な配置オプション: ディバイダーは複数のユニットと接続し、オプションの VersiFoot アクセサリを追加することで、「S」字型、「C」または「L」字型など、さまざまな形状に配置できます。これにより、さまざまな空間での使用が可能になります。
  • 耐久性があり、メンテナンスが簡単: ディバイダーは汚れにくい素材で作られており、プラスチック製の上部と下部のキャップが保護を強化し、寿命を延ばします。ロールアップベルクロデザインで保管も簡単で便利です。
  • 魅力的なデザイン: このディバイダーはスタイリッシュな色をいくつか用意しており、その魅力的な外観により、レコーディングスタジオ、オフィス、教室などで人気があります。
  • 取り付けが簡単: 複数のパネルの接続に使用される希土類磁石により確実な接続が確保され、ディバイダーの取り付けや必要に応じて再配置が簡単になります。

短所

  • 限られた音の低減: NRC 評価 0.30 は、最大 30% の音しか遮断しないため、より大きな音の低減が必要な場合には適さない可能性があります。
  • 料金: Versare VersiPanel は、市場で入手可能な他のオプションよりも高価であり、予算が限られている人には不向きです。 
  • 耐火規格ではありません: Versare VersiPanel は耐火等級ではないため、耐火等級が必要な特定の用途には適さない可能性があります。

2. Versare ワークステーション パーティション |ポータブルルームディバイダー 

Versare ワークステーション パーティションは、あらゆるオフィス環境にプライベート ワークスペースを作成するための多用途で便利なソリューションです。このポータブル ルーム ディバイダーは、ユーザー エクスペリエンスを向上させるために設計されたいくつかの機能を備えており、さまざまな用途に最適です。

ディバイダーは 1、2、および 3 パネルのオプションで自立しており、追加のハードウェアや壁への取り付けは必要ありません。特許取得済みの 360 度ヒンジにより完全に回転できるため、必要に応じてディバイダーの配置や位置を簡単に変更できます。さらに、全アルミニウムのフレーム構造とスチール製の支持ベースの組み合わせにより、ディバイダーに安定性と耐久性が与えられます。

長所

  • 特許取得済みの 360 度ヒンジで全回転可能: 360 度ヒンジを使用すると、ディバイダを任意の方向に回転できるため、必要に応じてディバイダの配置や位置を簡単に変更できます。
  • 優れた安定性と耐久性: 全アルミニウムフレーム構造により、ディバイダーの安定性と耐久性が向上し、頻繁な使用に耐えることができます。
  • タック可能な表面: ディバイダーの表面はタック可能なので、物を掛けやすく、汎用性が高まります。
  • さまざまなパネル オプションで利用可能: Versare ワークステーション パーティションには 1、2、および 3 パネルのオプションがあり、ユーザーは特定のニーズに合わせて適切なサイズと構成を選択できます。

短所

  • アクリル窓は気が散る可能性があります: ディバイダーの 24 インチ (61 cm) のアクリル窓は視認性を提供しますが、特に忙しい作業環境では、一部のユーザーにとっては気が散る可能性もあります。
  • すべてのオフィス環境には適していない可能性があります。 ディバイダーの自立型デザインは壁への取り付けや机のサポートを必要としませんが、これはすべてのオフィスのセットアップに適しているわけではありません。

3. ReFocus™ 生音響ルームディバイダー

ReFocus™ Raw Acoustic Room Divider は、オフィス、教室、家庭にプライベートで静かな空間を作り出すための多用途で実用的なソリューションです。自立型のデザインなので、設置や移動が簡単で、パネルは吸音率が高く、最大 85% の音を遮断するリサイクル素材で作られています。 

自立型デザインによりセットアップが簡単で、スチール製の脚は粉体塗装されており、耐久性と安定性がさらに向上しています。パネルはUL94-HB難燃規格を満たしており、どのような環境でも安全に使用できます。 

部屋の間仕切りの全体寸法は次のとおりです。 

  • 幅:60cm
  • 奥行き: 14.625 インチ (37 cm)
  • 身長: 62 インチ (157 センチメートル) 

部屋の仕切りは、粘着性のある表面のおかげで、プライバシーを強化し、騒音を軽減し、写真や文書を表示するのにも役立ちます。

長所

  • 高い吸音性評価: パネルに使用されている再生PET素材は0.85の高い吸音率を持っています。 騒音低減係数 (NRC)。
  • 自立型デザイン: ReFocus™ Raw Acoustic Room Divider は自立型デザインなので、セットアップや移動が簡単です。
  • 安定性と耐久性: スチール製の脚は耐久性と安定性を高めるために粉体塗装されており、パネルが所定の位置に留まります。 
  • UL94-HB 難燃性規格に適合: パネルはUL94-HB難燃規格を満たしており、どのような環境でも安全に使用できます。
  • タック可能な表面: ルームディバイダーの表面は粘着可能なので、写真や文書を表示できるため、多用途性が高まります。
  • 長期保証。 ルームディバイダーには 5 年間の欠陥保証が付いており、何か問題が発生した場合でも保証されます。

短所

  • 交通量の多い場所には適していません: ReFocus™ Raw Acoustic Room Divider は、激しい衝撃に耐えるように設計されていないため、交通量の多いエリアには最適な選択肢ではない可能性があります。
  • 軽量パネルとスチール脚。 ReFocus™ Raw Acoustic Room Divider の軽量パネルとスチール製の脚は、一部のユーザーが望むほど頑丈ではない可能性があり、部屋を効果的に分割する能力に影響を与える可能性があります。 
  • 回転ヒンジはありません。 部屋の仕切りには回転ヒンジがないため、さまざまな方向に回転できず、柔軟性が制限される可能性があります。  
  • 価格。 ReFocus™ Raw Acoustic Room Divider は他のオプションより高価な場合があり、予算に優しい選択肢ではありません。 

4. NICETOWNプライバシールームディバイダーカーテンスクリーンパーティション

NICETOWN プライバシー ルーム ディバイダー カーテン スクリーン パーティションは、どの部屋でも独立したスペースを作成できる手頃なソリューションです。これらの防音カーテンは重くて厚いポリエステル生地で作られており、14個のシルバーのグロメットが付いているので、簡単に吊るすことができます。 

カーテンは簡単に開閉できるため、必要に応じて光とプライバシーを確保できるため、柔軟な空間ソリューションが可能になります。カーテンの厚手の生地は音を反射するのではなく吸収するため、防音効果もあります。

これらの防音 部屋の間仕切りカーテン 持ち運びが可能で、オフィス、寮、カフェなどのさまざまな環境に適しています。

設置や梱包が簡単なので、一時的な環境や頻繁に変更する環境で別のスペースを作成する必要がある人にとって便利なオプションです。カーテンは掃除やメンテナンスも簡単で、低温での洗濯とアイロンがけが必要です。

長所

  • 生地の品質: 生地は非常に柔らかく、厚く、重い三重織りのポリエステルで作られており、耐久性があり、高品質で長持ちします。
  • 宇宙ソリューション: カーテンは壁を作らずに新しい空間を作り出すための一時的な解決策となるため、狭い空間に最適です。
  • 効果的な防音効果: 厚手のカーテンは、素材が音を反射するのではなく吸収するため、防音効果があります。そのため、工場や病院などの騒音の多い環境にも適しています。
  • 携帯性: カーテンは取り付けや梱包が簡単で、オフィススペース、共有寝室、倉庫スペース、カフェなど、さまざまな環境に適しています。

短所

  • ハードウェアは含まれていません: カーテンのみがパッケージに含まれているため、カーテンを吊るすための金具は別途購入する必要があります。 
  • アイロンが必要: カーテンは低温でアイロンをかける必要があるため、人によってはメンテナンスが困難です。

最終的な考え

防音ルームディバイダーはスペースを効果的に分離し、騒音を軽減するため、商業用または住宅用に最適です。

これらの部屋の仕切りには、軽量で持ち運び可能なカーテンから、難燃性素材で作られた耐久性のあるパネルまで、さまざまなスタイルがあります。適切なものの選択は、ニーズ、予算、環境によって異なります。 

この記事があなたのスペースに最適な防音間仕切りを見つけるのに役立つことを願っています。

類似の投稿