9 防音パネル: 吸音および吸音壁パネル

音の反射が周囲の騒音を大きく引き起こすレコーディングスタジオの場所に最高の防音パネルを設置する

録音やホームシアターの体験において、不要なノイズの干渉にイライラしたことがありますか?解決策は実装にあります 防音パネル、あらゆる空間のオーディオ品質を大幅に向上させることができます。

このブログ投稿では、9 つの最適な防音パネルを検討し、ニーズに合った適切な防音パネルを選択する際に考慮すべき要素について説明します。

短い概要

  • この記事では、トップ 10 の防音パネルの概要を説明し、その独自の機能と利点を紹介します。
  • 防音パネルを選択する際は、材質、NRC定格、パネルのサイズ、適用範囲などの要素を考慮してください。
  • ベストプラクティスに従って、防音パネルによる吸収を最大化してください。これらはすべての騒音レベルに対応する万能の解決策ではありません。

私のガイドをチェックしてください 室内に防音パネルを設置する.

最高の防音パネル

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音ソリューションの需要が高まるにつれ、市場で入手できる製品の種類も増えています。情報に基づいた決定を下せるよう、トップ9の防音パネルのリストを作成しました。

NRCは略称であることに注意してください 騒音低減係数 そして 以下の表内のすべてのリンクは、Amazon のそれぞれの製品リストにリンクしています。.

ランク製品材料NRC 評価
1Sonic Acoustics の吸音壁パネル高密度ポリエステル繊維0.92
2BUBOS アート音響パネル環境に優しい素材0.95
3DEKIRU防音パッド100% ポリエステル繊維0.92
4ATS Acoustics のパネルテクスチャード 100% ジュート、木製内部フレーム最大1個
5Auralex Acoustics Studiofoam ウェッジ高密度グラスファイバー0.8
6TroyStudio Acoustic Studio 吸収フォームパネル軽量のPVCプラスチック0.75
7泡状音響発泡卵箱パネルフォーム0.7
8Pro Studio Acoustics ウェッジフォームフォーム0.65
9Gator Frameworks 音響発泡ピラミッド パネルフォーム0.45

これらの防音パネルは、吸音効果、設置の容易さ、総合的なパフォーマンスに基づいて慎重に選択されています。

詳細を見て、各パネルの独自の機能と利点を発見してみましょう。

1. Sonic Acoustics の吸音壁パネル

Sonic Acoustics パネルは、高密度ポリエステル繊維で構成された、視覚的に魅力的で非常に効果的な防音ソリューションです。これらのサウンド パネルには次の機能があります。

  • スタイリッシュな六角形のハニカムデザイン

  • 優れた防音性能

  • 難燃剤

  • 無臭

  • 無毒

  • 滑り止め

  • 耐食性

  • 色褪せしにくい

パネルのサイズは 14 インチ x 12 インチ x 0.4 インチで、幅広い用途に適しています。これらのパネルの音響性能は、中高周波において優れています。

2. BUBOSアート音響パネル

BUBOS Art 音響パネルは優れた品質を誇り、現代的で洗練されたデザインを誇ります。環境に優しい素材で作られたこれらのパネルは取り付けが簡単で、3 つの異なる芸術的なパターンと、豊富な単色からお選びいただけます。

BUBOS アート パネルは以下の用途に適しています。

  • レコーディングスタジオ

  • KTV

  • オフィス

  • ホームシアター

  • その他の適用可能な設定

これらのパネルの NRC 評価は優れており、製品にご満足いただけない場合は、返品時に全額返金を受けることができます。

3. DEKIRU防音パッド

DEKIRU 防音パッドの構成:

  • 難燃性素材を使用した六角形のサウンドパネル

  • 面取りされたエッジと高密度のブレードにより音波を偏向し、エコーを防ぎます。

  • 100% ポリエステル繊維製

  • 視覚的に魅力的な美しさを実現する面取りされたエッジ。

DEKIRU 音響パネルは、消音パネルによって音を減衰させることで、可聴性を高め、エコーや残響を防ぎます。これらの防音パネルは以下の用途に推奨されます。

  • プロのスタジオ

  • リハーサル室

  • コンサートホール

  • オフィス

  • ホームシアター

  • その他の関連する設定。

4. ATS Acoustics によるパネル

ATS 音響パネルの特徴:

  • テクスチャードファブリックパネル

  • エッジとコーナーを保護する無垢材の内部フレーム

  • テクスチャーのある 100% ジュート製のカバー生地

  • 内部フレームは木材で構成されています

吸音パネルの NRC 評価は 0 ~ 1 の範囲にあり、優れた性能を発揮します。 吸音性 解決。

5. Auralex Acoustics Studiofoam ウェッジ

Auralex Acoustics Studiofoam Wedgies は、不要な音の反射やエコーを低減し、部屋の音響を向上させるように設計されています。この防音パネルには次のような特徴があります。

  • 高密度のグラスファイバーパネルで構成

  • NRC (騒音低減係数) 0.80

  • クラスB耐火等級

  • 効果的な吸音材

  • 取り付けが簡単

Wedgie は適応性が高く、スタジオに設置するのが簡単で、サウンドのスポット処理に役立ち、典型的なバックグラウンドノイズを最小限に抑えながらフラッターエコーや定在音波を低減します。

取り付けは、ベルクロ四角形または推奨されるスプレー式接着剤を使用して、簡単かつ迅速に行えます。

6. TroyStudio Acoustic Studio 音響フォームパネル

TroyStudio Acoustic Studio 吸音フォームパネルは、軽量の PVC プラスチックで作られた、防音壁パネルに最適な吸音フォームパネルです。

これらの多用途、環境に優しい、無毒のパネルは 0.75 という高い NRC 評価を誇り、ホーム レコーディング スタジオの壁に適しています。

これらの防音パネルのカバーエリアは優れているため、次の用途に最適です。 音響処理 さまざまな空間に。

TroyStudio Acoustic Studio 吸収フォーム パネルは、次のようなさまざまなシナリオで利用できます。

  • レコーディングスタジオ

  • コントロールルーム

  • ホームシアター

  • オフィス

  • ホームスタジオ

  • ボーカルブース

取り付けはスプレー接着剤(別売り)のみで簡単です。

7. 泡状音響発泡卵箱パネル

Foamily Egg Crate パネルは、卵箱の形状を特徴とする 2.5 インチのフォームパネルで、音波を吸収し、残響時間を短縮するのに非常に効果的です。これらの発泡パネルは一般的に次の用途に使用されます。

  • レコーディングスタジオ

  • ホームシアター

  • 放送スタジオ

  • その他多数の産業および商業施設。

これらのパネルは音のエコーや残響を軽減する効果があるため、オーディオ結果を向上させるための一般的な選択肢となっています。

8. Pro Studio Acoustics ウェッジフォーム

Pro Studio Acoustics Wedge Foam は、0.65 の騒音低減係数 (NRC) を誇り、難燃性を備えた経済的なオプションです。

これらのパネルは、特に小規模から中規模のスペースで、定在波とフラッターエコーを軽減することで部屋の音響を調整するのに役立ちます。

これらの音響パネルは 12 個パックで $69.99 で Amazon で購入できるため、音質を向上させたい人にとっては手頃な価格の代替品となります。

9. Gator Frameworks 音響発泡ピラミッドパネル

Gator Frameworks 音響フォーム ピラミッド パネルは、あらゆる部屋の音響を強化します。望ましくない音の反射を吸収するように設計されており、音響をより細かく制御できます。

これらのピラミッド型発泡壁パネルは騒音低減係数 (NRC) が 0.45 で、室内音響の改善に効果的です。

3 つの色と 2 枚、4 枚、または 8 枚のパックがあり、これらのパネルは両面テープまたは接着剤で簡単に取り付けられます。

防音パネルを選択する際に考慮すべき要素

騒音低減係数を備えた吸音発泡パネルのイメージ

適切な防音パネルを選択するのは難しい作業のように思えるかもしれませんが、適切なガイドがあれば、簡単に行うことができます。

このセクションでは、ニーズに最適な防音パネルを選択する際に考慮すべき要素について説明します。

市場で入手可能なさまざまなオプションを検討するときは、これらの要素を念頭に置いてください。

材料

防音パネルに使用される材料は、音を吸収、拡散、遮断し、騒音レベルを低減し、全体的な音質を高める効果において重要な役割を果たします。防音パネルに最も効果的な材料には次のようなものがあります。

  • 音響泡

  • グラスファイバー

  • ミネラルウール

  • 大量充填ビニール (MLV)

  • 木材の代替品

パネルが厚く密度が高いほど、音を吸収し、不要な騒音公害を軽減する効果が高くなる傾向にあり、選択したパネルの持続可能性と環境への優しさを評価することが不可欠です。

NRC 評価

騒音低減係数 (NRC) 評価は、製品の騒音低減効率の尺度であり、範囲は 0 ~ 1 です。この評価は、パネルが吸収する音の割合に直接相関するため、重要です。

最大の効果、音質の向上、音の明瞭さを確保するには、高い NRC 評価のパネルを選択することが不可欠です。最適な防音用途には、NRC 1.0 以上の材料が推奨されます。

パネルのサイズとカバー範囲

パネルのサイズは防音するスペースのサイズに比例します。小さなパネルは小さな部屋に適していますが、大きなスペースには大きなパネルが必要です。

一般的なガイドラインとして、15-25% の壁面領域を吸音パネルで覆うことが、違いを観察するための適切な開始点となります。

吸音パネルの標準サイズは幅 2 フィート、長さ 4 フィートですが、パネルが大きいほどより多くの音を吸収します。特定の要件に合わせて最適なパネル サイズとカバレッジを考慮することが重要です。

設置方法

防音パネルの設置方法は、パネルの種類やニーズによって異なります。

硬質パネルなどの一部のパネルは吊り金具を使用して硬い表面に取り付けることができますが、ほとんどの発泡パネルは木材またはボール紙に取り付けることができます。

Zクリップシステムは、防音パネルをZクリップに固定して壁または天井に固定する、簡単で効率的な防音パネルの設置方法です。

防音パネルを設置するときは、地域の建築基準および規制を確実に遵守することが重要です。

予算

事前に予算を立てることで、パネルの長期的な価値や、設置や維持のコストを考慮することができます。

防音壁パネルのコストは、壁に追加する防音材の費用として 1 平方フィートあたり約 $1 ~ $5 の範囲ですが、防音乾式壁パネルの費用はパネルあたり約 $40 ~ $60 です。

費用はパネルのサイズ、材質、品質によって異なる場合があるため、ニーズと要件に適した予算を設定することが重要です。

防音パネルの設置方法

吸音タイルを使用した吸音発泡タイルのイメージ

あなたの空間に最適な防音パネルを選択したら、いよいよ設置します。このセクションでは、吸音性に優れた防音壁パネルの設置方法をステップごとに説明します。

設置プロセスはパネルの種類や特定のニーズによって異なる場合がありますが、これらの一般的なガイドラインは開始に役立ちます。

  1. 外部ノイズの発生源を特定し、パネルの最適な位置を決定します。

  2. パネルが重い場合は、乾式壁の損傷を避けるためにスタッドに取り付ける必要がある場合があるため、壁にスタッドの位置をチョークまたは鉛筆でマークします。

  3. 屋根用釘または別の適切な設置方法 (セクション 2.4 で説明) を使用して、吸音パネルを間柱に固定します。

  4. 内部の音を遮断するには、継ぎ目をバリアテープで密閉することが不可欠です。音の漏れを防ぎます。

  5. 遮音パネルをバリア層の上に配置し、均等な間隔と水平を確保します。

  6. 該当する場合は、レール間に吸音パネルを備えた防音システムを設置する必要があります。これはより良いものに役立ちます 遮音性.

  7. 石膏ボードとバストラップを設置すると、空間の音響を大幅に改善できます。これらの要素により良好なサウンドコントロールが保証され、音質が向上します。

  8. 残りの隙間をシーラントで埋め、業界標準に従って壁を仕上げます。

防音パネルで音波の吸音性を最大限に高めるためのヒント

防音壁パネルを最大限に活用するには、パネルの配置と設置に関するいくつかのベスト プラクティスに従うことが重要です。

吸音性を高め、完璧な音響環境を作り出すための実践的なヒントとコツをいくつか紹介します。

  1. 防音パネルは、スピーカーの近くおよびリスナーの後ろに慎重に配置する必要があります。これにより、最適な吸収が確保され、ポッドキャスト、ウェビナー、ビデオにプロフェッショナルなサウンドが得られます。

  2. エアギャップを作るために、壁から少なくとも 2 インチ離してパネルを取り付けます。

  3. パネルのサイズと形状を組み合わせて、最適な吸音性を確保しながら、美しいデザインを作成します。

防音壁パネルを設置する際にこれらのヒントを念頭に置いておけば、より快適な音響環境を作り出すことができるでしょう。

防音パネルに関するよくある誤解

防音パネルに関してよくある誤解がいくつかあり、対処しなければ混乱や失望を招く可能性があります。

このセクションでは、これらの誤解のいくつかを暴き、パネルの有効性と限界についての誤解を明らかにします。

誤解: 防音パネルは防音対策の万能薬です。パネルの有効性は、使用される音の種類やその他の騒音低減技術によって決まります。

最良の結果を達成するには、パネルを他の戦略と組み合わせることが不可欠です。

通説: すべての防音パネルは平等に作られています。パネルの有効性は以下によって決まります。

  • 材料

  • 厚さ

  • 密度

  • NRC評価

特定のニーズと予算に応じて適切なパネルを選択することが重要です。

誤解: 防音パネルはレコーディング スタジオ専用です。これらのパネルはレコーディング スタジオでよく使用されますが、ホーム シアター、オフィス、および音響の改善が必要なその他のスペースでも効果的です。

これらの誤解を正すことで、吸音パネルを選択および使用する際に、より適切な情報に基づいた決定を下すことができます。

まとめ

結論として、防音パネルは、あらゆる空間の音響を改善するための効果的なソリューションを提供します。

適切なパネル素材、NRC 評価、サイズ、適用範囲を選択し、適切な設置方法とベスト プラクティスに従うことで、吸音性を最大化し、優れた音響環境を作り出すことができます。

したがって、レコーディング スタジオ、ホーム シアター、またはオフィスのオーディオ品質を向上させたい場合でも、防音パネルは検討する価値のある投資です。

よくある質問

遮音パネルは機能しますか?

吸音パネルはスペース間の周囲の騒音レベルを低減できるため、集中力と生産性を維持するのに役立ちます。ただし、音を完全に遮断する効果的な方法ではありません。

100%の防音方法は?

100% の防音を実現するには、1.6 cm 乾式壁を使用して厚い壁を最初から構築し、吸音接着剤と壁パッドを使用してより多くの音を吸収し、空隙を作成し、床を浮かせ、断熱パッドを使用し、発泡ガスケットで隙間を密閉し、ドアスイープを取り付けます。 。

これらの手順は、音の伝達を減らし、より平和な環境を作り出すのに役立ちます。最良の結果を確実に得るには、適切な材料と技術を使用することが重要です。たとえば、乾式壁は音を遮断するのに十分な厚さである必要があり、密閉性を確保するために音響接着剤を使用する必要があります。さらに、壁のパッドとエアギャップは音の吸収に役立ち、絶縁パッドとフォームガスケットは音の吸収に役立ちます。

どのようなパネルが音を軽減できるのでしょうか?

吸音フォームパネルは、騒音を吸収し、残響やエコーを低減するため、音を低減するのに最適な方法です。

壁に最適な防音材は何ですか?

Roxul Rockboard などの紡績ミネラルウールと溶岩から作られた遮音パネルは、優れた消音機能を備えており、壁や天井の防音に最適なオプションです。

騒音低減係数 (NRC) 評価とは何ですか?

騒音低減係数 (NRC) 評価は、製品の騒音低減効率を 0 から 1 の範囲で表す尺度であり、消音パネルによって吸収される音の割合と直接相関します。

NRC 評価は、残響を軽減し、音質を向上させるのに役立つため、空間に音響パネルを選択する際に考慮すべき重要な要素です。

類似の投稿