強化ガラスは防音性が高いのでしょうか?

現代社会では防音対策が当たり前になっており、窓を交換する際には、強化ガラスが十分な防音効果を発揮するかどうかが重要な要素となります。

他の種類のガラスよりもコストが安く、耐久性が高いため、多くの住宅所有者が強化ガラスを検討しています。これらの要因により、強化ガラスは費用対効果の高いガラスとなっていますが、防音という観点から見ると、強化ガラスは理想的な材料の選択ではない可能性があることが研究で判明しています。

他の種類のガラスと比較して、強化ガラスは防音性が高いとは広く認識されていません。強化ガラスは、その強度と耐久性のために広く使用されています。一方、合わせガラスは通常、防音のために好まれます。

強化ガラスは防音性が高いですか

以下では、強化ガラスが防音に考慮される状況と、強化ガラスのみよりも防音性が高い可能性のある他の防音代替品について検討します。

強化ガラスを防音に使用できる場所

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

私たちの現代世界は、これまで以上に多くのノイズに満ちています。交通、芝生管理設備、建設、 大音量の音楽、騒音公害の発生源は無限にある可能性があります。余分な騒音に対処する最も簡単な方法の 1 つは、適切な防音対策を講じることです。

防音に最適な素材 最も密度の高いものになる傾向があります。木材、鉛、レンガ、 パーティクルボード 私たちの家を構成するために使用されているものは、防音のための最良の選択肢の一部となる傾向があります。ただし、Windows のオプションはほとんど残されていません。

強化ガラスが広く使用されない主な理由 防音窓 それは、防音性よりも耐久性を重視して作られているということです。ガラスを強化するために使用される方法には、通常のガラス板を急速に加熱および冷却することが含まれます。結果として得られる強化ガラスは、衝撃に対する耐久性が向上し、より安全に破損することができます。

破損のリスクが最も高い 1 階の窓の破損を検討する場合、危険な窓の破損を回避するには強化ガラスが推奨されます。芝刈り機が蹴り上げた石や棒、天候、近所の子供たちの野球ボールなどが、強化ガラスを最適な選択肢にする可能性があります。強化ガラスは柔軟性にも優れているため、強風が吹きやすい地域や雹が降りやすい地域でも役立ちます。

強化ガラスと合わせガラスの違いは何ですか?

プロジェクトにおいて耐久性ではなく、厳密にガラスの防音性を重視する場合、強化ガラスと合わせガラスのどちらを使用するかという議論が重要になります。合わせガラスの防音性能が異なる主な理由は、その製造方法にあります。

合わせガラスは、2 枚の標準的なガラスを使用し、それらの間にプラスチックの層を挟んで融合させることによって作成されます。プラスチックの層を追加すると、ガラスの密度が増し、通過する騒音の量が減少します。 3 枚ガラスの窓もありますが、音響透過クラスのスケールのほとんどの比較では、騒音低減効果は 2 枚ガラスまたは 3 枚ガラスの窓によってそれほど変化しないことが示されています。

合わせガラスは、音響キャンセルを念頭に置いて特別に断熱することができます。断熱材は空気を隔てたガラスよりも効率的であり、ガラス間の騒音の反響を許容します。 比較のために、いくつかのタイプの断熱合わせガラスは、モルタルで貼り合わせた 4 インチのレンガと同等の音響透過クラスを持っています。

合わせガラスはこのプロセスのため、強化ガラスよりも価格が高くなる傾向があります。合わせガラスの場合、コストが 2 倍以上になることもあります。合わせガラスが強化ガラスに勝るもう 1 つの利点は、割れたときに合わせガラスがプラスチックのバリアに張り付き、小さな破片に砕けないことです。

強化ガラスのその他の利点

上記の耐久性と安全性以外にも、窓のオプションとして強化ガラスを検討する理由は他にもたくさんあります。ご自宅の効率を向上させるために強化ガラスに追加できるオプションのコーティングがあります。

強化ガラスに低放射率コーティングを確実に施すと、窓を通過する有害な紫外線や赤外線の量を大幅に減らすことができます。このコーティングは、自然光を透過させながら、有害な光に対する反射バリアを作成します。

吸音ガラスを使用した強化ガラスについては、さらに考慮できる仕様があります。 これらの釉薬は、窓ガラスを通過する屋外から屋内への騒音伝達の量を大幅に減らすのに役立ちます。 窓ガラス間のスペースも調整して、ご家庭やビジネスに最適なオプションを提供できます。

このバリアは、温度上昇の原因となる光波を遮断することで、家の内部を涼しく保つのにも役立ちます。コストとエネルギー効率が問題になる場合、強化ガラスには通常、特殊なシーリングとコーティングについて同様のオプションがあります。

なぜ防音工事は難しいのでしょうか?

防音性は、空間の障壁が音波をどれだけ遮断するかによって決まります。音の周波数は、音波の種類と音のピッチに直接関係します。最善の防音対策を講じたとしても、周波数によっては遮断することが難しい騒音もあります。

雷や重低音などの低音は、家の中で打ち消すのは困難です。音の周波数は、周囲の世界の自然音響に反して作用します。空気の空間が広いと、音波が室内に反響します。

防音の代わりに強化ガラスを使用することを選択した場合でも、防音機能の低下を補う方法はまだたくさんあります。騒音源と空間の間の障壁が増えるほど、空間の騒音低減はより効果的になります。

強化ガラスの防音性を向上させる方法

強化ガラスの耐久性と防音性を天秤にかけても、やはり強化ガラスを使用することが最も合理的であると判断するプロジェクトもあるでしょう。強化ガラスを使用する際に発生する防音性の低下を補うためのオプションがいくつかあります。主なアイデアは、自分の空間と入ってくる音の間にできるだけ多くの障壁を作ることです。

窓を適切に断熱することは、騒音の伝達を軽減するのに役立つステップとなります。窓に空気が入る隙間がないようにするために使用できる防音シーラント、テープ、フォームがあります。すべての窓とドアが適切に断熱されていることを確認することが重要な最初のステップです。

もう1つのオプションは、室内に追加できるノイズキャンセリングカーテンです。それらは厚い素材で作られており、通過する音波を減衰させるのに役立ちます。これらはそうではありません 完全防音の部屋、ただし、通過する騒音公害を軽減するのに役立ちます。

防音パネル

防音とは、結局のところ、あなたと騒音源との間に最高密度の素材を置くということです。カスタム サイズのノイズ キャンセリング ウィンドウ パネルは、さまざまな商用再販業者から入手できるほか、自分で作成することもできます。

これらのパネルは、単なるダンパーではなく、実際の防音壁として作られています。材質はグラスファイバーから他の消音材までさまざまです。追加のレイヤーにより、オーバーラップを考慮できるため、より正確なノイズキャンセルが可能になります。カスタムメイドの防音パネルは効果的ではありますが、ノイズキャンセリングの高価な代替品になる可能性があります。

グラスファイバーのパネルを自作したり、 防音フォーム コスト的にも優れたオプションとなる可能性があります。ノイズキャンセリング特性を最大限に高めるには、パネルを取り付けるためのオーバーハングを含む窓のサイズを測り、パネルを適切に固定することが重要です。パネルを自作する利点の 1 つは、インテリア デザインに合わせてカバーを柔軟にカスタマイズできることです。

情報源

類似の投稿