6つのステップで屋根を防音する方法

騒音の多い環境に住んでいる場合、屋根を通しても騒音が伝わる可能性があります。それはまったく迷惑です。幸いなことに、屋根を防音して不要な騒音を軽減することができます。

屋根を防音する方法

屋根の騒音には2種類あります。 衝撃音と空気伝播騒音。屋根から聞こえる音の種類がわかれば、防音方法を決めることができます。屋根の騒音低減には次のような種類があります。

  • 吸収
  • デカップリング
  • ダンピング
  • 質量

ただし、屋根から異音が発生する理由を知る必要があります。そうすることで、効果的な騒音低減のための適切な防音方法を行うことができます。

屋根を正しく防音する方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

頭上音は耳障りな騒音の一種です。周囲の音、近所のペットが屋根の上を歩く足音、家の横の木から果物が落ちる音などは、睡眠中に邪魔になることがあります。

不要な騒音を取り除くには、屋根を防音する必要があります。その手順は以下のとおりです。

  1. 防音塗料を使用する
  2. 屋根裏部屋を断熱する
  3. 天井を防音にする
  4. 屋根下地材を設置します
  5. 屋根パネルを締めます
  6. 屋根のプロファイルを確認する

次に、上記の各方法を詳しく見てみましょう。

1. 防音塗料を使用する

屋根の防音対策の重要なステップの 1 つは、屋根を通過する音を減衰させることです。この作業を完了するには、防音製品の購入を検討してください。

たとえば、ゴムまたはラテックスベースの消音塗料を使用できます。金属屋根の既存の塗装に簡単に適用できます。

屋根に物が落ちたり、風が当たったりすると、その金属素材から鳴り響く音が発生します。ゴムベースのペイントを使用すると、この騒音を和らげることができるため、家で休んでいるときに気を散らすことが少なくなります。

また、必ず3層以上の塗装を行ってください。また、塗布する各コーティングが厚いことも重要です。

屋根をペンキで防音する方法

2. 屋根裏部屋を断熱する

屋根裏部屋を断熱することは、屋根を防音するための優れたステップです。その理由は、このエリアが屋根に最も近いためです。

屋根裏部屋を防音するには、断熱製品や防音製品を使用できます。このような材料は屋根の騒音を抑えるだけでなく、家の温度を維持します。

たとえば、高密度の綿を追加すると、音波や振動を吸収し、屋根を防音します。取り付けるには、金属または木のスタッドと天井と壁のフレームの間に配置する必要があります。

さらに、設置プロセスは屋根裏部屋がどのように仕上げられているかによって異なります。

3. 天井の防音対策

高密度素材が音を遮断します。このため、天井と家の間に物理的な障壁を追加すると、音が耳に伝わるのを防ぐことができます。

天井に断熱材がない場合は、遮音材を追加すると大きな効果が得られます。

次の手順に従って天井を防音します。

  • 屋根に天井空洞がない場合は、下がり天井を作成します。
  • 弾力性のあるチャネルを使用して、天井を屋根から切り離します。この方法により、振動が家に伝わるのを防ぎます。
  • 天井のキャビティに発泡断熱パネルを追加します。たとえば、ロックウールは音を消してしまう可能性があります。スプレーフォーム断熱材を使用することもできます。
  • 天井の仕上げには防音天井タイルを使用してください。

私のものをチェックしてください 防音天井のご案内。

4. 屋根下地材の設置

防音屋根下敷き

この解決策は、新しい金属屋根を設置する場合に最も効果的です。ただし、特に屋根の交換を計画している場合には、依然として便利です。

新しい屋根を設置する場合、下葺きはアスファルトシングル屋根の方が効果的であることに注意することが重要です。ただし、このスタイルが許可されているかどうか、まず地元の建築基準法に確認する必要があります。

屋根下葺きは既存の金属屋根にも施工できます。ただ、取り付けは難しいかもしれません。

不要な騒音に対処するには、金属シートを取り付ける前に、屋根の最下層に OSB または合板を取り付ける必要があります。下地の材料は厚くなくても、高価である必要もありません。 

屋根の下葺き材料には、発泡断熱マットまたはパネルが含まれます。このような素材は、絡み合ったナイロンフィラメントで構成されています。

5. ルーフパネルを締めます。

屋根を通過する空気伝播騒音に悩まされている場合、屋根パネルの取り付けが緩んでいると症状が悪化します。さらに、屋根パネルが緩んでいると、多くの騒音や振動が発生します。

そのため、すべてのルーフパネルをしっかりとネジで固定する必要があります。このステップは防音対策というよりはメンテナンスです。それでも、屋根から家に入る騒音を軽減したい場合には効果的です。

緩んだ屋根パネルは風が吹くと動き、大きな騒音が発生します。それとは別に、雨が降ったときに水が漏れる場所にもなります。

さらに、ワッシャー付きの屋根ふきネジが金属屋根を所定の位置に保持します。ただし、これらのネジは長期的には緩むため、しっかりと締め直す必要があります。

緩んだ屋根パネルを直すには、ドライバーを手に入れて屋根に登る必要があります。ネジを 1 つずつ確認し、緩んでいるネジをすべて締めてください。このようにして、ワッシャーは屋根を水や湿気の侵入から適切に密閉します。

さらに、少数の留め具だけを使用して屋根を固定すると、騒音が発生する可能性があります。ネジが足りないと温度変化により屋根材が伸縮してしまいます。そのため、雨が屋根に当たると屋根が動き、不快な音が発生します。

このような問題を解決するには、ファスナーの配置が適切な位置にあるかどうかを確認します。

6. 屋根のプロファイルを確認する

奇妙に聞こえるかもしれませんが、屋根の形状は屋根を通過する騒音レベルに大きな影響を与える可能性があります。

あなたの家が屋根デッキに直接設置されている平らなまたは立った金属シーム屋根を持っている場合、騒音は少なくなります。その理由は、そのような屋根のプロファイルは振動が少ないためです。その結果、波形屋根よりも比較的静かです。

さらに、より高く、より複雑な形状の屋根は、平らな屋根よりも硬く、静かであることに注意することが重要です。

屋根の防音工法の種類

屋根の防音工法には大きく分けて4種類あるとお伝えしました。屋根に複数の方法を適用すると、屋根を通過する衝撃と空気伝播騒音が大幅に軽減されます。

吸収

吸音は、領域を低密度の材料で埋めるプロセスです。それは、空気伝播騒音を吸収できるミネラルウッド、グラスファイバー、吸音フォームなどです。

これは、音のエネルギーを反射するのではなく、取り込むプロセスです。吸音効果により、騒音は従来よりも静かになります。

物質が音波を吸収すると、その一部が熱に変わり、吸収体が残りを透過します。熱に変換されたエネルギーが失われるため、耳に伝わる騒音の音量が小さくなります。

デカップリング

分離された天井

この防音オプションには、天井内の要素を分離することが含まれます。このようなことを行うと、音波が屋根や天井を通過するのが妨げられます。その結果、衝撃音を低減することができます。

持っている場合は、 吊り天井、それは自動的にデカップリング機能があることを意味します。ただし、乾式壁天井の場合は、屋根と天井を分離して防音工事を行う必要があります。

屋根と天井の間にたまった空気がバネの役割を果たします。音波が表面で反射するのを助け、共鳴を引き起こします。  

デカップリングとは、屋根と天井を機械的に分離することを意味します。こうすることで、音波を通しにくくすることができます。

質量

マスは主に空気伝播音に対して使用される防音材の一種です。これには、音波が耳に届く前に通過できる材料の層を追加することが含まれます。音波が通過する必要がある物質が多ければ多いほど、音波はより静かになります。

ダンピング

ダンピングは、室内の共振を軽減するプロセスです。このようなことは、リダイレクトまたは吸収によって発生します。空気中の音響共鳴を減少させることができます。

リダイレクションにより、不要なノイズのコヒーレンスが低下し、ノイズが聞こえにくくなります。一方、吸収とは、音の全体的なレベルを下げることです。

さらに、減衰により、部屋の構造内の機械的共振を軽減できます。

防音工事のメリットとデメリット

防音対策はすでに多くの住宅で必須となっています。都市の騒音の多い地域に住んでいる人は、窓、ドア、壁、そしてもちろん屋根や天井に防音材を取り付けます。

ただし、防音方法によっては費用がかかる場合があります。安価なものもありますが、高価な防音材と同じような防音効果は得られません。それでも、あまり騒がしくない環境に住んでいる場合には、かなりうまく機能します。

さらに、防音設備が住宅に付加価値を与えるものであることは否定できません。しかし、時にはいくつかの欠点があることに注意することも重要です。

屋根を防音にするメリット

平和な環境を作り出します

家が防音である場合にのみ、休息時間を十分に楽しむことができます。屋根に当たる風の音、さらには雨が降ると、安眠が妨げられることがあります。

実のなる木々に囲まれた家に住んでいるなら、屋根に落ちた実のせいで早朝に目が覚めた経験があるかもしれません。幸いなことに、屋根に防音対策を施していれば、そのような事態を避けることができます。

自宅の作業エリアを改善します

現在、多くの人が在宅勤務をしています。この勤務形態により、オフィスで働く場合よりも時間をよりコントロールできるようになります。その理由は、通勤したり、出勤前に準備をしたりする必要がなくなったからです。

しかし、在宅勤務をしている人のほとんどは、外部環境からの騒音が原因となっています。会議中、これらの騒音により、あなたや同僚の発言が妨げられる可能性があります。

音は家の中のわずかな隙間を通って伝わります。したがって、壁、ドア、窓、床を防音するだけでは十分ではありません。代わりに、屋根にも注意を払う必要があります。

屋根には、屋根を固定するネジによって隙間や穴ができています。適切な防音設備がなければ、これらの隙間や穴は音波が通過するのに最適な場所になります。このようなことは仕事の邪魔になる可能性があるため、何らかの対策を講じる必要があります。

防音屋根があれば、作業中に気を散らすことはありません。

不動産の価値を高める

家を防音にすると、その不動産価値が高まります。これは、郊外や都市に住んでいる場合に特に当てはまります。たとえば、空港近くの騒々しい地域に住んでいて、家を売りたいと考えているとします。その場合、防音室、窓、屋根が最も重要なセールスポイントになります。

さらに、不動産投資市場は成長を続けています。将来の購入者が静かで平和な場所に引っ越しそうなことを知った場合、あなたが家を売る可能性が高くなります。

多くのオプション

現在、屋根の防音対策には数多くのオプションがあります。予算が限られている場合は、屋根に定期的に断熱材を取り付けることができます。

しかし、屋根の防音にお金を費やすつもりがある場合は、断熱材、屋根の下敷き、グラスファイバー断熱材など、複数の防音方法を使用できます。これらの方法を組み合わせることで、屋根の防音を最適化することができます。  

さらに、屋根に断熱材を入れると費用も節約できます。音波を吸収して騒音を軽減するだけでなく、家の保温性も向上します。このため、長期的には電気代とガス代の削減に気づくでしょう。

防音工事のデメリット

労力を要する取り付け

部屋に防音材を設置するには多くの時間がかかります。このプロセスは複雑なため、完了するまでに数時間、場合によっては数日かかる場合もあります。

また、屋根の防音工事は自分で簡単に行うことはできません。多くの場合、このプロセスには専門的なサービスが必要になります。自分でやりたい場合は、その作業を手伝ってくれる人を探す必要があります。

防音方法の中には可燃性の材料を使用するものもあります。

屋根に断熱パネルを設置することができます。屋根裏部屋がある場合は、吸音パネルを使用して防音できます。

ただし、これらの材料にはポリウレタンという可燃性の高い材料が含まれています。このため、家の中で火災が発生した場合には危険です。

屋根のメンテナンスのヒント

屋根を防音しただけでは十分ではありません。張り出した枝が屋根に当たって揺れないようにする場合、不要な騒音がさらに発生するため、軽減する必要があります。そうは言っても、屋根のメンテナンスは適切に行う必要があります。

錆の有無を検査する

金属屋根の場合は、錆や腐食がないか常に確認する必要があります。ネジが腐食すると緩み、雨や風の強い日に屋根が動く可能性があります。このような場合は、不要なノイズに対処する必要があります。

そのため、錆びが発生していることに気づいたらすぐに対処する必要があります。ワイヤーブラシを使用して腐食を除去し、構造の完全性を維持するために影響を受ける領域を塗装します。

はみ出した枝を切り落とす

あなたの家の近くに生えている木をチェックしてください。枝が屋根に張り出している場合は、すぐに切りましょう。

その理由は、屋根に直接枝が触れていると、風が吹くと騒音が発生するからです。それとは別に、湿気が溜まるため屋根が弱くなります。この湿気により屋根の金属部分が腐ってしまいます。

帯状疱疹をチェックしてください

屋根の屋根板を常にチェックしてください。欠けている屋根板を見つけた場合は、さらなる損傷を防ぐためにすぐに修理してください。

さらに、帯状疱疹を汚れから守ると、以下の病気が増殖するリスクが軽減されます。

  • モス
  • 藻類
  • 菌類
  • 苔癬

屋根板にこれらの成長物がある場合、腐って穴が開く可能性が非常に高くなります。これらの穴は、ノイズが通過しやすい場所となる可能性があります。その結果、騒音公害が届きやすくなり、睡眠や休息が妨げられた夜を過ごすことになります。

シーラントを交換する

屋根のシーラントを必要に応じて頻繁に交換すると役立ちます。屋根のシーラントが塗布されているすべての領域を調べます。摩耗、裂け目、亀裂が見つかった場合は、すぐに再封してください。

場合によっては、新しいシーラントを塗布する前に、古いシーラントをすべて除去する必要がある場合があります。面倒な作業のように思えますが、屋根の構造的完全性を維持することが重要です。

さらに、ひび割れたシーラントは雨水や音波を通過させます。そうなると、家の中が騒がしくなったり、漏水したりすることになります。

屋根を良好な状態に保つためには、定期的な屋根のメンテナンスが不可欠です。それだけでなく、騒音が家に侵入することも確実になくなります。

情報源

  1. Alexis Rhiannon、天井を防音にする方法 (2 階の隣人を好きでいられるように)、アパートメント セラピー、 https://www.apartmenttherapy.com/how-to-soundproof-ceiling-36835614/
  2. 金属屋根の防音方法、牛の防音方法、 https://www.soundproofcow.com/how-soundproof-metal-roof/
  3. エイミー・ロドリゲス、既存の天井を防音にする方法、SF ゲート、 https://homeguides.sfgate.com/soundproof-existing-ceiling-26431.html
  4. 合成 vs.フェルト屋根の下敷き:賛否両論、オーウェン・スコーニング、 https://www.owenscorning.com/en-us/roofing/tools/synthetic-vs-felt-roofing-underlayment-pros-cons#:~:text=Roofing%20underlayment%20is%20what%20lies,rain%2C%20snow%2C%20and%20wind./
  5. 吸収 (音響)、ウィキペディア、フリー百科事典、https://en.wikipedia.org/wiki/Absorption_(acoustics)/
  6. Elie Weil、Trademark Soundproofing Inc. によるデカップリングの説明、LinkedIn、 https://www.linkedin.com/pulse/decoupling-explained-trademark-soundproofing-inc-elie-weil/
  7. 防音ダンピング、ウィキペディア、フリー百科事典、 https://en.wikipedia.org/wiki/Soundproofing#Damping/
  8. Shala Munroe、屋根板を付ける前に屋根に硬質フォーム断熱材を置く方法、SF ゲート、https://homeguides.sfgate.com/put-rigid-foam-insulation-roof-before-putting-shingles-27840.html/
  9. Mihai Dumbrava、防音 – 利点と欠点、雑誌記事、 https://ezinearticles.com/?Soundproofing—Advantages-Versus-Disadvantages&id=5283971/

類似の投稿