うるさい隣人に対して家主は何もしてくれない(解決策)

家主が騒々しい隣人に対して何もしてくれない場合の対処法

騒音の多い隣人 – 特に家主が彼らに対して何もする気がない場合、アパートでの生活が悪夢に変わる可能性がある一般的な問題です。

私たちは皆、静かな夜を楽しもうとそこにいて、大音量の音楽や上階のアパートからの絶え間ない足音によって中断されたことがあります。しかし、心配する必要はありません。この問題には実用的な解決策があります。

このブログ投稿では、テナントとしてのあなたの権利を理解し、騒音状況を評価し、事件を文書化し、家主が騒音苦情への対応を拒否した場合の代替解決策を検討する方法を説明します。

こちらもお読みください: 騒々しい隣人に対する無害な復讐オプション

重要なポイント

  • 平穏な住環境を維持するための入居者としての権利を理解してください。
  • 日常の騒音の証拠を記録して収集し、他の隣人とコミュニケーションをとり、解決のために家主に再度連絡します。
  • 法的なオプションや、防音設備やホワイトノイズマシンなどの代替ソリューションを検討してください。今後レンタルする際には予防策を講じてください。

テナントとしての権利を理解する

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

テナントとして、あなたは過度の妨害を受けることなく賃貸物件の静けさを楽しむ権利を有します。これは、隣人の過度の騒音、たとえば、 大音量の音楽 または、上の階の隣人からの踏みつけがあなたの静かな楽しみに影響を与えている場合、あなたには問題に対処する権利があります。

家主は騒音に関する苦情に対処し、すべてのテナントに平和な生活環境を確保する義務があります。これには、家主の懸念に対処することも含まれます。 階下の隣人.

ただし、通常のノイズと過剰なノイズを区別することが重要です。ドアが閉まる音や歩行音などの日常騒音はアパートでの生活の一部ですが、日常生活に支障をきたすほどの過度の騒音レベルの場合は、介入が必要になる場合があります。

許容される騒音レベルとテナントとしての権利を理解するために、地域の騒音条例をよく理解してください。

家主が騒々しい隣人に対して何もしてくれない場合の対処法

家主が騒音の苦情に対処しない場合に検討できる手順/オプションは次のとおりです。

1. 騒音状況の把握

騒々しい隣人からの騒音公害を遮断するために耳栓をしている人

隣人による騒音違反によるアパートの騒音苦情に効果的に対処するには、まず状況を評価する必要があります。通常の騒音もあれば、過剰な騒音レベルまたは「迷惑騒音」もあります。耳障りなノイズが聞こえる場合、それは過剰なノイズとみなされます。

アパートでの過度の騒音の一般的な原因には、大音量の音楽、ドアをバタンと閉める音、犬の吠え声、上の階の隣人の激しい歩行、叫び声などが含まれます。騒音が多すぎると、地域の騒音条例の対象となる可能性があることに注意してください。条例の内容は場所によって異なります。

騒音違反を評価するときは、騒音の時間帯と頻度を考慮してください。一部の騒音障害は日中の方が許容できる場合もありますが、次のような騒音障害もあります。 夜遅くに大音量で音楽を流す、より破壊的な可能性があります。

過剰なノイズの性質を理解することは、適切な行動方針を決定するのに役立ちます。ただし、静かに楽しむ権利があるとしても、あまりこだわりすぎてはいけません。

潜在的な法的影響やテナントの動揺を避けるために、過剰な騒音に速やかに対処してください。騒音状況が過度で日常生活に影響を及ぼしていると感じたら、行動を起こす時が来ました。

2. 騒々しい隣人の事件を文書化する

騒々しい隣人の大きな騒音に耳をふさいでいる人を映した写真。苦情を申し立てても、家主は隣人の騒音に対して何もしてくれない。

事件を文書化することは、家主や地方自治体にとって説得力のある訴訟を構築するための鍵となります。地域ごとに特定の騒音条例が制定されている場合があるため、何らかの行動を起こす前に、地域の騒音条例をチェックして有効な騒音苦情があることを確認することが重要です。

以降のサブセクションでは、あなたの苦情を強化するための証拠の収集と他の隣人とのコミュニケーションに関するガイダンスを提供します。

3. 証拠を集める

過剰な騒音を効果的に文書化するには、騒音障害の日付、時刻、継続時間、種類を詳細に記した書面による記録を作成することが含まれます。

さらに、スマートフォンまたはその他の録音デバイスを使用して、過度の騒音の証拠となる音声またはビデオをキャプチャします。このような証拠はあなたの苦情を大幅に強化し、家主に介入を説得することができます。

同様に騒音問題を経験した他のテナントや隣人から目撃証言を得るのを忘れないでください。複数の個人からの書面による説明は、あなたの主張を強化し、問題があなただけではなく影響を及ぼしていることを示すことができます。

4. 他の隣人とコミュニケーションをとる

他の隣人と話すことは、騒音問題の深刻さを評価し、苦情に対する支持を集めるのに役立ちます。

礼儀正しく、対立的ではない態度で彼らに近づき、懸念を表明し、彼らも騒音の影響を受けているかどうかを尋ねてください。

実現可能な解決策を提案したり、近所の集まりを手配したり、コミュニケーションに Nextdoor、Facebook、Reddit などのオンライン プラットフォームを利用したりすることもできます。

複数の隣人が苦情に参加することで、家主に騒音の多い借家人に対して行動を起こす権限を与えることができます。数には力があり、共同戦線がより迅速な解決につながる可能性があることを忘れないでください。

5. 家主に再度連絡する

文書化された証拠と他の近隣住民の支援をもとに、家主に再度連絡を取り、騒音問題の深刻さを強調してください。

影響を受けるテナントの家賃を減額したり、騒音問題の原因となっているテナントを立ち退かせるなど、考えられる解決策について話し合います。家主は、すべての入居者にとって平和な生活環境を維持するために、騒音に関する苦情に対処する責任を負います。

家主がすでに措置を講じているにもかかわらず、過度の騒音発生が続く場合は、引き続き事件を記録し、必要に応じて警察に相談してください。これにより、問題が進行中であり、さらなる介入が必要であることが家主に証明されます。

6. 法的選択肢と地方条例

法的オプション

場合によっては、近隣の騒音問題に対処するための法的選択肢を検討する必要があるかもしれません。法律の専門家に相談すると、お住まいの地域で適用される法律と利用可能なオプションを理解するのに役立ちます。

昼夜を問わず特定の時間帯に音楽やその他の活動によって発生する騒音レベルを規制する地域の騒音条例と騒音軽減法をよく理解してください。

法的オプションには次のようなものがあります。

  • 警察に連絡する
  • 家主または不動産管理者に苦情を提出する
  • 調停または仲裁を求める
  • 法的措置をとる

このルートは時間とコストがかかるかもしれませんが、問題に対してより決定的な解決策を提供できます。

代替ソリューション

騒音問題に対する別の解決策を探している場合は、次のことを行うとよいでしょう。 あなたのアパートを防音にする、ホワイトノイズマシンを使用するか、騒々しいテナントと交渉してください。防音ソリューションには、音響パネル、フォームパッド、防音窓、ドアなどがあります。

ホワイトノイズマシンは、騒音を軽減し、アパート内に穏やかな雰囲気を作り出すのに役立ちます。考慮すべき他の戦略としては次のようなものがあります。

  • 特定の静かな時間を設定するために隣人と交渉する
  • 騒音を最小限に抑えるために近隣住民に活動を調整するよう依頼する
  • 隣人とオープンなコミュニケーションをとり、騒音があなたに与える影響を認識してもらいます。

誰もが自分の騒音が他の人に与える影響を認識しているわけではないため、オープンなコミュニケーションが騒音問題の解決につながる可能性があることを忘れないでください。

今後のレンタル時の予防策

将来の出会いを防ぐために、次の賃貸物件を探すときに予防策を講じる価値があります。署名する前に、近所を調査し、近隣の可能性のある人々と話し、騒音ポリシーについて賃貸契約書を確認してください。

断熱性の高い賃貸物件を選択するか、潜在的な騒音問題を最小限に抑えるために戸建てまたは最上階のユニットに住むことも検討してください。これらの予防策を講じることで、将来の賃貸物件でもより安心して住環境を享受することができます。

まとめ

常に騒音を発生させる隣人に対処するのは気の遠くなるような仕事かもしれませんが、あなたには状況をコントロールする力があります。

テナントとしての権利を理解し、騒音状況を評価し、事件を文書化し、代替解決策を模索することで、生活環境に平和と静けさを取り戻すことができます。

静かな時間を確保するには、隣人と家主の両方とのコミュニケーションが鍵であることを忘れないでください。ですから、行動を起こして、より調和のとれたアパート生活を楽しんでください。

よくある質問

隣人からの騒音を受けないテナントの権利は何ですか?

テナントは、黙示の保証または静かな享受に関する約款に対する権利を有しており、これには、自分の所有物を邪魔されずに享受し、近隣住民からの迷惑にならないことが記載されています。標準的なレンタルおよびリース契約には、家主によるこの権利の強制を保証する騒音条項が含まれています。

騒音違反を頻繁に起こす隣人に対して家賃を差し控えることはできますか?

このような隣人に対して家賃を差し控えることは、保証違反とはみなされないため、一般に受け入れられません。

隣人からの騒音はどの程度まで許容されますか?

70 dB を超える音は迷惑であるとみなされ、ほとんどの住宅地では騒音レベルが最大 60 dB (通常の掃除機の音に相当) に保たれています。さらに、午後 10 時以降と午前 7 時までは、より厳しい時間制限が適用されることがよくあります。

近所の騒音に対して警察は何かできるのでしょうか?

騒音が続く場合、警察は犯人を逮捕する可能性があります。さらに、賃貸物件の場合は、居住者の家主に相談することをお勧めします。

騒々しい隣人に対処する場合、何を文書化すればよいですか?

過度の騒音の日付、時刻、継続時間、種類、および将来の参考のために、録音、写真、目撃者の証言などの証拠を文書化します。収集したすべての情報を必ず記録してください。

情報源

類似の投稿