家を防音にしなければならない10の理由

防音はなぜ重要ですか?部屋や家を防音にする理由は何ですか?

ソングライターのポール・サイモンが吹き替えた風変わりなサウンドトラックで 「ある人の天井は別の人の床である」と、アパートの住人仲間たちの騒々しい態度を嘆いた。

住宅に住んでいる私たちのほぼ全員が、この曲の本質に共感できるでしょう。確かに世の中は騒がしいですね。

最近の騒音被害に関する私の個人的な経験は、いくぶん不快なものでした。

非常に多くの住民が住む郊外に住んでいた私の家は、常に外部からのブーンという音の楽器、コンピューター、その他の最新機器でいっぱいでした。

実際、私の近所の住民も、原因不明の低音の騒音について苦情を言っています。この騒動のせいで、私の家で完全な平和と静けさを見つけることはほとんど不可能になりました。

防音は私にとって騒音の迷惑を終わらせる魔法の言葉でした。確かに、ほとんどの建物には遮音性が必要です。しかし、あなたの家にとって防音対策はどれほど重要なのでしょうか?

家を防音にしなければならない10の理由

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

家の防音工事は生活の質を改善することができます。家の中の音を減らすことは、最大限のリラックスをもたらす最も確実な方法です。

新しい建物を建設する場合、適切な防音システムに投資することが重要です。

前述したように、防音対策は、特定の管轄区域では利便性の問題を超えて合法性の問題に移行しており、さらに重要なことに、公衆衛生上の懸念事項にもなってきています。

したがって、防音工事の計画が早ければ早いほど、より早く生活の質を向上させることができます。

以下に、家を防音すべき10の理由を示します。

防音の家が選ばれる理由

#1 プライバシー

家を防音にしなければならない理由何よりもまず、 あなたの家を防音にする 声漏れを防ぎます。これにより、近所の人にプライベートな会話が聞かれることがなくなります。

疲れていて休息が必要なときに、隣の建物から音楽や大声での会話が聞こえてきて、気になることがあります。

したがって、私と同じようにプライバシーを重視する人は、家の防音について考えることが不可欠です。

建物を防音すると空気伝播騒音が防止され、プライバシーが向上します。そのため、騒音が家の中から来ているか外から来ているかに関係なく、静かな場所に戻ってリラックスするのは常に快適です。

住宅所有者として、 部屋の防音対策 プライバシーが確保され、休んでいたり眠っている他の家族の邪魔をせずに日常生活を営むことができます。防音効果により、家の断熱効果も高まります。

#2 健康と安全

音が多すぎると環境に悪影響を与えるのと同じように、人体にも悪影響を及ぼします。

高血圧、脳卒中、その他の心臓病を含む心血管疾患の罹患率は、音や騒音への長時間の曝露と明らかに関連しています。

経済学者なら、騒音に長時間さらされることに伴うコストは、家の防音工事のコストをはるかに上回ると言うでしょう。したがって、家を防音にすることは、一銭たりとも価値があります。

#3 聴覚障害の回避

家を防音にすることは、難聴の問題を回避する効果的な方法です。

聴覚障害は重要な公衆衛生現象となっており、世界保健機関は世界中で 13 億人がこの障害に苦しんでおり、現在、世界人口のほぼ 10% が聴覚障害を引き起こす可能性のある望ましくない騒音レベルにさらされていると推定しています。

難聴の問題とは別に、睡眠障害、イライラ、認知障害、心臓病など、音による聴覚以外の健康への影響もあります。

#4 生活の質を向上させる

家を防音にする理由家の防音工事が生活の質と睡眠の質を高めることは間違いありません。

定期的に音にさらされている居住者は、読み、学習し、理解する能力が低下する傾向があります。高い騒音レベルは、思い出す能力や問題解決能力などの人間の認知機能に影響を与えます。

研究では、騒がしい環境で勉強する子供たちは認知機能が低いことが多いことも示しています。さらに、騒音は生活の質に影響を与える可能性のある影響の 1 つであり、不快感も伴います。

たとえ些細なことであっても、イライラはストレス、怒り、そして時には疲労につながる可能性があります。睡眠障害は、職場での注意力やパフォーマンスに影響を与えるため、生活の質に最も大きな影響を及ぼします。

#5 ホームコンフォート

お気に入りのチームの試合を見たいですか、それともあの大ヒット映画を見たいですか?でも子供たちは寝てるのかな?

防音は家の快適さを定義する唯一の手段です。防音効果により騒音レベルを最小限に抑え、ぐっすり眠れます。

そのため、あなたがお気に入りのチームプレイを楽しんでいる間、お子様がぐっすり眠っていることをご安心ください。家を防音にすると、外からの騒音も防ぐことができます。

#6 規制とポリシー

現在、多くの国が過度の騒音/音響公害の問題に対処するための法律を制定しています。

一部の管轄区域では規則や規制が厳格に施行されていませんが、住民がこれらの規制を遵守することが重要です。

これらの規則や規制は、住民が法律の間違った側に陥らないように、自宅やその他の騒がしい公共の場所を防音にする十分な理由を提供します。

#7 防音効果で効果的なコミュニケーションを強化

なぜ家を防音にするのか騒音レベルが約 50 ~ 60 デシベルに達する住宅や公共の場所では、2 人の間の良好なコミュニケーションが妨げられます。

他人の会話やコミュニケーションを理解して解釈することが難しくなり、混乱や誤解を招くこともあります。騒音は産業環境だけでなく住宅地でも通信を妨げます。

この干渉は、特に聴覚障害のある人にとって社会的に悪影響を及ぼす可能性があります。過度の騒音は、家庭やオフィスのセキュリティを損なう可能性もあります。

家庭やオフィスで過剰な音に関連する誤解の原因をすべて取り除く必要があります。これを行うための完璧な方法はただ 1 つだけです。それは防音です。

#8 隣人の快適さ

あなたが自宅で快適である必要があるのと同じように、隣人も同様の快適さを得る必要があります。したがって、家を防音にすることは、あなたに家の快適さを提供するだけでなく、隣人が確実に快適さと質の高い生活を享受できるようにすることにもつながります。

住宅を防音にすることで、住宅内で発生した音が近隣に影響を与えにくくなります。これは、隣人間の紛争状況を減らすのに大いに役立ちます。

#9 側面伝達の回避

他の住宅居住者から発せられる音は、隔壁を介して直接伝わるだけでなく、内部の床などの隣接する要素に沿って伝わることもあります。 通気口 そして外壁。

これらの媒体を介して伝わる音は、側面音と呼ばれます。側面からの音は、音が他のチャンネルから漏れるのを防ぐ適切な防音システムによって回避できます。

#10 施工効果の確保

新築住宅の場合、すべての所有者は騒音低減を強化できる材料を使用するよう努める必要があります。これは建築計画の最初の段階に含める必要があります。

前述したように、建築プロジェクトは特定の規制を満たさなければなりません。したがって、建築検査官からの質問を避けるために、防音のアイデアを建築計画に組み込むことが不可欠です。 

騒音の概念

この記事では、家を防音にする必要がある 10 の理由について説明しました。この記事の主な目的を掘り下げると同時に、ノイズの概念についても理解しておきましょう。

小学校で、実際に物理の授業に注意を払っていたなら、音は音響エネルギーであり、他の形態のエネルギーと同様に、破壊することはできず、別の形態のエネルギーに変換することしかできないことを学んだかもしれません。

簡単に言うと、音は振動エネルギーの一種であり、空気中を通過し、液体や固体中も伝わります。音は空気中を伝わりますが、密閉された環境から直接外に出ることは不可能です。

音の振動エネルギーは通常、周囲の壁を動かし、その結果、外で聞こえる新しい音波を生成します。

この説明は、音を封じ込める方法に関する重要なヒントを提供するため、壁の移動量を減らす必要があります。これが防音のアイデアの始まりです。

最近では、周囲の騒音を低減するために遮音材や吸音材を使用することが増えています。

実際、一部の管轄区域では特定の法的要件を受けて、建物の防音工事が必要になっています。

したがって、防音は利便性の問題だけではなく、合法性の問題でもあります。この記事のその後の議論では、家の防音には健康と社会的な利点もあることも明らかになります。

騒音公害の影響

過剰な騒音が生活の質に及ぼす影響は広範囲に及びます。実際、それは私たちの健康と行動に影響を与えます。

望ましくない量の音は、人間の心理的健康にダメージを与える可能性があります。過度の騒音は、高レベルのストレス、睡眠障害、難聴を引き起こし、さらには高血圧やその他の健康障害や行動障害を引き起こす可能性があります。

騒音に慢性的にさらされると心血管障害を引き起こす可能性があり、また血圧の上昇を引き起こす可能性もあります。

高い騒音/音響レベルは野生種に悪影響を与える可能性があるため、その影響は人間だけに限定されません。野生種は、音が獲物の発見と回避の感覚を妨げるため、死の危険にさらされています。

また、ほとんどの野生種は音を使って通信し、移動するため、騒音はコミュニケーション、生殖、および移動のプロセスにも影響を与えます。

ノイズの影響を制限するための役立つヒント

家の中のあらゆる種類の騒音を排除することはほとんど不可能です。

何らかの形で、私たちは依然として一定量の音にさらされています。そして、騒音のあらゆる悪影響を考慮すると、騒音源から直接騒音レベルを低減するために何らかの対抗措置を講じることが理想的です。

したがって、過剰な音を減らすための鍵は、まずその発生源を特定することです。以下に、ノイズとその悪影響を軽減するための役立つヒントをいくつか示します。

ヒント 1

外部の騒音に強くさらされると、家庭に迷惑がかかる可能性があります。たとえば、空港や交通ハブの近くに住んでいる人は、航空機の騒音が非常に気になる場合があります。

建物に伝わる騒音レベルを軽減するために、すべての窓に防音補助ガラス システムを取り付けることができます。

次のことを選択できます 窓を交換する ペアガラスも一緒に。ただし、これは非常に高価になる可能性があるため、より経済的な代替手段として二次ガラス システムが推奨されます。

二次ガラスでは、既存の窓の内側に 2 つ目の窓を構築します。 2 番目の窓の構築には、アルミニウム フレーム、防音シール、または厚い合わせガラスを使用できます。

2 番目の窓の周囲フレームは、音が侵入するスペースがないように既存の窓に密閉する必要があります。

ヒント 2

音量が大きすぎると家族に迷惑がかかる可能性があるため、家電製品の音量は適度なレベルに保つことをお勧めします。

ヒント 3

騒音の影響を制限するための効果的な対策の 1 つは、騒音の多い環境で作業するときに保護具を着用することです。

ヒント 4

家庭で使用する機械や設備は、最適なレベルで機能するように定期的にメンテナンスする必要があります。定期的なメンテナンスを行わないと、機器から過度の騒音が発生し、同時に効率も低下します。

ヒント 5

人間の生理学的健康と安全に対する騒音の影響は無視できません。したがって、騒音公害を制限するために前述の予防措置を遵守することは、この都市の脅威を抑制するのに大いに役立つでしょう。

最終的な考え

騒音/音は遍在しており、日常生活のさまざまな側面で人類に影響を与えます。コミュニケーション、安全、健康、プライバシーなどの生活の側面は、この新たな都市の脅威によって深刻な影響を受けています。

私たちの住宅環境では、騒音が音声コミュニケーションに影響を与え、高齢者の社会参加を制限する可能性があります。それは私たちの認知機能に影響を与え、子供の音声明瞭度にも影響を与えることが知られています。

私たちの社会における過剰な音による迷惑行為を減らすために必要な措置を講じることは、明らかにやりがいのあることです。

防音工事は、家庭内の音を除去または低減するための有用な技術となっています。家を防音にするメリットは非常に大きいです。

防音効果がもたらすプライバシーと快適さはもちろんのこと、よく考えて創造性を発揮するための穏やかな雰囲気を与えてくれるので、私たちの認知機能と生産性も向上します。

家を防音にすることで健康面でも節約できる効果は、過小評価することはできません。この記事では、騒音とその悪影響を軽減するための役立つヒントについても説明します。

類似の投稿