4 天然吸音材

世の中には非常に多くの吸音材がありますが、その中にはあなたやあなたの家族の健康に害を及ぼす可能性のあるものもあります。それで、 最高の天然吸音材は何ですか?

最高の天然吸音材は純綿です。吸音用の他の天然素材には、MDF、竹、ココナッツの殻などがあります。これらの素材は合成素材と同様に吸音効果がありますが、健康には安全で、多くの場合他の素材よりも安価です。

4 天然吸音材

いくつか見てみましょう 市場で入手可能な最高の天然吸音材 今日、そしてなぜそれらがうまく機能するのか、そしてこれらの材料がどのくらい長持ちするのか。

他のものより効果的なものもあれば、他のものよりも安価なものもありますが、 すべて天然、環境に優しい、見つけやすく、地域の誰にとっても安全です。

天然吸音材は効果があるのでしょうか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

天然吸音材は、急速に吸音や音響処理に最もよく使用される製品になりつつありますが、 実際にどれくらいうまく機能するのでしょうか?

いくつかの天然素材は効果があることがわかっています 合成素材と同等かそれ以上に効果的 吸音と音響処理のためのもので、多くの場合、かなり手頃な価格です。

吸音に使用する天然素材を決定する際、その素材が特定のニーズにどの程度うまく機能するかを決定する要素は次のとおりです。 音の種類と周波数 あなたが吸収しようとしている、弱めている、あるいは封じ込めようとしているもの。

低周波 吸収するのが非常に難しいので、 彼らは 管理が非常に難しい波長で大量のエネルギーを運ぶ。中音域と高音域の周波数は封じ込めるのが若干容易ですが、その伝達速度により吸収され分散される必要があります。

音の種類、音源、管理が必要な周波数を考慮する必要があります。 いつ 吸音材に天然素材を使用.

吸音のために天然素材を使用する最良の方法は、 複数の層と複数の種類の材料、それぞれが特定の周波数と音を吸収および分散する独自の強みと特性を持っています。

緻密な素材は、 低周波音の吸収に最適、中高音域の音の吸収と分散に最適な多孔質素材です。 

これらのマテリアルを相互に組み合わせて使用すると、 許可してください 天然素材のみを使用 あらゆる消音および吸音要件に対応します。

多孔質材料は、材料内の柔軟性と材料内のエアポケットにより、中域および範囲の周波数を捕捉および分散するのに役立ちます。

素材の柔軟性により、 音の周波数に合わせて曲がったり動いたりする 接触すると音響エネルギーが吸収され、熱エネルギーに変換されます。

多孔質材料内の空気ポケットにより、材料内で音がより効率的に減速されます。 空気のポケットにより、素材の共鳴に不一致が生じます。、すべての素材が同じ共鳴レベルにあるのではありません。

これは、材料全体が共振するのではなく、多孔質材料のすべての固体部分が独自に振動することを意味します。 音が素材を通って伝播するのを防ぎます。。速度が低下し、材料内のさまざまなミニ共鳴室すべてによって閉じ込められます。

これらの周波数はそれほど速く伝わらないため、高密度の素材は低域周波数の吸収に優れています。 しかし、それらは高レベルの音響エネルギーを保持しています。これは、音の波長により、音の接触する表面が比較的ゆっくりと強力に振動することを意味します。

このため、 低周波には高密度の吸音材を使用する必要がある、移動するのが難しいため。これは、吸収する音の力に耐えることができることを意味します。

緻密な材料は、低域周波数にも適しています。 速度を落として音を消し去る なぜなら、それらは物質に接触する周波数では動かないからです。

多くの天然吸音材はこれらの基準を満たしているため、 吸音性に優れた天然素材がたくさんあります吸収する必要がある音の種類に応じて適切な素材が使用されている限り。

最適な天然吸音材は何ですか?

最適な天然吸音材とは何ですか_

自然吸音材として総合的に最も優れているのは綿です。

綿繊維は多孔質で吸水性に優れています 同時に非常に高密度である。天然綿繊維は、音を吸収するためにさまざまな方法で使用できます。 

天然コットンは衛生的で、カビ、菌類、雑菌、熱に強い天然素材です。 寒さに対する優れた断熱材.

この優れた素材は、安価に購入でき、見つけやすく、扱いやすく、多用途であり、リサイクルされた綿から作られている場合もあります。 環境にも優しいですl.

綿は非常に高密度の圧縮パッドを作ることができ、典型的な音響パッドとして使用できます。 吸音性 パネル。これらのパッドは、非常に高密度でありながら、空気を含ませることでより多孔質にすることができます。 ほぼすべての周波数を吸収するのに最適です.

高密度のコットンパッドは、 ほぼあらゆる形に作られる、そのため、合成材料や発泡体で作られた吸音パネルと同様に多用途です。

綿から丈夫なデニム生地を作ることができます。 音を止めて吸収するのに非常に優れた素材 カーテンや壁掛けとして使用する場合。デニムの剛性とレールに吊るすときの柔軟性、そしてカーテンの後ろに閉じ込められた空気は、特にデニムを重ねて吊るした場合、ほぼすべての空間をうまく処理することができます。

ピュアコットンの多用途性により、床に敷いても使用できます。 ある マットやカーペット、壁やパネルに、カーテンとして吊るす、または部屋の壁や天井内でもオープンセルとして使用できます。 遮音性.

コットンのユニークな特性により、次のことが可能になります。 あらゆる周波数範囲に簡単に対応、低域、中域、高域のいずれであっても

コットンはさまざまな使い方ができるので、 最も万能な吸音材の一つ合成素材を考慮した場合でも。

使用する4つの天然吸収素材

多くの天然素材は吸音や音響処理に使用できますが、 使用するのに最適な材料は何ですか?

以下は、現在容易に入手可能な 4 つの最高の天然吸音材の最終リストです。

1. 中密度繊維板 (MDF)

中密度繊維板は、木材を加工して作られた加工木材ベースの製品です。この素材は 建物内の吸音性に優れています、乾式壁内に配置されるか、壁パネルを作成するために使用されます。

MDF 内の高密度繊維、使用される木材粒子の断片化された性質、および樹脂で結合された複合木材であるという事実はすべて、次のことを意味します。 MDFには 優れた吸音特性 他の硬くて平らな素材と比較して。

MDF の木の粒子は基本的にすべて互いに分離されており、樹脂によって結合されているため、うまく共鳴しません。 MDF のこの側面により、材料は吸音に適したものになります。 他の無垢材パネルに比べて音の反射がはるかに少ない.

MDF は加工が非常に簡単で、ほぼあらゆる寸法に切断して成形することができます。多くの企業がMDFから音響処理パネルを製造しています。これらのパネルは、MFD の垂直ストリップとセグメントが取り付けられた MDF の平らなボードです。 音波を反射するのではなく、散乱および吸収します。.

MDFはほとんどが天然素材ですが、 木で作られている、しかし、木の粒子をボードまたはパネルにまとめるのは8%樹脂です。

この材料はとても簡単です 金物店や建築資材店で入手可能。 MDFは品質にもよりますが、非常に手頃な価格です。

MDF にはさまざまな密度と品質があります。高密度の MDF は音響反射に適していますが、複合木材の多孔質の性質は材料内の周波数を閉じ込めるのに優れているため、吸音には低密度の多孔質 MDF が最適です。

2.竹

吸音材としてのMDFと同様に天然木です。 吸音性に非常に優れています そして断熱材。

竹は密度が非常に低く、比較的柔らかい木材です。これはつまり 竹繊維は多孔質なので吸音効果が高い

固体材料の繊維の間に空気が多く含まれるほど、材料の吸音性が高くなります。繊維の間に空気が 音波を閉じ込めるのに役立ちます そしてそれらが材料を通過するのを防ぎます。

竹繊維は吸音のためにさまざまな方法で使用できます。最も一般的な方法としては、次のようなものがあります。 竹繊維として知られる竹の削りくず、および竹の無垢パネルおよびシート.

竹繊維は非常に多孔質であるため、壁や天井の断熱材として使用されます。この素材は体温調節に優れているだけでなく、 吸音性にも優れています。

竹製サウンドパネルは、次のような形状の竹製パネルです。 音波を散乱させるように設計されている 彼らがボードの上を通過するとき。 

竹は接着剤やその他の添加物を一切含まない完全天然素材です。しかし、 竹はできる 入手するには高価な材料 吸音目的に必要な量で。

3. ココナッツの殻

ココナッツの殻

ココナッツの殻は、 竹の繊維に似た 吸音性について。

この材料は非常に多孔質で繊維質であるため、 どちらも吸音にとって重要な性質です。ココナッツの殻を吸音材として使用する場合の欠点は、非常に軽いということです。

ココナッツの殻の繊維状の性質とその素材の軽さは、 十分な量を得るには、かなりの量のココナッツの殻を使用する必要があります あらゆる断熱や吸音の目的に。 

ココナッツの殻は必ず 可能な限り高密度になるように圧縮される そうしないと、まったく音を吸収できなくなります。

ココナッツの殻はとても安く買えます まったく処理されていない場合、しかし、ブロックやシートに成形された加工または圧縮されたココナッツの殻は、はるかに高価になる可能性があります。

ココナッツの殻は優れもので、 天然吸音材 それはとても簡単に入手できます。 

4. 純粋な綿繊維

綿は吸音に最適な天然素材です。 

この素材は信じられないほど多用途です。さまざまな形で使用できますので、 ほぼすべての周波数の音波を吸収、遮断、捕捉、分散します。 人間の声、楽器、電動工具、ほとんどのスピーカー、周囲の騒音によって生成されます。

綿繊維は高密度パネルとして使用できます。 多孔質シート、または連続気泡絶縁用の緩い材料、さらにはデニムなどの他の生地にも作られています。 

綿から作られた吸音・音響処理パネルは、綿繊維を圧縮してブロックやシート状に成形したものです。この素材は 非常に高密度でありながら、依然として非常に多孔質なまま。これは吸音のための完璧なレシピです。

純粋な天然コットンは、高密度のブロックまたはパネルとして使用できます。 音を吸収するために壁や天井内の繊維として使用されます。 建物の構造にも。

純綿を使用したデニムは吸音性にも優れており、 特に間に空気を含む層で使用する場合.

デニムのドレープを重ねて、 吸音に最適、綿デニムのアンダーラグマットはこれらの目的にも優れています。

純綿を吸音材として使用する場合の数少ない問題の 1 つは、 特に加工されている場合は高価になる可能性があります.

ピュアコットンは 市場全体で最高の吸音材の 1 つ、天然素材のカテゴリーにとどまりません。

天然吸音材の耐久性はどのくらいですか?

天然吸音材の多くは、 合成素材ほど長持ちしない それらの多くは生分解性であるという事実によるものです。

ココナッツの殻や竹繊維などの一部の天然素材は湿気や腐敗に弱いため、 特に未治療の場合。このため、吸音材にはすべて天然素材を使用することが最善です。 乾燥した状態で密封して保管すること できるだけ。 

純綿などの他の素材、 合成素材と同じかそれ以上長持ちします ほとんどの場合。天然の純粋な綿は、耐火性、防カビ性、耐細菌性があり、速乾性があり、非常に丈夫です。 

綿は多くの理由から最も優れた吸音材の 1 つですが、その 1 つは次のとおりです。 この素材はどれくらい長持ちしますか 劣化したり、腐敗したり、崩壊したりすることはありません。

吸音材として使用している素材が乾燥した状態に保たれ、適切に処理され、手入れがされていれば、 必要な限り持続する必要があります 交換する必要はありません。

結論

合成素材は、 ない 常に吸音のための最良のオプション特に家庭内、または頻繁に人がいる部屋、例えば屋外で露出した場合。 レコーディングスタジオ またはワークショップ。 

合成材料は、建物の構造内の壁や天井に最適に使用されます。 空間の占有者に危害を及ぼさないようにするため.

合成材料は生分解性ではないことが多く、その材料が使用されなくなって廃棄されると、 環境に有害です.

天然吸音材は、 非常に効果的で、手頃な価格で、簡単に入手でき、環境に優しい.

これらの材料は空気中に分解せず、建物の居住者に健康上の問題を引き起こすことはありません。したがって、 誰にとっても安全に使用できます.

ピュアコットンは現時点で入手可能な最高の天然吸音素材です。他の天然吸音材に比べて若干高価ですが、 非常に効果的で、汎用性が高く、入手が簡単です.

綿は吸音性に優れています さまざまなソースからの幅広い周波数、音量レコーディングスタジオ、ワークショップ、住宅、オフィス、その他音響処理が必要な場所での吸音に最適です。

さまざまな音のスペクトルに対して非常に効果的で、見つけやすく、安全で環境に優しく、多用途な吸音材を探しているとします。その場合は、 純綿、MDF、ココナッツの殻、または竹はすべて優れた自然吸音オプションです。

参考文献

  • アコースティックフィールズ.com
  • ラブズ.ドムスウェブ.it
  • thefabricofourlives.com
  • ec.europa.eu/環境
  • iopscience.iop.org
  • ウィキペディア.org

類似の投稿