天井の防音工事にはどれくらいの費用がかかりますか?

上の階の隣人の騒音に対する最も現実的な解決策は、多くの場合、天井を防音にすることです。しかし、これには相応の課題が伴いますが、おそらく最大のハードルは、天井やその他の領域の防音工事にかかるコストを見積もることです。

50 平方フィート未満の天井の防音工事にかかる米国の全国平均コストは、約 $825 です。ただし、選択した防音材の種類、天井のサイズ、お住まいの地域の人件費によっては、この数値が $2000 を超える場合があります。

天井の防音にかかる費用

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

私のものをチェックしてください 防音天井のご案内.

この投稿の残りの部分では、材料費、人件費、部屋の広さに基づいて、天井の防音にいくらかかるかを見積もる方法について説明します。早速始めましょう。

天井の防音材を選ぶ

天井の防音にはさまざまな材料が使用される場合があり、プロジェクトの総コストは選択した種類によって大きく異なります。

最適なオプションを選択し、天井の防音にどれくらいの費用がかかるかを見積もるために、使用するのに最適な材料のいくつかを見てみましょう。

大量にロードされたビニール

Mass Loaded Vinyl (MLV) は、小さな金属片を含浸させた柔軟なビニールの薄い層です。このような構造により優れた遮音特性が得られ、屋外および屋内のさまざまな防音プロジェクトの定番となっています。

MLV を天井に使用すると、構造全体の質量が増加します。そうすることで、通常、重くて密な表面は音を反射するため、天井の騒音遮断能力が向上します。

また、MLVは天井の振動を防ぐ効果もあり、強力なサウンドシステムからの低音や、上の階の人の足音などの低周波音に対する防音効果も優れた素材です。

吸音パネル

吸音パネルには非常にシンプルですが重要な防音メカニズムが備わっています。特別に配合されたフォームで作られたこれらのパネルは、音波を吸収して室内の反響や残響を防ぎます。

これにより、音声が明瞭になり、一般的な騒音が最小限に抑えられるため、天井の防音プロジェクトに音響パネルが必須となります。

もちろん、吸音プロセスには多くの物理学が関係しますが、詳細については説明しません。話を簡単にするために、これらのパネルを、音が入って二度と出てこない音響ブラック ホールと考えてください。

乾式壁

天井を防音する場合、主な目標の 1 つは、構造内の隙間をなくすことで、音による振動を最小限に抑えることです。天井が振動しなければ、音が伝わらず、その結果、家がより静かになります。

隙間をなくすには、天井を取り外し、根太の間のスペースを乾式壁 (石膏ボードとも呼ばれます) の層で埋める必要があります。

Ghonsla の技術仕様書 (ちなみに、他の断熱材の技術仕様を確認するためにも使用できます) によると、乾式壁の密度は約 530 Kg/m3 です。

このような高密度により、乾式壁は振動を防止して音を遮断するのに優れており、天井に追加することで頭上の騒音を防ぐ能力を高めることができます。

音響塗装

このタイプの水性塗料には、セラミック微小球と音を閉じ込める充填剤の混合物が配合されています。つまり、吸音塗装は音を吸収し、室内の反響や残響を防ぎます。

天井防音プロジェクトで音響塗料の使用を選択した場合は、吸音性を最大限に高めるために必ず複数回塗装してください。

回復力のあるチャネル

弾力性のあるチャンネルとは、木材または鉄骨の壁や天井を通る音の伝達を最小限に抑えるために使用される、手頃な価格のデカップリング方法を指します。

防音プロジェクトで弾力性のあるチャネルを使用すると、乾式壁を天井から分離 (別名別名) し、その後の音の伝達を防ぐことができます。

天井の防音材の費用の見積り

天井の防音

必要と思われるいくつかの材料を確認したら、天井の防音にどれくらいかかるかを見積もるために、それぞれの価格を見てみましょう。

これらすべての材料を天井の防音に使用できますが、必ずしもすべてを使用する必要があるわけではないことに注意してください。達成したい遮音性の程度に応じて、防音材を 1 つだけ使用することも、複数の防音材を組み合わせて使用することもできます。

わかりやすくするために、各防音材のコストをまとめた表を以下に示します。また、どの素材を使用するかを決定しやすくするために、各素材の主な特徴を強調する「特徴」セクションも追加しました。

材料特徴見積もり金額
大量にロードされたビニール●高密度の有機砂、塩、小さな金属粒子で作られています。
●床、壁、天井などの構造部分に質量を加えて音を遮断します。
厚さ 1 ポンド 1/8 インチ、4 フィート x 25 フィート (100 平方フィート) ロールあたり $190。
吸音パネル●音波を吸収し反響や残響を防ぎます。
●性能に影響を与えることなく、希望の形状に簡単に切断できます。
2 インチ 2 インチ X 12 インチ X 12 インチ パネルあたり $18。
音響塗装●標準塗料の代わりにあらゆる表面に塗布できます。
●中レベルの音声周波数に最適です。
● 通常、「弾力性のある」ベースコートと塊を形成する「仕上げ」コートで構成されます。
1ガロンあたり$35。 1 ガロンは 150 平方フィートをカバーします。 (シングルコート)
防音乾式壁 (Amazon では購入できません。最寄りの店舗を確認してください)●お部屋やオフィスでの使用に最適です。
●追加の構造的防音技術が不可能な状況に最適です。
1 平方フィートあたり $0.40 ~ $0.65場所に応じて
回復力のあるチャネル● デカップリングにより、壁や天井を通る音の伝達を最小限に抑えます。8 フィート長 (25 ゲージ) 32 個入りボックスあたり $150

それがわかったら、天井をカバーするのに必要な数量と単価を掛けて、各材料のコストを計算します。例えば、 天井が 100 平方フィートの場合乾式壁を使用している場合、総コストは $40 (つまり $0.4 x 100) から $65 (つまり $0.65 x 100) の間になります。

防音材のコストを見積もる上記の方法で発生する可能性のある 1 つの問題は、弾力性のあるチャネルを扱う場合です。どれだけの量が必要になるかを判断するのは難しく、請負業者に相談する必要があるかもしれないからです。

人件費の見積もり

DIY で天井の防音工事を行う場合、プロジェクトの総費用は選択した材料の価格の合計になります。ただし、便利屋を雇う場合、プロジェクトのコストには人件費が含まれますが、場所によって異なるため、見積もりが難しい場合があります。

それにもかかわらず、いくつかの雇用統計を見ることで最終的な結果を把握することは可能です。

米国労働統計局によると, 一般的な修理およびメンテナンス作業員の全国平均時給は約 $20.17 です。ほとんどの請負業者 (特にプロ) の料金が全国平均を上回ることを考えると、お住まいの地域とプロジェクトの詳細に応じて、1 時間あたり 20$ から $60 の料金を支払うことが予想されます。

人件費を最小限に抑えたい場合は、防音塗料を自分で塗布するなどの簡単な作業を検討してください。また、大企業に所属する請負業者よりも独立請負業者を優先することも役立つかもしれません。これは、後者の時給が通常より高いためです。

最終的な考え

この議論はこれで終わりです。この投稿で説明した内容を活用して、天井防音プロジェクトの総コストを見積もり、それに応じて計画を立てていただければ幸いです。ではごきげんよう!

類似の投稿