防音のために壁全体を覆う必要がありますか?

周囲の騒音を軽減したり、完全に静かにしたりするために、家の特定の部分に防音工事が必要になる場合があります。でも防音する必要はあるのでしょうか? 全体 それをするための壁は?

壁全体を防音にする必要はありません。壁を防音するには、15%~30%の表面積に防音材を塗布し、ある程度の音を遮断します。低いパーセンテージから始めることをお勧めします。 

壁全体を防音にする必要がありますか

壁全体を防音にする?

どれだけ望むかに応じて 部屋を防音にする、さらに防音効果を高めていくことができます。この記事では、音が部屋の内外にどのように漏れるのか、それに対して何ができるか、そしてどれくらいの量の音が漏れる必要があるのかについて説明します。 部屋を防音にする あなたのニーズに基づいて。

こちらもお読みください: 壁の防音工事にはどれくらいの費用がかかりますか?

壁の一部を防音にすることはできますか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

壁の一部を防音することができ、十分な防音効果が得られます。これは、部屋の表面積の 15% ~ 30% に吸音パネルなどの防音材を適用することで実現できます。ただし、防音材だけを考慮すべきではありません。

音が反射したり反響したりする可能性のある平らな面が多い空間 (体育館やダンス スタジオなど) を防音する場合、経験則として表面積の約 50% を防音することです。

音の侵入と騒音の遮断の両方が必要なスペース (ホーム シアターなど) には、50% 防音ルールも適用されます。

通常の防音工事の場合は、15% 防音工事から始めて、ニーズに応じて段階的に防音工事を進めていくのが良いでしょう。こうすることで、必要のない材料に余分なお金を費やすことがなくなります。

音の伝わり方

防音の詳細を詳しく説明する前に、音がどのように機能するかを理解することが重要です。

サウンドについて考えるときに考慮する必要がある 2 つのタイプがあります。 部屋の防音:

  • 空気伝播音: 名前が示すように、これは空気中を伝わる音です。例としては、隣の部屋で誰かが話している音、ラジオからの音楽、外での犬の吠え声などがあります。
  • 衝撃音: これは、物体が構造物の表面に衝突したときの音を指します。振動はその構造を通って伝わり、音を伝えます。いくつかの例としては、ドアをバタンと閉めたり、床を踏む足音が挙げられます。 

空気伝播音と騒音は水のように機能します。それらは外側から部屋に漏れることもあれば、壁の小さな穴や亀裂を通って部屋の内側から侵入することもあります。

さらに、騒音は照明のスイッチの隙間、絵画を飾るために開けられた壁の穴、さらには窓やドアを通過する可能性があります。

壁全体を防音にする方法

音や騒音はほぼどこからでも発生する可能性があるため、適切な防音を実現するのは困難な場合があります。幸いなことに、次回の防音プロジェクトを確実に効果的に予算内に収める方法があります。

音がどこから来ているかを見つける

ご想像のとおり、壁全体の防音工事には高額な費用がかかる場合があります。すでにかなり防音性の高い壁を使用している場合、部屋に漏れる騒音は、ドアの下の隙間や窓から発生している可能性があります。

ドアや窓に問題がある場合、壁に吸音パネルなどの防音材を追加しても意味がありません。使用する必要があるかもしれません 防音カーテン または、壁の防音の代わりにドアのウェザーストリップを貼ります。

音がどこから聞こえているかをテストするには、携帯電話を使用して、他の部屋で大音量の音楽を再生します。その後、防音したい空間を歩くことができます。こうすることで、どこから音が漏れているのかをしっかりと把握することができます。

防音ソリューションや防音材の適用を検討する場合、これらの「弱点」を見つけることがリストの最優先事項となるはずです。

騒音が発生する場所の防音

原則として、騒音が発生している壁側を常に防音する必要があります。たとえば、リビングルームのテレビの騒音がホームオフィスに侵入するのを防ぎたい場合は、リビングルーム側に防音材を施します。

お子様とその友達がガレージで楽器を練習する場合、大音量の音楽が近所迷惑にならないようにしたいと考えています。したがって、ガレージ内を防音します。

ホームシアターに関しては、映画の音が外に出るのを防ぎ、外部の騒音が入ってきてシアター体験を台無しにするのを防ぎたいと考えます。この場合、ホームシアターの内部と外壁に防音工事を施す必要があります。

壁の種類による防音性

壁の防音対策は主に、音が漏れる可能性のある隙間をシールすることで構成されます。また、音の振動をよりよく吸収して分散させるために、壁に何らかの質量を追加することも含まれます。建設中またはすでに完成した壁に防音材を適用することができます。

建設中の壁の防音工事

乾式壁間の隙間/空隙を埋めます。これにはバット断熱材を使用してください。乾式壁の内部を中空のままにしておくと、音が伝わりやすく、反響によって音が増幅されやすい空間が残ります。一方、レンガやコンクリートなどの頑丈な壁の場合、この空間は問題になりません。漆喰壁には依然として空気の隙間がありますが、漆喰の層はかなりの量の音を減衰させるのに十分な厚みがあるため、大音量の音楽はほとんど聞こえません。

既存または完成した壁の防音工事

すでにある壁や完成した壁に防音工事をする場合は、以下の資材が必要になります。

  • 吸音パネル/フォーム: 壁面の15%に設置してそこから作業することも可能です。これら Ruonin x 6 パック装飾アート吸音壁パネル (Amazon.com より) 素敵な絵画デザインがあり、リビングルームで上品に見え、防音性も備えています。
  • 防音コーキング/テープ: 音が漏れる可能性のある壁の穴や亀裂を塞ぐためにこれらを使用します。これをお勧めします 緑の接着剤吸音コーキング (Amazon.comで入手可能)乾いた後は簡単にペイントできるためです。
  • 二重乾式壁: 追加のレイヤーをインストールする 乾式壁 壁の質量を増やして音を減衰させ、吸収します。
  • 防音壁紙と塗料: これらの素材はある程度の音を減衰させることはできますが、実際に騒音を遮断するには薄すぎる可能性があります。

最終的な考え

十分な防音効果を得るために壁全体を防音する必要はありません。 15%~30%のお部屋の表面積に防音材を施工することで、十分な騒音低減が可能です。必要な防音の程度に応じて、上記の範囲が適切な数値となります。

類似の投稿