地下室の防音工事にはどれくらいの費用がかかりますか?

地下室を防音にすると、勉強やリラックスのための静かな空間を提供できます。おそらくすでにご存知かと思いますが、地下室の防音工事にはある程度の現金がかかりますが、正確にはどれくらいの費用がかかると予想すべきでしょうか?

地下室の防音工事には $2,028 から $2,800 の費用がかかります。 1 平方フィートをカバーする価格は $1.25 ~ $1.90 です。特定の地下室防音プロジェクトの正確な費用は、人件費とスペースのサイズによって異なります。

こちらもお読みください: ガレージの防音工事にはどれくらいの費用がかかりますか?

地下室の防音工事にはどれくらいの費用がかかりますか

適切な素材を使用すれば、地下室の内外での騒音を防ぐことができます。このクイック ガイドでは、上記のコスト見積もりについて詳しく説明します。お金をかけずに地下室を防音する方法についても説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

地下室の防音工事にはどれくらいの費用がかかりますか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

多くの住宅改善プロジェクトと同様に、住宅を決定する際には、いくつかの異なる要素が関係します。 地下室の防音工事にかかる費用.

地下室の防音工事には、$2,028 から $2,800 以上の費用がかかります。各プロジェクトの正確な費用は、防音材の品質、使用される防音方法、および地下室のサイズによって異なります。

通常、材料と人件費は固定価格ですが、作業するスペースのサイズは異なる場合があります。

コーキング、乾式壁、R 値 19 のグラスファイバー断熱材の費用は、平方フィートあたり約 $1.90 です。この見積もりに基づくと、DIY アプローチ (つまり、人件費を除く) を使用して 1,600 平方フィートの地下室を防音するには、最大 $3,000 かそれより若干高い費用がかかる可能性があります。ご想像のとおり、小さな地下室の防音工事の方が費用は安くなります。

地下室の防音工法

選択した防音方法によって、地下室の防音プロジェクトの全体的なコストが決まります。

ここでは、一般的な 4 つの防音方法を、安価なものから最も高価なものまでランク付けして紹介します。

地下室の天井に断熱材を設置する

断熱材を追加すると、 地下室の天井 (または根太床)は、地下室を防音する最も簡単で安価な方法です。これには、地下室の上の部屋からの騒音や振動を抑えるための障壁を設置することが含まれます。

通常、根太を追加する前に R 値 19 の断熱材を設置するだけで、音の伝達を十分に防ぐことができます。ちなみに「R値」とは絶縁体の熱抵抗のことです。数値が大きいほど、熱(および音)を防ぐことができる素材となります。

壁根太と天井に弾性チャンネル クリップを取り付ける

この防音方法は、壁根太と天井を乾式壁から切り離し、空気バリアを作成します。

これには次の 3 つのステップが含まれます。

  1. インストール中 弾力性のあるチャネル (RC) は地下室の壁根太と天井にクリップで固定します。
  2. 金属胴縁チャンネルを RC クリップにはめ込みます。
  3. 乾式壁を弾性チャンネル クリップに固定します。

RC クリップを壁根太と天井に取り付けると、乾式壁の両側が個別に振動できるようになります。つまり、両側間の騒音や振動の伝達が少なくなります。

乾式壁の二重層の設置

1 枚の乾式壁シートの代わりに 2 枚の乾式壁シートを取り付けることができます。しかし、乾式壁シートだけで効果があるわけではありません。

この方法を効果的にするには、2 番目の層として吸音乾式壁パネルを使用する必要があります。市場にはこれらのオプションがたくさんあるため、高品質のものを見つけるのは難しくありません 防音乾式壁 シート。

2 枚の乾式壁の間にデカップラーを取り付ける

壁の分離は手の込んだ方法ですが、壁間の音や振動の伝達を排除する優れた方法です。

この方法には、粘弾性物質を適用することが含まれます。 ダンピングコンパウンド 2枚の乾式壁シートの間に(遮音化合物)。 緑の接着剤防音コンパウンド は、この目的に優れたデカップラーの好例です。

単層の制振乾式壁 (別名、工場制振石膏ボード) を使用することもできます。この方法では作業量は半分に減りますが、方法ほど効果的ではありません。 緑の接着剤.

地下室を安く防音する方法

追加費用をかけずに地下室を防音にすることはできますか?

はい、できます!

ただし、建設中に防音材を設置することは、地下室に出入りする騒音フィルターを排除または大幅に軽減する最良の方法です。

そうは言っても、ここでは一円も費やさずに地下室の天井を防音する方法をいくつか紹介します。

布張りの家具を使用する

布張りの家具は、生活空間内で跳ね返る音の量を減らすことができます。地下室の上の部屋に家具をいくつか追加すると、音の伝わりを最小限に抑えることができます。

この方法の優れている点は、地下室の防音のために新しい家具を購入する必要がないことです。今お持ちの家具を簡単に配置変更できます。ソファや本棚などの重いものは、地下室の最も音が響く場所に移動してください。

布製の窓カバーを追加する

厚手のカーテン 地下室の外からの音を軽減することができます。カーテンと ウィンドウトリートメント 車内の騒音も吸収します。

ラグ、カーペット、またはパッドを追加する

この方法は地下室で行うものではありません。代わりに、地下室の上の部屋に敷物やカーペットを追加する必要があります。

足音を軽減するのに効果的であるため、ふわふわのラグを検討してください。改善するために、床とラグまたはカーペットの間にパッドを置くこともできます。 吸音性.

防音工事はあなたの家の価値を高めますか?

多くの住宅所有者は、資産の価値を高める方法を考えるときに、通常、防音工事を考慮しません。防音工事が不動産を金鉱に変えるわけではありませんが、不動産価値にプラスの影響を与える可能性があります。

防音は家の価値を高めます なぜなら、近隣住民間の騒音による争いがなくなり、集中力が高まり、生活の質が向上するからです。ほとんどの住宅購入希望者はこれらの利点を高く評価しており、結果としてより多くの金額を支払っても構わないと考えています。

したがって、地下室の防音対策に多額の費用を費やしたとしても、そのお金が完全に失われるわけではありません。代わりに、あなたは自分の不動産に投資しています。

最終的な考え

予防 衝撃音 そして、地下室をホームオフィス、図書館、またはくつろげるベビーベッドに変えることを考えている場合でも、空気伝播騒音は非常に重要です。手先が器用な人であれば、DIY プロジェクトに挑戦することで、地下室の防音費用を低く抑えることができます。

あるいは、専門家に依頼して作業を依頼してください。どのような決定をするにしても、徹底した防音工事には平方フィートあたり約 $1.25 以上の費用がかかることが予想されます。

情報源

類似の投稿