音響フォームは時間の経過とともに埃がつきますか?

吸音フォームは、背景音やエコーを吸収することにより、エリアの音質を向上させます。一般的な通説に反して、吸音フォームは音を遮断しません。代わりに、元の音を通過させる孔があります。でも、時間が経つと汚れが溜まってしまうのでしょうか?

吸音フォームは、通常の磨耗により時間の経過とともに埃が付着します。吸音フォームが剥離し始めるには、製造日から約 7 年かかります。吸音フォームの音を吸収する能力は、材料が粉塵に分解されるにつれて低下します。 

吸音フォームが埃っぽくなる

この記事では、アコースティックフォームが時間の経過とともに埃っぽくなる理由を詳しく見ていきます。吸音フォームの選び方やお手入れ方法についてもご紹介します。 

こちらもお読みください: 音響フォームは時間の経過とともに劣化しますか?

音響フォームは時間の経過とともに埃がつきますか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

吸音フォームは、ポリウレタン、軽量のポリエーテルまたはポリエステル素材で作られています。タイル状で提供され、発泡体の目的に応じて表面のさまざまな形状が特徴です。

吸音フォームの製造に使用される素材は、他の従来のフォーム (枕に使用されているフォームなど) よりも硬く、埃がつきにくい素材です。

吸音フォームは、長期間の使用により分解され、時間の経過とともに粉塵が発生します。吸音フォームの密度や PPI 評価などの要因は、吸音フォームが粉砕されて粉塵になる速度に影響します。 

従来のフォームでは生成される 小さな破片 何かがこすれるたびに。 

一方、吸音フォームは接触しても崩壊しません。製造には柔らかくて高密度の素材が使用されており、軽い摩擦では剥がれません。 

メーカーは、高周波音と低周波音に対する効率を高めるために、柔らかくても密度の高い吸音フォームを作成します。 

吸音フォームの耐久性にもかかわらず、素材は時間の経過とともに緩み、粉塵として砕け散ります。フォームの密度と PPI 評価、およびメンテナンス方法は、吸音フォームの寿命に影響します。 

剥がれ落ちた音響フォーム 吸音性が失われる 素材が磨耗するにつれて機能が低下します。さらに、吸音フォームからの粉塵は健康上の問題となる可能性があります。 

したがって、吸音フォームにほこりが付いたらすぐに交換する必要があります。 

音響泡はどれくらい持続しますか?

上で述べたように、吸音フォームは時間の経過とともに劣化により埃が付着します。ただし、吸音フォームが劣化するまでにかかる時間は、メンテナンス、PPI 評価、硬さなどの要因によって異なります。そうは言っても、吸音フォームが持続できる一般的な期間があります。 

適切にメンテナンスを行っていれば、吸音フォームは少なくとも 7 年間は持続します。耐久性があり、よくメンテナンスされた自閉症用フォームパネルは、10 年間も使用できます。

メンテナンス 

吸音フォームが従来のフォームよりも丈夫であるという事実は、 適切なメンテナンスの必要性。その他の条件が同じであれば、よく手入れされた低密度吸音パネルは、放置された高密度吸音パネルよりも長持ちします。 

新しい吸音フォームは、軽い摩耗には剥離せずに耐えますが、継続的な引っかき傷は時間の経過とともにフォームの完全性に影響を与えます。したがって、フォームパネルは定期的に接触する可能性のある場所から離して設置してください。 

さらに、フォームパネルには液体がかからないようにしてください。パネルが液体に触れた場合は、すぐに乾燥させる必要があります。 

液体の汚染を除去するにはフォームとの接触が必要になる可能性が高く、フォームの寿命を延ばすためにはできるだけ避ける必要があります。

どんなに頑張っても、吸音フォームパネルは汚れてしまうので、掃除が必要になります。

PPI 評価

インチあたりの孔数 (PPI) フォームの評価は、直線インチあたりの細孔または微細な穴の数を示します。

吸音フォームは通常のフォームよりも高い PPI 評価を持ち、音を吸収して熱として放散する表面積が増加します。通常のフォームは PPI 評価が低いため、より厚く、きつくなり、その結果、次の用途にはあまり適しません。 吸音性

クッションの PPR 評価は約 30 ですが、高品質の吸音フォームパネルの PPI 評価は 80 以上です。 

吸音フォームの PPI 評価が高いほど、吸音特性が良くなり、耐久性が長くなります。 

PPI 評価 吸音パネル フォームの品質の信頼できる指標です。通常、約 80 以上の PPI 評価は、耐久性があり効率的な吸音フォームパネルを示します。 

ほとんどのものと同様、品質は価格に直接比例します。PPI 評価が高い吸音フォームには、より多くの料金を支払う必要がある可能性があります。 

一方で、高品質のフォームは耐久性にも優れているため、新しいパネルの購入を検討するまでにはしばらく時間がかかる可能性があります。 

硬さ

長持ちする音響フォームは、崩れることなく摩耗に耐えることができます。常に接触にさらされる狭いエリアに吸音フォームを設置する必要がある場合があります。

高品質の吸音フォームは、分解することなく長時間の接触に耐えます。それでも、頻繁に磨耗が起こる場所から吸音フォームを設置することをお勧めします。 

購入する前に音響フォームを曲げてみて、硬さを確認してください。耐久性のあるパネルは、加えられた圧力に関係なくその形状を維持します。 

アコースティックフォームのお手入れ方法

吸音フォームを長持ちさせたい場合は、お手入れをする必要があります。その方法は次のとおりです。 

  • 火災の危険性や接触の可能性があるエリアから離れた場所に吸音フォームを設置してください。
  • 吸音フォームが清潔で湿気のない状態に保たれていることを確認してください。フォームの表面にほこりが蓄積すると、フォームの効率と寿命が低下する可能性があります。 
  • 湿った布を使用して吸音フォームを定期的に掃除してください。濡れた布はフォームを濡らすことなくほこりを取り除きますが、吸音フォームの保存寿命が大幅に短くなる可能性があります。 
  • パネルのほこりを掃除機で取り除きます。 掃除機をホバリングします 泡を真空に吸い込まないように注意しながら、パネルの上に置きます。 
  • イソプロピル アルコールは、吸音材の汚れに最適な治療法です。湿らせた布でアルコールの臭いを取り除く前に、汚れを軽くこすってください。 
  • 吸音フォームは湿気のない状態に保ってください。湿気はフォームの性能に影響を与え、劣化を早めます。 

結論

吸音フォームは、時間の経過とともに予想される磨耗により埃が付着します。長期間の使用により、フォームは徐々に劣化し、粉塵として剥がれ落ちます。適切にメンテナンスされた吸音材は少なくとも 7 年間は持続します。高品質でメンテナンスの行き届いた吸音フォームは最長 10 年間使用できます。 

吸音フォームの品質は主にその PPI 評価によって決まります。 PPI 評価が増加すると、フォームの品質も向上します。 

寿命を延ばすために、吸音フォームをほこり、湿気、接触から遠ざけてください。 

類似の投稿