必要な音響パネルの数 (3 つの簡単なヒント付き)

防音対策というと、手頃な価格で設置が簡単な吸音パネルの設置が最初に検討されることが多いです。唯一の問題は、部屋を防音するために何枚のパネルが必要かを知るのが難しいことです。 

5.1 サラウンド システムには少なくとも 7 枚の音響パネルが必要です。ただし、部屋に使用する必要がある吸音パネルの数を知るには、さまざまな要素を考慮する必要があります。部屋のサイズ、形状、表面素材の種類、および意図された防音目標を知る必要があります。

吸音パネルは何枚必要ですか

何個かわかった上で 必要な吸音パネル, 次に取り組む必要があるのはインストールです。幸いなことに、このプロセスを簡単にするために使用できる簡単なヒントがいくつかあります。

音響パネルは何枚必要ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

吸音パネルは吸音材です。これらはフォームとミネラルウールで構成されており、室内の不要な騒音や反響を減らすために天井や壁に取り付けられます。

その結果、特にレコーディングスタジオ、ホームシアター、メディアルームにおける全体的な音質が大幅に向上しました。

しかし、吸音パネルの使用を計画しているほとんどの人は同じ疑問を抱いています – 部屋を防音するには何枚のパネルが必要ですか? 

この質問に答えるには、考慮する必要がある要素がいくつかあります。

  • 部屋の形と広さ
  • お部屋の使い方
  • エリア内の表面材
  • 吸音パネルの種類と配置

防音したい部屋の形状と大きさ

部屋が広いと、エコーや残響がより顕著になります。音波は表面で反射し、反射が発生し、他の表面で跳ね返るか吸収されます。

部屋が広いほど、音が表面間を伝わるのに時間がかかります。その結果、音波が散乱するまでに長い時間遅れが生じ、音波がより長く残響することになります。

さらに、パネルを設置する前に部屋の形状を把握することが重要です。天井が高い部屋は、天井が低い部屋よりも残響時間が長くなります。

一方、硬い床や乾式壁などの平行な表面は、部屋に共振を引き起こします。

お部屋の使い方

部屋の用途に応じて、許容できる部屋の残響レベルが異なります。

たとえば、ホームオフィス、ホームシアター、レコーディングスタジオはすべて異なる残響レベルを持っています。つまり、防音のために必要な吸音パネルの数が異なります。

言うまでもなく、部屋の使用方法は、パネルが吸収する必要がある音波の数と周波数レベルに影響します。

中音域と高音域だけを除去したい場合は、薄い吸音パネルを使用するのが理想的です。一方、厚いパネルは低周波ノイズと高周波ノイズを吸収します。

背景ノイズを低減したいだけの場合は、低周波を除去する必要はありません。ただし、部屋の目的がホームシアターやレコーディングスタジオの場合は、低域、中域、高域の周波数を制御する必要があります。

さらに、吸音パネルを追加しすぎると残響が失われることに注意する必要があります。この要因により、部屋が「死んだ」ように聞こえます。このような音は、特に何かを録音する場合には、良い音ではありません。

エリア内の表面材

吸音パネルを設置する前に、部屋に使用されている材料の種類を把握する必要があります。乾式壁やコンクリート壁などの硬い表面は、カーペット敷きの床や堅木張りの床よりも音を反射しやすいことに注意することが重要です。

さらに、硬い表面は音波の残響時間に重要な役割を果たします。一方、柔らかく多孔質な表面はより多くの音を吸収し、残響時間を短縮します。

とはいえ、防音したいエリア内の物体は、不要な騒音を除去する役割を果たします。

部屋にソファや枕が完備されている場合、これらの素材が音を吸収して反響を軽減します。この場合、設置する必要がある吸音パネルの数は少なくなります。 

吸音パネルの種類と配置

吸音パネルにはさまざまな種類があることを知らない人も多いでしょう。それぞれのタイプは部屋の音質において重要な役割を果たします。

さらに、各タイプの音響パネルには騒音低減係数の NRC があります。 NRC は、パネルがどの程度吸音効果を発揮するかを示すのに役立ちます。

NRC 評価の範囲は通常 0 から 1 です。評価が高いほど、パネルの吸音性が高くなります。したがって、パネルに多くの騒音を吸収させたい場合は、高い NRC 評価を持つタイプの吸音パネルが必要です。

同様に、パネルの配置も重要です。吸音パネルを壁または天井に取り付ける前に、スペースの使用方法を検討する必要があります。

これらの要素をすべて理解した後、次の公式を使用して、部屋に必要な吸音パネルの正確な数を求めることができます。

  1. 高さ x 幅 x 奥行き x 0.3 = パネルの平方フィート
  2. 部屋の体積 x 3 パーセント = 製品の平方フィート

必要な吸音パネルの数を特定するための簡単なヒント

必要な吸音パネルの数を見つけるのは少し複雑かもしれません。ただし、必要なパネルの数を把握するのに役立つ簡単なヒントがいくつかあります。

それでも、部屋に適切な数のパネルを確保するには、上記の要素を考慮することが重要です。

  1. 天井の高さ

吸音パネルの断熱に関しては、標準の天井の高さは 8 フィートです。天井の高さがこの高さよりも高い場合、必要なパネルの数が変わり始めます。

  1. 部屋は大きすぎてはいけません。

部屋が標準的な 10 フィート x 10 フィート、10 フィート x 15 フィート、または 20 フィート x 20 フィートのエリアの場合、スペースの約 40 パーセントを防音する必要があります。ただし、部屋が 400 平方フィートを超える場合は、カスタムの防音推奨事項が必要になる場合があります。

  1. 部屋が奇妙であってはなりません。

防音を行う部屋には複数のガラスや金属の壁を設置しないでください。その理由は、これらの材料がダイナミクスを変える可能性があるためです。したがって、吸音パネルが機能するには、部屋にはコンクリート壁または乾式壁のいずれかのみが必要です。

情報源

  1. Ted W.、音響パネルは何枚必要ですか?、音響面、 https://www.acousticalsurfaces.com/blog/soundproofing/how-much-do-i-need/
  2. ホームシアター、ブームスピーカー、音響パネルは何枚必要ですか? https://boomspeaker.com/acoustic-panels-home-theater/
  1. ホームレコーディング用音響パネル究極ガイド、E-Home Recording Studio、 https://ehomerecordingstudio.com/acoustic-foam-panels/
  1. キャロライン、音響パネルは何枚必要ですか?、ATS 音響、 https://www.atsacoustics.com/blog/how-many-acoustic-panels-do-i-need.html/
  1. 長方形の面積を計算する、計算スープ、 https://www.calculatorsoup.com/calculators/construction/square-footage-calculator.php/

類似の投稿