午後 11 時以降に大音量で音楽を再生するのは違法ですか?

家の中で騒音にさらされることは、ほとんどの人がいつかは直面する迷惑な問題です。それは、誰もが平和を望んでいるときに、テレビ、ノック、大音量の音楽の再生など、何でも構いません。 

午後 11 時から午前 7 時まで大音量で音楽を演奏したり、騒々しいことはほとんどの州で違法ですが、一部の地区では独自の規則が設けられている場合があります。許容される騒音レベルは地域によって異なります。

午後11時以降に大音量で音楽をかけるのは違法

この記事の残りの部分では、大音量で音楽を再生することの合法性について詳しく説明します。さらに詳しく知りたい方は続きをお読みください。

こちらもお読みください: 騒音の多い隣人に対処するための 11 のデバイス

深夜の大音量音楽: 違法ですか、それとも単に失礼ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

大音量の音楽で目が覚めたり、目が覚めたりすることを楽しむ経験はほとんどありません。また、早朝に大騒ぎすることは通常違法とみなされます。

1972 年騒音規制法 これは、大きな騒音が地域社会に影響を与えるのを防ぐために導入されたもので、テレビの爆音から激しい議論まであらゆるものが含まれます。 

法律では、午後 11 時以降の音楽は違法であり、周囲への配慮に欠けていると定められています。深夜の大音量の音楽は、罰金、立ち退き、さらには逮捕の形で処罰される可能性もあります。 

音楽が大きすぎるかどうかを判断する方法

許容可能な音量レベルは、音源からの距離、持続性、音量レベルなどのさまざまな要因によって異なります。ほとんどの場合、デシベル (dB) は音楽の音量を測定するために使用され、音の大きさによって決まります。 環境保護庁 (EPA)。

妨害を防ぐために、内部容積は 45dB 以下に保つ必要があります。ただし、これは室内の騒音対策であり、隣人に聞こえる騒音を反映していない可能性があります。

壁が薄く、狭い集合住宅では騒音が発生しやすく、近隣住民に迷惑をかける可能性が高くなります。常に過剰な騒音が発生している場合は、騒音規制法に違反し、重大な結果を招く可能性があります。 

外部ノイズも制限されており、55dB が推奨ガイドラインです。屋外の騒音には、工場作業や犬の吠え声などが含まれます。都市やその他の繁華街など、一定の騒音にさらされている地域もあり、騒音に関する苦情が申し立てられる際には考慮されます。

70dBを超える騒音が長期間にわたって発生すると、長期にわたる健康被害を引き起こす可能性があるため、こうした混乱に遭遇した場合には住民は考慮する必要があります。 

午後 11 時以降に大音量で音楽を演奏する隣人に対処する方法

黙って平穏が乱されるのを放置していては、結局は涙を流すだけなので、できるだけ早く対処する必要があります。ここでは、大音量の音楽やその他のラケットに対処するときに取るべき手順をいくつか紹介します。

隣人に話しかけてください

これは恐ろしいことかもしれませんが、隣人の中には無配慮で、自分たちが引き起こしている騒動に気づいていない人もいるかもしれません。誕生日や特別な日でも構いません。あ クイックノック 他の住民との亀裂を生じさせずに騒音を抑えるには、フレンドリーにおしゃべりするだけで十分です。 

ほとんどの場合、騒音は隣人に気付かれずに午後 11 時を過ぎても続く可能性があるため、30 分ほど時間を与えれば、自然に騒音が収まる可能性があります。また、出かける前に音楽がどこから来たのかを確認してください。 

建物の所有者に連絡する

騒音が継続的な問題である場合は、建物の所有者または建物の権限を持つ人に連絡する価値があります。これには、家主、住宅協会、地域の平和を維持する近所の監視グループなどが含まれます。 

一部の住宅地では過剰な騒音を防止するためのガイドラインを設けており、問題を起こした者を罰する措置を講じている場合もあります。 

警察に相談してください

大音量の音楽のすべてに警察の立会いが必要なわけではありませんが、隣人が静かにしようとしない場合もあります。ホームパーティーはこの例であり、警察によって対処されるべきです。

一部の警察はその後の騒動を強制的に鎮めることができないかもしれないが、彼らの存在は問題を沈黙させるのに十分かもしれない。  

大音量の音楽があった場合のメモと証拠を保管する

騒音が続く場合は、すべてを考慮して地元の環境保護機関に提出するか、訴訟を起こすなど、お客様に代わって追加の作業が必要になる場合があります。 

これは簡単に行うことができ、ただ ビデオが必要です 証拠と混乱が発生した時間。正確な騒音レベルを記録するには、デシベルメーターアプリをダウンロードする価値があります。 

場合によっては、地元の市議会や EPA 支部が、提示された証拠に基づいて騒音を観察するために担当者を派遣することがあります。これは、訴訟を起こすのに役立ちます。隣人は一時的に騒音を抑える可能性があるため、このプロセスに気づかないようにしてください。 

大音量の音楽に対する防音効果

すべての騒音が違法というわけではありません。そのエリアが騒々しい場合は、個人が調整できる場合もあります。ありがたいことに、部屋に侵入する騒音を軽減する防音室の方法があります。 

防音工事は高価に聞こえるかもしれませんが、誰でも実行できる安価で簡単な解決策がいくつかあります。 

部屋に家具を追加する

過度の騒音に対抗するように部屋を配置したり、所有する家具をスペースを埋めて入ってくる音を抑えるために使用したりできます。 

大きな家具、ソファ、本棚、ワードローブはすべて壁に積み重ねて音を吸収できます。 防音カーテン 長くて厚みがあり、部屋を騒音から遮断します。  

ドアの防音対策

閉めた状態でも、 ドアはまだ許可できます 特にフレームやドア自体に顕著な隙間がある場合、音が通過しやすくなります。 

ドアの下の隙間が主な原因であり、床掃除機やシールガスケットを使用して埋めることができ、亀裂を完全に塞ぎます。ドア、フレーム、壁の間の隙間もギャップフィラーとフォームを使用して埋めることができ、不要な騒音をさらに抑えることができます。 

窓を防音にする

ドアのように、 窓は変更できる 騒音があなたの静寂を妨げるのを防ぎます。 

防音方法は、窓の周りの隙間をシールしたり、騒音が大きいときに窓に窓プラグを設置したりするだけで済みます。一部の企業は、窓を覆い、入ってくる光や音を遮断する半透明のパネルであるウィンドウブロッカーも製造しています。 

永続的ではありますが、より高価なオプションは、二重または三重ガラスの窓を設置することです。ガラスを追加すると家が断熱され、損傷に対する耐性が高まるため、価値のある投資となります。

結論

午後 11 時以降に大音量で音楽を再生したり、騒がしい場所や望ましくない音は、私たちの生活に悪影響を与える可能性があります。ありがたいことに、防音工事や当局への連絡など、簡単な方法で騒音や音楽の侵入を防ぐ方法があります。

類似の投稿