引越し用ブランケットは防音効果があるのでしょうか? (私たちは発見します)

動く毛布は防音効果があるのでしょうか?引越しの際、家具やその他の物を覆うために引越し用ブランケットを使います。でも、この毛布は分厚いので、防音効果はあるのでしょうか?

ムービングブランケットは防音材というよりは、むしろ防音材です。この素材はある程度の音波を吸収し、部屋を静かにします。ただし、ブランケットを移動しても低周波騒音の吸収にはあまり役立ちません。

動く毛布は防音になっていますか

防音対策によって部屋の音質を大幅に改善したい場合、ブランケットを移動することは正しい解決策ではありません。ただし、これらのブランケットを使用してエコーやノイズを軽減するさまざまな方法があります。 

こちらもお読みください: サウンドブランケットとムービングブランケット – 主な違い

動く毛布は防音効果があるのでしょうか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ムービングブランケットは綿素材とポリエステルメッシュで構成されています。家具を移動する際に、厚くて重い保護を提供します。荷物を傷つけずに持ち運べるので、新しい場所への引っ越しを計画している人に最適です。 

しかし、本来の目的とは別に、移動用ブランケットを次の目的で使用する人もたくさんいます。 音響処理。その理由は、この素材は重くて厚いため、音波を吸収する可能性があるためです。 

まあ、動くブランケットはむしろ吸音材です。つまり、完全にはそうではありません 部屋を防音にする ただし、その中の不要なノイズを軽減するだけです。基本的なノイズキャンセリング機能を備えており、音波が侵入しやすい隙間のある窓に最適です。 

さらに、防音目的でムービングブランケットを使用する場合、次の 3 つのオプションがあります。

  • 軽量の動くブランケット
  • 通常の体重移動ブランケット
  • 重い移動用ブランケット

軽量ムービングブランケット

軽量のムービングブランケットでは、非常にクリアなサウンドが得られない可能性があります。その理由は、室内での大量の音波の反響を防ぐのに十分な質量がないためです。 

ただし、手早く手頃な価格で移動を計画している場合は、これらの移動ブランケットは依然として最適です。 DIY音響処理。 

通常のムービングブランケット

このような動くブランケットは、他の音響治療への優れた追加です。たとえば、窓に粘着フォームテープを貼り付けても、まだ騒音が通過する場合は、通常の動くブランケットを吊るすことができます。通常の動くブランケットをカーテンとして使用すると、最初の音響処理ではキャッチできなかった騒音の一部を吸収できるようになります。 

では、動く毛布は防音効果があるのでしょうか?即答は「ノー」です。しかし、音波を吸収することができるため、エリアの騒音を軽減する他の音響治療に役立ちます。 

重い移動ブランケット

重い移動ブランケットは、吸収によって音波を弱める可能性があります。質量が大きいため、騒音が発生する前に適度な反響や振動を防ぐこともできます。 

重量のある移動ブランケットは、次のような場所に最適です。 ホームシアター そしてレコーディングスタジオ。その理由は、周囲の騒音を軽減し、部屋の音質を向上させることができるためです。

動くブランケットを吸音材として使う方法

早くて安価な防音工事をご希望の方から「引越し用ブランケットは防音になっているのですか?」とよく質問されます。しかし実際には、質量が大きいにもかかわらず、動くブランケットは空間に侵入する騒音を遮断することはできません。代わりに、一部のノイズのみを吸収するため、部屋の音質を適度に向上させることができます。

しかし、移動用ブランケットは、使い方を知っていて初めて効果を発揮します。そうは言っても、移動用ブランケットを吸音材として使用できる方法がいくつかあります。 

1. カーテンとして

窓は家の中で最も騒音に敏感な場所の 1 つです。音波の通り道として機能します。このため、騒音を通さないように音響処理を施す必要があります。 

とはいえ、移動用ブランケットを窓のカーテンとして吊るすこともできます。しかし、動く毛布は防音効果があるのでしょうか?いいえ、しかし外部の騒音を吸収し、部屋の音質を向上させることができます。 

ただし、動くブランケットは通常のカーテンほど美的ではない可能性があることに注意することが重要です。

2. ドアカバーとしての移動ブランケット

ドアに一時的な音響ソリューションが必要な場合、ムービングブランケットは手頃な価格の素材です。アパートに住んでいる場合、ドアが外部の騒音を遮断できるほど厚くなく重くないことに気づくかもしれません。 

ドアにムービングブランケットの層を追加すると、その厚みが増し、実際よりも密度が高くなります。その結果、部屋に入る音波が少なくなり、室内の音質が向上します。 

3. 騒音の多い床用のカバー

この音響ソリューションは、アパートに住む人々のためのもう 1 つの音響処理です。フローリングの床のアパートでは、不要な騒音が発生する可能性があります。上の階に住んでいる場合、足音だけで下の階の隣人に迷惑がかかる可能性があります。 

カーペットを敷くと足音も吸収できます。ただし、カーペットを敷くのは非常に高価なため、予算に優しい代替品を探す人もいます。 

そこで登場するのがムービングブランケットです。衝撃音がしつこい床に敷いても大丈夫です。これらのブランケットはバリアとして機能し、衝撃による大きな騒音を防ぎます。

なぜ移動ブランケットが吸音に役立つのでしょうか?

音響治療に詳しい方は、音波が最も小さな穴さえも通過できることをご存知でしょう。つまり、布地では音波が空間に出入りするのを阻止できないということです。そこで、「ムービングブランケットの防音性はどうなっているの?」と疑問に思われるかもしれません。

しかし、動く毛布は防音ではありません。音波のみを吸収するため、室内の不要な騒音を軽減できます。 

では、移動ブランケットはどのように役立つのでしょうか。 吸音性?

ムービングブランケットは、不織布、綿織物、ポリエステルで構成されています。このため、ノイズが通過する小さな穴がありません。 

さらに、移動用ブランケットは厚くて重いため、騒音に対する大きな障壁になります。移動ブランケット 1 枚の重さは 3 ポンドになるため、表面からの音波の反射を防ぐことができます。動くブランケットが重ければ重いほど、音波を吸収する効果が高くなります。

情報源

  1. 防音のために動くブランケットを使用する方法, https://www.shipperssupplies.com/how-to-use-moving-blankets-for-sound-dampening、2021 年 10 月 23 日にアクセスされました。  
  2. ブランケットの移動 101: 完全ガイド、 https://www.uhaul.com/Tips/Packing/Moving-Blankets-101-A-Complete-Guide-25119/、2021 年 10 月 23 日にアクセスされました。
  3. 7種類の防音ブランケット、 https://www.homestratosphere.com/types-of-soundproof-blankets/、2021 年 10 月 24 日にアクセスされました。
  4. ティモシー・デール、移動中に家具などを保護するのに最適な移動ブランケット、 https://www.bobvila.com/articles/best-moving-blanket/、2021 年 10 月 24 日にアクセスされました。

類似の投稿