二重窓は騒音を軽減しますか?真実を知る

二重ガラスは、家の中に冷気や熱気が侵入するのを防ぐための一般的な技術です。多くの人がこのテクニックを使って毎月の光熱費を節約しています。家に入ってくる外部の騒音を軽減する必要がある場合、多くの人は二重窓が役立つのではないかと疑問に思います。 

複層ガラスにすることで外部からの騒音を軽減することができます。音は 1 つの層ではなく 2 つの層を通過する必要があるため、二重ガラスは外部の騒音を大幅に軽減し、家をより静かにすることができます。 

複層ガラスで騒音を軽減

二重窓と家に侵入する騒音の軽減について詳しく話しましょう。 

こちらもお読みください: 家庭に最適な防音窓はどれですか?

複層ガラスはどのようにして騒音を軽減するのでしょうか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

二重ガラスは、音が伝わる障害物を 1 つではなく 2 つ提供することで騒音を軽減します。

二重ガラスというと複雑に聞こえるかもしれませんが、思っているほど理解するのは難しくありません。複層ガラスでは、2 枚のガラス窓ガラスを使用して 1 つの窓を作成します。がある 空域 2 つのペインの間も同様です。 

2 枚のガラス板は騒音を防ぐだけでなく、2 枚のガラス板の間にある空気によってある程度の断熱効果も得られます。したがって、より多くの空気が断熱できるように、窓ガラス間の距離をできるだけ長くする必要があります。こうすることで、家の中に空気や大きな騒音が入るのを防ぐことができます。 

ガラス間の断熱空気により、声やその他の同様のノイズなどの高周波ノイズを最小限に抑えることができます。一方で、ペインも役立ちます。

二重ガラスによる騒音を最大限に低減したい場合は、厚さの異なる 2 枚の窓ガラスを使用することを検討してください。これにより、外部の音をさらに軽減できます。 

厚さの変更は、外部の騒音を軽減したい人にとって一般的です。家に二重ガラス窓を設置したい場合は、ガラスを選択するときに 2 つの異なる厚さを使用することを会社に必ず伝えてください。 

こちらもお読みください: 三重ガラス窓は騒音を軽減しますか?確認してみましょう

二重ガラスが騒音を遮断する程度に影響を与える要因は何ですか?

二重ガラス窓が騒音をどれだけ軽減するかは、いくつかの要因によって決まります。ほとんどの企業は空気の侵入を防ぐためだけに使用していると想定している可能性があるため、設置を決定する前にこれらの各要素を必ずカバーしてください。 

ギャップを埋めるもの

騒音低減に関しては、2 枚の窓ガラス間の空気が非常に重要です。しかし、そこには単なる普通の空気以上のものがあります。

アルゴンなどのガスを使用して二重窓のスペースを埋めると、二重窓の効果がさらに高まります。これらのガスは、音や空気が他の窓ガラスに到達する可能性を減らすのに役立ちます。 

どのタイプのガスが自分にとって最適であるかについてメーカーに相談することもできますが、最も一般的な 2 つのオプションについて説明しましょう。 アルゴンとクリプトン.

どちらのオプションも明らかですが、音と空気に対する大きな障壁として機能します。アルゴンは生成しやすいです。したがって、クリプトンよりも安価になります。ただし、クリプトンの方が効果的です。したがって、必要なものに基づいて慎重に選択してください。 

窓ガラス間のガスは、窓がしっかりと密閉されている間のみ有効であることを覚えておくことが重要です。

したがって、時間の経過とともに、これらのガスが漏れ始めます。大量のガスが出る場合は、再度窓を密閉し、ガスを交換する必要があります。したがって、これを長期間維持するにはメンテナンスが必要になる場合があります。 

ガラスの種類

複層ガラスに使用するガラスの種類は非常に重要です。二重ガラス自体は騒音を防ぐのに役立ちますが、すべてのガラスが同じというわけではありません。いくつかの異なるオプションについて話しましょう。 

フロートガラス

フロートガラスは、二重ガラスに使用される最も一般的なガラスです。他のタイプに比べて壊れやすく、厚みもありませんが、それでも有効な選択肢です。これは、あまりお金をかけずに二重ガラスが欲しい予算に余裕がある人に最適です。 

このガラスは最も壊れやすいものですが、中に空気を入れすぎずに寒い季節や暑い季節を乗り切るのに十分な耐久性があります。ほとんどの騒音を防ぐのに役立ちますが、他のガラスオプションほど静かであることは保証されません。 

強化ガラス

フロートガラスの次のステップは強化ガラスです。これは高価ですが、より多くのダメージに耐えることができます。全体として、強化ガラスはフロートガラスよりも強いため、ガラスを通過する音は少なくなります。これは決して「防音」ガラスではありませんが、二重ガラスと組み合わせることで、非常に強力で効果的になります。 

強化ガラスはより強く耐久性がありますが、多くの人は騒音制御のみを目的としてそれをお勧めしません。ご自宅のオプションとして強化ガラスをご検討されている場合は、それに関する記事をご覧ください。で "強化ガラスは防音性が高いのでしょうか?」でさらに詳しく説明します。 

合わせガラス

合わせガラスについて考えるとき、おそらく靭性を思い浮かべるでしょう。合わせガラスが非常に耐久性があるのは事実ですが、フロートガラスや強化ガラスよりも防音効果がはるかに優れています。実際には、 エドゥアール・ベネディクタス 外部の音を遮断する目的で合わせガラスを発明しました。 

合わせガラスは、他の種類のガラスと同様に音の伝わりを防ぐ複雑な設計になっています。家の外からの音を軽減するだけでなく、大きな騒音が発生したときの振動も軽減します。このことを念頭に置くと、合わせガラスは高価な選択肢になります。したがって、それに追加のお金を費やす準備をしてください。 

ただし、音を遮断するのに非常に効果的であるという事実を考慮すると、必要なものに対しては価格に見合った価値があるかもしれません。隣人の騒音や近くの建設工事の音が家に響く傾向がある場合は、複層ガラス合わせガラスを使用すると騒音が抑えられ、家がより静かになります。 

最終的な考え

二重ガラスは、不要な空気や不要な騒音を遮断するために使用される一般的な窓技術です。外の騒音が家に入り込みやすく、頭痛や眠れない夜の原因となる場合は、これをご自宅でも検討してください。 

どのタイプの二重ガラスも効果的ですが、最大限の防音効果を得るには合わせガラスを検討してください。高価ではありますが、騒音を本来あるべき場所の外に出すのに役立ちます。 

類似の投稿