ワードローブは騒音を遮断しますか?

ある部屋から漏れ出て家中に伝わる騒音の量を制限する必要がある場合でも、保育園やオフィスなどの家の特定の部屋に騒音が侵入するのを防ぐ必要がある場合でも、おそらく最善の方法を探しているでしょう。ワードローブは騒音を遮断しますか?

ワードローブは部屋に入る騒音を妨げません。ただし、特に音を吸収するものと組み合わせた場合、部屋から漏れる騒音を遮断するのに多少の効果はあります。ワードローブが木製であるため、ある程度の音は遮断されますが、最良の選択肢ではありません。

ワードローブは騒音を遮断しますか

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

部屋の防音、騒音の遮断、家や特定の部屋に音が伝わるのを防ぎたい場合。以下を読み続けて、ワードローブで何ができるのか、そしてワードローブだけで騒音を遮断するのになぜ良い選択肢ではないのかを確認してください。

吸音と遮音

騒音や音が部屋から漏れないようにする場合、または騒音や音が部屋に入らないようにする場合は、両方を考慮することが重要です。 吸音と遮音.

音を遮断したい部屋では、音を遮断することだけに集中する必要があります。

音が発生している部屋では、吸音と遮音の両方を考慮する必要があります。

どちらの場合も、音が部屋内のさまざまな場所から入ったり出たりすることを理解する必要があります。これらには次のものが含まれます。

  • 天井
  • ウィンドウズ
  • 出入り口
  • ドア

音を吸収する

部屋の音を維持しようとしたり、部屋のエコーを制御しようとしたりする場合、適切な素材が必要です。 吸収する 音。

一般的には柔らかく、 多孔質の柔軟な素材は優れた吸音材として機能し、音の大部分を吸収するため音の伝達を減らし、室内に反射される音の量を減らします。布やフォームなどの多孔質の素材は、これを行うのに最適です。

遮断音

部屋から出る音や他の部屋に入る音を遮断したい場合は、音を遮断する素材が必要です。これは、ネズミが部屋から逃げ出して別の部屋に侵入するのを防ぐことを意味します。何らかの方法で逃げたり入ったりしないようにブロックする必要があります。

壁は音を遮断する機能がありますが、壁の厚さや使用されている断熱材によっては、大きな騒音に対しては役に立ちません。これは、壁が騒音をある部屋から出て、同じ部屋に反射して別の部屋に入るのを遮断する一方で、それでも一部の音は漏れてしまうからです。

木や金属で騒音を遮断

木や金属は緻密で透過性のない材料であるため、音を反射することが知られています。木材は通常、コンサートホールや楽器に見られるように、音を反射するために使用されます。ただし、比較的軽いため、すべての音波を適切に遮断または反射するわけではありません。

ノイズをブロックする方法

ワードローブのブロックノイズ

騒音を遮断するためにワードローブを使用することを考えている場合、それはおそらく次の素材で作られているはずです。 中密度繊維板 (MDF)。これは、広葉樹と針葉樹の残材を使用し、それらをまとめるために何らかの形のワックスまたは樹脂を加えて作られた人工木材製品です。

それを考慮すると、部屋に入る音を遮断する最良のツールとして機能するわけではありません。ただし、ある部屋から音が漏れて別の部屋に入るのをある程度防ぐのに役立つ場合があります。

このタイプの材料は、木材単体ではないため、通常、合板単体よりも密度が高く、壁を通さず部屋にノイズを反射して遮断する点で、通常の木材よりも優れた働きをします。

密度の高い素材は騒音を反射するのに最も優れているため、木製のワードローブは騒音が部屋から漏れるのを防ぐのに部分的に役立ちます。ただし、音は壁、ドア、出入り口の反対側から漏れる可能性があります。

部屋に騒音が入らないようにする

部屋に騒音が入らないようにするには、騒音が発生している場所に注目するのが最適です。その部屋内で吸音と遮音、つまり部屋の防音に取り組むことができれば、他の部屋に騒音が漏れるのを防ぐことができます。

残念ながら、クローゼットは部屋への音の侵入を防ぐのに効果的ではありません。防音に最適な場所は、直接壁、窓、出入り口です。

ただし、良いニュースは、騒音のある部屋にワードローブを置くことで、部屋から漏れ出る音をある程度制御するのに役立ちます。これは、音が木製のワードローブに反射して部屋に戻ってくるために起こります。

窓やドアは依然として音が漏れる場所である可能性がありますが、ワードローブは騒音を最小限に抑えるのに役立つだけです。

これらの領域の前に何か他のものを置くと、音が反射するものが多くなり、漏れる音が最小限に抑えられます。これも:

  • 防音断熱材や壁
  • 防音ドアカバーまたはドア
  • 防音カーテン

漏れ出る騒音を最小限に抑える

ワードローブがどの程度の音を遮断し、基本的に最小限に抑えるかについての最終的な考慮事項は、ワードローブに対する壁の大きさです。

クローゼットが壁に比べてかなり小さい場合、騒音を遮断する効果は大きくありません。

これは、一部の音はワードローブに当たって室内に跳ね返される一方で、壁やドアの他の部分に当たってそこを伝わる可能性があるためです。

ワードローブで遮断される音の量を最大にするには、次のセクションで説明する吸音技術も利用する必要があります。

吸音機能を組み込む

ワードローブで部屋から漏れる音を遮断したい場合は、吸音性についても検討する必要があります。

部屋の音を同じくらい大きく反射させる代わりにこれを行うことで、音の一部を捕らえて熱に伝えることもできます。本質的には、部屋から漏れたり壁を通過したりする音を、まったく吸収しない場合よりも小さくすることです。

ワードローブでこれを実現したい場合は、ドアなしのワードローブを購入することを検討してください。ドアは緻密で透過性がないため音を反射するため、ワードローブ内の衣類は多孔質で柔軟で柔らかいため、優れた吸音材となります。

室内の音を吸収する他の方法としては、次のようなものを使用および設置する方法があります。

最終的な考え

特定の部屋に騒音が入るのを防ぎたい場合は、発生源で音を遮断して吸収することで、騒がしい部屋から騒音が漏れるのをどのように防ぐかを検討する方が有益です。

ワードローブは部屋に素敵な追加物ですが、部屋に入る音を防ぐよりも、部屋から漏れる音を最小限に抑える効果が高いでしょう。

密度の高い素材と壁を覆うスペースが不足しているため、騒音の反射を部屋の防音対策として利用できますが、うまく機能しません。より良い壁や吸音材を設置したり、ドアや窓から入る音を遮断したりすることを検討すると良いでしょう。

類似の投稿