レンガの壁は音を吸収しますか?

家の周りの防音プロジェクトを始めている場合は、レンガの壁は音を吸収するのかと疑問に思ったかもしれません。事実を知るためにいくつかの調査を行ったので、簡単な答えを次に示します。

レンガの壁は音を吸収せず、反射して遮断します。レンガの壁の厚さと密度により音の通過は阻止されますが、音波は構造物に吸収されずに音源に向かって跳ね返ります。

レンガの壁は音を吸収しますか_

この記事では、レンガの壁に関連した反射と吸収の違いについて説明し、壁の吸収能力を向上させる方法についていくつかのヒントを説明します。

こちらもお読みください: レンガの壁を防音にする方法

なぜレンガの壁は音を吸収しないのでしょうか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音の用語では、吸収と遮断の間には重要な違いがあります。どちらも便利ですが、それぞれに異なる長所と短所があります。

ブロッキングは、音波が物体や構造を通過できなくなるプロセスとして定義されます。音波は表面に衝突し、消散するか、騒音源に向かって反射します。

吸収は、音波が別の形態のエネルギーに変換されるプロセスです。通常は熱。これを可能にするためには、まず材料や構造に侵入できなければなりません。

では、なぜレンガの壁は音を吸収しないのでしょうか?簡単に言えば、それは 材料。レンガは硬く、硬く、緻密です。音を吸収する材料は通常、柔軟性があり、次のような開放構造を持つ傾向があります。 音響フォーム.

以下を含むほぼすべての硬質建築材料にも同じことが当てはまります。

  • コンクリート
  • 鋼鉄

これは、防音プロジェクトにおいてレンガ壁が重要な役割を果たさないということではありません。実際、そこは質量が豊富で音の通過を遮断するため、始めるのに最適な場所です。

しかし、これらは常に役立つとは限りません。たとえば、部屋に音が入るのを防ぎたい場合には理想的な品質ですが、部屋内の音響を改善したい場合には理想的ではありません。

音波が構造物を通過することが妨げられると、音波は音源に向かって反射されて戻ります。これによりエコーや残響が発生する可能性があり、防音プロジェクトには好ましくありません。

したがって、多くの場合、音波を吸収できる材料でレンガの壁を修正する必要があります。これらの使用方法と有効性は多岐にわたりますが、以下で詳しく説明します。

つまり、レンガの壁は音を吸収するのではなく、音を遮断して反射するのです。ただし、レンガの壁は防音プロジェクトの出発点としては依然として適しており、空間の吸音性を向上させるために専用の材料を使用する必要があるだけです。

防音のためのレンガ壁の長所と短所

上記で簡単に説明しましたが、防音のためのレンガ壁の長所と短所の包括的なリストがあると役立ちます。

長所

1. 巨大です

これは、レンガが大きいという意味ではありません (実際には大きい可能性があります)。ここでの「巨大」という用語は、レンガの質量が大きいことを指します。乾式壁などの標準的な建築材料と比較して、レンガ壁には十分な質量があります。

質量は、音波が構造物を振動させる能力を低減するため、防音に役立ちます。

2. 音を遮断する

前述したように、レンガの壁は音の通過を効果的に遮断します。これは、スペースを改善するためにそれほど多くの作業を行う必要がないことを意味するため、防音プロジェクトの優れた出発点です。

3. 高い STC を持っています

STC (音響透過クラス) は、材料がどの程度音を遮断するかを評価するものです。 STC が高いほど、材料がノイズを遮断する効果が高いことを意味します。

大まかな目安ではありますが、 石積みのSTC これは防音対策の非常に良い出発点であり、他の材料を追加することでさらに改善できます。

4. 作業が簡単

これは、レンガの壁を建てるのが簡単だと言っているわけではありません。むしろ、レンガはネジや釘を簡単に取り込むことができ、かなりの重量に耐えることができるため、修正や改良が簡単であるという意味です。

短所

1. 音を反射する

音を遮断するのは良いことですが、音が部屋に反射してしまうのは良くありません。したがって、レンガの壁をできるだけ効果的にするために修正する必要があります。

2. 構築に費用がかかる可能性がある

ゼロから始める場合、レンガの壁の構築には費用がかかる可能性があります。現実的には専門家に依頼する必要があり、時間もお金もかかります。より安くて早い選択肢は、スタッド乾式壁を構築し、断熱することです。

レンガ壁の吸音性を高める方法

幸いなことに、レンガの壁に音を吸収させるのは非常に簡単です。多くの作業は必要なく、オプションも豊富にあります。

ここでは私のおすすめを紹介します。

1. 吸音フォームを使用する吸音フォームを使用する

アコースティックフォームは音を吸収するように特別に設計されています。音波を閉じ込めて熱エネルギーに変換する連続気泡構造を持っています。

壁の平らな表面を分割すると、吸音性が向上し、エコーが軽減されます。

通常の吸音フォームを単独で使用することも、他の吸音フォームと組み合わせることもできます。 バストラップ あらゆる周波数と戦うために。

2. カーテンを掛ける

これは専用ではありませんが、 防音材, カーテンは音波を吸収するのにかなり効果的です。

なぜなら、レンガの壁にはないものはすべて、柔らかく、柔軟性があり、かなりオープンであるためです。レンガの壁の前にカーテンを掛けると、その反射特性が減少します。

カーテンを壁から遠ざけるほど、カーテンの効果が高まります。可能であれば、2〜4インチの隙間があれば問題ありません。

3. 乾式壁を設置します

乾式壁だけでは防音効果が優れているわけではありません。ただし、後回しにしたものが役に立ちます。乾式壁の裏側をコーティングします 緑の接着剤 (Amazonリンク)そしてそれははるかに効果的です。

Green Glue は、音波を熱エネルギーに変換する騒音減衰化合物です。レンガの前と乾式壁の後ろにその層を置くと、レンガの壁に伝わる騒音の量が減ります。

4. 部屋にカーペットを敷き、家具を整える

これは安っぽいハックですが、間違いなく役立ちます。部屋にカーペットと一緒に室内装飾品を追加すると、より多くの音を吸収し、 エコーを減らす.

椅子やソファなどの家具は音波を吸収し、床をカーペットや敷物で覆うと大きな平らな面が失われてしまいます。これにより、音波の反射面が 1 つ減ります。

5. 部屋の中に部屋を建てる

デカップリングはおそらく空間を防音する最良の方法です。内部空間を周囲の壁から隔離しているため、これは部屋の中の部屋とも呼ばれます。

レンガの壁の部屋は優れたバリアを提供するため、開始点としては適していますが、その中に別の部屋を追加するのが最適です。

かなり複雑なプロセスなので、詳しくは防音室の構築に関するこのビデオをご覧ください。

最終的な考え

この記事で、レンガの壁が音を吸収しない理由が説明できれば幸いです。ただし、これは防音に役に立たないという意味ではないことを覚えておいてください。実際には全く逆です。

レンガを可能な限り効果的にするには、レンガの制限に対処する必要があります。幸いなことに、これは非常に簡単です。

予算内でどのオプションが合うかを判断し、プロジェクトに取り組む最適な方法を計画することをお勧めします。

類似の投稿