ルーバードアの防音に効果的な5つの方法

部屋の防音に関して言えば、ドアは最も難しい部分の 1 つです。そのうえ、 ルーバードア (スラット付きのドア)は隙間が多いため防音がさらに難しくなります。

ただし、ルーバードアを防音したり、少なくともドアを通過する騒音の量を大幅に減らすためにできることがいくつかあります。ルーバードアを防音にする方法については、こちらをご覧ください。

ルーバードアを防音にする方法

こちらもお読みください: ポケットドアを防音する 3 つの効果的な方法

ルーバードアを防音にする前に知っておくべきこと

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ルーバードアは、ドアに必要なプライバシーの要素を提供しながら、十分な光を取り込み、空気を循環させることができるため、ほとんどすべての室内に最適な機能です。同様に、軽量で優れているため、室内の間仕切りドアとして必要なものはこれで十分です。

問題は、これらの機能が防音ドアに求められるものとは真逆であることです。防音プロジェクトの重要な原則の 1 つは、隙間は悪であり、質量は善であるということです。

では、ルーバードアの防音対策には何ができるのでしょうか?最初のステップは、ブロックしたい騒音の発生源とプロジェクトの予算を特定することです。あなたが費やすことをいとわないお金の量は、あなたができることに間違いなく影響を与えます。

ルーバードアを防音にする方法

ルーバードアを防音にする5つの方法をご紹介します。

  1. ルーバードアを交換する
  2. ドアの隙間をふさぐ
  3. 音響治療を試してみる
  4. ドア枠の隙間をふさぎます
  5. 防音カーテンを掛ける

では、それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

1. ドアを交換する

ルーバードアの防音対策に最適な方法は、ルーバードアを完全に取り外すことです。それらのデザイン自体が防音とは対極にあるものであるため、空間の防音に真剣に取り組んでいる場合は、通常の防音設備を設置した方がはるかに成功するでしょう。 ソリッドコアドア.

実際、私の記事では、 ドアを防音する最良の方法、ソリッドコアタイプが私のリストのトップです。

ただし、ルーバー ドアの通気性と採光の利点を維持したい場合は、専用の吸音ルーバー ドアを購入するのが最善の方法です。これらは通常、外部に装着するなどの特定の理由のために設計されています。 発生器 そのため、室内の間仕切りドアには最適ではない可能性があります。

防音性を高める (または少なくとも周囲の騒音を軽減する) ために、これらは ルーバードアは通常非常に重く、金属でできています。同様に、ルーバードアでは通常できないことを行うように設計されているため、かなり高価になる可能性があります。

たとえば、防音ルーバー ドアの厚さは、従来のルーバー ドアのように 1 インチ程度ではなく、最大 3 インチ、あるいはそれ以上にすることもできます。これが金属でできていると思うと、かなりの重量になります。ただし、これは防音ドアに期待できることです。

ルーバードアを完全に交換するのが防音対策としては最も効果的ですが、費用も時間もかかります。同様に、DIY の知識が少し必要であり、計画されているプロジェクトには侵襲的すぎる可能性があります。スペースの防音対策に真剣に取り組んでいる場合にのみ、このオプションを検討してください。

2. ドアの隙間をふさぐ

音は空気と同じように、ほんのわずかな隙間からも伝わるため、騒音公害を軽減したい場合、ルーバードアは非常に悪い選択となります。ドアの全体的なコンセプトは、空気と光を取り入れることなので、騒音の伝達を減らすためには、これらの隙間を塞ぐ必要があります。

使用できるさまざまな製品が多数ありますが、最も成功するのは次のとおりです。 大量に充填されたビニール (アマゾンのリンク)。これはシート状の非常に密度の高い素材で、多くの防音プロジェクトで使用されています。これはいわゆる軟質物質であり、その構造を変えることなく音波を吸収することを意味します。音が止まるだけです。

このオプションで留意すべき最も重要な点は、すべてのスラットをブロックすることになるため、ルーバー ドアの特性が完全に削除されることです。ただし、そうしたい場合は、 お部屋の防音対策、 これがあなたがしなければならないことです。

大量の荷重がかかったビニールをルーバードアに固定する最も簡単な方法は、次の手順に従ってください。

  1. MDF または合板から始めます。ドアのサイズに合わせて採寸し、切り抜きます。これが防音板の基礎となります。
  2. 木材を入手したら、質量を積んだビニールを同じサイズに切ります。これを木材に接着し、端を防音シーラントで密閉します。 緑の接着剤 (私のレビュー).
  3. これをドアに恒久的に追加したい場合は、ドアの外側 (騒音を遮断したい側に面している側) にネジで固定するだけです。
  4. ただし、これを一時的なものにしたい場合は、ルーバードアの上のフレームに丈夫なフックをいくつか固定し、ボードを吊るすだけです。これはねじ込むほど効果的ではありませんが、間違いなく違いをもたらします。

この方法でドアに質量を追加すると、室内に侵入する騒音公害に大きな影響を与えることは間違いありませんが、完全に防音になるわけではありません。特にボードを吊るしているだけの場合は、ドアの周りにまだ隙間が残る可能性がありますが、違いは顕著になります。

このオプションの最大の利点は、作成が非常に簡単で、材料が安価であることです。ルーバードアを完全に防音することはできないかもしれませんが、大きな違いはあります。

3. 音響処理を試してみる

騒音公害のレベルに違いをもたらすもう 1 つのオプションは、音響処理を追加することです。これは、騒音を完全に遮断するのではなく、騒音を遮断または軽減することに重点を置いているため、防音とは異なります。このオプションは、他のオプションと組み合わせると最適です。

ここで行う最も簡単な方法は、音響フォームを使用することです。 レコーディングスタジオ、 そして、それを単にドアに接着するだけでよく、十分なスペースがある場合はフレームの周囲に接着することもできます。これは基本的に騒音をそらすのに役立ち、ドアから騒音が入ってくる可能性は低くなりますが、それでも騒音が発生する可能性は高くなります。

フォームパネルの代替となるグラスファイバーパネルは、騒音を軽減したり反射したりするだけでなく、騒音を遮断するのにより効果的です。グラスファイバーパネルはフォームパネルより高価ですが、より効果的な働きをします。

一番良いのは、 ボード上で詳細に説明したものと同様に、パネルを取り付けます。これをドアの外側に恒久的または一時的に取り付けることができ、騒音レベルの低減に役立ちます。ただし、このオプションは質量を追加するほど効果的ではありません。

4.ドアフレームに注意してください

ドア自体を処理することに加えて、ドア周囲の隙間やフレームにも注意を払う価値があります。音が伝わる隙間がまだたくさんある場合、ルーバードアを防音してもあまり意味がありません。

このプロジェクトに使用するのに最適なのは、ウェザーストリップ テープです。これは断熱性を高めるためのものですが、防音効果もかなり優れています。基本的にはドアとフレームの間の隙間を埋めるため、 ノイズの侵入を防ぐ。非常に安価で入手しやすいですが、種類が多いので必要な厚さをしっかり把握しておきましょう。

通常、最も隙間が大きいドアの下部には、ドアスイープのようなものを取り付けます。繰り返しますが、これらは保温を目的としていますが、同時に騒音公害の軽減にも役立ちます。これらはオンラインでほとんど無料で入手でき、多くの製品には粘着ストリップが付いているため、取り付けが簡単です。

このステップで最後に取り組むのは、実際のドアフレームです。時間が経つと家が沈下し、ドア枠などが所定の位置に設置されなくなることがあります。これにより亀裂や隙間が生じ、そこを通って音が伝わります。

使用するのに最適なのは防音シーラントです。これは、音の伝わりを遮断するだけでなく、通常のシーラントとは異なり、ある程度の弾性を保持しているため、将来ひび割れることがありません。たとえば、Green Glue は音波を熱エネルギーに変換し、弾力性も優れています。

5.防音カーテンをかける

最後のオプションは間違いなく最も効果的ではありませんが、おそらく最も安価で侵襲的でもあります。このために必要なのは、防音カーテンまたはベルベットなどの厚手のカーテンを取り付けることだけです。

このオプションの利点は、ルーバードアを使用したくない場合でもルーバードアを使用できることです。 防音の部屋、 カーテンは依然としてある程度の空気を通過させます。

カーテンがドア全体を覆うのに十分な大きさであることを確認し、隙間が少なくなるようにフレームを通過するように伸ばします。 防音カーテン 十分な量がありますが、通常のカーテンを使用している場合は、いくつかを縫い合わせて重くなることを検討してください。

このオプションを選択した場合は、まず私の記事をチェックしてください 購入ガイド.

結論

ルーバードアを防音にするという考えは難しそうに思えるかもしれませんが、ドアから伝わる騒音の量を大幅に減らすために試せることはたくさんあります。ただし、ルーバードアはそのデザイン上、完全に防音にすることは基本的に不可能であることに留意する必要があります。これはどのドアにも当てはまりますので、できる限りのことをしてください。

私のガイドも読んでください 防音ブラインド窓.

類似の投稿