防音壁紙の9つのメリットとデメリット

私は部屋を防音するための新しくて興味深い方法を常に探しています。結局のところ、壁を分離したり質量を追加したりすると、大規模で高価な製品になる可能性があるため、人々がより簡単な方法を求めるのは理解できます。

定期的に提案されるオプションの 1 つは、防音壁紙です。あなたもこれをオンラインで見て、自分のプロジェクトにとって良い選択肢ではないかと疑問に思ったことがあるかもしれません。ただし、製品が使用する価値があるかどうかを判断するには、その製品の長所と短所をすべて知っておく必要があると感じています。

この記事では、防音壁紙とは一体何なのか、メリット・デメリットとともに解説していきます。この情報があなたのプロジェクトに役立つかどうかの判断に役立つことを願っています。

防音壁紙とは何ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音壁紙のメリットとデメリットを説明する前に、実際にどのような製品なのかを理解する必要があります。名前からもわかると思いますが、防音を目的とした壁紙です。

しかし、どうやってこれを行うのでしょうか?通常の壁紙が一枚の厚い紙にデザインが印刷されているのに対し、防音壁紙は何層もの素材で構成されています。

これらの層には、おそらく吸音フォームの層、または非常によく似た材料が含まれるでしょう。防音について少しでも知っている人なら、吸音フォームが騒音を遮断するように設計されていないことをすでに知っているでしょう。

では、防音壁紙は本当に防音効果があるのでしょうか?

短い答えは次のとおりです いいえ、そうではありません。

他の多くの防音製品と同様に、通常の壁紙と区別しやすくするためにこの名前が採用されています。ただし、防音壁紙が防音プロジェクトに役に立たないというわけではありません。

吸音材と同様に、防音壁紙も部屋の音響に影響を与えます。つまり、エコーを制御します。ただし、材料の密度は騒音公害にわずかな違いをもたらす可能性がありますが、これが主な目的ではありません。

結論としては、 防音壁紙は騒音を遮断することはできませんが、音響を管理するのに役立ちます。 部屋の中で、特に吸音フォームよりも見た目に美しいオプションをお探しの場合に最適です。

防音壁紙のメリットとデメリット

製品が何であるか、そしてその目的がわかったので、それがどのプロジェクトに役立つかをより深く理解できるようになりました。防音壁紙をより詳しく理解するために、防音壁紙の9つの長所と短所を次に示します。

長所

1. それほど高価ではありません

防音壁紙は通常の壁紙よりも高価になりますが、 他の防音材に比べて比較的安価 壁に使用できます。ここでは乾式壁や大量の荷重を加えたビニールのようなものを考えています。

予算は、人々の防音プロジェクトに大きな影響を与える要素の 1 つです。喜んで費やせる金額によって選択肢は限られており、中には予算のほぼすべてを使い果たしてしまうものもあります。

幸いなことに、防音壁紙は最も安価なオプションの 1 つです。作業する広いスペースがある場合、部屋 1 枚分の壁紙はまだ管理可能な価格であるため、これはさらに役立ちます。

ただし、すべての製品と同様、品質は一般的に価格に反映されます。これが比較的安価なオプションであることを考えると、ミッドレンジの製品から始めて、徐々にレベルを上げていくことをお勧めします。これらはあなたの部屋にはほとんど役に立たないので、予算のオプションを選ぶのはほとんど意味がありません。

2. 取り付けは簡単です

繰り返しになりますが、他の防音ソリューションを実際に部屋に設置するのは非常に難しい場合があります。スタッド壁の断熱は、少なくとも壁の片側を取り外す必要があるため、その代表的な例です。

一方、防音壁紙は通常の壁紙と同じように簡単に貼り付けることができます(下のビデオを参照)。私は昔から家の装飾が大好きで、壁紙の貼り方を独学で学ぶのはとても簡単だと感じました。

のようなものと比較して 大量に充填されたビニール、壁紙は簡単です。裏面を貼り付けて壁に貼り付けるだけです。最も難しいのは、まっすぐに掛けて、柄が揃っていることを確認することです。それ以外は、比較的簡単なプロジェクトです。

とはいえ、他のプロジェクトと同様に、最初に計画を立てる価値はあります。少なくとも、部屋の面積を計算して、どれだけの壁紙を購入すればよいかを把握する必要があります。全部で 2 時間もかからないはずなので、それほど痛みのない作業です。

3. 豊富なデザインをご用意

防音壁紙の市場は常に成長しており、メーカーは常に新しいデザインを追加しており、その多くは最新のファッショントレンドにマッチしています。これは、さまざまな退屈なデザインに限定されないことを意味します。

防音材の最大の欠点の 1 つは、見た目があまり良くないことです。結局のところ、ほとんどは隠されるようにデザインされており、魅力的ではなく機能的であることを目的としています。

大量にロードされたビニールのようなものの場合、上に置くことができるものの選択肢はかなり限られています。それはおそらく部屋の防音に関して最も浅いポイントの 1 つですが、それでも空間を美しく見せたいと考えます。したがって、防音壁紙は、実用的な利点を加えながら、スタイリッシュな感覚を維持する部屋の仕上げに最適です。

4. 部屋の音響を管理する

すでに述べましたが、もう一度言っておきますが、防音壁紙は実際には防音ではありません。この目的に最も適した比較対象は、空間内の音響を処理する音響フォームです。これが何を意味するかというと、エコー、残響、増幅が軽減されるということです。

読む 私の記事 この中で、発泡体が音響に対してどのように機能するかを説明します。

防音壁紙が実際にどの程度役立つかは、製品の品質と解決したい問題によって異なります。部屋を防音した後に音の明瞭さに問題があることがわかった場合は、防音壁紙が最適です。

さらに、防音壁紙は、部屋のエコーポイントを見つけたり、発泡体を隠す方法を見つけたりする手間がかからないため、おそらく吸音発泡体よりも実用的です。

そうは言っても、部屋の音響管理が深刻な問題である場合は、吸音フォームがまだ前進する方法かもしれません。結局のところ、通常は厚みがあり、音波を止めるのに適した形状になっています。音波は平らな面で反射するため、最善の方法は平らな面を取り除くことです。防音壁紙は、結局のところ、まだ平らです。

5. 耐火性があります

部屋の防音工事をする際、防火のことは最優先に考えていないかもしれませんが、常に考慮に入れる価値があります。これは特に次のような場合に当てはまります ホームシアターやレコーディングスタジオなどの部屋の防音(関連記事)、電気機器がいっぱいになります。

ほぼすべての種類の防音壁紙は、関連する防火基準を満たすように設計されています。使用される材料は一般的に、 難燃剤つまり、部屋で火災が発生した場合、少なくとも壁紙が原因で火災が悪化することはありません。

防火性を考慮して防音室を構築することは考えにくいですが、部屋の耐火性を向上させるオプションを探している場合は、防音壁紙が確実に選択肢になるでしょう。

短所

1. 防音ではありません

「防音壁紙」という名前は、ある意味危険なものです。 実際には防音ではありません。効果的な防音には、少なくとも、ある空間から別の空間への騒音の伝達を防ぐために、質量やその他の遮音方法を追加することが必要です。

のために 壁を防音にし、 騒音公害の最大の問題点の一つである振動を止める材料が必要となる。防音壁紙は適切な素材で作られていないため、これはできません。

また、防音壁紙の厚みにも対応しなければなりません。市販されている最も厚い製品であっても、防音塗料と同様に、部屋の防音能力にほとんど違いはありません。

ただし、防音壁紙がまったく役に立たないわけではありません。部屋の音響を管理したい場合は検討する価値がありますが、音を遮断することを期待しないでください。それはそのように設計されているものではないからです。

2. 単独ではあまりうまく機能しません

これは必ずしも防音壁紙だけの短所ではありませんが、言及する価値があることは間違いありません。防音壁紙は単体で使用するとあまり効果がありません。代わりに、他の多くの防音ソリューションと併用する必要があります。

たとえば、実際に音を遮断するのにはるかに効果的であるため、壁の質量をさらに増やすことをお勧めします。同様に、防音壁紙では対処できない振動の問題にも対処する必要があります。

防音壁紙を最大限に活用するには、その下に大量のビニールの層を押し込むことをお勧めします。 これにより、実際に音波を遮断する機能が追加され、防音壁紙を使用して室内の音響を管理することができます。

3. 耐久性はそれほど高くない

塗料と比較した壁紙の耐久性については、DIY の世界で何年も激しく議論されており、おそらく今後何年も続くでしょう。しかし、私の個人的な経験から、壁紙は壁を覆うのにそれほど耐久性のある選択肢ではないことがわかりました。

この記事は特に防音壁紙について説明していますが、これは取り上げるべき重要な点です。結局のところ、防音のためであろうとなかろうと、部屋を装飾する目的は、しばらく交換する必要がないスタイルに投資することです。

防音壁紙の耐久性は、その品質と壁への貼り付け具合の両方によって決まります。角が剥がれ始める最初の場所であるため、角を取り残さないように注意してください。

さらに、子供がいる場合、壁紙が必ずしも最良の選択肢であるとは限りません。彼らがアーティストになって壁一面に絵を描くと、ペンキを掃除するのが簡単だといつも思います。また、ペイントは掃除できない場合は再塗装できますが、壁紙は跡を隠すために剥がして張り替える必要があります。

実用性よりもスタイル上の利点で防音壁紙を検討している場合は、間違いなく別の選択肢を検討します。それは部屋の音響処理にあまり追加されませんし、壁紙を掃除するのが実際には不可能であることを考慮すると、より良い選択肢があることは間違いありません。

4. さまざまな部屋には実用的ではありません

繰り返しになりますが、この問題は壁紙一般の実用性に関係しますが、防音壁紙について知っておくと役立ちます。メーカーは壁紙が防水であると主張するかもしれませんが (とにかく信じないでください)、接着剤については同じとは言えません。

壁紙のりは水性なので、蒸し暑い部屋や湿気の問題がある部屋では使用できません。

確かに、バスルームやキッチンを防音にしたくないかもしれませんが、地下室は防音したいかもしれません。

時間が経つにつれて、湿気の多い部屋の壁紙は、ペーストの粘着性が失われるため剥がれ始めますが、これは予想よりも早く起こります。これは、壁に固定するために釘を使用するため、大量の荷重を加えたビニールなどの製品では発生する問題ではありません。

地下室は白紙の状態であることが非常に多く、構造変更がはるかに簡単であるため、防音対策として一般的に選択されます。 私のを読んでください 地下室の防音に関するガイド。ただし、通常は非常に湿気が多いため、この種のプロジェクトでは防音壁紙は絶対に避けてください。

最終的な考え

このように、防音壁紙にはメリットとデメリットがあります。ただし、これらはすべて実用的な問題であるため、メリットよりもデメリットの方が大きいと感じます。これは、製品の適用と、それがどのくらいの期間役立つかについて特に当てはまります。

そのため、最初は他の方法を試して、仕上げに防音壁紙を使用するのが一般的です。防音プロジェクトでは用途はありますが、メインのオプションとしては決して使用しません。結局のところ、投資する価値がある優れた製品がたくさんあります。

私の記事をチェックしてください 最高の防音材 何が機能し、何が機能しないのかを知るためです。

類似の投稿