ミネラルウールは防音性または遮音性がありますか?今知っています !

住宅や商業ビルを建てるときは、常に構造物を防音することが最善です。最も一般的な防音方法の 1 つは、ロックウール断熱材として知られるミネラルウールを使用することです。リサイクル材を主原料とした断熱材・吸音材です。

ミネラルウールは防音効果があります。この断熱材には音波を吸収する繊維マトリックスが含まれているため、不要なノイズをブロックする優れた方法です。実際、ミネラルウールバットは他の断熱材よりも密度が高く、防音性に優れています。

防音効果のあるミネラルウール

この記事では、ミネラルウールの用途に焦点を当てます。 防音材、より一般的な素材とどのように比較するか、価値があるかどうか。ミネラルウールについて知っておくべきことをすべて学びましょう。

こちらもお読みください: 防音と音響におけるグラスウールとロックウールの比較

ミネラルウールとは何ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ミネラルウールは、さまざまな用途に使用できる多用途タイプの断熱材です。断熱材はグラスファイバーによく似ていますが、ガラスではなく天然素材で作られています。ロックウールと呼ばれることが多いです。

ミネラルウール断熱材には、その素材によって分類される 2 つの基本的なタイプがあります。

スラグミネラルウール

スラグ ミネラルウールは、製鉄業界の廃棄物である紡績スラグから作られます。メーカーによっては、スラグ、自然石、さらにはガラスを組み合わせて製造している場合もあります。通常、この断熱材には次のものが含まれます。 75%リサイクル素材。

ロックミネラルウール

このタイプのミネラルウールは、溶融バラストや輝緑岩などの天然石の繊維から作られています。多くの場合、火山岩から供給され、次の温度で溶けます。 温度 3,000°F (1648.89°C) 以上。次に、溶けた岩石は羊毛のような素材に紡がれ、油と樹脂で結合されます。

どちらのタイプのミネラルウールも、ルースフィルおよびバットとして販売されています。天井、屋根、床など、あらゆる住宅の断熱用途に使用できます。

ミネラルウールは防音に適していますか?

ミネラルウールは優れた防音素材です。その高密度と鉱物組成により、断熱だけでなく音響性能にも優れています。この素材には、音波を吸収するオープンファイバーマトリックスも含まれています。

通常グラスファイバーを設置する場所にミネラルウールを設置すると、防音効果が得られます。集合住宅や、線路やその他の騒音の多い場所の近くに住んでいる家族にとっては、優れた選択肢です。

ミネラルウールの用途

ミネラルウールにはさまざまな用途があり、断熱だけでなく防音としても使用できます。以下にミネラルウールの使用例をいくつか示します。

1. 断熱性

ミネラルウールは建築において幅広い用途に使用されます。この業界における主な用途は断熱です。個々の繊維は熱伝導性に優れていますが、それらをロールまたはシートにプレスすると、空気を分配する能力が高まります。これにより、優れた断熱材になります。

そのため、ミネラルウールは、屋外の過酷な温度から部屋を守るために、住宅建設中に壁、天井、床によく使用されます。

2.防音

ミネラルウールの 2 番目の用途は防音です。断熱材と同様に、繊維をロールやシートにプレスすることで空気を仕切ることができます。これにより、音の通過も妨げられ、ミネラルウールが優れたものになります。 防音材.

3. 防火

これまで見てきたように、ミネラルウールには驚くべき断熱特性があります。実際には、 テストショー ミネラルウールは華氏1800度以上の温度に耐えることができます。高温にさらされても煙や有毒ガスを発生しません。

深刻な火災の影響を免れないわけではありませんが、受動的防火が必要な建物では今でも一般的に使用されています。

ミネラルウールは耐久性がありますか?

ミネラルウールは非常に耐久性のある素材です。 R値(断熱値)が長期間変化しません。一方、グラスファイバーなどの他の標準的な断熱材は、時間の経過とともに断熱価値が低下します。

これは主に、ミネラルウールの構成材料である鉄鋼スラグや岩石によるものです。これらの材料は、本来、腐食や劣化に対して耐性があることが知られています。

ミネラルウールの耐久性は、断熱特性の維持だけではありません。また、耐水性、耐火性、防カビ性、防カビ性が長期間持続します。

耐水性がなければ、ミネラルウールは湿った空気から湿気を吸収してしまうため、耐水性は特に重要です。そうなると最終的には材料が分解されてしまいます。

ミネラルウールは他の断熱材よりも優れていますか?

ミネラルウールは、市場にある他のほとんどの断熱材よりも優れています。実際、最も一般的な断熱ソリューションよりも断熱、防音、防火の点で優れています。弾力性にも優れ、断熱効果を長期間維持します。

残念ながら、ミネラルウールはカナダやヨーロッパでは人気がありますが、米国ではまだ他の断熱材ほど一般的ではありません。

ロックウール vs グラスファイバー

グラスファイバーは、米国で最も一般的な断熱材の 1 つです。これはより確立された資料であるため、これまでほとんどの人がそれに依存していました。しかし、人々はミネラルウールについて学び、ミネラルウールに切り替えようとしています。

もちろん、グラスファイバーは安価で取り付けが簡単で、さまざまなサイズがあるため、市場では常に地位を占め続けます。また、主な目的である断熱効果も優れています。

ミネラルウールとの唯一の違いは、グラスファイバーができるすべてのことを、より優れたものだけで行うことです。より優れた音響特性により、 R値 メンテナンス、耐水性、全体的な耐久性を考慮すると、追加の投資に値すると思われます。

住宅では両方の材料を組み合わせて使用することもあり、共用部分には安価なグラスファイバーが使用され、より厳密な温度管理が必要な部分にはミネラルウールが控えめに使用されます。

ミネラルウール断熱材を使用するデメリット

ミネラルウールは総合的な断熱ソリューションですが、弱点もあります。これらには次のものが含まれます。

  • 蓄熱量が低い: この材料は、木毛、羊毛、セルロースフレークなどの天然断熱材よりも蓄熱能力が低くなります。これは、素材が熱を十分に長く保持できないため、夏には部屋が早く温まるということを意味します。
  • 刺激: ミネラルウールに触れると皮膚炎を引き起こす可能性があります。吸入するとアレルギーを引き起こす可能性もあります。したがって、作業するときはマスクと手袋を着用することをお勧めします。

これらはかなり小さな問題であり、ほとんどの人は、特に代替手段がこれ以上優れたものではないと考えている場合には、無視できるでしょう。

要約すれば

ミネラルウールは優れた防音素材です。高密度で材料構成が優れているため、音響性能が優れています。さらに、音波を吸収するのに役立つオープンファイバーマトリックスを備えています。

グラスファイバーと比較して、ミネラルウールは断熱性、騒音低減、耐火性、R 値の維持に優れています。唯一の欠点は、ミネラルウールが少し高価であることです。

 

 

情報源

類似の投稿