ポリスチレンは防音に使用できますか?

ポリスチレンは、最も汎用性の高い材料の 1 つです。飲み物の保温や保冷から、さまざまな建物構造の断熱まで、さまざまな用途に使用できます。形状、サイズ、テクスチャ、さらには化合物まで、多種多様に揃っています。ポリスチレンは、想像できるほぼあらゆる形状をとることができます。それでは、ポリスチレンの用途の 1 つを調べてみましょう。

ポリスチレンは、騒音を鈍くする目的や、音が直接の空間の外に伝わるのを防ぐ目的で使用できます。ただし、ポリスチレンは理想的ではありません。 音楽スタジオなどのプロフェッショナルな環境の防音, しかし、最も単純な防音対策としては効果的です。 

ポリスチレンは防音に使用できますか

防音とポリスチレンの関係については、考慮すべき要素がいくつかあります。これらを詳しく見て、この多面的でかなり安価な素材を使用して、どんな空間でも少しでも騒がしさを和らげる方法を正確に理解しましょう。

防音用ポリスチレン

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

すぐに防音とポリスチレンの基本について説明します。しかし、最初に、この素材が音を鈍くし、減衰させるのにどのように役立つかについて話しましょう。ご存知のとおり、部屋を完全に防音にするのは簡単ではありません。

防音にポリスチレンを使用する理由

音というのは本質的には振動です。ポリスチレンは効果的な断熱材であるため、実際に振動や音を吸収します。試してみたい場合は、通常の古いポリスチレン製クーラーに携帯電話を入れ、いくつかの曲をかけ、蓋を閉めて何が起こるかを確認してください。

もちろん、効果的な防音に使用できるポリスチレンから作られたさまざまな製品があります。これらはすべて、さまざまなアプリケーションやさまざまなレベルを対象としています。 音が入ってくるのを防ぐ、または音が出なくなるのを防ぐ.

アクセシビリティ対応

ポリスチレンは広く入手可能であるため、防音材として簡単に選択できます。ほとんどのホームセンターや大型店では、防音に使用できるポリスチレン製品を扱っています。

作りやすい

ポリスチレンは、製造が非常に簡単な人工材料です。ポリスチレン製品を製造している場所は世界中にあります。一部の施設は他のポリスチレン製品専用ですが、多くの施設では 防音に必要な資材.

手頃な価格

特に専門的な空間の場合、防音工事は非常に高価です。ただし、ポリスチレンはそれほどコストがかからないオプションです。また、見つけやすく大量生産されているため、さらに手頃な価格になります。

作業が簡単

ゼロから始めたり、構造的なものを調整したりしない限り、部屋の防音のためにポリスチレンを追加するのは非常に簡単です。ほとんどの場合、既存の壁、天井、さらには床に何かを追加するだけです。

ポリスチレンを使って防音する方法

ポリスチレンを使って防音する簡単な方法がいくつかあります。一部はもう少し詳しく、他のものよりも多くの労力が必要になる場合があります。ただし、さらに防音層を追加したい場合は、これらのいずれかが役に立ちます。

天井タイル

アパートなどの近い場所にいる場合は、 発泡天井タイル (Amazon) は、エリアを防音にするための実行可能な選択肢となる可能性があります。もちろん、この 1 つのアクションだけでエリア全体を防音にすることはできませんが、効果はあります。

ポリスチレンカップ

これは最も伝統的な方法ではありませんが、空間から出る音を軽減したり、紙のように薄い壁から音が漏れるのを防ぐのに役立ちます。 発泡ポリスチレンカップ 壁に置くと、まさにそれが役立ちます。

ポリスチレンシート

専門家に依頼する必要がありますが、断熱壁専用のポリスチレンシートも実際に存在します。もちろん、乾式壁の経験がない場合は別ですが。これらのポリスチレンシートは壁自体の後ろに設置されます。これはおそらくポリスチレンを使った防音対策としては最良の方法です。

フォームディフューザー

これは、完成するととてもきれいに見えるし、余ったポリスチレンを使用するので、私のお気に入りの 1 つです。大きな発泡スチロールを使用して、レンガ状に切断することもできます。目標は、十分な数の発泡スチロールの長方形をつなぎ合わせて、スカイライン効果を作り出すことです。これらを十分に集めたら、次の作品に追加します。 発泡ボード そして壁に取り付けます。

防音とは何ですか?

さて、ポリスチレンを防音に使用する方法について少しお話しました。しかし、実際の防音面について見ていきましょう。防音とは、基本的に、騒音が発生したエリア、つまり、どの部屋にいても音を遮断することです。一方で、防音は、騒音が特定のエリアに入らないようにする手段でもあります。

したがって、アパートや家のすぐ近くに隣人がいる場合は、隣人の騒音が家に侵入するのを防ぐために防音対策が不可欠です。または、あなたの音が彼らの音に漏れるのを防ぐため。住宅地以外に防音対策が必要な場所は次のとおりです。

  • 音楽スタジオ
  • 映画館
  • レストラン、バー、ナイトクラブ
  • オフィス
  • ジムとヨガスタジオ

住宅の防音対策も重要です。夫が「ダイ・ハード」を見ている間に子供を寝かしつけようとしたことがあるなら、家に何らかの防音対策がどれほど必要であるかを知っているでしょう。

ミュージシャンのスタジオで見られるように、専門的な材料を使用せずに 100% を防音にするのは困難ですが、少なくとも出入りする音を弱めるために軽い防音を行うことはできます。壁、天井、床に防音材を設置することが最善の方法です。

一般的な防音材

防音材はさまざまな価格帯で販売されており、それぞれにメリット・デメリットがあります。また、さまざまな空間や建築材料に合わせて使用できるように作られています。これらの材料の中には、特定の環境でより優れたものもあります。

私たちは主に防音材としてのポリスチレンに焦点を当てていますが、世の中にあるさまざまな素材を知ることで、どのような種類の防音材を求めているのか全体的なアイデアを得るのに役立ちます。ポリスチレンが最良の選択肢であるかどうかを判断できるようになります。防音に使用されるその他の一般的な材料は次のとおりです。

  • 大量充填ビニール遮音壁
  • 音響ミネラルウッド断熱材
  • 緑色の接着剤防音コンパウンド
  • 弾力性のあるサウンドチャンネル
  • 防音乾式壁
  • 音響コーキング
  • 防音毛布
  • 防音カーテン
  • 防音窓キット
  • ウェザーストリップ
  • ドアシールとスイープ
  • 防音床下地材
  • 防振フロアマット
  • 音響パーティション
  • 防音壁紙と塗料

ポリスチレンとは何ですか?

次に、ポリスチレンの部分について説明します。ポリスチレンは、ポリマーまたは合成スチレン樹脂から作られる多用途の材料です。通常、レストランの残り物の容器に見られるような薄い泡またはフィルムとして使用されます。 「発泡スチロール」とも呼ばれるかもしれませんが、これは特定のポリスチレン会社の実際のブランド名です。

ポリスチレンの用途

軽量でありながら頑丈なプラスチックや発泡体で作られるものがある場合、多くの場合、ポリスチレンが最適な選択肢となります。値段も手頃で作りやすく、もちろん耐久性も抜群です。車を轢いて耐久性を持たせるようなものではなく、食べ残しを落としても耐久性があります。ここに、

おそらくポリスチレンを目にしたことがある場所のいくつかは次のとおりです。

  • プラスチック製カトラリー
  • 配送および梱包資材
  • 建物の断熱
  • 食品包装
  • 図書館

もちろん、ポリスチレンには何十万もの用途がありますが、これらは、皆さんがこの材料に最もよく出会った場所のほんの一部です。そして、さまざまな用途や用途がポリスチレンの多用途性を物語っています。食品の保存から防音までできる製品を想像するのは難しいですが、それは本当です。

類似の投稿