ボートのエンジンルームの防音に関するベストガイド

ボートでのクルージングはスリル満点の体験です。ただし、過度のエンジン音や振動は楽しみを台無しにする可能性があります。幸いなことに、ボートのエンジンルームを防音する方法がこのガイドに記載されています。

ボートのエンジンルームの防音工事

この記事では、この問題を解決する方法を紹介します。ただし、先に進む前に、どのような解決策を適用すべきかを知るために、ボートのエンジンからの異音の原因を特定することが重要です。

こちらもお読みください ボートを静かにするための便利なヒント

私のボートのエンジン音がとてもうるさいのはなぜですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ボートのエンジン音がうるさい場合は、排気装置の故障またはプロペラのピッチの間違いが原因である可能性があります。ただし、新しいボートのエンジンは遮音性が不足しているため、騒音が大きくなる場合もあります。

新しいエンジンはうるさいほどうるさい場合があります。これは決してエンジンの故障を意味するものではありません。新しいグラスファイバー製のボートには遮音性がほとんどありません。

プロペラのピッチの問題もあります。間違ったプロペラを取り付けると、ボートのエンジンの毎分回転数 (RPM) に影響します。 RPM が 4,800 を超えるとエンジンに悪影響を及ぼします。

エンジンセンサーによって特定された不良潤滑剤やガソリンもプロペラのピッチに影響を与え、騒音レベルの上昇を引き起こす可能性があります。ボートを航行するときは、あらゆる音、特にエンジンルームから聞こえる音に耳を傾けてください。

高い騒音レベルは健康、ボート、さらには水生生物にとっても好ましくないため、ボートでの航行を再開する前に必ずこれらの問題を解決してください。

ボートのエンジンルームの防音 – ステップバイステップ

ボートのエンジンルームの騒音を減らす方法は次のとおりです。

  1. ボートのエンジンを整備してください。
  2. エンジンのプロペラを交換します。
  3. 通気口以外のすべての開口部を密閉します。
  4. 振動部分を隔離してください。
  5. エンジンルーム内に防音材を設置してください。
  6. ボートのエンジンルームの壁と天井に防音材を敷きます。

1. ボートのエンジンを整備する

このステップは最初であり、最も重要です。コンパートメントの密閉を開始する前に、エンジンが良好な状態にあることを確認する必要があります。エンジンが故障したら、結局ボートに乗ることはできなくなります。専門家にエンジンの点検を依頼してください。必要に応じて潤滑剤を交換してください。

2. エンジンプロペラを交換する

間違ったプロペラが取り付けられていると、ボートのエンジンから大きな騒音が発生します。プロペラはボートの毎分回転数に影響を与え、騒音に影響します。簡単な解決策は、プロペラをより適切なものに交換することです。

3. 通気口を除くすべての開口部を密閉します。

通気口を除く音の通過を許可するすべての領域を密閉します。他のすべてのシステムと同様に、エンジンが適切に機能するには空気が必要であるため、通気口を密閉しません。以下の箇所を防音材で密閉してください。

  • パネル接合部
  • 配線接続によって生じるスペース
  • 外につながるパイプ
  • ラファイエットのようなエンジンルームから続くエリア
  • 通気口を除くすべてのわずかな開口部

4. 振動部分を隔離する

二つの物が衝突したり、物体がガタガタしたりすると、振動が発生します。軽い素材を使用してボートのエンジンルーム内で衝突する可能性のある固形物を分離したり、コンクリート要素を隔離して振動を軽減したりできます。軽量な素材により、振動を抑えながら固体部分を動かすことができます。

5. エンジンルームに防音材を設置する

発泡素材やビニールなどの吸音材は、ボートのエンジン コンパートメント内の騒音を軽減するのに役立ちます。エンジンルームを断熱することで、エンジンルームからの騒音を低減・吸収します。さらに、騒音を軽減し、水の浸入を防ぐために、エンジンの上に防水カーペットを敷きます。

6. ボートのエンジンルームの壁と天井に防音材を敷きます。

1 インチの発泡裏地付き布 (発泡スプレー) や穴あきビニールのヘッドライナーなどの防音材を使用して、ボートの壁やエンジン ルームの天井を覆うことができます。さらに一歩進んで、 エンジンルームを覆う これらの材料を使って。

ボートエンジンの騒音と振動による悪影響

エンジンの騒音や振動に常にさらされていると、あなたとあなたのボートに悪影響を与える可能性があります。これらの影響には次のようなものがあります。

  • 難聴
  • ボートの軋み音
  • 水生生物の破壊

以下でこれらの点を分析してみましょう。

  • 難聴: 騒音はデシベル (dB) で測定されます。人間の耳は 85dB 未満の音を許容できます。 100dB以上の音は難聴を引き起こす可能性があります。ボートのエンジンからは最大 100dB の騒音が発生します。このレベルの音に常にさらされていると、耳に損傷を与える可能性があります。
  • ボートのきしむ音: ボートの振動が絶え間なく続くと、留め具やボートのその他の弱い部分が緩む可能性があります。これらのコンポーネントがきしむようになり、さまざまな不快な音が発生します。これにより、ボートの寿命が短くなり、新しいボートが古く見えてしまうことさえあります。
  • 水生生物の破壊: ボートのエンジン音はサンゴ礁に影響を与えます。 不安定な行動を刺激する 成魚では。激怒した成魚は、他の無害な若い魚を攻撃し始める可能性があります。これにより、水生生物の死亡率が高くなります。

ボートのエンジンをメンテナンスして寿命を延ばす方法

ボートは非常に高価なので、ボートにお金を費やしても、1 ~ 2 年後にエンジンが故障するのでは意味がありません。ボートのエンジンの寿命を延ばすための 5 つの提案を次に示します。

  • 定期的にボートを暖めてください。 ウォームアップを行わずに数週間または数か月間ボートを放置すると、ボートのエンジンの調子が悪くなることがあります。ボートを出さない場合は、時々エンジンをオンにして数分間回転させてください。
  • もっと頻繁にクルーズしましょう。 ボートのエンジンをアイドル状態にしておくと長くなるほど、エンジンは弱くなります。余裕がある場合は、定期的にクルージングすることで、ボートのエンジンが生き生きと応答しやすくなります。
  • 燃料とオイルを新鮮に保ちます。 燃料とオイルのレベルを定期的に確認してください。
  • 定期的に塩水を洗い流す。塩水はボートのエンジンに悪影響を及ぼします。したがって、塩水で航行した後は、必ずすぐに十分に洗い流す必要があります。
  • ボートにカバーを掛けてください。 簡単なことのように思えますが、それは負担になる可能性があります。使用しないときは必ずボートをカバーしてください。ボートカバーは、過酷な天候や埃など、エンジンに不利な要因の多くを防ぎます。

結論

ボートでのクルージングは楽しい体験ですが、エンジンルームからの騒音や振動がその楽しみを台無しにする可能性があります。

ボートで楽しく過ごせるように、エンジンルームとエンジンコンパートメントを密閉して騒音を軽減する簡単な対策を講じてください。

メンテナンス文化を発展させると、ボートのエンジンを良好な状態に保ち、寿命を延ばすことができます。

類似の投稿