ホテルの部屋の防音完全ガイド

ホテル業界で働く友人が何人かいますが、ホテルの部屋の防音効果についてよく話します。結局のところ、防音室は夜の睡眠の質を高め、顧客の満足度を高めます。

ホテルの部屋の防音対策は、防音対策と大きく変わりません。 他の部屋の防音 (関連記事), 大きな違いはプロジェクトの規模です。家庭の防音プロジェクトはおそらく 1 ~ 2 部屋をカバーしますが、ホテルの防音プロジェクトは数十の部屋をカバーする可能性があります。

この記事では、ホテルの部屋の防音に関する完全なガイドを提供します。 これには、部屋のさまざまなエリアを防音する方法に関するさまざまなオプションとともに、始めるための役立つヒントが含まれています。これがゲストの皆様のより穏やかな夜の眠りに役立つことを願っています。

ホテルの防音対策ガイド

ホテルの部屋の防音工事を始める

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音プロジェクトに関しては、適切な計画が最も重要です。どの素材を使用するかを計画する以外にも、騒音公害の原因や、防音ソリューションを設置するために実際にどのようなオプションがあるのかなどを検討する価値もあります。

をチェックしてください 最高の防音材、うまく機能してお金を節約できるもの。

ホテルの防音工事に着手する前に、 まず次の点を考慮してください:

プロジェクトはどれほど簡単になるでしょうか?

この点は、必ずしもホテルの部屋の防音工事を控えるという意味ではありませんが、検討する価値があることは間違いありません。 新築のホテルの防音工事ははるかに簡単です、ほとんどのソリューションは壁や床の空洞内に設置されるためです。

ただし、既存のホテルを防音にすることはまだ完全に可能ですが、これは大規模な建設プロジェクトになることを念頭に置く価値があります。少なくとも、床を引き剥がすことになる可能性がありますが、最終的には多くの壁も取り壊すことになるかもしれません。

そうは言っても、ホテルの部屋自体の内側など、壁の外側に防音材を追加することはできますが、これにはいくつかの欠点が生じます。

  • 室内に追加する防音材 スペースを取ります。音波を遮断するように設計された材料は質量を伴うため、スペースが必要になります。
  • 同様に、製品の厚さが 0.5 インチであると大したことはないと思われるかもしれませんが、カバーする壁が 4 枚ある場合、部屋から 2 インチの厚みがなくなったことになります。
  • 一般に、壁の空洞内に設置できる材料は、室内に設置する材料よりも効果的です。何よりも、それはあなただからです 音波が部屋に入るのを防ぐ 部屋の中で対処するのではなく、完全に。

騒音公害の原因は何ですか?

当然のことのように聞こえるかもしれませんが、ホテル室内の騒音公害の原因を特定することで、論理的に考えて壁の質量を増やすだけでなく、問題を効果的に管理できるようになります。

音波とその結果生じる騒音公害は、大きく 2 つのカテゴリに分類できます。

  • 空気伝播騒音。 これは空気中を伝わる騒音公害であり、壁を通過する可能性はありますが、騒音レベルはわずかに低下します。一般的な情報源はテレビや人々の会話ですが、どちらもホテルでよく起こります。
  • 衝撃音。 これは通常、より大きな問題であり、管理が若干困難です。衝撃音は、物体が表面に衝突したときに発生し、振動が表面を通過して音波になります。一般的な原因は足音とドアがバタンと閉まる音ですが、どちらもホテルではよく起こります。

空気中の騒音公害は、道路交通の形でも発生する可能性があり、通常は窓を通して聞こえます。ホテルの客室にはこれらすべての問題があると思われるかもしれませんが、主な問題点にのみ注目する価値があるかもしれません。

たとえば、交通騒音は非常に迷惑ですが、9 号線では最大の問題ではない可能性があります。番目 ホテルの床。この場合、周囲には足音や大きな声がたくさんあるため、それらに集中する方が時間とリソースを有効に活用できます。

予算はいくらですか?

予算は防音プロジェクトにおいて最も重要な要素の 1 つですが、ホテルの場合はそれほど重要ではありません。確かに、ホテルは依然として限られた予算内で仕事をしていますが、これは通常、誰かがホームシアターに改造するための予算よりもはるかに大きいでしょう。

肝心なのは、 ちゃんとした 防音工事は高価です。というのも、音を遮断する材料は特殊な製品であることが多く、重くて加工が難しいことが多いからです。予算に優しい代替案を見つけることもできますが、問題は解決しないため、結局はお金の無駄になってしまうことが常にあります。

通常、私はできるだけ自分で防音対策を行うことをお勧めしますが、ホテルの部屋の防音については、おそらくその逆をお勧めします。プロジェクトの規模が理由の一つだが、もう一つは、地元の防音工事請負業者が材料の大量注文に割引を提供してくれる可能性が高く、労働力についても交渉をまとめるのはそれほど難しくないはずだということだ。

とはいえ、最終的には材料よりも人件費の方が高くなるのが一般的です。部屋の防音工事は、特に最初に部屋の内部を徹底的に調べなければならない場合には、多大な労力を要する作業になる可能性があるためです。

私は誰にでも言っていますが、ここではさらに重要です。 できるだけ計画を立てる。部屋を取り壊す費用と、その部屋に設置できる材料の価格との相殺を考えてみましょう。人件費がどれくらいかかるかを確認し、自分でできる部分はどれかを考えてみましょう (結局のところ、部屋を撤去するのは非常に簡単です)。

持っているものを使って作業する

防音工事のコストを削減する良い方法は、手持ちのものを活用することです。実際、ホテルの部屋にあるものの多くは、騒音公害レベルに違いをもたらします (これについては後ほど詳しく説明します)。

同様に、騒音公害はすべての部屋で問題になるわけではありません。お勧めします 部屋を調査して、最も防音が必要な部屋を特定します。。たとえば、通りに面した部屋から始めるのが良いかもしれません。最上階の部屋は、作業が完了した場合、通常は最後まで残しておいても問題ありません。

ホテルの部屋を防音にする方法

ホテルの部屋の防音

基本的なポイントを押さえたので、次のような問題に対処するための効果的な攻撃計画ができました。 騒音公害、いよいよ部屋の防音工事に移ります。私は各セクションで部屋のさまざまな部分を取り上げ、騒音公害に対処する方法を提案します。

一部のエリアは他のエリアよりも重要であり、一部のエリアは他のエリアよりも防音がはるかに簡単です。防音方法はたくさんありますが、ホテルの環境により適しているため、これらの方法を選択しました。

壁は騒音公害の最大の原因の 1 つであり、衝撃騒音と空気伝播騒音の両方の影響を受けます。ただし、空白スペースには多くの選択肢があるため、防音が最も簡単なエリアの 1 つでもあります。

最初に注意すべきことは、通常は中空で乾式壁で作られたスタッド壁を使用しているのか、それとも固体で通常非常に小さな空気空洞がある場合でもその空洞を持つレンガ壁を使用しているのかということです。

おそらくご想像のとおり、スタッド壁は騒音公害にとってはるかに悪いですが、処理が容易でもあります。レンガの壁を防音することはできますが、壁の空洞ではなく部屋の中に防音材を取り付ける必要があります。

スタッド壁の防音

まず最初にやるべきことは、 スタッド壁の防音 空気腔を断熱することです。私のことを見てください スタッド壁の防音に関する簡単なガイド ここで適用できる家庭で。

音波は壁の片側を通って伝わり、空気腔内で反響します。これにより壁内で信号が増幅され、問題がさらに悪化します。実際、空気の空洞は音波の温床です。

壁の空洞に断熱材、特に防音材を追加することは、問題を管理する合理的な費用対効果の高い方法です。。高密度の断熱材により、音波が壁内で反射するのを防ぎ、隣の部屋に音波が伝わりにくくなります。

別のオプションは、 スタッド壁を切り離す (関連記事)。これは専門的に聞こえますが、単に乾式壁の両側を別々の間柱で吊るすことを意味します。これは、たとえ音波が壁の片側を振動しても、その途中で止まることを意味します。

壁の分離はかなり大掛かりな作業なので、新築プロジェクトの場合にのみお勧めします。結局のところ、壁の空洞を断熱してから壁の外側にさらに質量を追加すると、かなり良い結果が得られます。

レンガ壁の防音工事

一般に固体壁は空気伝播騒音の影響を受けにくいですが、依然として衝撃騒音の問題があります。 音を遮断する最も簡単な方法の 1 つは、表面に質量を追加することです。これにより、表面の振動が防止され、音波が通過しにくくなります。

固体の壁に質量を追加することが唯一の現実的な選択肢です。同様に、スタッド壁自体はかなり脆いため、スタッド壁にもより多くの質量を追加する必要があります。また、壁に質量を追加すると、通常、より高い周波数の音は管理されますが、低い低音の轟音は通常通り通過する可能性があることにも留意してください。

壁に質量を追加する場合、主なオプションは次のとおりです。

  • 通常の乾式壁 重いので大きな違いが生じる可能性があります。防音乾式壁を購入することもできます。これには、追加の層が 1 つまたは 2 つ含まれています。 音響フォーム。これでも特に重いわけではありませんが、負荷を増やす管理可能な方法です。 壁の厚さ.
  • 大量に充填されたビニール (アマゾンリンク) は私のお気に入りの防音製品の 1 つです。その主な理由は、非常に多用途だからです。それは柔軟な塊であり、弾力性がないことを意味するため、彼らの進路にある音波をブロックするだけです。壁に簡単に追加できますが、見た目があまり良くないので、私はいつも乾式壁で覆っています。

大量に充填されたビニール

防音壁の基本は、 さらに質量を追加する必要があります。質量が大きいほど音波が通過しにくくなるため、これが最もシンプルで効果的な解決策です。 のような製品は避けてください 音響フォーム (関連記事)と防音塗装、これらはこの種の問題には効果的ではないためです。

ホテルの部屋の防音対策において、床はおそらく最大の問題の 1 つです。部屋内と下の部屋にいる人々の両方の騒音公害を管理するソリューションを見つける必要があるからです。しかし、実は床は比較的防音しやすいのです。

言うまでもないことかもしれませんが、 硬い床を避ける。これらにより衝撃音がより顕著になり、振動が床を通って建物内に伝わりやすくなります。その結果、下の部屋に騒音が発生し、場合によっては同じ階にも騒音が発生します。

実はカーペットは、床の防音対策の開始点として非常に効果的です。。カーペットの織り構造は衝撃音を和らげるだけでなく、室内の反響音も軽減します。ただし、床の防音対策はカーペットを敷くだけではありません。次のヒントも考慮してください。

  • カーペットよりも下敷きが重要です。床の質量が増えるため、厚い下敷きを用意してください。防音のために吸音下敷きを購入することもできますが、どの断熱下敷きでもほぼ同じ役割を果たします。 に関する私の記事を読んでください 最もコスト効率の高い防音下敷き.
  • 厚いカーペットは、薄いカーペットよりも衝撃音を軽減する効果があります。できるだけ厚いカーペットを見つけるようにしてください。予算に余裕を持たせることをお勧めします。これは、床からの騒音公害を管理する最も簡単な方法の 1 つです。
  • 室内の交通量の多いエリアに注目してください。実際、これらのエリアでは、床にもう 1 つの層を増やすために、カーペットの上にラグを追加することをお勧めします。

より徹底的な防音プロジェクトを行う場合は、床を剥がして最初からやり直してください。壁と同様に、床と天井の間の空洞にも最適な防音ソリューションを設置できます。これができるのであれば、いくつかの選択肢があります。

床空洞を断熱する

床空洞に断熱材を追加すると、音波が空間内で反響したり増幅したりしにくくなります。これにより、下の部屋に伝わる騒音の量は減りますが、問題が完全に解決されるわけではありません。

これは、断熱材、さらには防音材が音波を遮断するのではなく、大幅に減衰させるためです。衝撃振動は、床などから構造物を通って根太に伝わり、さらに下の部屋に伝わります。

浮き床

浮き床 分離壁と同じ原理です。床根太の下にゴム製インサートを追加すると、床が構造の他の部分から隔離されるため、振動は根太で止まります。

以前にも述べたように、この種の解決策は、既存のホテルよりも新築のホテルの方がはるかに簡単ですが、どちらでも可能です。実際よりも複雑に聞こえますが、この作業で最も難しいのは、すべてを解体することです。

床根太の下にゴム製の「フローター」を取り付けるだけです。これらはホッケーのパックのように見え、基本的に床を伝わるあらゆる振動を吸収します。これと組み合わせると、 防音マットなど ダイナマット (アマゾンで見てね)、床を介した音の伝達を防ぐ優れた仕事をします。

どちらの方法を選択するかに関係なく、ホテルの部屋の床の防音に大部分の労力を集中することをお勧めします。これは部屋にいる人々にとって直接的な利益にはならないかもしれませんが、ホテルで最も一般的な騒音に関する苦情の 1 つは、上の部屋にいる人々の騒音です。

ドア

ホテルの防音ドアドアはおそらく騒音公害が最も深刻な場所の 1 つであり、解決が最も難しい場所の 1 つです。結局のところ、ドアの原理自体は開閉する必要があるということであり、ドア周囲の隙間は驚くべき騒音公害の原因となります。

しかし、ホテルの部屋のドアの防音の問題は、住宅地で行うよりもはるかに管理しやすいでしょう。まず、ホテルの部屋のドアは、より高いレベルのセキュリティを提供する必要があるため、外部の家庭用ドアに似ています。

ホテルの部屋のドアに関しては、いくつかのことがすでに有利に機能しているはずです。

  • 一般に防火規制では、ホテルの部屋のドアはほとんどが耐火性でなければならないと定められています。少なくとも、これは多くの場合、ドアの端の周囲にある種の断熱材があり、ドアがフレームにしっかりとフィットすることを意味します。
  • セキュリティの必要性が高いため、ほとんどのホテルの部屋のドアは中空ではなく頑丈ですが、ホテルでそうでない場合は、頑丈なドアに切り替えてください。これは、ドアを通した音の伝達を管理する最も簡単な方法の 1 つです。
  • 防音の原則の多くは、断熱や防火と交差します。このため、あなたはおそらくすでにそこにほとんど到達しているでしょう。
  • ドアに関する一般的な問題は、ドアがバタンと閉まることであり、これにより振動が建物内に伝わり、驚くほど遠くまで伝わる可能性があります。ホテルの部屋のドアの多くは自動で閉まるヒンジを備えており、その多くはゆっくりと閉まります。ドアにこれらの機能がある場合は問題ありませんが、そうでない場合は、それらに切り替えることを検討してください。

この種の構造に質量を追加するのは難しいため、ドアの防音はかなり困難です。これを行う最も簡単な方法は、すべてのドアが開いていることを確認することです。 ソリッドまたはソリッドコア これは、ドアの外側に質量を加えようとするよりも簡単だからです。 これらのタイプのドアについては、私の記事で説明しました。 防音ドアに関する記事.

それはさておき、 最善の方法は、自動で閉じるヒンジのようなものを使用することです。。これにより、ドアからの騒音公害という最大の問題が解消されます。また、クッション付きの密閉ヒンジを使用すると、ドアがバタンと閉まらなくなります。

これとは別に、あなたができる最善のことは追加することです ウェザーストリッピング ドアの端まで。ウェザーストリッピングは屋外ドア用に設計されており、断熱を目的としていますが、ここでも機能します。

ウェザーストリッピングは基本的にドアとフレームの間の隙間を埋めるだけなので、音波が浸透しにくくなります。ただし、この種のものは通常、防火処理でカバーされているため、防火扉が設置されている場合は問題ありません。

それとは別に、ドア枠の周りに隙間がないことを確認し、隙間がある場合は埋めるのが最善の方法です。建物が時間の経過とともに安定するとフレームが移動する可能性があるため、これは通常、古い建物でのみ問題になります。

を使用してください 音響シーラント (アマゾンで一番いいやつ) これを行うには、これらにはシリコーンが含まれているため、建物に合わせて曲がり、音波を反射または吸収するためです。

ウィンドウズ

窓は、さまざまな理由から、防音プロジェクトにおけるもう 1 つの大きな問題です。第一に、ガラスは最も防音性の高い素材ではなく、第二に、窓が開いていると音波が部屋に入りやすくなります。

ただし、ホテルの部屋にとって、この問題に対処するより簡単な方法がいくつかあります。まず、部屋にエアコンがあるため、または高層ビルでは安全上の理由から、窓が開けられないことがよくあります。

どちらにしても、 開けられない窓をお勧めします, これで問題の半分は解決します。ただし、ホテルでこれが不可能な場合は、少なくとも次のことを行ってください。 二重窓。 2 枚のガラスに加えて、それらの間にある小さな空気空洞が騒音公害をわずかに軽減するのに役立ちます。

別の代替案は、次のような騒音低減材料で作られた窓を取り付けることです。 プレキシガラス (関連記事)。ただし、利点を最大限に活用するには、次のものが必要です。 プレキシガラス 厚さ約1インチ。そうは言っても、最良の選択肢は、間に約 1 フィートの空間を設けた 2 つのピースです。これは、最も深い音波以外のすべての音波が部屋に侵入するのを防ぐのに十分です。

それができない場合は、部屋に厚手のカーテンやカーテンを使用すると、騒音レベルが若干軽減されますが、窓を交換するほどの効果はありません。カーテンには、あまり高密度にできないにもかかわらず、隙間から音波が侵入してしまうなど、多くの欠点があります。

私のものをチェックしてください 防音カーテンのご案内.

また、ドアと同様に、防音シーラントとウェザーストリッピングで隙間に対処します。これらの隙間は熱損失に悪影響を与えるだけでなく、音波も通過させます。これは小さな問題のように見えるかもしれませんが、これに対処すると驚くほどの違いが生じる可能性があります。

部屋

ホテルの部屋や建物の実際の構造に取り組むことに加えて、騒音公害を管理するために室内でできることはたくさんあります。これらは必ずしも音の伝達を遮断することを目的としたものではありませんが、他の部屋に漏れる騒音公害の量を減らすのに役立つはずです。音響的に健全な部屋を作るには、次のことに注意してください。

家具

家具は音波を吸収し、部屋の中で反射するのを防ぐという驚くほど優れた働きをします。おそらく誰もが、誰もいない部屋では音が反響しやすいことに気づいたことがあるでしょう。ホテルの部屋が空いている可能性は非常に低いですが、その中に何があるかに注意を払う価値はあります。

この仕事には柔らかい家具が最適ですが、重いアイテムの方がさらに良いです。したがって、ベッドと椅子のあるホテルの部屋が良いスタートであり、机やワードローブなどの家具でも問題を解決するのに役立ちます。

これは、音波が硬くて平らな表面で反射しやすいためです。部屋に家具を追加すると、スペースが増えるだけでなく、平坦な部屋を分割するための表面も追加されます。ただし、実際に音波を遮断するわけではないため、これが唯一の防音方法ではありません。

壁紙

ホテルの部屋の壁を実際に覆っているものに注目してください。たとえば、 植毛またはテクスチャーのある壁紙の方がわずかに優れています たとえばタイル張りの壁よりも音響に優れています。ただし、その違いは驚くべきものではないため、最初に他の解決策を実行する方が良いかもしれません。また、近づかないでください。 防音壁紙 それはほとんど無意味だからです。

音響フォームは、エコーと残響を軽減するため、音響処理に適した選択肢のもう 1 つです。繰り返しますが、これは音の伝達を妨げませんが、音波が部屋の中で跳ね返るのを防ぐと、壁を通って伝わる音波の量に間接的に影響します。

吸音材は購入できる最も魅力的な製品ではありませんが、レストランなどの場所向けに設計された「芸術的」バージョンがたくさんあります。これらを使用すると、アートの後ろに隠すことができるため、ホテルの部屋に置いても場違いに見えることはありません。このようなものを室内の壁や隣接する壁に掛けると、音の伝達を管理するのに役立ちます。

最終的な考え

ご覧のとおり、ホテルの部屋の防音工事は非常に大規模なプロジェクトになる可能性があります。ただし、これまで述べたように、この規模のプロジェクトに取り組む場合、適切な計画が大きな違いを生む可能性があります。また、ゲストの睡眠の質を向上させるという理由だけでも、変更を加える価値は十分にあります。そして、誰もが知っているように、よく休んだゲストは幸せなゲストです。

類似の投稿