ファットマット vs セカンド スキン vs GTmat

カーステレオをアップグレードすることは常に良いアイデアです。ただし、心に留めておかなければならないのは、常に何よりも品質と価値に焦点を当てる必要があるということです。

特に防音は常に考慮しなければならないことの一つです。そして、正しいアプローチを選択する限り、素晴らしい効果をもたらすことができます。

そうは言っても、選択できる防音材はたくさんあります。ダイナマットは最高ですが高価です。手頃な価格のオプションの中で、次の 3 つが際立っています。

これらすべてが合計されて、素晴らしいメリットがもたらされます。 この記事では、Fatmat、Second Skin、GTmat を比較します。 

どれがより優れた消音器ですか? 2 番目のスキンは 3 つのスキンの中で最も優れていますが、高価でもあります。 Fatmat は、最良ではないにしても、最も価値のある選択肢となるでしょう。ここでは、注目すべき点をいくつか紹介します。

ファットマット vs セカンド スキン vs Gtmat

ファットマット

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ファットマット消音材

多くの人にとって、防音はあまり重要ではありません。

彼らは車のステレオを大音量で聴くことはありません。そのため、品質と優れた体験に真の焦点を当ててこのようなことに取り組むことは非常に理にかなっています。

ファットマットに関して考慮しなければならないのは、それがまったく高価ではないということです。実際、価格も手頃なので、それだけの理由で利用している人も多いです。

しかし、ご想像のとおり、価格の違いは何かによって生じます。 全体的な価値は、特に Dynamat と比較した場合、それほど大きくありません。 例えば。読む 私の投稿 ダイナマットが最高の消音器であることについて。

しかし、なぜこれが最良の選択肢ではないのに、最も手頃な選択肢なのでしょうか?それは主に、それに使用される材料に由来します。 こちらはアスファルトベースです。 かなり良い密度が得られるので、これは良いことです。

しかし、問題はそれです アスファルトは最良の消音材ではない そこに。

確かに、どちらにしても良い仕事をしてくれますし、結局のところ、ほとんどの場合、素晴らしい効果をもたらしてくれます。しかし、これらすべてを有意義な方法で調整し適応させる必要があります。どのような方法でアプローチするとしても、これは非常に良いアイデアです。

それから、それが持っているという事実があります 舗装されたばかりの道路の匂い、そのため、このような方法は、高温の部屋の場合には機能しません。

問題は、部屋の中で 1 台または 2 台のコンピューターを使用すると、温度がかなり高くなる可能性があることです。そして、アスファルトの匂いを感じることは絶対に避けたいことです。

結論から言えば、これは 部屋にたくさんのコンピューターがある場合、または暑い気候に住んでいる場合は、良い選択肢ではありません。。しかし、寒い地域に住んでいる場合は、非常にうまく機能する可能性があります。

確かに、このようなものにとっては究極のオプションではないかもしれませんが、それでも機能します。結局のところ、ニーズに合わせて調整し、適応させることが重要です。

セカンドスキン

この製品の名前は少し奇妙ですが、非常に優れた防音体験を提供します。

それを非常に際立たせているのは、それがブチルゴムから作られており、そもそもフォイルの厚さがまったく悪くないという事実です。

加えて、 アスファルトマットやタールボードと比較すると、これははるかに優れています理由は、それが非常に信頼性が高く、必要なすべての利点を前面にもたらすことができるからです。

セカンド スキン モデルは非常に長期間持続するように設計されているため、多大なメリットをもたらします。そして ファットマットとは異なり、これはまったく臭いがありません.

しかし、おそらくこれらすべての最も良い点は、ユニットが大きな圧力に耐えることができ、簡単に押したり、貫通しようとしても失敗したりする可能性があることです。

それでも、ここで機能するのは並外れた防音効果です。練習セッション中に自分が歌ったり、ジャム演奏したりする曲が他の人に聞かれることを心配する必要はありません。

高速かつ効率的で、それほど手間をかけずに人生を楽しみ、必要な曲をすべて探索するのに非常に役立ちます。

もう一つ留意すべきことは、全体の融点です。 この素材は非常に耐久性があり、耐熱範囲は摂氏-60度から摂氏232度です。。これは、通常の温度であれば問題なく耐えられることを意味します。

部屋がめちゃくちゃ暑くて 150 度をはるかに超えている場合でも、第 2 の皮膚は無傷のままであり、必要な防音効果が得られます。

今ではめったに見ることができないものなので、ぜひ自分の目でチェックして、どのように機能するかを確認してください。

GTマット

多くの人が GTmat を使用する理由は、あなたの車に必要な防音保護をすぐに提供できるからです。

製品 あらゆる表面に問題なく接着しますこの観点から見ると、それは大きなメリットであると言えます。

それは間違いなく大きな利益をもたらすだろうし、同時に、このようなものから得られる品質は常に信じられないほど素晴らしいものであることに注意することも重要です。

室温は10℃~50℃程度が目安です。つまり、部屋に何らかのエネルギー源が必要です。そうでないと、あちこちで問題が発生します。

できる限り価値と品質に重点を置く必要があり、一度それを実行すると、結果は常に誰にも負けないことに気づくでしょう。

さらに、これは、 最も丈夫な防音材の 1 つ そこに。穿こうとしてもかなりの作業を我慢しなければならず、なかなか思い通りに加工できるものには出会えない類のものです。

それにもかかわらず、GTmat のインストールは非常に簡単で、受け取った指示も非常に簡単です。とはいえ、この製品は粘着力が非常に高いため、適切な使用方法を理解するのは非常に難しい場合があります。

だからこそ、自分のニーズに合わせて調整し、適応させる必要があり、それができれば、状況に関係なく、結果は十分以上のものになる可能性があります。

Fatmat vs Second Skin vs Gtmat – どれが最良の消音材ですか?

これらの素材にはそれぞれ独自の利点があります。

ファットマット

ファットマットの例は、奇妙な匂いがあるかもしれませんが、非常に安価ですぐに防音のために入手できます。.

それでも、車に悪臭が発生する可能性があるため、このような問題に関しては、良い点と悪い点の両方を考慮する必要があります。

セカンドスキン

セカンドスキンは非常に優れた素材であり、多くの圧力に耐えることができます。、最終的には確かに非常に良いことです。

温度の問題がないので安心して購入できるのも嬉しいポイントです。

GTマット

そして、基本的に前述の 2 つの中間に位置する GTmat があります。

しかし、最終的には、支払う金額と、このようなものからどのようなメリットを期待するかを判断するのはあなた次第です。ほとんどの場合、その価値は非常に優れており、その結果に非常に感銘を受けるでしょう。

ただし、どの製品を使用する場合でも、適切な期待を持って使用する必要があります。防音に関しては、レベルが異なり、明確なメリットがある場合にのみ、仕事を成し遂げることができます。

読んでくれてありがとう!私の投稿もチェックしてください 車両に最適な消音材

類似の投稿