ピアノ室を防音にする5つの方法

ミュージシャンにとって、志望者、著名人、経験者を問わず、防音のピアノ室やスタジオを持つことは歓迎すべきことです。しかし、ピアノ室の防音はどうやって行うのでしょうか?

ピアノ室を防音にする方法

こちらもお読みください: 防音ドラム小屋の構築ガイド

ピアノ室を防音にする方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ピアノ室の防音対策には次のような方法があります。

  • 部屋の中に部屋を作る
  • 回復力のあるチャネルの使用
  • セパレート構造を採用
  • 吸音石膏を使用する 
  • 追加 ドアシール、ガスケット、スイープ

これらの防音方法は、ピアノ室を実現可能なスタジオに変えるのに役立ちます。それはもう遠い夢ではありません。防音対策についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

1. 部屋の中に部屋を作る

防音工事に慣れていない人にとって、この方法はひどい早口言葉、または人々を混乱させる良い試みのように聞こえるかもしれません。まず、部屋の中に部屋を作るということは、このコンセプトを形にするための既存の部屋が必要になります。

次に、スタッド (スタッド フレームワークとも呼ばれます) を使用して、既存の部屋内に部屋を作成します。スタッドフレームワークを作成した後、乾式壁を使用してフレームワークのどちらかの側を閉じることができます。

場合によっては、乾式壁を防音材として使用できます。ただし、これは理想的ではない可能性があり、スタッド フレームワークを完全には活用できません。このメソッドを最大限に活用するには、次のように追加します。 防音材 空洞に。

この質量を追加すると、音波の侵入を防ぐ十分な密度の壁を作成できます。全体として、質量が音波を吸収し、デッドエアルームが残ります。

デッドエアは、ミュージシャンや他のアーティストが音を隔離できるようにする優れた方法です。このタイプの部屋は、外部に伝わる振動を遮断する方法を探しているミュージシャンに最適です。

2. 回復力のあるチャネルの使用

弾力性のあるチャネル

回復力のあるチャネル 防音業界では非常に新しい選択肢です。専門家は、建物の内側を防音する際の最も一般的なデカップリング戦術としてこれを考慮しています。

建物の内側と外側の両方を防音できることを忘れないでください。それは、防音の目標が何であるか、そしてそれがあなたの工芸品に利益をもたらすかどうかに完全に依存します。

弾性チャンネルでもスタッドフレームワークを使用しますが、キャビティ内に防音材を使用する代わりに、スチールバーまたは弾性チャンネルをスタッドフレームワークに水平に追加します。スタッドフレームワークは、隙間を残して弾性チャネルにねじ込まれます。

これらのギャップにより、音波がスタッドのフレームワークに伝わることができなくなり、 音の減衰.

防音性をさらに高めるために、高密度の防音断熱材を追加して吸音率をさらに高めることができます。

3. 独立した防音構造の採用

この方法は意外かもしれませんし、多くの人はこの方法に時間をかける価値がないと考えているかもしれません。しかし、母屋から離れた別の構造物や建物を設けること自体が防音対策になります。

この方法は消去法的な防音と言えるでしょう。ピアノ室を母屋から離れた建物や構造物に移動することで、発生する騒音を減らすことができます。さらに、周囲の人への騒音暴露も軽減されます。

この方法は建物を防音にするものではありませんが、音の発生源を社会や、騒音や音響によって悪影響を受ける可能性のあるその他の要因から遠ざけます。

見方を変えると、ゆったりとピアノを弾きながらくつろげる、自分だけの洞窟があるようなものです。

この方法を見逃さないでください。敷地内に追加の独立した部屋があるミュージシャンにとっては、この方法が問題の解決策になるかもしれません。

4. 吸音石膏の使用

いくつかの建物には吸音漆喰が使用されています。おそらく、日常生活の中でこれらの建物のいくつかに遭遇したことがあるでしょう。たとえば、美術館、劇場、ショッピングモール、個人住宅では、主な防音源として基礎構造に吸音石膏が使用されています。

この方法は、既存の部屋には適切ではない可能性があります。ただし、その汎用性と耐久性の点で注目に値します。音響石膏は、ピアノ室の音響調整を強化したい場合にも最適です。

ただし、デッドエアを探している場合、これは解決策ではない可能性があります。それにもかかわらず、既存の建物の防音工事に追加費用をかけずに防音工事を追加できる優れた方法です。

5. ピアノ室のドアにシール、ガスケット、スイープを追加する

ドアガスケット

先ほどもお話しましたが、ピアノ室の防音対策には、壁、天井、床の防音だけではありません。ドアの防音工事も必要になります。

ドアは音波が通過する別の逃げ道として機能するため、音が外部環境に漏れます。

これらの製品は、ドア全体を密閉することのみを目的として、ドアフレームの両側に取り付けられます。

ドアからの隙間をすべて埋める必要があります。ゴム製シールは気密シールとしても機能する傾向があります。

この方法は常に防音プロセスの最後に行われます。ドアを密閉し、部屋に隙間がないか確認することは、プロセス全体の中で常に最も重要です。

プロセスのこれらの部分は忘れがちなので、必ず確認してください。

チェックアウト 私のおすすめ防音ドアキット.

レコーディングスタジオはどのようにしてスタジオの防音対策を行っているのでしょうか?

レコーディングスタジオにはプライベートスタジオを持つ特権があります。彼らはそれを投資だと考えていたため、コストは問題になりませんでした。しかし、これらの大企業はどのようにして、振動がほとんどない、またはまったくない完全な防音室を作成したのでしょうか?

ご存知かと思いますが、レコーディングスタジオの目的は、音や振動が外部に漏れないよう完全に遮断することです。効率的かつ特殊な防音工事が天井、壁、床に施されます。  

ピアノ室の防音が不十分な場合、音波は基本的に抵抗が最も少ない経路を見つけようとします。したがって、レコーディングスタジオは、まず部屋の中に部屋を作成することでこの要因を排除します。

ただし、この記事を始める前に、いくつかの用語を理解しておくことが最善です。ここでは、防音対策の一般的な 4 つの戦略を紹介します。

ピアノ室の防音対策に重要な4つの戦略をご紹介します。

次の戦術を個別に使用することも、ハイブリッドで使用することもできます。このような戦術では、目的が手段を正当化するものではありません。プロセスの実行が正しく効率的である限り。

  • 質量の追加
  • ダンピング
  • デカップリング
  • エアギャップを埋める

この記事をさらに読み進めていくと、成長を続けるピアノ スタジオのすべての要素を統合する際に、これらの戦術が活用されていることがわかります。これらの戦術について詳しく説明する時期が来ました。

質量の追加

名前が示すように、高密度の塊を追加することで、ピアノの部屋の壁、床、天井のある点から別の点への振動の移動を停止します。

どのような種類の質量が必要ですか?いかなる状況でも音が伝わらない、または反射しない十分な密度を備えたものが最適です。専門家の中には、音を人間の耳が知覚できる空気の周期的な振動であると説明する人もいます。

この戦術は通常、壁に質量を追加することで行われ、防音部屋の一部を作成できます。

防音対策には壁だけでなく、部屋のあらゆる表面に音波の通過を阻止する機能が必要です。

質問に戻りますが、どのような種類の質量が必要ですか?レコーディングスタジオの場合は、コンクリートを使用できます。

しかし、市場にはグラスファイバーなどの他のオプションもあります。それらは、原因となる振動を止める十分な密度の塊として機能します。 ピアノの部屋から出る音.

ダンピング

半戸建て住宅間の防音対策

次のメニューはダンピング技術です。減衰技術には、熱音響として知られるプロセスが使用されます。サーモとは熱、アコースティックとは音を意味します。ダンピング技術により、音が変形したり、熱が発生したりすることが可能になります。

どのように機能するのでしょうか?その基本的な科学は、音波が伝わると一定量の熱が発生するということです。音波が吸収されると熱が発生します。

科学的な観点から見ると、音は原子と分子の規則正しい動きです。この動きは速い波のパターンで流れます。熱音響プロセスが発生するには、秩序ある動きを無秩序な動きに変える必要があります。

どうやってそれを実現するのですか?音は走行中にある程度の凹凸に遭遇すると、最終的には熱に変わります。別の方法は、音波が吸収性材料を通過する場合です。

いずれにせよ、このプロセスで発生する熱は、火を起こしたり、冬の間暖かく保つのに十分ではありません。それは最小限であり、突然あなた自身の無料のエアコンに変わるわけではありません。

緑色の接着剤 制振性に優れた製品です。防音業界では、専門家は頼りになる制振製品として緑色の接着剤を推奨しています。

デカップリング

3 つ目はデカップリングのプロセスです。壁、床、天井が接触している箇所でのデカップリングは専門家が行います。密閉プロセスにより、部屋の要素が隣接する表面から振動を受けるのを防ぎます。

通常は、ゴムを使用して接触点を密閉します。音の伝わりは予測不可能であり、防音材の設置が非効率な場合に予測が不可能であることを常に考慮する必要があります。

音の外部への漏れを防ぐには、ピアノ室のさまざまな表面要素がどのように相関しているかを確認する必要があります。

  • デカップリングは、次のような他のさまざまな方法でも発生します。
  • 浮床の建設
  • 二重壁の構築
  • 絶縁層の使用
  • スタッドフレームワークを床、壁、または天井から隔離します。
ピアノ室の防音対策

空隙を埋める

最後に重要なことは、空隙を埋める戦術です。防音ピアノ室に空気の隙間がある限り、音は漏れてしまいます。音波は常に抵抗が最も少ない経路を探します。密閉されていないエアギャップはその計画にぴったりと当てはまります。

実際、この戦術は防音対策の最終手段です。これは、ピアノ室を外界から完全に遮断するパズルの最後の最後のピースです。

それだけでなく、改造されたホームスタジオから漏れる可能性のある不要な音も遮断します。

この記事では、これらの防音対策について以下に説明します。読者はそれらを絞り込む必要があります。ピアノ室をミニホームスタジオに変えることに興味があるなら、これらは不可欠です。

さて、この記事のメインイベントです。ピアノ室を防音にする方法をご紹介します。

ピアノ室の防音対策に役立つ FAQ をいくつか紹介します。

ピアノをもっと静かにしてもらえますか?

ピアノの音量を下げることはできません。通常はその機能は付いていません。

 ただし、ピアノの周囲を防音にすることはできます。この方法により、ピアノから出る音を軽減することができます。

部屋を完全に防音にすることはできますか?

はい、部屋を完全に防音にすることができます。唯一の課題は、予算の効率性と柔軟性にあります。レコーディング スタジオは、完全に防音されたスペースの好例です。しかし、工事は防音工事の専門家が行い、企業には工事の予算があった。

それでも、外部環境に漏れる音を軽減する半防音の部屋を作ることはできます。

家のどこにピアノを置きますか?

専門家は、ピアノを専用の割り当てられた部屋に置くことをお勧めします。母屋から離れた敷地内に隣接する建物がある場合、それはさらに大きなメリットとなります。この推論は、あなたが他の人たちと同居していて、彼らのことを考えている場合にも当てはまります。

これらのオプションが利用できない場合は、壁が音を吸収できるように、できるだけ厚い壁の近くに設置できます。

情報源

  1. Acoustiblok、30種類の防音材を解説、Acoustiblok https://www.acoustiblok.co.uk/soundproofing-materials/#Types_of_Soundproofing_Materials  
  2. E-Home Recording Studio、音楽録音用の部屋を防音にする方法、E-Home Recording Studio https://ehomerecordingstudio.com/soundproof-room/ 
  3. マスタークラス、レコーディング用にホームスタジオを防音にする方法、マスタークラス、 https://www.masterclass.com/articles/how-to-soundproof-a-home-studio#what-is-soundproofing 
  4. CORDIS、エネルギー応用のための熱音響技術、CORDIS、 https://cordis.europa.eu/article/id/86348-turning-sound-waves-into-a-heat-wave  
  5. クリストファー・S・ベアード博士、音波は熱を発生させることができますか?西テキサス A&M 大学、 https://wtamu.edu/~cbaird/sq/2015/11/05/can-sound-waves-generate-heat/  

類似の投稿