ノイズキャンセリングヘッドフォンは頭痛を引き起こすのでしょうか?

ノイズキャンセリングヘッドフォンは、外部の音で体験を損なうことなく、音楽やポッドキャストに完全に集中するのに最適です。購入を検討している場合は、頭痛を引き起こす可能性があるのではないかと疑問に思うかもしれません。

ノイズキャンセリングヘッドフォンを耳や頭の周りにきつく装着しすぎると、神経を圧迫する可能性があるため、頭痛を引き起こす可能性があります。さらに、ヘッドフォンがアクティブ ノイズ キャンセリングを使用している場合は、大音量でコンテンツを聴くだけでなく、音波によって頭痛が生じる可能性があります。

ノイズキャンセリングヘッドフォンは頭痛を引き起こすのか

この記事では、ノイズキャンセリングヘッドフォンを使用すると頭が痛くなる理由と、一日中装着するのはよくないのかについて説明します。また、ノイズキャンセリングヘッドフォンで耳が痛くなる可能性があるのか、また、ノイズキャンセリングヘッドフォンを装着しているときに頭痛を防ぐ方法はあるのかについても説明します。

こちらもお読みください: ノイズキャンセリングヘッドフォンは聴覚を保護しますか?

ノイズキャンセリングを使用すると頭が痛くなるのはなぜですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ノイズキャンセリングヘッドフォンを着用すると、頭痛がすることがよくありますか?これはよくあることであり、通常は深刻ではないため、心配しないでください。

ノイズキャンセリングヘッドフォンを使用すると頭が痛くなります。その多くは、外部ノイズを打ち消すために余分な音波を生成するアクティブノイズキャンセリング(ANC)を使用しており、脳の働きが二重になるためです。ヘッドフォンのバンドがきつく、大音量でコンテンツを聴いていると、頭が痛くなることがあります。

以下では、ノイズキャンセリングヘッドフォンで頭が痛くなる理由を詳しく説明します。

ヘッドホンのノイズキャンセリング機構

ノイズ キャンセリング ヘッドフォンは、次の 2 つの方法で周囲のノイズを除去します。

  • 防音効果で外部の騒音を完全に遮断。
  • 追加の音波により外部ノイズを電子的にキャンセルします。

防音に関する最初の方法はと呼ばれます。 パッシブノイズキャンセリング (PNC) 通常、頭痛を引き起こすことはありません。これらのノイズキャンセリングヘッドフォンの耳カバーは、 防音材 外部ノイズを遮断します。

2つ目は、と呼ばれる電子的な方法です。 アクティブノイズキャンセリング (ANC)、これはより複雑です。ヘッドフォンの内蔵マイクを使用して外部ノイズの周波数を評価します。

次に、マイクは同じ周波数の音波を生成し、それがノイズキャンセリング機構に伝わり、そこで反転されます。 2 組の音波は、最も低い周波数の波が最も高い周波数の波と衝突すると、互いに打ち消し合います。

このプロセスはと呼ばれます 破壊的な干渉そして、たとえそれが起こっているのを聞くことはできませんが、脳はこれらの相反する周波数を処理するために懸命に働かなければならないため、多くの場合、頭痛が発生します。

ヘッドフォンのアクティブ ノイズ キャンセレーション メカニズムが原因で頭が痛むと思われる場合は、パッシブ ノイズ キャンセレーションを使用するヘッドフォンに交換することを検討してください。

タイトなヘッドフォンバンド

ノイズキャンセリングヘッドフォンは、2 つのイヤピースとそれらを接続するプラスチックバンドで構成されています。バンドが頭に密着しすぎると、痛くなる可能性があります。

ノイズキャンセリングヘッドフォンを長時間装着すると、バンドによって頭に一定の圧力がかかります。バンドがきついと皮神経や側頭骨を圧迫し、圧迫による頭痛を引き起こす可能性があります。

ひどい場合には、痛みが首や顎にまで及ぶこともあります。

メガネを着用すると、頭蓋骨に圧力をかける 2 つの物体があるため、ノイズキャンセリングヘッドフォンによる圧迫頭痛が悪化する可能性があります。

幸いなことに、ほとんどのノイズキャンセリングヘッドフォンは調整可能です。ヘッドフォンのバンドがきつすぎるために頭痛が起きていると思われる場合は、バンドを緩めて圧力を和らげてみてください。

ヘッドフォンのバンドが緩んだくない場合は、頭に圧力をかける物がないノイズキャンセリング イヤフォンを使用してみてください。

ヘッドフォンの大音量

ノイズキャンセリングヘッドフォンは、お気に入りの音楽を大音量で楽しむのに最適な方法です。

残念ながら、聞いていると、 大音量の音楽 または、内容によって頭を痛める可能性があります。ヘッドフォンで大きな音を聞くと、頭の表在血管が拡張し、拡張した血管が頭蓋骨に圧力をかける可能性があります。 三叉神経線維、タンパク質を放出することで反応し、頭痛を引き起こします。

片頭痛が頻繁に起こる場合は、ノイズキャンセリングヘッドフォンで大音量のコンテンツを聴くと片頭痛を引き起こす可能性があるため、音量を下げるのが最善の方法かもしれません。

音量を下げることは、ノイズ キャンセリング ヘッドフォンで大音量のコンテンツを聞くことによる頭痛を防ぐ簡単な方法です。大音量の音楽を長時間聴くと難聴を引き起こす可能性があるため、試してみる価値はあるかもしれません。

ノイズキャンセリングヘッドフォンを一日中着用するのは悪いことですか?

多くの人は、仕事や勉強により集中し、気を散らす騒音を効果的に遮断できるため、ノイズキャンセリングヘッドフォンを一日中着用することを楽しんでいます。ノイズキャンセリングヘッドフォンを一日中着用すると、何か問題がありますか?

頭痛や耳の痛みを感じない限り、ノイズキャンセリングヘッドフォンを一日中着用するのは悪くありません。ただし、ノイズキャンセリングヘッドフォンを着用すると、騒音公害への曝露を軽減でき、健康に大きなメリットがあります。

こちらもお読みください: ノイズキャンセリングヘッドフォンを使用して寝るのは危険ですか、それとも安全ですか?

ノイズキャンセリングヘッドフォンは、頭痛や耳の痛みを引き起こさない限り、健康に悪影響を与えることなく、仕事や勉強中に安全に一日中着用できます。

ただし、車のクラクション、サイレン、人々の叫び声、その他の危険を示す兆候が聞こえないため、運転中や屋外でジョギング、サイクリング、ウォーキングをしているときにノイズキャンセリングヘッドフォンを着用するのは危険です。

多くの州では、安全上のリスクを理由に、ドライバーがノイズキャンセリングヘッドフォン、イヤフォン、または通常のヘッドフォンを着用することを許可していません。たとえば、カリフォルニア州では車の運転や自転車走行が禁止されているため、自分の州の法律がどのようなものかを確認する価値があります。

騒音公害(飛行機のエンジンの絶え間ない騒音や近所の騒音など)を軽減するためにノイズキャンセリングヘッドフォンを着用すると、夜の質の高い睡眠が得られ、大音量による鼓膜の損傷を防ぐ可能性が高くなるため、健康が改善される可能性があります。ノイズ。

ノイズキャンセリングは耳を痛めますか?

ノイズキャンセリングヘッドフォンの購入を検討していますか?そうなると、耳が痛くなるのではないかと心配になるかもしれません。

ノイズキャンセリングヘッドフォンは、イヤピースがきつすぎると耳を痛め、耳介を炎症させる可能性があります。長時間使用すると、顎関節症、耳の感染症、音圧、耳鳴り、リスナーの疲労を引き起こす可能性もあります。

これらの問題については、以下で詳しく説明します。

ノイズキャンセリングヘッドフォンは圧迫痛を引き起こす可能性があります

ぴったりとフィットしたイヤピースを装着すると、外耳である耳介に圧力がかかる可能性があります。耳介は驚くほど敏感で繊細なため、絶えず圧迫されると炎症を起こして傷つく可能性があります。

耳の痛みを避けるために、適切にフィットするノイズキャンセリングヘッドフォンを使用することをお勧めします。イヤピースが緩すぎると、よく聞こえるように音量を上げる必要があり、内耳を損傷する可能性があります。ただし、イヤーピースがきつすぎると、耳を挟んで傷つける可能性があります。

ノイズキャンセリングヘッドフォンは顎関節症を引き起こす可能性がある

ノイズキャンセリングヘッドフォンを継続的に使用すると、次のような症状が発生する可能性があります。 TMJ(顎関節) 問題。顎関節は頭蓋骨と頭の両側の下顎(または下顎)を接続します。

ヘッドフォンによる顎関節症のほとんどは、ヘッドフォンがきつすぎるか、適切にフィットしていないことが原因です。顎関節に一定の圧力がかかると、顎関節とその周囲の軟組織が炎症を起こし、顎や耳の痛みが生じることがあります。

ノイズキャンセリングヘッドフォンが耳鳴りを引き起こす可能性がある

耳鳴りの最も一般的な症状は、ブンブンいう音またはブーンという音です。 耳鳴りがする、時折圧痛や痛みを伴います。

ノイズキャンセリングヘッドフォンを大音量で定期的に使用すると、強い音波を受けると、蝸牛(内耳)の小さくて繊細な毛が損傷する可能性があります。

耳鳴りがあると思われる場合は、医師に相談し、ノイズキャンセリングヘッドフォンの音量を下げることが最善です。

ノイズキャンセリングヘッドフォンはリスナーの疲労を引き起こす可能性があります

ノイズキャンセリングヘッドフォンで音楽やポッドキャストを長時間聴くと、リスナーが疲労する可能性があります。

体の他の器官と同様に、耳も時折休息する必要があり、継続的に音の流れにさらされると疲れ、時には痛みを感じることがあります。

ノイズキャンセリングヘッドフォンを使用するときは、リスナーの疲労とその後の耳の痛みを防ぐために、定期的に休憩を取ってください。

ノイズキャンセリングヘッドフォンは音圧を高めることができます

高品質のノイズキャンセリングヘッドフォンには通常、強力で効果的なスピーカーが搭載されており、音楽を楽しむには大きな騒音ですが、耳には悪い知らせです。

ヘッドフォンのスピーカーが強力であればあるほど、内耳と鼓膜にかかる圧力も大きくなります。内耳の圧力と外耳の圧力に大きな差があると、内耳の構造が損傷し、激しい耳の痛みが生じる可能性があります。

これにより耳が痛くなると思われる場合は、音量を下げて効果があるかどうかを確認してください。

ノイズキャンセリングヘッドフォンは耳感染症を引き起こす可能性があります

ノイズキャンセリングヘッドフォンを定期的に使用して共有していますか?その場合、ヘッドフォンのイヤピースに付着した細菌によって引き起こされる耳感染症にかかりやすい可能性があります。

細菌が増殖して外耳または内耳に感染し、耳の痛み、めまい、一時的な難聴を引き起こす可能性があります。

ヘッドフォンの共有はお勧めできませんが、やむを得ない場合は、使用前に抗菌ワイプでイヤピースを徹底的に拭き、他のユーザーにも同じようにするよう勧めてください。

結論

ノイズキャンセリングヘッドフォンは外部の音を遮断するのに非常に効果的ですが、アクティブノイズキャンセリングを使用すると、聞こえない音波が頭痛を引き起こす可能性があります。

ヘッドフォンがきつすぎたり、大音量で音楽を聴いたりすると、頭痛が起こることがあります。

ヘッドフォンが耳にぴったりと密着しすぎると、顎と耳をつなぐ関節を圧迫して耳介を傷つけたり、顎関節症を引き起こす可能性があります。さらに、高品質のスピーカーを備えたノイズキャンセリングヘッドフォンは圧力差を引き起こして耳を痛める可能性があり、ヘッドフォンを共有すると耳感染症を引き起こす可能性があります。

情報源

類似の投稿