ドアエッジを防音する 3 つの最良の方法: 究極の騒音低減ガイド

ドアエッジを防音する方法

これを想像してください: 長い一日を終えて自分の部屋でリラックスしようとしているのに、リビング ルームからの騒音が気になり続けます。寝室のドアを閉めてみましたが、それだけでは不十分のようです。

ドアの端を防音する方法を学ぶことで、不要な騒音を減らすのに大きな違いが生じる可能性があると言ったらどうなるでしょうか?このブログ投稿では、ドアの端を防音し、家の中でより平和な環境を作り出す方法に関するさまざまな方法について説明します。

私のものをチェックしてください ドア防音ガイド 次に進む前に。

ドアエッジを防音する方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

この記事では、その概要を説明します ドアのエッジを改善し、音の伝達を低減する技術 これは含まれて:

  • ウェザーストリップによるドアエッジのシール
  • ドアエッジの防音に音響コーキングを使用する
  • ドアスイープを追加して防音性を強化

1. ドアエッジをウェザーストリップで密閉する

隙間を塞ぐためにドアの周りにウェザーストリップを取り付ける人

ウェザーストリップは、ドアの端を密閉し、音の伝達を軽減する効果的な技術です。ドアフレームの周囲にウェザーストリップを適用することで、音波の通過を防ぐ気密シールを作成できます。

それにもかかわらず、安価なオプションでは粘着力が低く、効率が低下する可能性があるため、高品質のウェザーストリップを確保することが重要です。

ウェザーストリップに加えて、アルミニウムトラックに取り付けられたネオプレンシールで構成されたすぐに取り付けられるキットや、より厚い敷居の追加もあります。これらの代替方法は、ドア周囲の隙間を密閉し、防音性をさらに向上させるのにも役立ちます。

ウェザーストリップの種類

ウェザーストリップには、フォーム、ゴム、ネオプレンなどのさまざまな素材が使用できます。各素材は異なるレベルの防音性と耐久性を提供します。

たとえば、フォームウェザーストリップは手頃な価格で、取り付けが簡単で、圧縮するとうまく機能しますが、ビニールなどの他の素材ほど耐久性が低く、悪天候にも十分耐えられない可能性があります。

ネオプレンウェザーストリップ 一方、(Amazonリンク)は、より優れた防音機能を提供し、より耐久性があることが知られています。ネオプレン ウェザーストリップの一般的な費用は、ユニットあたり $11.54 から $34.32 の範囲であると推定されます。

さまざまなウェザーストリップ材料とその長所と短所を理解することは、特定のニーズに最適な材料を選択するのに役立ちます。

インストールプロセス

最高の防音効果を得るには、ウェザーストリップを正しく取り付けることが極めて重要です。設置前に、設置場所を適切に準備し、正確な測定値を取得することが重要です。

これには、表面の清掃、隙間や亀裂の検査、ドア枠の測定などが含まれます。確実に閉まるようにすることも重要であり、これを締めることによって達成できます。 ドアの蝶番 ドライバーを使用して。

ウェザーストリップをドア枠に沿って掛けるときは、それが敷居にほぼ接触していることを確認してください。これにより、密閉性が確立され、効果的な防音が保証されます。正しい設置プロセスを遵守し、高品質のウェザーストリップ材を利用すると、ドアエッジの防音能力を著しく高めることができます。

2. ドアエッジの防音に音響コーキングを使用する

ドアの周囲に音響コーキングを塗布する人

音響コーキング (Amazon リンク) を使用すると、ドアの端の隙間を塞ぐことができ、防音レベルが向上します。ドアフレームの周囲、フレームと壁の間に塗布して、音の伝達を減らし、構造への水の浸入を防ぐことができます。

次のセクションでは、正しい塗布テクニックと、音響コーキングに十分な乾燥時間を与えることの重要性について説明します。

応用テクニック

音響コーキングで最高の防音効果を得るには、正しい適用技術が不可欠です。従うべき手順は次のとおりです。

  1. 表面が清潔で乾燥していることを確認し、隙間から古いコーキングや破片を取り除き、表面を準備します。

  2. 特定のニーズに合わせて適切なコーキングを選択してください。

  3. 音漏れが発生する可能性がある端に沿って、1/4 インチのビードのコーキングを塗布します。

  4. 防音性を高めるために、乾式壁の最上層が床と天井に接触する場所に 2 番目のコーキング ビードを使用することを検討してください。

ドアの防音に音響コーキングを使用する場合は、コーキングが柔軟であることを確認し、音漏れの可能性に注意することが重要です。適切な施工方法に従うことで、ドアの端の隙間を効果的に密閉し、ドアの防音性能をさらに高めることができます。

乾燥時間とメンテナンス

十分な乾燥時間を確保し、コーキングを維持することは、持続的な防音効果を達成するために重要です。以下に従うべきヒントをいくつか示します。

  1. 音響コーキングの乾燥時間は通常 48 時間です。

  2. 温度、湿度、使用するコーキングの種類などの要因が乾燥時間に影響を与える可能性があります。

  3. 最適な乾燥時間については、メーカーの指示に従うことをお勧めします。

吸音コークが完全に乾燥してすぐに使用できるかどうかを確認するには、触っても乾燥していて、扱ったときにずれたり汚れたりしないかどうかを調べます。

一般に、音響コーキングが完全に硬化するまでには 1 ~ 10 日かかります。十分な乾燥時間を確保し、コーキングを適切にメンテナンスすることで、ドアエッジの防音効果を永続的に確保できます。

3. 防音性を高めるためにドアスイープを追加する

防音ドアスイープ

ドアスイープにより防音性が向上 ドアと床の間の空間を密閉します。吸音ドアスイープは、外部環境に対する完全なバリアを形成するように特別に設計された吸音材で構築されています。

これらは、ドアと床の間のスペース(通常、ドアフレームの周囲で最も広い隙間)を密閉することによって機能します。音響ドアスイープは、特にドアの下に大きな隙間がある場合に、大きな違いを生む可能性があります。

ドアスイープに加えて、ドアの敷居を設置して、音の侵入または漏れをさらに防ぐことができます。敷居はネオプレン素材で作られています。閉じたドアの底部に存在する可能性のある隙間を埋めるためのゴム製の突起があります。

ドアスイープの種類

ドアスイープの素材が異なれば、防音レベルも異なります。 ゴム製ドアスイープ たとえば、(Amazon Link)は効果的なシールを提供し、設置が簡単ですが、デザインのオプションが限られており、不規則な床に苦労する可能性があります。

ビニール製のドアスイープは、通常、ゴム製や布製のスイープよりも騒音を遮断する効果が高いため、ドアの防音に使用できます。ネオプレン ドア スイープには防音特性があり、ドアの端からの音の伝達を軽減します。

ネオプレン素材はバリアとして機能し、音波がドアの周りの隙間や開口部を通過するのを防ぎます。

さまざまなタイプのドアスイープとその防音能力を理解すると、要件に最適なソリューションを選択するのに役立ちます。

インストールのヒント

最良の防音効果を得るには、ドアスイープを正しく取り付けることが重要です。正確な測定と適切な取り付けプロセスを確保するには、次の手順に従ってください。

  1. 幅と高さを測ります ドアの。

  2. ドアの上部からボア(ハンドル用の穴)の中心までの距離を測定します。

  3. 正確な測定値が得られたら、メーカーの指示に従ってドアスイープを取り付けることができます。

  4. ぴったりフィットし、効果的な防音効果を発揮します。

騒音の侵入を引き起こす可能性のあるわずかな隙間を防ぐために、設置中に吸音ドアスイープが床と水平に保たれていることを確認してください。正しい取り付け手順を守り、高品質のドアスイープ材を利用すると、ドアエッジの防音能力を著しく高めることができます。

まとめ

結論として、ドアエッジの防音対策は、家の中でより平和で静かな環境を作り出すために不可欠な要素です。

音の伝達におけるドアのエッジとエアギャップの役割を理解し、ウェザーストリップ、ドアスイープ、ソリッドコアドア、音響コーキング、ドアフレームのカスタマイズなどのさまざまなソリューションを採用することで、部屋に出入りする騒音を効果的に低減できます。ドア。

これらの防音方法を時間をかけて実施し、適切にメンテナンスすることで、ドアエッジの防音効果が長期にわたって確保され、より快適な生活空間を作り出すことができます。自宅でふさわしい平和と静けさを楽しむ時が来ました。

よくある質問

ドアの側面を防音するにはどうすればよいですか?

ドアの側面を防音するには、ドアの周囲に防音ゴム、ウェザーストリップ、ドアのガスケットまたはスイープ、吸音パネルを追加してみてください。最良の解決策は、防音「ガスケット」、ガスケットシール、ドア断熱テープ/フォームとも呼ばれる防音ウェザーストリップを取り付けることです。

ドアを閉めたときに静かになるようにするにはどうすればよいですか?

ドアを閉めるときに静かにするには、ドアのヒンジをフェルトパッド付きのものに交換し、ウェザーストリップを適用し、ドアスイープを取り付けます。さらに、ピンチ ガードを追加し、ドア ストッパーを使用し、フェルト パッドでフレームを緩衝し、ドア クローザーとドア ウェッジを取り付け、ドアの周囲にドアの敷居と防音ゴムを追加します。

ドアの防音の主な原則は何ですか?

ドアの防音の主な原則には、特に中空のコアドアを扱う場合、ドアの質量を増やし、隙間が適切に閉じられるようにすることが含まれます。

ウェザーストリップにはどのような材料が利用できますか?

フォーム、ゴム、ネオプレンなどのウェザーストリップ材を使用すると、窓やドアの周りの隙間や亀裂を塞ぐことができます。

ドアスイープの適切な設置プロセスを保証するにはどうすればよいですか?

ドアスイープの取り付けプロセスを適切に行うには、ドアの幅と高さ、ドアの上部から穴の中心までの距離を正確に測定します。

情報源

類似の投稿