ダイナマットとダイナライナー: 6 つの主な違い

ダイナマット (アマゾンリンク) はその消音特性でよく知られており、車の防音に関しては依然として第一の選択肢となっています。

ダイナライナー (アマゾンリンク) は同じブランドの同様の商品ですが、断熱性を重視したものです。それでも、それらは非常に似ているので、あなたの車にはどちらを購入すべきでしょうか?

ダイナマット vs ダイナライナー

ダイナマットの主な機能は防音であり、断熱性は低いです。一方、ダイナライナーは断熱性を主眼に設計されていますが、防音性にも優れています。ダイナライナーは合成吸音フォームで作られており、ダイナマットはブチルゴムで作られています。

どちらの製品も、客室から騒音を遮断し、車内の温度を調整するのに役立ちます。ただし、それぞれの利点を理解すれば、それらをより有効に活用できるようになります。ダイナマットとダイナライナーについて知っておくべきことはすべてここにあります。

こちらもお読みください:

ダイナマットとダイナライナーの主な用途

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ダイナマット 不要なノイズを吸収し、音質を向上させる消音材です。 Dynamat の推奨用途は次のとおりです。 防音車しかし、多くのユーザーが部屋の防音にその有用性を語ることができます。

ダイナライナー一方、 は軽量の断熱材です。専門家は、熱の遮断と調整のためにダイナマットよりもダイナライナーを適用することを推奨しています。潰れや引き裂きに強いだけでなく、非常に耐久性があることが証明されています。 Dynamat とは異なり、Dynaliner は断熱を第一に設計されていますが、防音効果も得られます。

アスファルトを含まない素材のおかげで、Dyna 製品はいずれも臭いを発生しません。これは両方の製品に共通する多くの点のうちの 1 つにすぎませんが、いくつかの違いがそれらを区別します。ご覧のとおり、これらは互いに非常によく補完します。

ダイナマット vs ダイナライナー

ダイナマットとダイナライナーは、熱と音という 2 つの異なることを念頭に置いて設計されました。ただし、どちらの製品もほぼ同じ特性を持っています。それらの特徴をさらに詳しく見てみましょう。

 

ダイナマット

ダイナライナー

消音

外部のノイズ、共振、歪みを低減します。

エンジンのハム音を低減し、低音を改善します。

熱遮断

低絶縁性

暑さや寒さから断熱します

厚さ

0.067 インチ (0.17 cm) の厚さもあります

厚さは 02.25 および 0.12 インチ (5.715 および 0.30 cm) からお選びいただけます。

臭い

無臭

無臭

価格

ダイナライナーより安い

高い

材料

ブチルゴム

合成 音響フォーム 独立気泡ゴムの

ダイナライナーの長所と短所

Dynamat と同様に、この製品も不要な音を遠ざけるのに非常に優れています。ただし、断熱性を第一に考えて作られています。

ダイナライナーは、長年にわたって第一選択の製品であり続けています。特に暑い地域におすすめです。ダイナマットの上にダイナライナーを追加すると、車内の遮音性もさらに向上します。ダイナライナーは、エンジンハムなどの低音の低減に特に優れています。

長所

  • 扱いやすい
  • ソフトでスタイリッシュな表面
  • 簡単インストール
  • 厚くて強力な粘着力
  • 優れた断熱性
  • きちんとした消音効果

短所

  • 一部のユーザーが望むほど伸縮性はありません
  • 紙は端に沿って破れやすい
  • 高い

ダイナマットの長所と短所

Dynamat には素晴らしいレビューがあり、4 つ星以下の評価を受けることはほとんどありません。この製品にはいくつかの欠点もありますが、ほとんどの場合、良い点が悪い点を上回ります。

ダイナマットの主な構成要素は、 消音材 適度な耐熱性を持っています。この製品は車のキャビン用に設計されていますが、レコーディングルームにも同様に適しています。 Dynamat の長所と短所は次のとおりです。

長所

  • 水分を保持しない
  • 防音効果に優れています
  • 緻密な素材
  • 大きいサイズ
  • 多用途

短所

  • 高い
  • ダイナライナーより薄い
  • 扱いにくく、切りにくい
  • 断熱性が悪い

ダイナマットとダイナライナーを適用するためのヒント

ダイナマットやダイナライナーを車や部屋に設置するのは不安を感じるかもしれません。幸いなことに、専門家はこのプロセスを何百万回も実行し、ほこりを取り除き、インストールを簡単にするための貴重なヒントをいくつか共有してきました。

Dynamat または Dynaliner を手間をかけずにインストールするには、次のヒントに従ってください。

  • ヒートガンを使用してください。 取り付ける前にヒートガンを使用して製品を加熱してください。ヒートガンを使用すると、ダイナマットやダイナライナーをよりスムーズに貼り付けることができ、厄介な気泡を避けることができます。
  • 1 層よりも 2 層の方が優れています。 多くの場合、2 層を塗布すると製品の効果が高まります。専門家は、Dynamat ではなく Dynaliner を適用することを推奨しています。両方の製品が連携して、 遮音性 あなたの車の。
  • 端を接着します。 ダイナマット、ダイナライナーは端がめくれやすいです。ホットグルーを使用すると、所定の位置に固定するのに役立ちます。
  • 気泡が入らないようにしてください。 木製ローラーなどの道具を使用してマットを押し下げると、気泡ができないようにできます。
  • ゆっくりしてください。 プロセスを急ぐ必要はありません。ゆっくりと進めば、同じプロセスを繰り返して多額の損失を被る必要がなくなる可能性があります。

ダイナマットはロードノイズを軽減しますか?

ダイナマット ロードノイズを軽減します 車のエンジンからの騒音も同様です。ダイナマットを何層にも重ねて塗るほど、より効果的になります。

車のスピーカーは基本的に大きな金属製の箱で覆われています。金属は不要な共振を引き起こす可能性があるため、スピーカーの周囲を囲む材料の選択としてはかなり不適切です。車は、車内からの音だけでなく、路面と車輪がぶつかる音や、車外からの音も反射します。

Dynamat は、車内でサウンドを再生するためのよりフレンドリーな環境を提供すること、または単純に荒れた地形を走行中により静かにすることを目的としています。

ダイナマットは、幅広い温度範囲で車内外からの騒音を低減するのに効果的です。耐熱性は-65Fから300F(-54℃から149℃)です。ただし、最適に動作するには、温度を約 14F ~ 140F (-10C ~ 60C) に保つ必要があります。

最終的な考え

これら 2 つの製品の間で迷っている場合でも、汗をかく必要はありません。ダイナマットとライナーは両方とも、連携することで最高のパフォーマンスを発揮する優れた製品です。

両方入手できる場合は、先に進んでください。それができない場合は、ダイナライナーで断熱するか、ダイナマットで防音するか、どちらを優先するかを選択する必要があります。ダイナライナーはダイナマットの上に塗ると良いので、どちらを先に手に入れるか迷ったらダイナライナーを使ってみましょう。

情報源

類似の投稿