タオルは防音効果があるの?

あなたは家の部屋にいるのですが、同じ音が繰り返し聞こえ始めます。 上の部屋からの足音、隣の犬の吠え声、パイプの音がうるさい音。

これらの騒音を安価に防音する方法が欲しいと考えたとき、すぐに古いタオルが数枚思い浮かびますが、タオルは防音に適していますか?

タオルは一時的な緩和にしかならず、請負業者の協力が必要な他の恒久的な設備ほどの効果は期待できないため、防音には適していません。ただし、ドア用のDIYドラフトストッパーとして使用することもできます。

タオルは防音効果があるの?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

まず、音がどのように伝わるのか、そしてそれを防ぐための家庭療法としてタオルがどのように使用されるのかを見てみましょう。

サウンドはどのように機能するのでしょうか?

音は波として伝わり、媒体を通してのみ伝わります。ヘルツ単位で測定できます。人間は空間内にある音しか感知できません。 20~20,000Hz 範囲。しかし、人間は音に対する感受性が異なるため、騒音が大きな迷惑となる人もいます。

これの裏を返せば、音は心地よいものでもあり、時には周囲に音が欲しいということもあります。その一例が音楽です。音楽は楽しませ、インスピレーションを与えることができるからです。

音はほとんどの場合、空気を通って私たちの耳に届きます。たとえば、2 人が同じ部屋で会話している場合、二人が発する音は空気中を伝わり、お互いの耳に届きます。

音は壁などの媒体を通って伝わることもあります。家の工事の音が反対側の部屋に聞こえるのはこのためです。音波は壁を通ってリスナーの耳に届きます。

家庭内では、音はダクトやパイプを通って伝わることもあります。純粋に自分で行う場合、この種の音を遮断するのは困難です。このような音に対して適切に防音するには、長期にわたる耐久性のある防音材の設置が必要です。 防音材.

家の中で私たちを最も悩ませる音は、隣人が大声で歌ったり音楽を演奏したり、別の部屋でテレビを音量を上げて見ている人など、自然や人間によって自然発生的に発生する音です。

このような自然発生的な騒音が発生すると、家の中に防音効果があり、心の平穏を取り戻せるものを探したくなるかもしれません。タオルはこれに効果がありますか?

タオルの防音効果は?

タオルは限定的な防音目的で使用できます。恒久的な防音設備ほど優れた効果はありません。タオルは、音波を吸収し、その経路を遮断し、さらなる音の伝わりに対する障壁として機能することにより、限定的な防音効果を提供します。

逆の機能を実現できる材料の例としては、音を良く伝えることで知られる木材が挙げられます。音は木と出会うと、木の中を通って目的地に到達します。対照的に、音が何かに遭遇すると、 防音材 (私のお気に入りをチェックしてください)、その経路は短く遮断され、それ以上進むことができなくなります。

これはタオルが防音材として機能する仕組みでもあります。しっかりと織られた繊維でできており、音に対する自然な障壁として機能します。音がタオルに当たると生地に吸収され、それ以上音は伝わりません。ただし、タオルは気密性がないため、防音効果はせいぜい限定的です。

正しいタオルの使い方

タオルにはさまざまな形やサイズがあります。例えば、ティータオル、ハンドタオル、バスタオルなどがあります。タオルにも普通の綿、トルコ綿、エジプト綿などさまざまな素材があります。タオルの品質は大きく異なります。

防音用のタオルを選ぶときは、小さすぎるものは選ばないほうが良いでしょう。たとえば、ハンドタオルは表面積が小さいため、防音には適していません。バスタオルやビーチタオルの方が良いでしょう。

防音性の高いタオルで次に重視したいのは厚みです。タオルの中には機能性を考慮して非常に薄く作られているものもあります。ただし、水を吸収するのに最適な厚さのものもあります。一般的な経験則として、タオルの吸水性が高いほど、音の吸収性も高くなります。

最後に考慮すべきことは、タオルが新しいか古いかです。新しいものであれば、乾燥という主な目的に使用してください。ただし、スタックを持っている場合は、 古いタオル 周りに転がっていれば防音にも使えるので、良い使い方が見つかったかもしれません。

防音のためのタオルの使い方

防音用タオル

防音のためにタオルを使用するのは日曜大工のプロジェクトです。それらを適切に使用する方法について厳密なルールはありません。前述したように、しっかりと織られた布片で構成されており、自然に音を遮断するため、防音効果が得られます。

生地が厚いほど遮音性が高くなります。タオルを重ねて組み合わせるとより防音効果が高まります。これは、タオルを重ねるか、熱接着することで実現できます。

次にやるべきことは、部屋のどの部分を防音にしたいかを検討することです。騒音が窓から入ってくる場合は、タオルをカーテンとして使用できます。窓の範囲を覆うために使用してください。

ドアから騒音が聞こえる場合は、ドアの両側にタオルを掛けると遮音効果が高まります。あるいは、タオルをドアストッパーとして使用することもできます。ドアの底部とドアの隙間に取り付けます。 .

防音対策としてタオルを使用するのは日曜大工のプロジェクトであるため、その効果には限界があり、さまざまです。ただし、大きな騒音をすぐに解決したい場合は、タオルを一時的な防音対策として使用できます。

より効果的な防音方法

タオルにはある程度の防音効果がありますが、その効果には限界があります。これは、防音を目的として設計されておらず、しっかりと織られた質感によってのみ機能するためです。ただし、防音のために特別に設計された他の素材もあります。

  • 吸音フォームパネル。 床や壁に設置できるパネルです。お部屋のインテリアにも溶け込みます。
  • 防音カーテン。 これらは部屋を防音にする安価な方法でもあります。タオルを窓に掛ける代わりに。遮音効果が高く、お部屋の見栄えも良くなります。

騒音が常に煩わしさの原因になっている場合は、恒久的な解決策を探すのが最善かもしれません。このため、経験豊富な請負業者が、あなたの家と予算に最適な種類の断熱材について適切なアドバイスを提供してくれるかもしれません。

  • 泡をスプレーします。 スプレーフォームは遮音性に優れた素材です。請負業者がそれを空洞にスプレーするだけで、それが成長して空間を埋め、硬化します。スポンジのような質感のため、防音効果があります。
  • ガラス。 ガラスは遮音材としてもよく使われます。窓にガラスを取り付ける場合や、 引き戸、次の 2 つのタイプが利用可能です。
    • 単層ガラス – 単層ガラスパネル
    • 複層ガラス – 2 枚の単層ガラスパネルで、より優れた遮音性を発揮します。

結論

部屋を防音にする方法はたくさんありますが、タオルは安価で一時的な解決策です。積み重ねて遮音性を高めたり、カーテン窓やドアストッパーとして使用したりできます。ただし、防音効果はそれほど高くありません。

他の恒久的な防音ソリューションでは、部屋をより効果的に音から遮断できます。ただし、それらはより高価であり、通常は請負業者のサービスが必要です。

読んでくれてありがとう!防音のためのタオルの使用について詳しくは、こちらをご覧ください。 この記事は防音ガイドより.

類似の投稿