セロテックスインサレーションは防音効果がありますか?

Celotex は建築現場で使用される人気の断熱製品です。その性能、設置の容易さ、柔軟性により、最も人気のある断熱材の 1 つとなっています。では、壁の防音にはどの程度の効果があるのでしょうか?

セロテックスは防音には良くありません。この製品は素材と構造上、吸音効果がありません。まったく断熱材がないよりはマシですが、より優れた吸音特性を備えた製品や技術は他にもたくさんあります。

セロテックスは防音には良くありません。この製品は素材と構造上、吸音効果がありません。まったく断熱材がないよりはマシですが、より優れた吸音特性を備えた製品や技術は他にもたくさんあります。

この記事では、防音と断熱の違い、セロテックスがこの分野でどのように機能するか、壁を効果的に防音するためのいくつかの効果的な方法についてさらに詳しく見ていきます。始めましょう!

チェックアウト: 防音材ベスト10

セロテックスの技術情報

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

セロテックスは、ポリイソシアヌレートと呼ばれる合成材料で作られた硬質断熱ボードです。建設現場でよく使われているのは、 優れた断熱特性.

Celotex ボードは空洞の壁や根太にフィットするように製造されており、形状に合わせて簡単にカットできるため、設置が簡単です。また、高湿度下での高い性能と耐火性でも知られています。

Celotex の高い熱性能は、製造中にボードのプラスチック構造内にガスを閉じ込めるプロセスによってもたらされ、その結果、高レベルの断熱が実現します。

断熱と遮音の違い

セロテックスの構造は熱を閉じ込めるのに優れています。熱エネルギーが壁を通って移動するのを防ぐには、完全に固体ではなくてもしっかりしている必要があるからです。これにより、壁の暖かい側から冷たい側への熱の移動を遅くする障壁が形成されます。

全て 優れた断熱性 同様の特性を持ち、熱が伝わる固体表面を最小限に抑えることで熱伝達を低減します。

ただし、遮音性の働きは異なります。壁に影響を与える音波を吸収することで、壁を通過する音響エネルギーを低減します。このように、遮音はエネルギーの通過を遮断するという点で断熱と似ています。

この 2 つの主な違いは、 遮音性 音波を遮断するには、断熱材よりも密度が高い必要があります。

セロテックスは防音効果があるの?

セロテックスは防音には良くありません。壁空洞内にセロテックスを設置すると、断熱材をまったく使用しない場合よりも音波の影響を軽減する効果が高くなりますが、騒音を効果的に低減するのに十分な質量がありません。

効果的な防音を実現するには、遮音性を提供するために製造された専用の製品を検討するのが最善の解決策です。ただし、遮音性に優れた他の断熱製品を使用すると、より良い結果が得られる場合があります。

防音に使用できる断熱材は何ですか?

防音のためによく使用される断熱製品はミネラルウールです。専用の防音製品ほど効果的ではありませんが、密度の高い素材であるため、セロテックスよりも効果的です。

ただし、ミネラルウールはセロテックスほど断熱性能が高くなく、硬いボードではなく柔らかい繊維であるため施工がより困難です。 

断熱と防音にはいくつかの重要な違いがありますので、以下で説明します。

防音の原理

壁の防音が目的の場合、騒音を軽減するには専用の防音技術が最適です。

効果的な防音は主に予算とブロックしたい騒音の量によって異なります。たとえば、街路の騒音を軽減することは、ライブ音楽の騒音を遮断することよりも少ない労力で済みます。

防音効果を十分に発揮するには、異なる素材を使用した複数の層を設ける必要があります。これは、音波が異なる周波数で伝わるため、音波の長さも異なり、吸収される方法もすべてわずかに異なるためです。

防音の基本原則は次のとおりです。

  • 質量の追加
  • 吸音性の向上
  • ギャップを減らす
  • 壁層の分離

ここではこれらについてもう少し詳しく見ていきます。

質量の追加

前述したように、表面の密度が高いほど音波を吸収しやすいため、壁に質量を追加することは音を吸収する良い方法です。このための一般的な製品は大量充填ビニールですが、追加の乾式壁層も使用できます。

吸音性の向上

の使用を増やす 音を吸収する素材 壁の内側と外側の両方が、一般的な質量の増加とともにうまく機能します。前述したように、ミネラルウールはより効果的な断熱材の 1 つであり、より多くの音を吸収します。

高価なオプションとしては、壁や天井の周りに設置される専用の遮音フォームパネルがありますが、これは主にレコーディングスタジオなどのプロフェッショナルな状況向けです。

吸音のための簡単な DIY オプションは、ラグ、毛布、またはその他の厚い布地を壁の周りに掛けることです。実際の防音工事ほどの効果はありませんが、安価で簡単な防音方法としてよく使われています。

ギャップを減らす

窓やドアは壁よりも多くの音を伝えます。防音カーテンやシャッターを使用すると、これを軽減できます。

ガラスも考慮してください。二重ガラスの窓は、単層ガラスの窓よりも騒音を低減する効果があります。

壁層の分離

常に可能というわけではありませんが、2 つの固体壁の間に空洞を設けることが、建物内の一般的な騒音を低減する最良の方法です。費用は高くなりますが、新築で防音対策を考えているのであれば、これが最も効果的です。

音の侵入を最小限に抑えたい場合は、既存の部屋に内壁を構築することもできますが、これは構造と利用可能なスペースに影響を与えるため、専用の防音スペースが必要な場合にのみ必要になります。

結論

セロテックスは、壁内の熱を保つ優れた特性を備えた一般的な建築材料ですが、遮音性についてはあまり優れていません。

ミネラルウールも遮音特性を持つ断熱材ですが、防音効果を最大限に高めるには、次の重要な原則を覚えておいてください。

  • 追加のレイヤーで壁に質量を追加します。
  • 音の伝達を減らすために、パネルまたは内部断熱材による吸収を使用します。
  • 部屋の隙間による影響を軽減する方法を検討してください。
  • 可能であれば、内壁と外壁を分けて、内外間の音の伝達を最小限に抑えることを検討してください。

類似の投稿