スポンジは防音に使えますか? (ここで調べてください)

防音に関しては、多くの人は吸音フォームか防音パネルのどちらかを選択するでしょう。でもたまにスポンジ状の壁紙を使っている人を見かけますが、どれくらい防音効果があるのでしょうか?

物理学によれば、質量が大きい材料は、質量が小さい材料よりもノイズをよりよくブロックします。スポンジは軽くて多孔質であるため、音の通過を防ぐことはできません。室内のエコーを軽減することしかできません。つまり、スポンジは防音材としては悪いのです。

スポンジは防音に使えますか

他のいくつかの要因により、スポンジは防音には理想的ではありません。幸いなことに、静かで平和な部屋が必要な場合に選択できる代替手段があります。 私の記事を読むことができます 最高の安価な防音材.

スポンジは防音に使えますか?なぜだめですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

音は波の形で伝わります。表面はそれを反射したり、吸収したりする可能性があります。防音材が多孔質で軽量である場合、音波の通過をブロックすることはできません。 

以下に、スポンジがエリアを防音できない理由を説明する簡単な例えを示します。

液体を入れるための水タンクを構築しているところを想像してください。もちろん、しっかりとした穴のない素材を使用しますよね? 

しかし、泡を使用すると、中に水がなくなるまで水がこぼれてしまいます。

上記の状況はばかげているように思えるかもしれません。ただし、スポンジの背後にある単純な物理学と、部屋の防音にスポンジを使用すべきではない理由を明確に説明しています。 

スポンジなどの柔らかくて軽いもので作成された吸音材は、音波の一部しか吸収できません。一方、気密性が高く、密度が高く、重い素材は、騒音の通過を完全に遮断できます。

スポンジ以外にも、騒音を軽減するために使用できる素材があります。

  • 布で包まれた吸音パネル
  • CFABセルロースまたはエコーエリミネーター 
  • ストレッチウォールシステム

上記の防音製品には共通点があります。それは、それらが軽量で非コンパクトな素材で作られているため、音波が漏れる可能性があるという事実です。 

光と同様に、音波は最も小さな穴や隙間さえも通過します。防音スポンジを取り付けると、エコーや背景音が除去され、これらの騒音を軽減できます。

しかし、この防音材はそれらの音を遮断するのではなく、吸収する働きをします。さらに、スポンジは音の残響や振動をコントロールすることができます。

そのため、防音スポンジを使って完全に防音しようとしても無駄になってしまいます。幸いなことに、この吸音材に代わるものとして、騒音を遮断する役割を完璧に果たすものがいくつかあります。

では、スポンジは防音に使えるのでしょうか?いいえ、ただし、一部の振動やその他の騒音源を制限するのに役立つ場合があります。

スポンジに代わる効果的な防音材

多くの人にとって沈黙はリラクゼーションの一種です。ほとんどの人が、敷地内に侵入する不要な音を遮断したり軽減したりするために、さまざまな素材を使用しようとするのはこのためです。 

ただし、デシベルを減らすのは困難な作業となる場合があります。ただし、予算、ニーズ、スタイルに合わせてさまざまな防音製品が存在します。

1. 防音乾式壁の設置

乾式壁パネルには、硬い鉱物石膏の層があります。それは数枚の紙の層の間にあります。 

しかし、紙自体は優れた音響伝導体です。このため、クリエイターは他のフレーム調整を追加します。

これには、非常に厚い壁を作り、空洞に断熱材を追加することが含まれます。一方でメーカーも設置する 消音 より効果的にするために乾式壁の後ろにシートを貼ります。

2. 三重ガラス窓の採用

三重ガラスの窓は騒音の遮断に優れています。ガラスの各層の間にはアルゴンと呼ばれる一種のガスが存在し、ガラスを通る熱伝達を最小限に抑えて窓が部屋を断熱するのに役立ちます。

それとは別に、三重ガラスの窓は気密性があります。その結果、音波やエコーの通過をブロックすることができます。

3. 重いドアを使用する

軽いドアでは、不要な騒音の通過を防ぐことはできません。中空ドアは防音材として機能するのに十分な質量がないため、静かな家を望む場合には選択すべきではありません。 

代わりに、音の伝達を遮断できる重いドアを選択してください。真ん中に砂を詰めたサンドイッチドアと無垢材のドアが最適です。

なぜ家を防音にしなければならないのか

快適な家にいるときは、静かなリラックスタイムを過ごしたいと思うでしょう。しかし、外の通りからブンブンという音が聞こえる場合、それは不可能です。 

ドアや窓をすべて閉めているのに、なぜこのような音が聞こえるのか疑問に思ったことがあるなら、その理由は、音波と振動が空気や壁を伝わって伝わるからです。

さまざまな周波数の騒音が家に出入りする可能性があり、不要な迷惑な音に悩まされます。幸いなことに、防音材を使用することでこれらの騒音を防ぐことができます。

音質を向上させます

防音は不要な騒音を吸収するだけでなく、低音を低減しエコーを除去することで音質を向上させることもできます。 

また、コストを抑えた熱低減材として防音工事も検討できます。

その理由は、中音域と高音域の両方を同時に処理できるためです。そのため、部屋の隅に設置すると音が良くなります。 

ただし、最良の結果を得るには、防音パネル間に十分なスペースが必要であることに注意することが重要です。 

家の美観を向上させます

多くの人は、ホームシアター、音楽スタジオ、または作業エリアに防音材を設置することを好みます。

こうすることで、周囲の騒音に悩まされることなく、自分がやっていることに集中できます。しかし、この機能とは別に、防音材は部屋の美観を高めることもできます。

消音材には、さまざまな質感、形、色があります。そのため、ご自宅のインテリアに調和するデザインをお選びいただけます。

たとえば、優雅さや洗練さを加えたい場合は、騒音を遮断するのに役立つ重い木製のドアにドアを交換できます。

防音性: デメリット

正しく設置しないと防音効果が得られません

防音材は気密性が高くなければなりません。しかし、正しく設置されていなかったり、空気や音波が通過する隙間が多すぎると、防音効果が得られなくなります。

さらに、騒音をあまり吸収できないため、音波が耳に届くまで壁の間で跳ね返ったり、反射したりすることになります。

ほとんどの場合、多くの人はオンライン ガイドやチュートリアルで提供される基本的な手順に従うだけです。しかし、それだけでは十分ではないかもしれません。そうは言っても、専門家を雇う場合は便利です。

そうすることで、防音材が完璧に機能することが保証されます。 

一部の防音材は可燃性です

防音製品のもう一つの欠点は、可燃性の素材が使用されていることです。防音材として使用されるいくつかの材料は、主にポリウレタンを使用しており、発火すると煙のレベルが高くなります。

このため、火を起こす必要がある場所に設置するのは理想的ではない可能性があります。 

テイクアウト

私たちの誰も、外部の騒音公害に悩まされながら、リビングルームで休んだり、寝室で寝たりしたいとは思わないでしょう。ただし、スポンジは防音材としては効果がありません。 

しかし、他の素材はこれらの騒音を吸収して家を静かにすることができます。中には優れた断熱パネルとして機能するものもあり、設置する際の目的は 2 つあります。

そうは言っても、音波を通過させないように、常にコンパクトで重い吸音材を選択する必要があります。

情報源

  1. マルコ・リッツォ、防音方法: 音響フォームは音を遮断しない、音響ソリューション、 https://acousticalsolutions.com/how-to-soundproof-acoustic-foam-does-not-block-sound/ 2021 年 5 月 25 日にアクセス。
  2. Ted W、防音と吸音 – その違いは何ですか?、音響表面、 https://www.acousticalsurfaces.com/blog/soundproofing/soundproofing-vs-sound-absorbing#:~:text=If%20you%20used%20sponges%20as,air-tight%20materials%20will%20block/ 2021 年 5 月 25 日にアクセス。
  3. Tom Scalisi、消音騒音に最適な防音材、Bob Vila、 https://www.bobvila.com/articles/best-soundproofing-material/ 2021 年 5 月 25 日にアクセス。
  4. リー・ウォレンダー、防音乾式壁は本当に機能しますか?、スプルース、 https://www.thespruce.com/does-soundproof-drywall-really-work-1821484/ 2021 年 5 月 25 日にアクセス。

類似の投稿