ストリーミングに音響パネルは本当に必要ですか?

現在、ほぼすべてのクリエイターがソーシャル メディアでライブ ストリーミングするか、自宅からポッドキャスティングを行っています。誰もがコンテンツクリエイターになることを目指していますが、ビデオ撮影の側面を学ぶ人は多くても、オーディオに細心の注意を払う人はほとんどいません。 

ストリーミング中に高品質のオーディオを実現するには、音響パネルが必要です。室内の背景騒音やエコーの影響を軽減します。オンラインでビデオを録画またはストリーミングする際に、音響パネルを室内に戦略的に配置して、より良い音質を提供できます。

ストリーミング用音響パネル

この記事では、特にライブ ストリームの録画における音響パネルの有用性について説明します。また、音響パネルを使用して音質を向上させる方法と、コンテンツ作成における音質の重要性についても説明します。 

こちらもお読みください: 必要な音響パネルの数 (3 つの簡単なヒント付き)

ストリーミングには音響パネルが必要ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ライブストリーミングではポストプロダクションでバックグラウンドノイズを除去するオプションがなくなるため、ストリーミング中にクリアな音声を得るには音響パネルが必要です。ストリーミングではビデオが最も注目されていますが、オーディオの重要性はますます高まっています。

コンテンツ作成分野の初心者の多くは、無視するという間違いを犯します。 背景雑音。彼らは、オーディオの品質についてほとんど、あるいはまったく考慮せずに、利用可能なあらゆる部屋からストリーミングする傾向があります。

実のところ、私たちの家や職場には常に騒音があり、オーディオの品質は、問題がない限り、ほとんどの視聴者が気付かないものの 1 つです。

クリアな音声を得るには、脳が無視することを選択したすべてのノイズをキャッチできる高感度のマイクを使用する必要があります。これには、キッチンやバスルームなど、家具が少ない部屋での残響(エコー)も含まれます。 

プロのオーディオを録音する場合、最初からクリアなオーディオを使用すると、最終的な結果を達成しやすくなります。背景のノイズや残響がほとんど、またはまったくないオーディオ録音から始めることをお勧めします。 そうしないとポストプロダクションプロセスが困難になる可能性があるためです。

しかし、ライブストリーミングではポストプロダクションはありません。周囲の騒音を低減する方法は他にあまりないため、音響パネルの使用が非常に重要になります。

ライブ ストリームで音声品質が重要な理由 

音声が悪い場合の問題は、リスナー (または視聴者) が見ているものを完全に理解することが大幅に困難になることです。今日の競争環境では、ライブ ストリーミングには継続的に視聴者を惹きつける必要がありますが、聴力がよくなければ視聴者は定着しません。

背景の騒音や残響により、音声の明瞭度が低下する可能性があります。つまり、聞いている人は音が悪くて理解するのが難しいのです。実際、オーディオは視聴者がコンテンツとつながる主要な方法であるため、ビデオ コンテンツであっても、ビジュアルよりも重要である可能性があります。 

ストリーミング用に音響パネルを配置する方法

吸音パネルは、音波が最初に反射する表面である最初の反射点に垂直に配置する必要があります。ストリーミングの場合、これは通常、録音時の位置の周囲の壁、床、天井など、直接周囲のあらゆる場所を意味します。

音波は一方向に進み、硬くて多孔質でない表面に当たると(エコーのように)後方に反射します。残響の典型的な例は、シャワーの中で歌うときに聞こえるわずかなエコーです。周囲のすべての表面に鏡があると想像すると、残響を視覚化できます。これらの表面が最初の反射点になります。 

ライブ ストリーミングの音声品質を向上させたい場合は、音響パネルを垂直に配置するのが最善です。水平パネルは直接使用に適しています 吸音性、他のアプリケーションもあります。 

音響パネルがオーディオ品質を向上させる仕組み

吸音パネルの製造に使用される材料は、音波を効果的に吸収することで音質を向上させることができます。正しく配置されると、音響パネルはオーディオに大きな影響を与えます。また、共鳴を低減し、ポッドキャスト、vlog、またはその他のコンテンツをストリーミングする際の音声録音をさらに明瞭にします。

残響を軽減する

共鳴または残響は、エコーに見られるように、音波が硬い表面に到達し、反対方向に反射するときに発生します。

吸音パネルは通常、柔らかい素材で作られています。 音響フォーム。パネルは音波からのエネルギーの一部を吸収するため、最終的に背後の反射面に到達しても、無視できる量のエネルギーのみが反射されます。 

ほとんどの人は残響を経験しており、共鳴のある「生きている」部屋と共鳴が低い「死んだ」部屋の違いに気づいています。

空き家に引っ越した最初の日のことを思い出してください。おそらく、あなたが話すと壁が反響したでしょう。家具を追加すると、同じ壁でも音の反射が大幅に減ります。

背景ノイズを軽減する

世界はノイズに満ちています。音波は跳ね返り、表面で反射し、互いに干渉します。ストリーミング視聴者 (またはリスナー) は、クリアな音声が得られれば、おそらく視聴しているコンテンツを楽しむでしょう。つまり、音波を明確にして分離して、より明瞭な音声を得ることができます。 

吸音パネルには通常、多くの尾根とくさびがあります。この設計の背後にある考え方は、音波がそれらの間で拡散および散乱するということです。音波がパネルを通過するまでに、音波エネルギーの多くが失われ、人間の耳では検出できないレベルまで低減されます。

ライブ ストリームを録画している場合、 背景雑音 他の音波の干渉により、リスナーがあなたの声に集中することが難しくなります。

音響パネルを追加すると、他の音源からの音波が効果的に軽減され、マイクがあなたの声からの音波のみを受信できるようになります。 

これは、リスナーが周囲の騒音の侵入を受けることなくあなたの声に集中できることを意味します。当然のことながら、より集中した聞き手は、より長く夢中になれます。

結論

音響パネルは、あらゆる種類のプロフェッショナルなレコーディングに必要な追加物です。ライブ ストリームでは、ポストプロダクションで音声を明瞭にするオプションが利用できないため、音響パネルの使用がさらに重要になります。

音響パネルは、バックグラウンドノイズを低減し、残響を軽減することにより、視聴者にとってより魅力的な高品質オーディオの録音を可能にします。

特定の反射点にパネルを配置すると、音声の明瞭度が大幅に向上します。これは、今日の聴衆の注意力を持続させる上で重要です。つまり、音響パネルはライブストリーミングに不可欠な要素であり、高品質の録音を入手する以外に選択肢はありません。

類似の投稿