サンダルの吸い込み音を止める方法

サンダルの吸引音を止める

新しいサンダルを買うのは、まさに夏の始まりの 1 つです。しかし、あなたのサンダルが不快な吸引音を何回引き起こしたでしょうか?

おそらく、サンダルの吸い込み音を止める方法を疑問に思ったことがあるでしょう。さて、簡単な答えは次のとおりです。

サンダルの吸い込み音を防ぐ最善の方法は、インソールに潤滑油を塗ることです。異音は空気が逃げることによって発生することが多く、ベビーパウダーやワセリンなどを使用すると簡単に修正できます。

こちらもお読みください: 靴の音を止める方法

この記事では、サンダルの吸い込み音が発生する原因と、その簡単な解決方法を紹介します。これで夏に歩き回って恥ずかしい思いをすることがなくなりますように!

サンダルが音を立てるのはなぜですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

サンダルは密閉型の靴とは構造が異なります。しかし、どちらのタイプも多くの場合、同じプロセスに従います。 ソールユニット構造。一般的に、靴底は 2 つまたは 3 つのパーツから作られます。

  • インソール
  • ミッドソール
  • アウトソール

すべての靴にミッドソールがあるわけではないことに注意してください。もしそうなら、クッションや空気循環などに関するテクノロジーのほとんどがここにあります。

靴のインソールには多少のクッションが組み込まれている場合がありますが、多くの場合、それは足とソールユニットの間の単なる保護カバーです。その役割は通常、汗を吸収し、快適さと耐久性を向上させることです。

ほぼすべてのサンダルがこのプロセスを経ます。これにはビーチサンダルやスライダーなども含まれますが、ソールユニットはより薄く、安価な素材で作られています。しかし、スライダーを見ると、まだ何層もの泡が残っていることに気づくかもしれません。

サンダルの吸い込み音は、足とインソールの接触によって発生することがほとんどです。しかし、このノイズには直接的な理由がいくつかあります。これらには次のものが含まれます。

1. 靴の年齢

新しいサンダルは、ソールユニットの層の間から空気が逃げるため、騒音が発生することがあります。これは、フォームクッションが付いている場合に特によく起こります。これは、靴の上を歩くときに体重で圧縮されるためです。

時間が経つと、フォームは元の位置に戻るのではなく、圧縮されたままになります。靴を履き続けると異音が消えることが多いのはこのためです。

一方で、サンダルが古くなると、吸い込み音が発生することがあります。これは一般的な磨耗が原因である可能性があります。

たとえば、サンダルのインソールにスエードのインソールが付いている場合、これは高品質のモデルではかなり一般的ですが、時間が経つと足から出る汗によって通常のレザーに変化します。

これは、表面がより滑らかになり、汗を吸収しにくくなることを意味します。これにより、足がサンダルの底から引き上げられるときに、より多くの吸引音が発生する可能性があります。

2. 汗ばんだ足

この世で最も良い話題ではないかもしれませんが、騒音の出る靴について話すとき、この話題を避けることはできません。

サンダルの吸い込み音は、多くの場合、足の汗が原因で発生します。通常の靴とは異なり、ほとんどの人は裸足でサンダルを履きます(ファッションの世界では靴下とサンダルの外観はまだ普及していません)。

さまざまな用途がある中でも、靴下は足の汗を吸収するのに最適です。これらがなければ、汗は行き場を失い、蒸発するまで足とインソールの間に溜まったままになります。

確かに、開いた靴を履いているので、足の汗は少なくなるでしょう。しかしその一方で、暑い季節にはサンダルを履くことが多く、とにかく汗をかきやすくなります。

それは驚くことではありません 水で吸引力が向上する。吸盤を貼り付けようとしたことがあるなら、おそらく、吸盤を軽くなめることから始めたことがあるでしょう。

まあ、サンダルの吸い込み音も同様です。汗による余分な湿気は基本的に足とサンダルの間に吸着を引き起こす可能性があり、足を持ち上げるたびに基本的に吸盤を外すようなものです。

3. 損傷の可能性

サンダルが吸い込む音を立てる最後の一般的な理由は、損傷によるものです。購入時に気付かなかった製造上の欠陥がある可能性があるため、これは新しい靴と古い靴の両方に影響します。

たとえば、ソールユニットが適切に接着されておらず、湿気が入ってしまうと、吸い込み音が発生します。

さらに、歩くとくっついたり剥がれたりするかかとの緩みも考えられます。これは吸引音の主な原因である可能性がありますが、論理的な原因とは思えないため、多くの人が見落とす可能性があります。

サンダルに損傷や欠陥がないか必ず確認してください。新品であり、損傷していると思われる場合は、修理する前に製造元に相談してください。

サンダルを静かにする方法

サンダル

サンダルのきしむ音を止めるために試すことができるオプションがいくつかあります。お気に入りのサンダルがべたべたで汚れてしまう可能性があるため、一度にすべてを試してみることはお勧めしません。

試してみて効果がなかった場合は、次のサンダルに進む前にサンダルをきれいに落としてください。

1. タルカムパウダーを使用する

タルカムパウダーまたはベビーパウダーは、湿気を吸収するように設計されています。サンダルから出るきしむ音を止めるのに最適なオプションです。

次にサンダルを履く前に、サンダルの中敷きにベビーパウダーを少量振りかけます。そうすることで汗の蓄積を防ぐことができますが、しばらくすると足が白くなる可能性があります。

このオプションは、レザー製のインソールを備えたサンダルのように湿気を吸収しないため、PVC やゴム製のサンダルに最も効果的です。

ただし、革のインソールでも試すことができます。着用前には必ずベビーパウダーを再度塗布してください。

2.防水スプレーを使用する

防水スプレーを靴全体にかけるのがおすすめです。レザー、スエード、キャンバスのアッパーへのダメージを防ぎ、より長く新鮮な状態に保ちます。

ただし、サンダルの中敷きにもスプレーするのも良いでしょう。これにより、不快なきしみ音の主な原因となる汗がインソールに吸収されるのを防ぎます。

さらに、裸足で履いたときと同じように跡がつきにくくなります。ほとんどのサンダル着用者にとって、これは必ずしも大きな懸念事項ではありませんが、できるだけ長く新鮮な状態を保つのは良いことです。

定期的に着用する場合は月に 1 回スプレーを使用し、たまに着用する場合は頻度を減らしてください。サンダルの内側にスプレーし、20分ほど乾燥させてから着用してください。これで足の汗によるきしむ音も防げると思います。

3. ワセリンを使用します。

ワセリンは地球上で最も多用途な製品の 1 つであるに違いありません。きしむサンダルも含め、さまざまな用途に最適な潤滑剤です。

サンダルの内側で足が擦れることできしみ音が発生する場合があります。この場合は、問題のある部分にゼリーを塗ると、これが起こらなくなります。

使いすぎると足がヌルヌルになってしまうので注意してください。サンダルの内側に塗り広げるには、豆粒大よりも少ない量だけで十分です。

時々塗り直す必要がありますが、ベビーパウダーほど定期的ではありません。特に革やその他の天然素材の場合、ゼリーはサンダルのアッパーに浸透し、潤滑性を保つのに役立ちます。

4. インソールにいくつかの穴を開けます

新しいサンダルの場合、きしむ音はソールユニットから空気が抜けることが原因である可能性があります。

これを解決する優れた方法は、ピンでインソールにいくつかの穴を開けることです。こうすることで空気が抜けやすくなり、きしむ音も軽減されると思います。

注目すべき主な領域は、かかと、つま先の下の領域、および足の指の付け根の部分です。これらは最も圧力がかかる場所であり、空気が押し出される場所になる可能性があります。

5. WD-40を使用する

ワセリンと同様、WD-40 は多用途の潤滑剤です。コンポーネント同士が擦れ合うのを防ぐことで、サンダルの吸い込み音を防ぐことができます。

少量のコットンにスプレーして、問題のある部分の周りをこするだけです。ただし、革やスエードなどの素材にはシミになるので使用しないでください。このオプションは、PVC およびその他の合成材料に保存するのが最適です。

6. 家のあちこちに侵入させる

新しいサンダルから吸い込むような音がする場合は、履き慣らすと止まる可能性があります。家の中では靴下と一緒に履いて、インソールに触れる汗の量を減らしてください。

最終的な考え

これらの提案が、サンダルの吸い込み音を止める方法のいくつかの選択肢になれば幸いです。ほとんどは使用年数と素材によって異なりますが、いくつか試して、それを止めることができるかどうかを確認してください。

そうでない場合は、サンダルを捨てて新しい靴を購入する価値があるかもしれません。素敵なサンダルでも、耳障りな吸引音の価値がない場合があります。

類似の投稿