ゴムは防音に効果があるのでしょうか? (私たちは発見します)

ゴムは防音効果があるのでしょうか?ゴムは通常質量が大きいため、硬い床の防音にゴムを使用できるかどうか疑問に思う人がたくさんいます。でも本当にそうなのか 床の防音対策に役立ちます?

ゴムは表面に質量を加えるため、音を遮断するのに効果的です。壁や天井から出る音波を防ぎます。堅木張りの床の下にゴムの層を追加すると、衝撃音を効果的に遮断します。

ゴムは防音に役立ちますか

ゴムが優れていることは否定できません 防音床材。このため、家の防音にそれをどのように活用できるかを知ることも重要です。 

また、私のガイドもチェックしてください 上の階からの衝撃音を軽減する

ゴムは防音にどのように役立ちますか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音とは、さまざまな騒音軽減材料を使用して、不要な騒音を効果的に制御する方法です。不要な騒音をブロックまたは吸収するために選択できる防音材の配列があります。

しかし、音波を遮断することが目的の場合、ゴムは使用するのに最適な素材の 1 つです。 

では、ゴムはどのように防音に役立つのでしょうか?

あなたが家のどこかに座っていると、外から騒音が聞こえるとします。この騒音は外気を通って室内に伝わり、家の窓や壁に当たります。

堅木張りの床の場合、足音も不快な騒音に加わる可能性があります。

空気中を伝わる音波が壁にぶつかると、反対側の空気も振動します。このような事態を防ぐためには、騒音の伝わりを防ぐものが必要です。 

音は衝撃によって人の注意をそらすこともあります。床などの硬い面に衝撃を受けると大きな音が発生します。

このため、衝撃音が大きくならないように柔らかい素材が必要です。ゴムはこのような問題に対する優れた解決策です。 

理解を深めるために、ゴムが防音にどのように役立つかを以下に示します。

表面に質量を追加します

ゴムは質量が大きく密度が高いです。したがって、音波が表面を通過するのを簡単にブロックできます。壁に質量を加えると音の振動が減少します。つまり、壁にゴムの層を追加すると、壁を通過する騒音が少なくなります。

ただし、ゴムは家に入る音を完全に防ぐことはできないことに注意することが重要です。代わりに、騒音が耳に気にならなくなるレベルまで低減されるだけです。 

隙間をシールする

ゴムは防音効果があるのでしょうか?窓やドアに隙間がある場合、ゴムは隙間を塞ぐのに最適な素材です。

音の通路を密閉するためにゴムを使用すると、これらの隙間を完全に覆い、音波が通過するスペースを残しません。これが、ゴムがドア掃除機に最も人気のある素材の 1 つである理由です。 

デカップリング衝撃音

衝撃音は、特に堅木張りの床を使用している家では、対処するのが少し難しい騒音です。ゴムはこのような問題に対する優れた解決策となります。

ゴム製の下敷きが素晴らしい吸音性を発揮します。その理由は、音波の振動を防ぐことで、足音などの衝撃音を吸収するためです。 

ゴムは吸音時に音エネルギーを吸収するため、室内に伝わる音波が少なくなります。これにより、家の中で歩いているときに衝撃音に対処する必要がなくなります。

では、ゴムは防音効果があるのでしょうか?簡単な答えは「はい」です。 

ゴムを防音に使う方法

音波は、床などの木製、タイル張り、コンクリートの表面で空気伝播音や衝撃音として反射します。このようなノイズに対処するには、音波が表面から別の表面に反射するのを防ぐものが必要です。 

防音材の代表的なものとしては、 防音フォーム、大量にロードされたビニール、および音響ウィンドウインサート。ゴムはあまり人気がありませんが、部屋の騒音を軽減するのにも役立ちます。 

しかし、ゴムはどのように防音に役立つのでしょうか? 

ゴムは、騒音の大きい機械を使用する多くの施設で広く使用されています。たとえば、ジムではゴムが使用されています。 騒音を軽減するために床の下にマットを敷く トレッドミルなどの騒音の大きい運動器具。 

ゴムの柔らかさと密度は、衝撃音と空気伝播騒音の両方を同時に吸収し、減衰させることができます。 

さらに、防音ゴムのいくつかの形状とその使用方法を以下に示します。

  • 発泡ゴムウェザーストリップ
  • 床の下敷き
  • ゴム ラグパッド

1. 発泡ゴムウェザーストリップ

室内ドアには通常、ウェザーストリップがありません。そのため、ドア、ドア枠、床の間の隙間は、不要な騒音が通過するのに最適な場所として機能します。

フォームラバーのウェザーストリップは、部屋に侵入する不要な騒音を抑えるのに役立ちます。 

この防音材は音波の一部を遮断し、エリアを静かにします。市販されているほとんどのゴム製ウェザーストリップは自己粘着性なので、使用に問題はありません。 

ウェザーストリップだけではドアの下の隙間をカバーできない場合は、ドアスイープを使用することもできます。

2. 床下敷き

ゴムは床の防音にどのように役立ちますか?床は家や施設の中で最も大きな影響を受ける表面の 1 つです。ですので、その衝撃音を軽減するものがあればベストです。 

タイル、木製、またはセラミック床の場合、効果的な防音効果を得るにはゴム製の下敷きが必要です。前述したように、ゴム製の下敷きは床の衝撃を和らげ、衝撃音が人々の気を散らすのを防ぎます。 

ゴム下敷きは商用グレードのゴムで構成されているため、家や施設を効果的に静かにすることができます。

3. ゴム製ラグパッド

床下地材がなく、床下地材を設置する予算もないとします。その場合、もう一つの効果的な解決策はゴム製の敷物パッドです。 

ゴム製のラグパッドがカーペットの滑りを防ぎます。しかし、密度が高く柔らかいため、衝撃音の振動を止めるのに効果的です。 

ベッド、ソファ、テーブルなどの家具の下にゴム製ラグを敷くこともできます。こうすることで、家具を移動するときに大きな音を立てなくなります。

情報源

  1. ハイメ・プフレッツシュナーとローザ・マリア・ロドリゲス「ゴム粉の音響特性」 https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.2932706、2021年10月10日にアクセスされました。 
  2. ジョゼフ・トゥイーニ『部屋を防音にする方法』 https://www.popularmechanics.com/home/interior-projects/how-to/g2470/soundproofing-a-room/ 2021年10月11日にアクセス。
  3. Tom Scalisi、くぐもる騒音に最適な防音材、 https://www.bobvila.com/articles/best-soundproofing-material/、2021年10月11日にアクセス。

類似の投稿