コルクとフローリングカーペット、どちらが防音に優れているのでしょうか?

住宅を防音する場合、さまざまな素材から選択できます。最も人気のある2つの素材 床間の防音対策 壁はカーペットとコルクです。では、カーペットとコルクではどちらの防音材が優れているのでしょうか?

コルク vs カーペット

どちらも優れた防音オプションですが、コルクは防音に最適な素材です。コルクは比較的安価で持続可能で、カーペットよりも用途が広いため、家のあらゆる部屋を防音するのに最適な方法です。 

この記事では、コルクとカーペットが防音材としてどのように機能するのか、いくつかの長所と短所、そして次の防音プロジェクトでカーペットではなくコルクを選択すべき理由について説明します。 

こちらもお読みください: 防音のためのコルクとフォーム

コルクとカーペットを併用した防音効果

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音は、特に交通量の多い環境で、家庭、オフィス、またはその他の施設を日常使用できるようにするために重要な側面です。

ただし、防音工事の経験が浅い人にとっては難しい作業となる可能性があります。防音性に関しては、コルクとカーペットのどちらが良いのかと疑問に思う人も多いでしょう。

コルクは全体的に優れた防音素材です。部屋から部屋へ、床間や壁を伝わる大きな騒音を和らげます。カーペットに比べて水に強く軽量なため、様々な用途に使えます。

防音のためのコルクとカーペットの選択

防音材を選択する際には、考慮すべき要素が数多くあります。建物のどの部分を防音にするのか、そして全体的な目標を考慮することが特に重要です。

家や会社のどの部分を防音する必要があるかによって、どちらかの素材を好む場合があります。

音響と多用途性の両方を考慮する

コルクはカーペットよりも多用途でありながら、驚異的な音響効果を提供するため、防音材として理想的な選択肢です。によると SFゲート, 「複数のコルクボードを同じ場所に置くと、音の歪みや残響が軽減され、部屋が静かになります。」 

コルクは音波を吸収するのに優れています。職場環境内で音声が歪まないため、防音対策が施されているどのような空間でも、全体的に快適なコミュニケーションが得られます。

カーペットは、その上を歩く人からの騒音を軽減する優れた効果があるため、床間の防音対策としては優れた選択肢です。ただし、壁の間で使用するにはあまり理想的ではありません。  

コルクを防音材として使用するメリットとデメリット

コルクは、防音が必要な空間で音響を優先する場合に最適です。コルクは吸音性に優れています。 遮音性とは違います—同時に、壁と床の間の防音対策として非常に効果的な方法です。 

こちらもお読みください: 防音効果を発揮するにはコルクの厚さはどれくらい必要ですか?

コルクを使用することにはいくつかの利点がありますが、いくつかの欠点もあります。コルクを防音材として使用するメリットとデメリットを見てみましょう。

長所

  • コルクはカーペットと同じくらい吸音効果があります。 コルクは壁や床の間の騒音を軽減するための有効な選択肢です。カーペットと同様に、さまざまなサイズのコルクを購入して、壁や床にコルクの厚さを制御できます。 
  • コルクは本来耐水性があります。 コルクは完全防水ではありませんが、耐水性があり、カーペットなどの素材よりもはるかに乾きやすい素材です。住宅の防音対策ではカビを考慮する必要があるため、耐水性は必須です。 
  • コルクは、予算を抑えて家の防音対策を考えている人に最適です。 参考までに、コルクのコスト 竹に比較的似ています、ただし堅木張りの床ほどではありません。

短所

  • コルクは床材として使用する場合、カーペットほど耐久性がありません。 コルク素材は欠けやすく、頻繁に使用すると磨耗してしまいます。交通量が多く直接接触する場所で使用している場合、比較的早く摩耗する可能性があります。磨耗により、時間の経過とともに防音材としての効果が低下します。
  • 目に見える場所で使用すると、カーペットほど魅力的ではありません。 コルクは、床や壁などの覆われていない場所で使用される場合、多くの人にとって魅力的な選択肢ではありません。カーペットに比べて欠けやすく、汚れが目立ちやすいため、インテリアの観点からは床での使用には適していません。

カーペットを防音材として使用するメリットとデメリット

カーペットは音を吸収する優れた素材です、主に床を歩く人々の騒音を軽減するために使用する場合。天然動物の毛皮からさまざまな厚さの合成素材まで、さまざまな種類のカーペットからお選びいただけます。シャグラグは騒音を軽減するのに十分なボリュームがあるため、使用できる最適なカーペットのいくつかがあります。 

カーペットを防音材として使用する場合のメリットとデメリットを見てみましょう。

長所

  • 施工後のスペースにカーペットを追加することも可能です。 防音対策としてカーペットやラグを使用することの最も優れた点の 1 つは、最小限の労力でどの部屋にも追加できることです。カーペットは柔軟性に優れており、床の防音のためにさまざまなスタイルや厚さのカーペットからお選びいただけます。
  • 防音効果の高いカーペットが安価で見つかります。 床間の騒音を軽減する製品を入手するには、高価なラグやカーペットを購入する必要はありません。予算に応じて利用できるラグやカーペットが豊富にあります。

短所

  • カーペットは防音壁には適していません。 カーペットは床の防音には効果的ですが、壁には適していません。多くの人にとって、目に見える形で壁に掛けることは魅力的な選択肢とは考えられていません。
  • カーペットは防水素材ではありません。 カーペットは水を吸収するため、壁の間で長期間使用すると機能しません。 カビやカビ

結論

家庭やビジネスで音の伝達を減らすには、カーペットとコルクの両方が良い選択肢です。コルクはカビに強く、汎用性があり、吸音効果があるため、総合的に最適な選択肢です。 

コルクは音を吸収するため、優れた音響効果ももたらします。壁と床の間の音の伝達を減らす必要がある場合、コルクは防音のために選択できる最良の選択肢になります。

類似の投稿