防音と音響におけるグラスウールとロックウールの比較

防音材としてのグラスウールとロックウールの違いについてよく質問されます。徹底的な調査を行った後、私は簡単な答えを思いつきました。

防音性と音響に関してグラスウールとロックウールの議論では、グラスウールの方が優れています。より低い周波数の方が優れていますが、家庭ではより大きな問題となることがよくあります。また、これはより安価で、より広く利用可能なオプションです。

こちらもお読みください: ロックウールは音響治療に適していますか?

防音のためのグラスウールとロックウール

この記事では、グラスウールとロックウールの重要な違いと、これが防音用途での使用にどのような影響を与えるかについて説明します。最後までに、一方が他方よりもはるかに優れている理由が理解できると思います。

グラスウールとロックウールとは何ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

防音プロジェクトでの用途を理解するには、まずこれらの製品が何であるかを正確に理解することが役立ちます。

グラスウールはグラスファイバー断熱材とも呼ばれます。この製品については、ほとんどの家庭や DIY ストアで見かけるので、聞いたことがあることに気づいたかもしれません。

簡単に言うと、グラスウール断熱材はガラスを繊維状に紡ぎ、結合剤を使用してシート状に成形したものです。薄い層を一緒にプレスして大きなシートにし、強度と安定性を高めます。

ミネラルウールとしても知られるロックウールは、本質的に同じ製品です。ただし、ガラスの代わりに、 紡績石またはシリカ。グラスウールと同じように、石は綿菓子のように糸状に紡がれ、シート状に束ねられます。

重要なのは、これらの製品は両方とも主に断熱材であるということです。それらは繊維の間に小さな空気のポケットを閉じ込めることによって機能し、これが断熱自体を提供します。

固体と比較すると、気体は熱伝導が非常に悪いため、優れた絶縁体となります。

もちろん、私たちは熱伝導特性に興味があるのではなく、むしろ遮音特性に興味があります。

ご存知かと思いますが、防音効果はあります。 いくつかの核となる原則、 含む:

  • 質量
  • デカップリング
  • 吸収
  • 減衰

グラスウールとロックウールはどちらも、程度は異なりますが、吸収に依存しています。

吸音性 音波が物質に入り、粒子を振動させようとしてそのエネルギーの一部(またはすべて)を消費するときに起こります。

開放構造の材料は音波を吸収するのに役立ちます。 音響泡 これはおそらく、特定の防音製品の最良の例です。

ただし重要なのは、防音の観点からはグラスファイバーの方が優れているということです。これは、そのふわふわした断熱材の密度が低く、音波が振動しにくいためです。

ただし、これは音響管理ではなく防音目的であることに注意してください。この状況では、材料の密度が高いほど振動する質量が大きくなるため、密度はあまり考慮されません。

つまり、グラスウールとロックウールはどちらも断熱効果とは逆に防音効果を発揮します。それらの開放構造と密度は音波を吸収するのにかなり効果的であり、壁の空洞で役立ちます。

グラスウールとロックウールの比較

もちろん、両方の製品は構造と使用の点でかなり似ています。しかし、考慮に値する重要な違いがいくつかあります。

これらの違いを明確に確認できるように、便利な比較表を次に示します。

 グラスウールロックウール
材料グラスファイバー岩石またはシリカ繊維
料金低い中 (約 10% 以上)
リサイクルされたコンテンツ30%70%まで
設置のしやすさ難しい簡単
耐火性はいはい
密度 (ポンド/フィート 3)68
NRC0.6-0.90.8-1.0

これらがなぜ防音に関連するのかを理解するには、これらのいくつかを分析する価値があります。

NRC から始めます。 騒音低減係数。これは、材料の音波吸収能力を 0.0 から 1.0 のスケールで測定します。

これは、吸収される音の割合に変換されます。これは、NRC が 0.6 の素材が音波のエネルギーの 60% を吸収することを意味します。残りはソースを通過するか、ソースに反射して戻ります。

NRC 1.0 は完全な吸音性を意味します。しかし、急いでロックウールを購入する前に、これをより詳細に理解する価値があります。

NRC は厚さと密度に依存します。最高の NRC を取得するには、およそ 1 フィート以上の 絶縁 ある空間で。

しかし、NRC を単独で検討すべきではありません。たとえば、ロックウールは NRC が高い可能性がありますが、低い周波数では効果が低くなります。これは家庭内で問題が発生する場所であるため、一般的にグラスファイバーが推奨される選択肢です。

直接比較すると サイズと表面積の点で、ロックウールは常にグラスウールよりも多くの音を吸収します。ただし、これはある程度まで考慮してください。

設置のしやすさも考慮する価値があります。グラスファイバーはロール状で提供され、壁の空洞に簡単にフィットするため、設置が簡単です。

ロックウールはもろいので取り付けるのが難しいです。これは小さな隙間には便利ですが、広い領域をカバーする場合には問題になる可能性があります。

どちらの製品も皮膚を刺激する可能性があるため、装着するときは常にカバーする必要があります。これはグラスファイバーとロックウールの両方に当てはまります。

最後に、空き状況がわかりました。グラスウールはアメリカの住宅で断熱材として最初に選ばれており、広く入手可能です。地元のDIYストアやオンラインで簡単に入手できます。

ただし、ロックウールは入手が少し困難です。また、高価なので、その差額をより良い壁の設置やGreen Glueのようなものに投資した方がよいでしょう。

したがって、吸収の観点からはロックウールの方が優れているかもしれませんが(低周波を除く)、私はグラスファイバーを使用することをお勧めします。

コスト、可用性、設置の容易さは、小さな欠点を十分に補ってくれます。また、家庭では高周波よりも大きな問題となる低周波の方が効果的です。

グラスウールまたはロックウールを防音に使用する方法

グラスウールまたはロックウールを防音に使用する方法

防音プロジェクトで両方の製品を使用する方法はかなり似ています。

ただし、その独特の特性により、どちらかの方が優れている状況もいくつかあります。

防音にロックウールとグラスウールを使用するための私の主な提案は次のとおりです。

1. 壁空洞の断熱

最も明白な提案は、壁の空洞を断熱することです。これらの製品の目的はそれです。

単独では最良の結果は得られません。防音は、いくつかの有用な材料の長所を組み合わせたときに最も効果的です。

壁の空洞に断熱材を追加するとともに、次のことも追加します。

前述したように、ロックウールとグラスウールは音波を吸収します。ただし、適切な防音性を得るには、より多くの質量と 消音材.

これは、そもそも壁の空洞に入る音波のレベルが減少し、あらゆる吸収技術がより効果的になることを意味します。

もちろん、最良の結果を得るには、壁を切り離すことをお勧めします。これは、壁の一方の側をもう一方の側から完全に遮断する機械的絶縁の一種です。

しかし、これは通常は実用的ではありません。ウィスパー クリップやハット チャンネルはそのために使用されます。これらは、新しい壁間柱のセットを構築する必要なく、同じ結果をもたらします。

いずれにせよ、壁の空洞をグラスウール断熱材で埋めることは有益な追加です。密度が低いほど、防音の観点からより有益です。

2. HVAC システムの断熱

グラスウールが最も優れている例の 1 つは、パイプと HVAC システムの断熱です。

一般的に販売されているのは、 パイプラップ (Amazon リンク), グラスウール断熱材はより柔軟性があるため、パイプや通気口の周りに巻き付けるのに最適です。

前述したように、ロックウールはより硬いため、この種の用途には使用できません。

3. 床と天井の防音対策

グラスウールは、壁と同じように床や天井の防音にも使用できます。

ロックウールの硬質ブロックは平らな面を断熱するのに役立ちますが、それでもグラスウールの方が設置が簡単です。

また、ロックウールは床や天井にはあまり効果的ではないかもしれません。衝撃音よりも空気伝播音に対して効果が高いためです。

2 つの違いは重要です。空気伝播騒音とは、音声、テレビ、音楽など、空気中を伝わる音のことです。これらは単なる空気の振動であり、はるかに吸収されやすいものです。

ただし、衝撃音は、足音など、物体が表面に直接接触すると発生します。空気を通してではなく、表面に直接伝わる振動エネルギーが大きくなります。

衝撃音に対抗する最も効果的な方法は、デカップリングまたは十分な質量を使用することです。

繰り返しになりますが、キャビティ内にミネラルウール断熱材を入れることでさらに吸音性を高めることができます。ただし、防音対策として完全に依存しないでください。

4. 部屋の仕切りを作る

ロックウールは次のようなものに追加するのに適しています 防音パネル またはDIYの部屋の仕切り。これらは決して空間を防音にするものではありませんが、広いエリアの騒音公害を管理し誘導するのには役立ちます。

もちろん、ロックウールでパネルを作る予定がある場合は、必ず乾式壁または非多孔質材料ですべての面を覆うようにしてください。一般にロックウールはグラスウールよりも安全ですが、それでも事故は避けたいものです。

最終的な考え

防音材としてグラスウールとロックウールを比較すると、常にグラスウールの方が良い選択だと思います。

安くて購入しやすく、設置も簡単です。

全体的な吸音性ではそれほど優れた性能は得られないかもしれませんが、振動する繊維の数が少ないため、防音の観点からは優れています。

また、価格が低いため、パフォーマンスの問題は十分に補えます。

私のアドバイスは、プロジェクトを詳細に計画し、ニーズを理解することです。そうして初めて、どちらが正しいか判断できるようになります。

類似の投稿