クローゼットを防音にする方法(寝室用)

ウォークイン クローゼットがある人の場合、レコーディング スタジオなど、他のもののために収納スペースが 2 倍になる可能性があります。しかし、適切な防音設備がなければ、クローゼットの隣の部屋からの音がクローゼット自体だけでなく、寝室全体に侵入する可能性があります。 

クローゼットを防音するには、次のことができます。

  • 大量のビニールを取り付けます
  • 床にカーペットを敷きます
  • 高密度の防音フォームまたはゴムを使用する
  • 防音カーテンを掛ける

これら 防音材 不要な騒音をブロックして吸収し、クローゼットやお部屋を静かな空間にします。

クローゼットを防音にする方法

寝室を防音にすることには多くのメリットがあります。したがって、どのような材料を使用するかを理解することが重要です。

クローゼットを防音にする方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ウォークインクローゼットは、物を整理するのに最適なスペースです。ただし、欠点は、不要なノイズが通過しやすい入り口になる可能性があることです。その理由は、それらは中空であり、工業材料で構成されているためです。

しかし、適切な防音材を使用すれば、外部の騒音がクローゼットに侵入するのを防ぐことができます。

1. 大量に充填されたビニールを使用する

大量に充填されたビニール 非常に厚みがありながらも柔軟性のある防音材です。小さな金属片で構成されているため、材料の重量が増加します。

高密度の大量充填ビニールまたは MLV は、音波を遮断するのに非常に優れているため、防音に最適です。その結果、外部ノイズは MLV が適用された表面を通過できません。

MLV をウォークインクローゼットに取り付ける前に、まず取り付ける場所の面積を測定する必要があります。次に材料を適当な大きさにカットします。 MLVを防音したい箇所に貼り付けるときは、真っすぐに貼り付けてください。

さらに、ネジ、釘、またはホチキスを使用して、大量のビニールを所定の位置に固定することができます。

2. 床にカーペットやラグを敷きます

一部のクローゼットの床は、タイル、木材、ラミネート、その他の硬い素材でできています。ウォークインクローゼットや部屋がその1つである場合は、床をカーペットやラグで覆ってみてください。

ラグやカーペットは柔らかく、足音や床に物を落としたときなどの衝撃音を最小限に抑えます。さらに、音波は固体表面で反射して伝播しやすくなります。

その硬い表面をカーペットで覆うと、カーペット内の繊維とエアポケットが音波を吸収し、音とエコーの伝達を最小限に抑えます。

ただし、音波の大部分を確実に吸収できるように、必ずカーペットや敷物を使用してください。防音下地を施工することも可能です。

3. 高密度フォームまたは防音フォームを使用する

防音フォームについて注意すべき重要な点は、一般に信じられていることに反して、音波を遮断しないということです。代わりに、防音フォームが音を吸収して音量を最小限に抑えます。

防音フォーム は、柔軟なオープンセル構造で構成される、柔らかく軽量な素材です。細胞は音波を吸収し、壁、天井、床などの固体表面での反響を防ぐ役割を果たします。

さらに、この防音材は、既存の音響エネルギーを頭部に変換することでその役割を果たします。その結果、音波が固体表面で反射する能力が低下します。

さらに、防音フォームのほとんどは裏面に粘着剤が付いているため、取り付けが簡単です。入手したフォームの裏面に粘着剤が付いていない場合は、粘着スプレーを使用することもできます。

4.防音カーテンを掛ける

ウォークインクローゼットに窓がある場合、外部の騒音が寝室に侵入する可能性が高く、窓とフレームの間のわずかな隙間からも侵入します。

防音カーテンの役割は、これらの騒音を吸収し、寝室に騒音を引き起こすのを防ぐことです。

防音カーテン 一般に巨大で、長さは床に届くほどです。このため、窓の周囲の最大限の領域を覆うことができ、窓からクローゼットに入る音波のほとんどを吸収します。これはウォークインクローゼットの騒音を軽減するのに重要な役割を果たします。

実際、防音カーテンは、エリアに侵入する音のほぼ 50% を吸収します。

クローゼットを防音にするメリット

もちろん、クローゼットを防音にする主な利点は、不要な騒音の通過をブロックできることです。しかし、騒音を遮断する以外にも、クローゼットを防音にすることで得られるさまざまなメリットがあります。

ウォークインクローゼットは音楽を録音するのに最適な場所です

あなたが音楽愛好家で、クローゼットが録音機器を収納できるほど広い場合は、音楽ブースとしても使えます。クローゼットに設置した防音材は、曲やポッドキャストを録音するときに周囲の騒音を抑える優れた方法です。

これは、あまりお金をかけずに高品質のオーディオを実現する優れた方法です。

あなたのクローゼットに美しさを加えます

防音材は少し高価ですが、クローゼットの美しさにつながります。インストールするマテリアルが互いに補完し合うように、少し組み合わせて組み合わせる必要があります。

リラックスできる場所を提供します

人は時々、静かで平和な時間を過ごしたいと考えます。防音ウォークインクローゼットがあれば、これはすぐに実現できます。確かに、寝室ではリラックスできます。しかし、あなたがリラックスしようとしているときに、ドアの外を歩いている人やペットがあなたの注意を引こうとしていることに気づかずにはいられない場合があります。

プライバシーを向上します

特にウォークインクローゼットに窓がある場合、プライバシーは非常に重要です。着る服を選んでいる姿を近所の人に見られたくないですよね?防音カーテンを使用すると、窓から伝わる騒音を軽減できるだけでなく、隣人からの視線も防ぐことができます。

クローゼットの中で音楽を流せば、騒音で近所の人や同居人に迷惑をかけないようにすることもできます。

情報源

  1. クローゼットを防音する方法、防音牛、 https://www.soundproofcow.com/how-to-soundproof-closet/
  2. ジェームズ・バーケット、クローゼットを防音にする方法: 安全な避難所を作る!、いびきの原因、 https://www.snoringsource.com/how-to-soundproof-a-closet/
  3. ポール・ホワイト、カーペットを音響処理として使用できますか?サウンド・オン・サウンド、 https://www.soundonsound.com/sound-advice/q-can-use-carpet-acoustic-treatment/
  4. Duncan Geddes、防音フォームはどのように機能しますか?、テクニカルフォームサービス、 https://www.technicalfoamservices.co.uk/blog/how-does-soundproof-foam-work/
  5. 防音カーテン – 本当に効果があるの?、U Design Mag、 https://www.urdesignmag.com/architecture/2019/11/09/soundproof-curtains-do-they-really-work/

類似の投稿