クラリネットを効果的に消音する方法

誰にも邪魔されずに家でクラリネットを練習するのは難しいかもしれません。特に近所の人がいる場合には、まったく醜いものになることもあります。およそ 114 デシベルの騒音は、製鉄所から聞こえる音に匹敵します。クラリネットを演奏したり演奏しようとしたりすると、隣人が冷静さを失う理由がこれで説明されます。

クラリネットの音を消すには、洋服がたくさんかかっているクローゼットの中で演奏したり、ミューターを使用したり、ガレージや洗濯機の近くなどの騒がしい場所で演奏したり、静かに演奏したりしてみてください。もう一つの選択肢は、家の一部のエリアを防音にすることです。

クラリネットを消音する

これらの技術のほとんどでは、100% のノイズ抑制を期待すべきではありません。それでも、あなたがクラリネットの演奏を続けながら、隣人たちと平和に共存できるよう、彼らは努力してくれるでしょう。クラリネットを消音する方法については、以下をお読みください。 

洋服がいっぱいのクローゼットでクラリネットを演奏する

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

これは、クラリネット奏者やその他の音楽プレーヤー向けの本の中で最も古いトリックです。これは、音があらゆる方向に伝わるという科学的事実に従っています。そして、発生源から遠ざかるにつれて、それは消散します。その過程で、放出された音が物体に接触すると、その物体が振動します。ただし、そうでない場合は、衝撃を与える構造がないため、消滅します。

ここで、音の反射がエコーにつながると考えると、クラリネットから発せられる音をどのように減衰または和らげるかについての答えが得られます。

鍵となるのは、音を吸収するために、練習している空間全体に厚手の柔らかい生地をドレープすることです。部屋の防音対策には、窓やドアの空き状況によってさらに手間がかかる場合があるため、ほとんどの人はクローゼットを使用することがよくあります。

クローゼットは小さくて扱いやすいので、クラリネットを服の真ん中に置くと、クラリネットが発する音を消すことができます。このトリックは、クラリネットを持って旅行し、ホテルの部屋で練習したい場合にも役立ちます。 

ラグやカーペットを使う

クローゼットの中でクラリネットを練習していて、クラリネットから発生する音を減らすために他に何ができるか疑問に思っている場合は、音を軽減するラグやカーペットを敷いてみてください。効果を得るには、この敷物は厚さが 2 インチ以上である必要があり、音を吸収またはかき消すために繊維やほつれが十分に含まれている必要があります。これにはウールの敷物が効果的です。 

家を防音にする

スタジオやその他の専門的な建物は、騒音レベルを最小限に抑えるために高価な防音装置に依存しています。

しかし、できるだけ短期間で、すぐに手に入る設備で結果を出したいので、防音システムを構築するために私たちにできることはこれらのことです。これらすべての変更は、部屋の周囲の音を消すために連携して機能し、音量が大きすぎることを心配することなくクラリネットを練習するのに役立ちます。 

部屋を模様替えする

ルール番号効果的な防音の 1 つは、騒音が部屋の中に漏れないようにすることです。

しかし、壁が薄いアパートに住んでいる場合はどうなるでしょうか?クローゼットや本棚をその壁に押し付けてみてください。

こうすることで、壁にさらに固い質量が加わり、部屋に騒音が出入りするのを防ぐことができます。あ 防音壁紙 特定の部屋から聞こえる音を軽減するのにも役立ちます。 

タペストリーやキャンバス絵画を使ってお部屋を飾りましょう

賃貸アパートに住んでいる場合、タペストリーを飾ることは部屋を飾り、クラリネットの音などの騒音を吸収する方法の 1 つです。素材が厚ければ厚いほど良いです。目的は、音を反射して増幅する硬い表面ではなく、音を吸収する柔らかい表面を作成することです。 

タオルや毛布を使ってドアや窓の間のスペースを覆う

古いタオルや毛布も音を吸収する優れた防音材として機能します。柔らかく多孔質の素材で作られているため、防音の優れた代替品となります。厚い生地の層を増やすほど、音の漏れが少なくなります。

部屋がどの程度音を吸収するかは、壁の有効吸収面積によって定量化されます。これは総吸収面積としても知られています。 

クラリネットを演奏する部屋全体にブランケットを掛けます

音は堅木の壁やガラスなどの硬い物体に反射するのを好むため、毛布を追加すると空間が柔らかくなり、音波が部屋から漏れにくくなります。こうすることで部屋がより静かになり、さらなる利点も得られます。 

窓の隙間を覆うためにウェザーストリップテープを使用する

重要なのは、音が漏れないようにすべてのドア、窓、通気口を閉めることです。ドアのヒンジと窓の間に隙間を作るのは大変な作業なので、簡単な方法は耐候性剥離テープを使用することです。

のようなソフトドラフトブロッカーをお持ちの場合は、 Fowong 30 インチ加重ドア下ドラフトストッパー (Amazon), ドアの下にスライドさせて、音が逃げるのを防ぐことができます。

天井に発泡パネルを取り付ける

音響フォームは、天井から音が漏れるのを防ぐ良い方法の 1 つです。発泡パネルは、音を吸収し、エコーやその他の奇妙な音の原因となる壁からの反射を防ぐための優れた代替品です。 

ミュートを使用する

バイオリン奏者、サックス奏者、トロンボーン、クラリネット奏者など、あらゆる楽器演奏者は、ミュートがその 1 つであると言うでしょう。 消音する方法 楽器を演奏するときに出る音。

楽器の音色が変わってしまうのであまりお勧めできませんが、練習したいけど練習する場所が見つからないという場合には、他の人に迷惑をかけずに使用することもできます。

クラリネットを演奏する場合、ベルだけから音は出ませんのでご注意ください。つまり、ベル以外にもカバーする必要があり、最終的には楽器の響きが変わります。

多くのクラリネット奏者は、練習時にクラリネットから出る音を消すために金管ミュートを使用しています。 

ノイズマスキング

ガレージで洗濯機やエンジンが動いていると、クラリネットから出る音が聞こえなくなることがあります。ただし、これが機能するのは、その場所がすでに騒がしい場合のみです。それ以外の場合は、クラリネットを演奏するときはいつでも次のヒントを使用してください。 

人里離れた場所で遊ぶ

クラリネットを演奏できる人里離れた場所を見つけると、近所の人に迷惑をかけないことが保証されるだけでなく、自信と演奏技術も向上します。

誰にも邪魔されることを警戒する必要がないので、より自由に演奏したり、さまざまな音を試したりすることができ、ミュートによってクラリネットから出る音色や音質が損なわれることはありません。近くの公園で遊ぶこともできます。 

クラリネット用のDIYミュート

クラリネット

少し努力する準備ができていれば、この DIY は楽しくて簡単に行えます。いずれにしても、クラリネットを演奏するときにいつでも使用できるミュートがプレゼントされます。

このビデオに従って、クラリネットのミュートを作成する方法を確認してください。

https://www.youtube.com/watch?v=_iBdXdMDmIE&t=1s

また、旅行中やホテルでクラリネットを練習したい場合は、厚手のスウェットシャツを使ってクラリネットの音を消すミュートを作ることもできます。

始めること:

  • 厚手のスウェットシャツを探しましょう。
  • 底を縫います。
  • 片手を袖に通して、スウェットシャツの中に収まるようにします。
  • クラリネットをスウェットシャツの首に通し、スウェットシャツから押し込んだ手を使ってクラリネットに手を伸ばします。
  • もう一方の手を残りのスリーブに通して、演奏を始めます。 

結論

クラリネットは美しい楽器であり、正しく演奏すれば、間違いなく最もリラックスできる曲を生み出すことができます。ただし、近所の人や家族など、プレーヤー以外の人にとって迷惑になる可能性もあります。

高レベルの防音工事は法外に高価になる可能性があることを考慮して、練習中にクラリネットを消すために上記のハックを活用してください。

これらすべてのオプションを使用すると、隣人に迷惑がかかることを警戒する必要はありません。練習を続けてください。

こちらもお読みください: タンバリンを消す方法

類似の投稿