ガレージの防音工事にはどれくらいの費用がかかりますか?

ガレージの反響が多すぎる場合でも、自宅のレコーディングスタジオに変えようとしている場合でも、防音対策にはさまざまなオプションがあります。しかし、ガレージの防音工事にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

吸音パネル、ドアスイープ、防音窓カバー、敷物パッド、ガレージドア下部シールを使用してガレージを防音する場合の費用は、約 $230 ~ $450 です。 ご希望の場合は、$2000 ~ $3500 程度の防音ガレージドアを追加で購入して設置するオプションもあります。

ガレージの防音工事にかかる費用

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

私のものをチェックしてください ガレージの防音に関するガイド.

ガレージから漏れる騒音をブロックすることが主な目的であるため、以下に挙げる吸音技術と遮音技術を組み合わせて使用すると、理想的な防音ガレージを作成できます。

ガレージを防音するにはどうすればよいですか?

ガレージドアを防音するための安価で手頃な方法はたくさんありますが、騒音を確実に遮断するためのより多額の投資もいくつかあります。

使用するものを選択するときは、ガレージ内でどれくらいの騒音が発生するかを考慮して、防音にどのようにアプローチするかを決定する必要があります。利用するオプションが多いほど、部屋に漏れたり入ってくる音は少なくなります。

以下に、ガレージを防音するためのさまざまなアプローチとその費用をリストします。このビデオを見て、ガレージの断熱が役立つかどうかを確認することもできます。

https://www.youtube.com/watch?v=b9I2267iVNQ

吸音パネルを使用する

吸音パネルは最も一般的な形式の 1 つです。 吸音性 室内に反射される音の量を最小限に抑えるために使用されます。柔らかく、しなやかに作られており、 多孔質の そのため、音を簡単に吸収し、熱に変えて伝達します。

そうすることで、ガレージの壁や天井に吸収されて反対側に聞こえる音の量が減ります。

吸音パネル さまざまな素材、形、サイズ、色があります。

発泡パネル

Foamily 24 パック - アイスブルー/チャコール音響パネル スタジオフォームウェッジ 1インチ x 12

発泡性音響パネル 24 枚パック (アマゾンリンク) は、チャコール グレー、レッド、ブルー、その他多くの色があり、合計 24 平方フィート (2.23 平方メートル) をカバーする発泡吸音パネルです。

このパックを使用して、ガレージ内の 2 つの壁をカバーすることも、天井全体をカバーすることもできます。

ポリエステル繊維パネル

TroyStudio アコースティックスタジオ吸収フォームパネル - 広帯域吸音材 - 周期的な溝構造 - 12インチ x 12インチ x 2インチ、6枚パック

TroyStudio 音響パネル 6 パック (アマゾンリンク) 100% ポリエステル繊維で作られており、4 色と 2 つの異なるサイズがあります。

  • 400 X 300 X 12 mm (16 X 12 X 0.5 インチ)
  • 800 X 600 X 12 mm (32 X 24 X 0.5 インチ)

小さいサイズのオプションは、ガレージの壁 1 つをほぼ完全に覆うのに十分です。一方、より大きなオプションは、ガレージ内のほぼすべての壁をカバーし、場合によっては天井もカバーするのに十分です。

PVCプラスチックパネル

TroyStudio 音響サウンドディフューザーパネル - 複数色、12インチ x 12インチ x 1インチ、4個パック (ホワイト)

より審美的に魅力的なオプションの 1 つは、 TroyStudio 音響サウンドディフューザーパネル、4 個パック (アマゾンリンク) PVCプラスチック製。

このオプションには複数の異なる形状があり、シンプルでクリーンなままでありながら、壁にクールな 3D 効果を与えます。

このパックには、12 インチ X 12 インチ (30.48 cm X 30.48 cm) のサイズのパネルが 4 枚入っています。一緒に置くと、4 平方フィート (0.37 メートル) をカバーします。

壁をほぼ完全に覆うか、2 つの壁を部分的に覆うには、約 6 パックが必要になります。これは 24 平方フィート (2.23 平方メートル) をカバーします。

ドアスイープを使用する

ガレージに外に通じるドアがある場合、またはガレージからの音が家に漏れていることに気付いた場合は、ドア用のドアスイープを購入できます。

これにより、雨が降ると騒音が発生することがありますが、天候に関係なくガレージのサウンドを同じに保つことができます。

Holikme ツインドアドラフトストッパーノイズブロッカー (アマゾンリンク) 豊富なカラーを揃えた手頃な価格のオプションです。このオプションは 34 インチ (86.36 cm) で、どんなドアにもフィットするように調整でき、出入りする騒音を遮断します。

防音窓カバーを使用する

ガレージに窓がある場合は、窓から音が漏れないようにすることが最優先事項となります。

次のようないくつかのオプションがあります。

  • 前述の吸音パネルの使用
  • のような騒音低減カーテンへの投資 BEAUTIROX 遮熱グロメットカーテン (アマゾンリンク)
  • 窓に騒音低減または吸音ブランケットを掛ける

ラグとラグパッドを追加する

ガレージの床はセメントでできている可能性が高いため、室内の音をある程度吸収し、その上を歩くときに発生する騒音を軽減するために敷物を敷くことをお勧めします。

お好みのラグの下に、高密度でフェルトとゴムで作られた防音ラグパッドを使用できます。 ラグパッド USA 厚手のフェルトとゴム製ラグパッド (アマゾンリンク) サイズは 2 フィート X 10 フィート (0.6 メートル X 3 メートル) です。さまざまな厚さとサイズもさまざまな価格で入手できます。

ガレージドア下部のゴムシールを取り付けます

ユニバーサルガレージドア敷居シールストリップ (アマゾンリンク) は、ガレージドアが閉まるガレージの床を裏打ちする、簡単に取り付けられるゴム製ストリップです。

ガレージの防水のために作られていますが、ドアスイープと同じようにガレージの防音にも役立ちます。このオプションの長さは 20 フィート (10.3 m) です。

防音ガレージドアに投資する

ガレージの防音対策に少しお金をかけても構わないのであれば、ガレージのドアを完全に交換するという選択肢もあります。

防音ガレージドアは厚みがあり、外側は合板、スチール、ビニール、またはアルミニウムのシートで作られています。 発泡体で断熱された、内側に追加の表面仕上げ。

防音性という優れた機能を備えた新しい 16 フィート X 7 フィート (5 メートル X 2 メートル) のガレージ ドアの場合、設置費用は $2000 から $3500 の範囲内となります。

ガレージの防音費用の内訳

ガレージの防音対策

どれくらいの費用がかかるのか、どのオプションが防音に最適なのかを知りたい場合は、これらのオプションのそれぞれを見て、どの防音技術を使用する必要があり、どの防音技術を使用できるかを比較してください。

注: これらのコストはすべて米ドルで表示されており、前述の項目に基づいて概算されています。

防音製品 カバーされる総面積 効果 インストールする時間 料金
吸音パネル 3 壁と天井 高い 2時間 $100~$300
ドアスイープ 1 ドア 適度 1分 $15
防音窓カバー 1 ウィンドウ 高い 30分 $40
ラグパッド 適度 5分 $35~$50
ガレージドア下部シール ガレージドアの下 適度 20分 $40
防音ガレージドア ガレージのドア 高い 1日 $2000~$3500

各アイテムにいくら費やしてもよいか、またそれぞれのアイテムが何個必要かに応じて、合計で $2230 から $3950 の費用がかかります。

新しいガレージドアがなければ、合計 $230 ~ $450 しかかからず、かなり安価なプロジェクトになる可能性があります。また、ガレージの壁が大きければ大きいほど、防音対策に多くの費用が必要になることにも留意する必要があります。

こちらもお読みください: 天井の防音工事にはどれくらいの費用がかかりますか?

まとめ

ガレージに出入りする音を軽減するための 5 つの異なる製品に投資するだけで、$500 未満でガレージの防音を実現できます。これには、吸音パネル、ドアスイープ、防音窓カバー、敷物パッド、ガレージドア下部シールの取り付けが含まれます。

もう少しお金をかけても良いのであれば、ガレージの防音対策に最も効果的な選択肢は、新しい防音ガレージドアに投資して設置することでしょう。

類似の投稿