ガソリンゴルフカートを静かにする方法

ゴルフカートは、短距離を素早く簡単に移動できる手段です。ただし、かなりの騒音が発生する可能性があるため、ガソリン ゴルフ カートをより静かにする方法を疑問に思った方もいるかもしれません。簡単な答えは次のとおりです。

ガソリンゴルフカートを静かにする最も簡単な方法は次のとおりです。 カートの本体にマフラーや断熱材を追加することによって。 ゴルフ カートに何らかの改造を加える前に、異音が機械的な問題の兆候ではないことを確認してください。

また、私のをチェックしてください ダーツボードを静かにするためのガイド.

ガソリンゴルフカートをより静かに

この記事では、ゴルフカートを静かにする最も効果的な方法と、疑わしい騒音の原因を特定するための簡単なトラブルシューティングについて説明します。大きな変更を加えるには、多少の機械の知識が必要になることに注意してください。

ゴルフカートはなぜうるさいのですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

あまり知られていないかもしれませんが、すべてのガソリンエンジンは何らかの騒音を発します。これらの騒音は、エンジン内の可動部品または排気ガスから発生する可能性があります。排気はエンジンの騒音を増幅させることが多いため、排気は騒音低減ソリューションに最適な場所の 1 つです。

ガソリン ゴルフ カートの騒音に影響を与える主な要因は次のとおりです。

エンジンの大きさ

一般に、ゴルフ カートのエンジンのサイズによって、発生する騒音の大きさが決まります。ゴルフカートには通常 10 ~ 12 馬力のエンジンが搭載されていますが、この小さな違いでも騒音に影響を与える可能性があります。

明らかにエンジンが大きいほど速く移動できますが、騒音も大きくなります。まだ買い物をしている場合、かなり静かなゴールドカートが必要な場合は、このことを念頭に置いてください。

絶縁

ゴルフカートにはそれほど多くはありませんが、ほとんどのゴルフカートには何らかの断熱材が付いています。おそらくエンジン周りやボディにあると思います。明らかに、断熱材が少ないほど、ゴルフカートの騒音が大きくなります。

高品質で断熱性に優れたゴルフカートであっても、時間の経過とともに断熱材が変化する必要があります。熱や摩耗により損傷し、効果が低下する可能性があります。これが、ゴルフカートの騒音が以前よりも大きくなった理由である可能性があります。

マフラー

マフラーは法的義務ではないため、すべてのガソリンゴルフカートにマフラーが装備されているわけではありません。ただし、特に高品質のマフラーの場合、装着すると騒音の量に大きな違いが生じます。

すでにマフラーが取り付けられている場合は交換が必要になる場合があります。亀裂や錆などの磨耗は、機能に影響を与える可能性があります。したがって、マフラーが古くなったり損傷しているように見える場合は、交換することを検討してください。

機械的な問題

他のエンジンと同様に、ゴルフカートも機械的な問題の影響を受ける可能性があります。ゴルフカートのエンジンと自動車のエンジンの唯一の違いはサイズです。それらは本質的に同じテクノロジーで実行されます。

これを回避する最も簡単な方法は、適切なサービスとメンテナンスを行うことです。接続部やネジの緩みからトランスミッションの問題に至るまで、ゴルフカートが発する騒音の大きさに影響を与える可能性があります。

潜在的な機械的問題

前述したように、一部の機械的問題は、ゴルフ カートが発する騒音の量に直接影響を与える可能性があります。あなたの騒音が通常よりも大きいことに気付いた場合は、防音工事を開始する前に問題をチェックしてもらう価値があります。

騒音レベルに影響を与える可能性のある主な問題は次のとおりだと私は考えています。

ショックアブソーバー

ゴルフカートのサスペンションにはショックアブソーバーが組み込まれており、時間の経過とともにショックアブソーバーが損傷する可能性があります。実際に使用するとかなりのストレスがかかるので注意が必要です。

段差を乗り越えたときに異音に気付いた場合は、ショックアブソーバーが原因である可能性があります。これらは他のコンポーネントよりも頻繁に交換する必要があるため、ペイロードを期待しないでください。

モーター

すべてのガスモーターは使用中に何らかの騒音を発します。ただし、新たなノイズやより大きなノイズは、機械的な問題の兆候である可能性があります。また、新しいエンジンは一般的に古いエンジンよりも静かで効率が高くなります。

エンジンに懸念がある場合は、防音工事を始める前にカートを整備士に持って行ってください。結局のところ、潜在的な問題をブロックしたために故障することは最も避けたいことです。

伝染 ; 感染

車のエンジンと同様、ゴルフカートにも 伝染 ; 感染 装着した。ゴルフカートはトランスミッションが壊れたり損傷したりしても走行しますが、騒音が大きくなり、楽しくなくなります。

以前にトランスミッションの故障に対処しなければならなかったことがあるかどうかに関係なく、問題があるかどうかがわかります。乗り心地が不安定になるだけでなく、騒音も大きくなります。

コントローラ

コントローラーは (当然のことですが) ゴルフ カートの速度を制御します。多くの人はカートをアップグレードしてカートを速くしたいと考えていますが、これにより明らかに騒音も大きくなる可能性があります。

逆に、小型のコントローラーに交換すると、エンジンの出力は低下しますが、静かになります。ゴルフカートを適切に整備して、コントローラーがどのような状態にあるかを確認してください。

ゴルフ カートの手入れをし、定期的にメンテナンスを受けていれば、これらの問題が発生する前に認識しておく必要があります。そうでない場合は、防音工事を始める前に必ず調べてください。

ガソリンゴルフカートを静かにする方法

ゴルフカートの断熱材

前述したように、ゴルフ カートの静音性を高める 2 つの最良の方法は、断熱材とマフラーを追加することです。最良の結果を得るために両方を試してみることをお勧めします。何をすべきかわからない場合は、ゴルフ カートの改造経験のある整備士に問い合わせてください。

たとえば、一部のゴルフ カート サプライヤー カスタマイズオプションを提供する場合があります、多くの人がカートのエンジンルームに追加の防音性を追加するために使用します。

また、読んでください 葉吹き機を静かにする方法.

1. ゴルフカートに断熱材を追加する

断熱材は一般に、あらゆる防音プロジェクトにとって非常に便利なオプションです。ゴルフカートに断熱材を追加する場合、次の 2 つの目的があります。

  • 消音。 リンプマスは、音波が接触しても振動しないように設計されており、音波の伝達が停止されます。
  • 余分な質量。 音波は振動であるため、カートの質量を増やすと振動が少なくなります。

高密度の車両断熱フォームは、一般的に厚すぎず、狭いスペース (ゴルフ カートのエンジン ルームなど) に適用できるため、この作業に最適です。

ただし、ゴルフカートの走行速度に影響を与える可能性があることに注意してください。大量の質量を追加する可能性は低いですが、追加するほどカートの速度は遅くなります。

このプロジェクトでは、次の 2 つの製品をお勧めします。

これらの製品は両方とも、ほぼ目的に設計されているため、この作業に効果的です。 車用消音マット (私の記事を読んでください) 断熱性と防音性の両方を提供します。

どちらもブチルゴムでできており、高温に耐える柔軟な素材です。厚さはどちらも1mm程度なので、エンジンルームに取り付けるのに問題はありません。

どちらの製品にも簡単な説明書が付属していますが、次の手順に従ってください。

  • 古い断熱材を取り除き、その部分をよく掃除して油や汚れを取り除きます。
  • 関連する寸法を測定し、折り目を滑らかにするために少し余分に残して、マットをサイズに合わせてカットします。
  • 裏面の粘着シートを剥がして貼り付けます。で所定の位置に転がします ハンドローラー.
  • すべての部品がしっかりと固定されており、大きな隙間がないことを確認します。フードにも裏地が付いています 消音マット (最高のものに関する私の記事)も。

これらのマットがもたらす違いはすぐにわかります。彼らは最大 60% のノイズ低減を提供すると主張しており、これはかなり印象的です。

ゴルフカートの他の部分に断熱材を追加することもできますが、それほど価値はありません。効果的な遮音は発生源で行うのが最善であるため、椅子やシャーシの下に遮音材を敷いても重量が増えるだけです。

断熱材を追加する際に留意すべき唯一のことは、エンジンの熱をあまり閉じ込めないことです。これらの製品では通常、これは大きな心配ではありませんが、断熱性が高ければ高いほど、火災の危険性が高くなります。

これについて懸念がある場合は、ゴルフ カートのメーカーとモデルに関するより確実な情報について整備士に相談してください。ただし、これらのマットはマッスルカーに使用されているため、エンジンが発火する可能性はほとんどありません。

2. ゴルフカートに新しいマフラーを取り付けます

ゴルフ カートのエンジンから発生する騒音の多くは、排気ガスから漏れます。マフラーはこれに対処するために設計されています。 ノイズを消散する。ゴルフカートのマフラーは、通常の車のマフラーとまったく同じように機能します。

新しいマフラーを取り付けるための最も簡単なオプションは、カートを所有してから時間が経っていない場合はディーラーに相談することです。彼らはモデル固有のマフラーを提供してくれるはずなので、あなたの人生はずっと楽になります。

ただし、マフラーを自分で購入して取り付けることもできますが、これはあなたの技術的知識に依存します。他のものよりもはるかに簡単にフィットするものもあります。このビデオでは説明しています ゴルフカートマフラーの取り付け方 十分に詳しく。

自分のゴルフカートに適合するマフラーを見つける必要がありますが、複数のゴルフカートに使用できる汎用モデルもいくつかあります。ここでは、Amazon リストへのリンク付きの人気商品をいくつか紹介します。

ゴルフ カート マフラーの市場は非常に大きいため、これらはアイデアを得るのに役立つ実際の例にすぎません。あなたのゴルフカートに最適なモデルを時間をかけて調べてください。

適切な情報が見つからない場合は、フォーラムを参照してください。この問題に直面するのはおそらくあなたが初めてではないためです。

この問題を解決する簡単なオプションは、カスタマイズ ショップまたは整備士にカートを持っていくことです。彼らは最適なモデルについてアドバイスし、あなたに合わせることもできるはずです。

3. 防音を選択する

おそらく、ゴルフカートの静音性を高めるには、何らかの改造が必要であることはもうおわかりでしょう。ただし、ゴルフ カートに大幅な変更を加えたくない場合は、もう 1 つの選択肢があります。

と呼ばれるものを試してください ゴム製スナバー (アマゾン)。これらはエンジンの下のフレームに取り付ける非常にシンプルな小さなゴム足です。その目的は、エンジンのショックアブソーバーとして機能し、多くの不要なノイズを除去することです。

これらは非標準部品であるため、ほとんどのブランドがゴルフ カートのほとんどのモデルに適合します。特定のサイズと形状が必要なマフラーとは異なり、通常は小さなゴム足です。

何よりも、これにより購入が非常に簡単になります。ほとんどのメーカーは互換性をリストしているはずですが、いつでも簡単に検索して、あなたのゴルフ カートに適したものを見つけることができます。

ゴム製スナバーを使用すると、次のような利点があります。

  • 断熱材やマフラーを追加するよりも侵襲性が低くなります。
  • 他のオプションよりも大幅に安価です。
  • 通常、それらを取り付けるために多くの機械的知識は必要ありません。
  • また、マフラーと異なり、磨耗した場合の交換も非常に簡単です。

とはいえ、実際には上記の他のオプションほどのノイズ低減効果はありませんが、より便利です。より大きな選択肢に移る前に、いくつかのゴム製スナバーを試してみる価値があるかもしれません。

電気はどうですか?

ガソリン ゴルフ カートの騒音が本当に気になる場合 (またはおそらく近所の人)、電動ゴルフ カートへのアップグレードを検討してください。最も重要なのは、これが最も静かなオプションであるということです。

ただし、ランニングコストもはるかに安くなり、エネルギー効率も非常に優れています。明らかに、これはより高価なオプションになりますが、ノイズが本当に問題である場合は、それだけの価値があります。

最終的な考え

ご覧のとおり、ガソリンゴルフカートの静音性を高めるのは、それほど難しい仕事ではありません。ゴルフカートに問題がないことを確認したら、最良の結果を得るために断熱材とマフラーの両方を追加することをお勧めします。

ただし、その作業を行う気がない場合は、ゴルフ カートをより静かにする方法についての提案がないか地元の整備士に尋ねることを検討してください。

類似の投稿