通気口を防音するための 8 つの効果的な方法

通気口の防音に関してはたくさんの情報があり、良い情報もあれば悪い情報もあります。この記事では、私が見つけた最良の方法のいくつかを共有したいと思います。他の人にとっても、騒音の多い換気口の防音に役立つ可能性があるからです。

換気口を防音にする方法

通気口の防音について調べていると、「」という言葉に出会いました。側面ノイズ'。もう少し深く掘り下げてみるまで、それが何なのか分かりませんでした。つまり、側面騒音とは、部屋と他の部屋や屋外を隔てる壁以外の経路から部屋に音が侵入することです。

まだ混乱していますか?側面ノイズの例をいくつか示します。

  • 通常、外気を取り入れて部屋を冷却するために使用される通気口からの音。
  • HVAC システムのダクトからの騒音。
  • 音はドアや窓を通して間接的に伝わります。
  • 騒音は、相互接続された床、壁、天井を通じて伝わります。

私たちはご自宅の通気口の防音に焦点を当てているため、リストの最初の 2 つの問題、つまり通気口から発生する音と HVAC システムのダクトから発生する騒音に注目します。

本題に入る前に、通気口からの騒音に影響を与える 3 つの主な要因について簡単に説明したいと思います。

通気口の騒音に影響を与える要因

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

換気口の騒音に影響を与える重要な要因が 3 つあり、対策を講じる前に考慮する必要があります。これらは次のとおりです。

  • 通気口の形状
  • 通気口内の壁の数
  • 通気口の材質

客観的に見て、通気口の内側が金属でできている場合、音が素材に反射してノイズが発生する可能性が非常に高くなります。

同様に、通気口の内側に音が反射する壁があまりない場合、音は何にも吸収されないため、非常に簡単に部屋に入ります。

これは通気孔の形状と関係しており、角が多いほど直線ダクトよりも音を吸収しやすくなります。たとえば、屈曲が多いフレキシブル ダクトでは、通気口の端に届く音の量が減少します。

通気口を防音にする方法

通気口は、独立したものと HVAC システムに属するものの 2 つのタイプに分類できます。

独立型換気口とは、通常、家の外から新鮮な空気を送り込む目的でドアまたは窓の上に設置される換気口を指します。これには、HVAC システムを使用する通気口は含まれません (詳細は下記を参照)。 HVAC 以外の通常の通気口やそこから伝わる不快な音に対処するために使用できる解決策は数多くあります。

独立した通気口は、防音材で覆うか、乾式壁で置き換えることで防音にすることができます。 HVAC システムの通気口を防音するには、ダクト ライナー、天井、防音バッフルなどの材料がいくつかの実行可能な解決策です。

家の換気口を防音にする方法をご紹介します。最初の 2 つはスタンドアロンの通気口に関係し、残りは HVAC の通気口に関係します。

1. 通気口を取り外して交換します。

通気口からの音を除去するには、通気口を取り除くことがおそらく最良の選択肢です。シンプルかつ効果的で、あまりお金もかかりません。

これを行う最善の方法は、通気口を完全に取り外してから、壁の両側と断熱材自体の隙間をシートロックで塞ぐことです。

通気口全体を取り外して塞ぐ必要があります。単に通気口を変更するだけでは、期待する結果は得られません。夏の暑い時期など、どうしても換気用の通気口が必要な場合は、防音窓を設置した方が良いでしょう。

防音窓を使用すると、外部の騒音に対するある程度の防音保護を維持しながら、換気が必要なときに開けることができるという利点があります。

私は別の解決策を見つけました。それは、理論的には音の振動を吸収する、フォームと合板の迷路が入った一種の箱を設置することでした。このオプションをしばらく検討した後、私はそれをやめることにしました。音の低減に意味のある効果をもたらすには、HVAC 以外の通気口を覆うかなり長いボックスが必要になります。

ただし、私はこのオプションを個人的に試したわけではないので、場合によっては効果があるかもしれません。そのため、効果的な防音方法としては否定できませんが、お勧めすることもできません。興味深いオプションだと思われる場合は、「音の迷路」を調べてさらに詳しい情報を見つけることができます。

2. 通気口を防音材で覆う

これは、通気口を取り外すのと似た、もう 1 つの簡単で効果的な方法です。何らかの理由で通気口を取り外すことができない場合は、通気口を覆うことが次善の策です。

通気口を覆うために重い MDF または乾式壁を使用することもできますが、理想的には、緑色の接着剤を 2 層重ねて使用するとさらに効果的です (ガイドはこちらをお読みください)。次に、吸音コーキングを使用して、既存の壁と乾式壁またはMDFの新しい層の間の層をシールします。

通気孔から音が伝わる主な経路は、密閉されていない隙間を通過することです。 MDF または乾式壁を追加すると、これらの隙間がブロックされ、通気口から発生する音が大幅に軽減または完全に除去されます。

ただし、このオプションには欠点もあります。通気口を覆うと、夏の間部屋がかなり暑くなりますが、これは人によっては理想的ではありません。交差換気が必要な場合は、おそらく別の方法が最適です。ただし、エアコンが設置されている場合、あるいは扇風機や窓が設置されている場合は、これはあまり問題になりません。

3. HVAC システムをアップグレードする

HVAC システムが古い場合は、古くて不格好なテクノロジーが使用されているか、時間の経過とともに磨耗しているため、かなりの騒音が発生している可能性があります。場合によっては、通気口の空きスペースによって振動が増幅されることがあります。

HVAC システムが古い場合は、より新しい最新の HVAC システムへのアップグレードを検討することをお勧めします。最新のシステムではより静かな技術が使用されており、その結果、通気口から聞こえる音は少なくなります。

最新の HVAC システムのさらなる利点は、エネルギー効率が高く、光熱費を節約できることです。 HVAC システムがそれほど古くない場合は、以下のオプションを検討してください。

4. ダクトライナーを取り付ける

システムをアップグレードしたくない場合、または現在の HVAC システムに (ノイズ以外に) 問題がない場合は、 ダクトライナーの取り付け 非常に安価で簡単に防音できる方法です。ダクトライナーには、通気口の内壁を伝わる振動音を吸収する断熱材が含まれています。

ダクトライナーは通気口の内壁に固定されており、両面ライナーになっています。これは、空気が流れているときにライナーがグラスウールの繊維を室内に吹き飛ばすのを防ぐためです。

私が個人的にお勧めする安くて効果的なダクトライナーは リフレクティクス (アマゾンで見てね)。 Amazon から注文できます。通常、25 フィートのロールで 30 ドル未満です。これは、ほとんどの通気ダクトをカバーするのに十分な量です。

5.フレキシブルダクトの設置

ガイド防音通気孔フレキシブルダクト
フレキシブルダクトは通気口の防音に最適です

フレキシブルダクトは曲がるため、通気口から漏れる音を低減します。防音には役立ちますが、絶対に必要な場合にのみ使用してください。

フレキシブルダクトが音を低減する仕組みは、ダクトに曲がりを作ることによって行われます。これにより、空気が流れているときに音が曲がり角に当たるたびに部分的に吸収されるため、音が伝わりにくくなります。

フレキシブルダクトを使用する場合の欠点は、ダクトに小さな亀裂が入る可能性があり、そこから音が漏れて防音効果が低下することです。このため、音がダクトに入って伝わらないように、理想的には静かな場所で、絶対に必要な場合にのみ使用する必要があります。

この問題を軽減するには、次のような高品質のフレックス ダクトを使用することが不可欠です。 ダンダス・ジャファイン(価格はアマゾンで調べてください)。これにより、この問題が発生する可能性が低くなります。

6.軒天井を取り付ける

直接音にさらされる通気口やダクトを防音する唯一の方法は、遮音天井を設置することです。

防音用途の場合、典型的な軒天井は MDF で作られ、内側に断熱層が施されています。これらのタイプの軒天井は、騒音を低減するのに非常に効果的であるため、ホームシアターの設置で非常に一般的に使用されます。

ホームシアター愛好家の中には、軒裏の間に Green Glue (粘弾性減衰) を使用した乾式壁の層を追加する人もいます。これは非常に効果的ですが、実際に必要となるのは、高いレベルの防音が必要な部屋のみです。

軒裏にフレキシブルダクトを入れると屈曲が多くなり、通気口の防音性がさらに高まります。

7. サウンドバッフルを作成する

防音バッフルを作成することも、通気口を防音する良い方法です。バッフルは通常、音をより長い距離に伝えるボックスで構成されており、その結果、途中で音を吸収して低減します。

バッフルは、内壁に沿ってフォームなどの防音材が配置された迷路と考えることができます。音が複雑な経路に沿って伝わると、振動が素材によって吸収され、騒音が大幅に低減されます。これは、車のマフラーがエンジンからの大きな音を低減する仕組みと似ています。

個人的な経験から、バッフルの作成は通気口の防音に非常に効果的な方法であることがわかりました。さらに良い結果を得るには、曲がった経路に沿ってフレキシブル ダクトを通し、ボックスを密閉することができます。これにより、通気口にこれまでにないほどの防音効果が得られます。

バッフルは HVAC システムを備えた通気口にのみ有効であることに注意してください。これは、ダクトがかなり長いため、ルートに沿って移動するにつれて音を低減できるためです。通常の通気口にバッフルを使用しても、音が伝わる距離がほとんどなくなり、吸音性が低下するため、あまり効果的ではありません。

8. 専門家の助けを得る

場合によっては専門家に依頼するのが最善です。これらの方法を試したくない場合、またはこれらの方法を実装するためにダクトのサイズと長さを大幅に変更する必要がある場合は、専門家の助けを受けることが最善の方法かもしれません。

専門家がお客様の具体的なご要望をお聞きし、どの方法が最適かをアドバイスいたします。人を雇うのはより高価ですが、少なくともあなたが求めている結果が正確に得られることがわかります。

防音通気口のまとめ

結局のところ、通気口の防音に関しては、少なくとも防音を効果的にしたい場合には、すぐに解決できる解決策はあまりありません。これは、壁、ドア、その他の表面など、さまざまなものを防音する場合にも当てはまります。

この記事で提供される情報は私自身の経験から得られたものだけではなく、通気口を防音する方法を研究中に見つけた情報も含まれています。多くのアドバイスは防音の専門家からのものです。 アブスフォーラム などのさまざまなプラットフォーム。

通気口の防音対策は非常に簡単な場合もありますが、非常に複雑な場合もあります。すべてはレイアウトに依存します。これは、通常の通気口以上の機能がある HVAC システムに特に当てはまります。ツールを手に取って作業を始める前に、まず主な問題がどこから来ているかを突き止めてください。問題がどこにあるのかを理解していなければ、時間を無駄にするだけで、悪い結果を招くことになります。

通常の HVAC 以外の通気口を扱っている場合は、それを取り外すか、完全に遮断することをお勧めします。たとえば、不動産を借りていて、家主が変更を許可していない場合など、場合によってはそれが不可能になることがあります。部屋の換気も必要になる場合があるので、それも考慮すべきことです。

HVAC 通気口については、この記事に記載されている情報に従うことで優れた結果が得られます。私の言葉を鵜呑みにしないでください。この記事の情報の一部は、防音の専門家が推奨するものをまとめたものです。

類似の投稿