カーペットは防音壁に適していますか?

特定の防音材を使用すると、部屋の防音工事に費用がかかる場合があります。多くの人は、カーペットやカーペットパッドなどの安価なものを防音壁に使用できないか疑問に思っています。端的に言えば、カーペットには防音効果があるということです。

カーペットは音や反響音を吸収してくれるため、防音壁として最適です。比較的安価な防音対策方法です。ホームスタジオの専門家によると、カーペットやカーペットパッドなどの高密度素材を複数層使用すると、部屋を効果的に防音できるそうです。

カーペットは防音壁に適していますか

この記事では、カーペットが防音壁としてどのように優れた素材であるかについて詳しく説明します。防音に最適なカーペットの種類やカーペットの費用も紹介します。

こちらもお読みください: 防音カーペット・床材おすすめ9選

カーペットが防音壁に適している理由

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

カーペットは騒音を完全に遮断することはできませんが、外の音を消すのに役立ちます。壁に使用すると、音楽、楽器、テレビ、人の声などのノイズを遮断するのに役立ちます。床に使用すると足音も軽減します。

防音専用に作られた製品もあり、おそらくより良い結果が得られます。ただし、カーペットのパッドは、以下の場合に最適な安価なオプションです。 防音材 そして正しく行えば素晴らしい仕事をするでしょう。

カーペットのパッドは壁の防音に適していますか?

カーペットのパッドは次のような場合に適しています 防音壁 カーペットの下に素材の層を追加することでカーペットの効果が高まります。クッションを追加し、消音音を軽減します。カーペットパッドはカーペットと併用すると最も効果的ですが、それだけでもある程度の騒音を軽減できます。

どのカーペットや詰め物が防音に最適かを判断するには、その騒音低減係数を調べる必要があります。この係数は、素材が音をどの程度吸収または反射するかを 0.0 ~ 1.00 のスケールで示します。

1.00 に近い材質は防音性が高く、0.0 に近い材質は音を反射する傾向があります。これらの数値は音響実験室で専門家によって測定されます。

防音に最適なカーペットはどれ?

ほとんどのカーペットには防音機能が備わっていますが、カーペットが厚いほど防音効果は高くなります。ウール、リネン、ナイロン、シルク、コットン、化繊などさまざまな素材が手に入ります。

ウールは厚く、多孔質で、重いため、防音材としてはおそらく最良の選択です。そのため、他のタイプのカーペットよりも高い騒音低減係数を持っています。

防音に最適なカーペットパッドはどれですか?

防音のためには、フォーム、ゴム、繊維で作られたカーペットの詰め物が望ましいです。各素材の防音特性はわずかに異なるため、より効果的なものもあります。

ゴムは騒音低減係数が高いため、より良い選択肢となります。発泡体は、防音製品の一般的な成分でもあります。したがって、いつでもフォームやゴム製のカーペットパッドを使用して、最大限の結果を得ることができます。

カーペットを使った防音壁の費用

カーペットは防音専用に作られた他の素材よりも安価であるため、人々は防音のためにカーペットを使用します。

価格は選択したタイプと色に応じて平方フィートあたり $1.00 から $12.00 の範囲です。カーペットの詰め物は、詰め物の種類に応じて、平方フィートあたり $0.50 から $5.00 の範囲になります。

アマゾンにはカーペットの選択肢がたくさんあります。の ケクリッツ ピールアンドスティックカーペットタイル (アマゾン) ウールとリサイクル素材で作られているため、手頃な価格で効果的な防音オプションとなります。

それをしたくない場合は、これもあります XFasten両面カーペットテープ (アマゾン) カーペットを壁に傷つけずに取り付けることができます。こんなのもあるよ XCEL マリンロール (アマゾン) カーペットの下に敷くのに。これらのフォームラバーパッドは非常に耐久性があり、さまざまな厚さがあります。

カーペットを使ってどのように防音するのですか?

最適な結果を得るには、まず壁にカーペットパッドを使用し、その上にカーペットを重ねるとよいでしょう。レイヤーは多ければ多いほど良いので、それぞれをいくつか追加してください。

剥がして貼るタイプのものがない場合は、四角形を取り付けるための接着剤も必要になります。

より永続的な方法を使用したい場合は、ステープルガンを使用して、いつでもカーペットを壁にステープルで留めることができます。

カーペットの四角形に粘着テープを使用する場合、この YouTube ビデオで床にテープを貼る方法が説明されています。これは壁に貼る方法と似ています。

永久的な方法を使用したい場合は、床のカーペットに使用される通常のカーペット用接着剤を塗布することもできます。

これを行う方法を示した YouTube ビデオがあります。

カーペット敷きの壁に関連する火災の危険性

米国商務省によると、 連邦規制 すべてのカーペットがいわゆるピルテストに合格することを保証するために、1971 年以来実施されています。

このテストでは、材料がどの程度可燃性であるか、また介入がなければその表面で火が広がるかどうかを判断します。カーペットがテストに合格した場合、初期段階では火災が広がらないことを意味します。

これはカーペットが完全に耐火性であることを意味するものではありませんが、火が燃え広がったり、火災が悪化したりすることはありません。したがって、カーペットで壁を防音する場合、火災についてあまり心配する必要はありません。

また、ウールカーペットはさまざまな種類のカーペットの中で最も可燃性が低いため、防音壁として非常に安全に使用できます。

最も燃えやすい布地は綿とポリエステルなので、壁の防音にはそれらを使用しないことをお勧めします。

最終的な考え

壁の防音対策として安価なオプションをお探しの場合、カーペットが最適です。

カーペットとカーペットの詰め物にはいくつかのオプションがあります。素材の騒音低減係数が高いほど、音をよりよく遮断できます。ウールは厚く多孔質であるため、最適な選択肢です。ウールカーペットと組み合わせるカーペットパッドにはゴムパッドが最適です。

カーペットと詰め物は、生地や購入する場所によって平方フィートあたりの価格が異なります。 Amazon では、自分で防音壁に簡単に設置できるオプションを多数用意しています。

情報源

類似の投稿