エアホーンを消すための 7 つの簡単な方法

エアホーンは、スポーツ イベント、ハイキング セッション、その他の多くのイベントで役立ちます。ただし、場合によっては少しうるさすぎる場合があります。聴覚の損傷が心配な場合でも、周囲に迷惑をかけたくない場合でも、エアホーンを定期的に使用する前に、音を消しておくことをお勧めします。

エアホーンを消音するには、まずテニスボール、綿、または絶縁テープをコーンに追加します。次に、コーンを削るか、新しいものと交換して、コーンのサイズを小さくします。静かさが足りない場合は先端に靴下を付けると切れ味が軽減されます。結果をテストし、そこから調整します。

エアホーンを消音する

この記事では、エアホーンの消音に関する次の情報も学びます。

  • クラクションの音を安く抑えるためにできること
  • エアホーンの音量をテストする方法
  • 違う 家庭用品 それは騒音レベルを下げるでしょう

こちらもお読みください: クラリネットを効果的に消音する方法

エアホーンを消す最良の方法

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ここでは、エアホーンの消音に対する解決策をいくつか紹介します。

1. テニスボールを使って騒音を消す

として CDC 前述したように、エアホーンは聴覚に直ちに永久的な損傷を与える可能性があります。ただし、このような問題を回避する方法はたくさんあります。たとえば、十分な大きさであれば、テニス ボールをコーンの中に置くことができます。十分な大きさのエアホーンがない場合は、プラスチック製の卓球ボールを使用してみてください。

テニスボールをコーンの中に置き、テープを使って所定の位置に固定します。エアホーンを反対側に向けて絞って、音量をテストしてみてください。出てくる音は制限されますが、音の鋭さは減少しません。消音に関するその他のヒントについては、次のステップに進んでください。

2. 綿球をコーンに挿入します。

テニスボールの下にコットンボールを加えたり、コットンボールだけをコーンの中に入れたりすることもできます。いずれにせよ、綿は比較的効果的に音を消すことが知られています。綿球の密度が高いほど、ノイズは少なくなります。音を抑えるために、できるだけコーンに詰めてください。

注: 綿球を追加しすぎると、エアホーンが役に立たなくなります。コーンを半分ほど満たしてみて、結果をテストしてください。そこから綿球がもっと必要かどうかを判断することができます。コーンの内側にテープを使用して所定の位置に固定します。

3. エアホーンの小型化

エアホーンは凝縮された空気を使用して音を出しますが、コーンがそれを大幅に増幅します。鋭利なナイフを使用して、コーンを約 1/2 インチほど慎重に切り取ります。結果をテストしたり、さらに削減したり、そのままにしておくことができます。一部のエアホーンではコーンを取り外すことができ、その場合はもう少し安全性が高くなります。

コーンを取り外すことができれば、DIY でコーンを作って交換することもできます。狭いコーンはサウンドをエコーしてシャープさを加えますが、広いコーンは音量を抑えながら有効領域を広げます。

4. 騒音を消すためにコーンを取り外します

まだエアホーンの音を消すことができていませんか?他のすべてが失敗した場合は、コーンを完全に取り外します。これにより、以前ほど大きくないシャープなサウンドが得られます。コーンを削除すると変更できなくなることに注意してください。そのため、他に何も問題がなければ、これは最後の手段として行う必要があります。

上で述べたように、エアホーンに永久的な損傷を与えることなく、コーンをひねって取り外すことができる場合があります。この例では、試してみてエア ホーンを絞って、コーンがエア ホーンの音量にどのような影響を与えるかを確認できます。

5. コンセントに絶縁テープを追加します。

電気テープには消音効果はあまりありませんが、エアホーンの鋭い音を確実に軽減できます。複数の絶縁テープを使用して、エアホーンの出口全体を覆います。

ユニットの損傷を防ぐために、空気を逃がすための小さな隙間を残すことができます。この提案により、圧力が分散されるため、テープの寿命も長くなります。

絶縁テープは非常に薄いため、おそらく複数の層を重ね合わせる必要があります。すべて完了したら、結果を調整するために追加したレイヤーの数を必ず確認してください。また、遮音性を高めるために、もう 1 枚のストリップを使用してコーンの底部を包み込むことも検討してください。

6. 端に靴下を取り付けます

このステップは一目瞭然ですが、コミュニティは次のとおりです。 レディット 音を軽減するためにエアホーンの出口に靴下を着用することを提案しています。このリストにある他のいくつかのヒントと同様に、靴下を履いてもシャープネスが低下することはありませんが、音量出力は確実に低下します。希望の結果が得られるまで、複数の靴下を重ね着することができます。

靴下のズレを防ぐために、コーンの底部にゴムバンドを付けます。また、最大限の効果を得るために、靴下をコーンの出口までしっかりと引っ張ってください。このように靴下を何枚か重ねて履くと、騒音が大幅に軽減されることに間違いなく気づくでしょう。

ヒント: この提案をコットン ボールのステップと組み合わせてください。

7. エアホーンを巻き付ける

エアホーンの前面と側面を覆うものは間違いなく音量を低下させます。しかし、 音響表面 防音には質量と密度が必要であると指摘しています。つまり、巻き付けた素材をだらりと垂れたままにせず、しっかりと戻すということです。素材を増やすとさらに音が小さくなります。

枕カバー、残り布、その他の展性のある素材を使用してみてください。薄くて緩い素材(紙、安物のプラスチック、コーヒーフィルターなど)には大きな効果がないことに注意してください。この種の材料には質量や密度がまったくありません。

こちらもお読みください: タンバリンを消す方法

ボリュームをテストする

エアホーン

騒音計を使用すると、エアホーンの音量の物理的な変化を確認できます。懐疑的な場合、または結果を確認したい場合は、試してみてください このデシベルメーター (アマゾンリンク)。これにより、エアホーン (または家の周りにある他のもの) によって何デシベルが発生しているかを正確に確認できます。

物体が発する最小および最大デシベルを確認できる最小/最大設定もあります。最大値を設定し、エアホーンを絞って、その最大音を確認することができます。上記の提案を使用して、結果をテストし、以下の最終ステップで調整してみてください。

結果を調整する

進歩している(または進歩していない)という物理的な証拠を確認したら、戻ってエアホーンをさらに変更できます。

綿球を詰めたり靴下を使用したりするとうまくいく人もいますが、音が小さくなりすぎると感じる人もいます。前述のデシベルメーターを使用すると、音の出力をより簡単に制御できるようになります。

クマの国でのハイキングなど、大音量のエアホーンが必要な場合があることに注意してください。ただし、スポーツ イベントや、人々が互いに近くに密接して座るその他の状況では、エアホーンを消音する必要があります。

結論

エアホーンはさまざまな状況で非常に役立ちますが、音が大きすぎることがよくあります。幸いなことに、難聴や不快な音を防ぐために音を消すことができます。

投稿の要約は次のとおりです。

  • 質量と密度のマッフルは、何よりも優れたサウンドを実現します。
  • デシベルメーターを使用して結果を確認し、必要に応じて結果を変更します。
  • コーンの形状とサイズは、エアホーンの音量に直接影響します。
[ハリタイマー id = "4179"]

類似の投稿