エアダクトノイズサイレンサー – 知っておくべきことすべて

エアダクトは、建物全体の居住空間に空調された空気をもたらすために人気があります。しかし、これらは多くの場合、占有エリアに侵入的で迷惑な騒音を伝える昔ながらの伝声管と同じように動作する可能性があります。

エアダクトノイズサイレンサー - 知っておくべきことすべて

私のガイドをチェックしてください 防音通気孔

では、具体的にはどのようにしてこの問題を軽減できるのでしょうか?エアダクト騒音消音器はこの問題にどのように役立つでしょうか?

この伝声管効果は、それまで平和だった空間に反響する驚くべきポップ音やドーン音と結びつくことも多く、その地域に住む人々にとっては信じられないほどイライラさせられ、不安を与えるものになる可能性があります。

エアダクトの騒音消音装置と、関連する騒音を抑える方法について知っておくべきことをすべて調べてみましょう。

ダクト工事で異音が発生するのは正常ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

エアダクトから共鳴する一般的な音には、ブーン、ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッと鳴る音「ブーン」「ブーン」「クリック」「ポン」という音などが挙げられますが、そのほとんどはスイッチがオンになり、空調された空気がダクト内を流れ始めると発生します。

ダクト内の薄い金属シートが空気の流れによって生じる急激な圧力変化に対応するときに膨張し、このような騒音が発生します。

ダクトを掃除した後も、空気の流れによってダクトが埃やゴミがある場合には起こらなかった方法で膨張する可能性があるため、パンという音やパチパチという音が聞こえるようになります。そうは言っても、エアダクトもきれいでないと異音を発生する可能性があります。

ポッピングのその他の原因としては、点火の遅れ、ダクトのサイズ不足、トランクとプレナムの間のダクト接続部などが挙げられます。適切で効果的な解決策を見つける前に、この問題に対処し、特定する必要があります。

ダクトのサイズ、厚さ、形状にも違いが生じます。円形または円形のダクトは、簡単に破裂したり衝撃を与えたりする角のあるダクトよりも空気圧をうまく処理します。

商業用ダクトとは異なり、ほとんどの住宅用ダクトは薄い金属で作られているため、突然の膨張や相対的な騒音に対してより脆弱です。

エアダクトからの驚くべき音を聞いたとき、最初の反応は警戒または懸念かもしれません。幸いなことに、エアダクトから騒音が発生する原因のほとんどは心配する必要はありませんが、故障があった場合に備えて対処する必要があります。

これらの騒音は平穏な生活空間を乱す可能性があるため、これらの影響を軽減するために適切な手順に従うことが最善です。

エアダクト消音器とは何ですか?

工業用音響減衰器、サウンドトラップ、またはマフラーとしても知られるエアダクトノイズサイレンサーは、ダクト内、建物の開口部、筐体内、または騒音の多い機器から共鳴する空気伝播音波を制御するように特別に設計されています。.

ダクトサイレンサーは、ダクト自体から発せられる騒音や、他の場所からダクトを通って伝わる音を低減する効果的な手段を提供します。

これらは、ファンやエアハンドリングユニット、エアフローレギュレーター、エアダンパー、防火ダンパーなどの換気装置を含む、換気ダクト内で騒音を発生させる発生源の近くに設置されます。

美的デザインと換気システムの他のコンポーネントとの互換性により、露出したダクトの一部として設置することもできます。

ほとんどの場合、エアダクトノイズサイレンサーはファンと排気ファンの間、および散気装置の前に取り付けられ、ファンの後ろに取り付ける必要があります。

これらは、必要に応じて主要なダクトや地層の分岐にも使用でき、エルボ、T ピース、またはエア ダンパー内の空気の流れによって発生する騒音を低減するように設計されています。

ダクトサイレンサの例とその用途

_ダクトの作業が静かになりました

ダクトサイレンサーの長さ、開口面積、および構成は、騒音制御要件および問題のダクトシステムの設計によって決まります。

ダクトサイレンサーを既存のシステム構造に組み込む際には、空間制限、要件、空気圧低下がすべて考慮されます。一般的な ダクトサイレンサーの種類 角ダクトサイレンサー、円形ダクトサイレンサー、フレキシブルダクトサイレンサーなどがあります。

どのタイプのダクトサイレンサーが当該の換気システムに最も適合するかを決定するには、流量に応じた許容流速とサイレンサーの正確な騒音を考慮する必要があります。

角型ダクトサイレンサ

長方形のケーシング内に含まれる消音器には、ハウジングと内部の減衰バッフルの両方が含まれます。ハウジングは板金フランジ プロファイルでフレーム化されており、亜鉛メッキ鋼で構成されています。

バッフルは片面が丸く、音響エネルギーを吸収する吸音インサートが組み込まれており、フレームには亜鉛メッキ鋼板が使用されています。

に含まれるサウンドインサートは、 角型ダクトサイレンサー 不燃性のミネラルウールボードを組み合わせて作られており、その外側は独特の耐摩耗性生地で覆われており、内側のウールを保護しています。

これらのミネラルウールボードは黒色のガラス繊維ベールでコーティングされており、その表面は20 m/sの気流速度に適しており、熱エネルギーキャリアの最高温度は250°Cです。

設計の点では、減衰バッフルには 3 つの区別できるタイプがあります。

  • L: 吸収バッフル
  • R: 吸収共振器バッフル
  • P: 吸収共振器バッフル、穴あき

SLC、SRC、および SPC の長方形バッフルは、バッフルが垂直に配置された状態で換気経路に固定され、2 つのフランジ フレームを結合するために、スチール コーナーのボルトが G クランプとクリートを使用して固定されます。

SLC アッテネータ: スチールフレームとミネラルウールライナーを含むK-SLC減衰バッフルが使用されています。これらは通常、低音から中音の周波数の遮音に使用されます。

SRC アッテネータ: K-SRC 穴あき減衰共振バッフルが使用されており、スチールフレーム、ミネラルウールライナー、バッフル長の 1/2 がスチールシートで覆われています。これらは通常、中音から高音の周波数での遮音に使用されます。

SPC アッテネータ: K-SPC 穴あき減衰共鳴バッフルが使用されており、スチールフレーム、ミネラルウールライナー、開口表面積比 36% の穴あき鋼板で全長にわたって覆われたバッフルが含まれます。

円形ダクトサイレンサー(リジッド)

円形サイレンサーは、円形のケーシング内に収められ、スパイラルダクト(音響減衰器 SIL、SIBL、SIBOL、SIRL、SIBROL)またはプレーンダクト(音響減衰器 SI-GL、SIL-GL)で構成され、円形で使用されます。騒音減衰ソリューションとしてのダクト工事。

これら 2 つの壁の間には不燃性の消音ミネラルウールの層があり、ポリエステル生地とスチールシートでコーティングされており、ミネラルウールの層がダクト内に漏れるのを防ぎます。

これらは、スピゴット接続がダクトに挿入されるダクトの領域にセルフドリリング ネジまたはリベットで固定されます。直径 315 mm 以上のサイレンサーはダクトに接続するためのメス端で設計されているため、別途オス カップリングが必要です。

直径が大きい場合は、円形ダクト サイレンサーに中央のバッフルまたはポッドを取り付けることができます。 SIBRL および SIBL 円形ダクト サイレンサーには内部垂直バッフルが含まれており、SIBOL および SIBROL には内部ポッドが含まれています。

  • 消音エルボ/曲面ダクトサイレンサー:

これらは一般に、ストレートまたは固定形状のサイレンサーに代わる優れた代替品であり、空間的に制限されている換気や、標準的なダクト サイレンサー タイプの使用が不可能なその他の条件がある換気に使用されます。

この湾曲したサイレンサーは、相互接続された 2 つの屈曲部で構成されています。内側のベンドは穴あき鋼板で構成されており、外側と内側のジャケットの間の空間には吸音材が充填されています。穴あきジャケットは布地で覆われており、消音材がダクト内に引き込まれるのを防ぎます。

  • 長方形のケーシング内の円形接続

これらは、コンパクトな設計で設置高さが非常に低いため、空間的に制限された換気システムや吊り天井設置内で作業するためのもう 1 つの素晴らしい代替品です。

これらは、25mm (SQLL-25)、50mm (SQLL-50)、および 30mm (SQQL-30) のミネラルウール断熱材で利用できます。 1 つのスピゴットが側壁に配置されている、円形のスピゴットを備えた長方形サイレンサー モデルも利用できます。

多くの円形ダクトサイレンサーには、円筒形の耐圧ケーシング、流線型の音響コアバッフル、亜鉛メッキの穴あきシートメタルで保護された音響媒体、入口の圧力損失を低減するスピンヘッド、最適な速度圧力回復のために設計されたテーパーテールなどの機能が含まれています。

フレキシブルダクトサイレンサー

これらは設置が非常に簡単で、柔軟性があるため、天井の隙間やアクセスが容易ではないシステムのエリアなどの扱いにくいスペースでも使用できます。これらのフレキシブル ダクト サイレンサーの両側には標準のレデューサーがあり、さまざまな長さが用意されています。

SLEALダクトサイレンサー: これは穴あき ALUDUCT ホースで構成されており、使用される断熱材は厚さ 25 mm で、密度 45 ミクロンで鋼線で強化された ALUDUCT AD-L ジャケットで包まれています。

SLEASDダクトサイレンサー: これは穴あき ALUDUCT AD-L ホースで構成されており、厚さ 25 mm の断熱材が含まれており、厚さ 45 ミクロンのアルミニウム - ポリエステル ジャケットで包まれています。

SLEAFダクトサイレンサー: これらは、厚さ50mmの断熱材を含む2本のAF-ALタイプのホースで構成されています。

一般的なダクトサイレンサーの用途 これには、供給ダクトと戻りダクト、ファン プレナム、エア ハンドリング ユニット、端子ボックスと混合ボックス、ヒュームと排煙、および音響的にライニングされたダクトの代替品が含まれます。

  • 音響サイレンサー 音の反響を減らす
  • 発電機セットのサイレンサー 発電機やエンジンから発生する音を制御する
  • サウンドトラップ 騒音の多い機械から発せられる音の音量を下げます。
  • HVAC サイレンサー 建物換気システム用のダクトサイレンサーです

スタンダードもカスタムも ダクトサイレンサー 多くの企業から入手可能であり、多くの産業用サイレンサーには、亜鉛メッキ、カーボン、またはステンレス鋼のケーシング、ダクト延長、完全溶接構造、雨よけフード、鳥よけ、塗装された外装、アクセス ドアまたはパネルなどの機能オプションが含まれています。 、およびフィルター。

場合によっては、換気システムには、酸、湿度の上昇、温度の上昇などの特定の化学物質に対するより高いレベルの耐性が必要です。

過酷な環境内に設置される換気システムの場合は、ステンレス鋼、アルミニウム、PVC、PP、PP などのプラスチックなどの他の材料で作られたダクトサイレンサーが必要です。

ポリマー製ダクトサイレンサーは、円形サイレンサーに使用されるインナーチューブやケーシングなどに金属製ダクトサイレンサーとデザイン性、機能性を両立させた互換素材を採用しています。不燃性の減衰ミネラルウールは今でも使用されています。

空調ダクトの防音対策はどのように行っていますか?

ダクトの動作をより静かにするにはどうすればよいですか_

最新の HVAC システム内の空気を動かすファンはさまざまな騒音を発生することが多く、これらの騒音はダクトを通して共鳴し、最終的にはこれらの耐え難い周波数が準備ができていない人の耳に到達することになります。

問題を軽減または完全に解決するにはさまざまな方法がありますが、ダクトサイレンサーはこの目的のために特別に設計されているため、確かに最も効果的な選択肢です。

ダクトサイレンサーの使用に関する効果的な解決策は、ファンと占有スペースの間に 1 つまたは複数のダクトサイレンサーを配置することです。この目的で使用されるエアダクトサイレンサーの種類は、利用可能なスペースとファンの仕様に大きく依存します。 空調ダクト 特に。

ダクトサイレンサーは非常に互換性がありますが、特定のエアダクトシステムとニーズに最適なオプションを選択する際には、これらの要素が依然として大きな役割を果たします。

  • Silent-Mod ダクトサイレンサー

これらはさまざまな仕様、モデル、長さが用意されており、形状や圧力損失と空気流量および騒音低減に対応します。

Silent-Mod HVAC は、最大の強度と側壁を通る音の伝達を低減するように設計されており、22 ~ 18 ゲージの亜鉛メッキ鋼板を使用して作られており、26 ゲージや 24 ゲージなど、気流の中で振動する可能性のある薄っぺらいベントノイズサイレンサー素材は使用されていません。

人気のある長方形と円形のタイプ HVACダクト用ダクトサイレンサー エルボー消散、ストレート消散、リアクティブ (ノーフィル)、エルボー、ストレート、クロストーク、アキシャル コーン、トランジショナルが含まれます。

HVAC システムの防音には他にもさまざまな方法があり、ある程度効果的です。しかし、これらの方法は、特にダクト構造のさまざまなコンポーネント内の音波と振動の動作と制御にそれほど大きな影響を与えません。

HVAC ダクトを防音する代替方法には、ライナーでダクトを断熱する、未使用の通気口を覆う、可能な場合はフレキシブルなダクト構造を選択する、必要に応じて修理する、エアダクト内に音の迷路を作成する、隙間を密閉する、軒天井を使用するなどが含まれます。

HVAC 通気口の防音に役立つ製品として、Quiet Wrap Pipe Soundproofing Wrap、RoadBlockR、VibraBlock、および Utterly Quiet Fabric-Covered Foam などがあります。

ダクトの動作をより静かにするにはどうすればよいでしょうか?

標準的な商業用建物や住宅用建物に関しては、 一般に、高品質の亜鉛メッキ鋼で作られた互換性のあるタイプのダクトサイレンサーを使用するだけで、望ましい結果を達成できます。。ほとんどの問題は、適切な設計、設置、ユニットの選択によって解決できます。

これは問題を総合的に解決するのに確かに効果的ですが、ダクトの騒音を軽減できる要因が他にもいくつかあります。

エアダクトの騒音の大部分はエアハンドリングユニットと発生する振動の結果であるため、これらの特定の問題に対処するために設計された他の代替ソリューションがいくつかあります。もちろん、それらが正確に対処され、診断されている場合に限ります。

  • フレキシブルダクトコネクタ(コンペンセータ)
6-1/2 インチ x 50 フィートのビニール製フレキシブル ダクト コネクタ、26 ga.

これらは、ファンやAHUなどのエアダクト機器によって発生する音を抑え、遮断する目的で特別に設計されています。

これらは吸音材として機能し、音を吸収する伸縮継手と補償器の製造を通じて振動と音を低減します。

フレキシブル ダクト コネクタは、雌端または雄端が付属する AHU の接続と互換性があるようにフランジ プロファイルで作成でき、2 枚の金属シートと布地で構成されます。

  • 防振ライニングを施したサポートとサスペンションブラケット

防振ライニングを備えたこれらのアクセサリは、ダクト構造内から発生する騒音を抑制することを目的として、減衰ソリューションとして機能します。

  • 防音材

ダクト断熱材は、断熱および結露の発生を防止する役割を果たすだけでなく、防音材としても機能します。

ダクト構造内にこの断熱材を含めることにより、ダクト構造内から発生する騒音が低減され、騒音が発生してダクトを通って建物や室内に伝わるのが防止されます。

  • 断熱裏地付きプレナムボックス

これらのプレナム ボックスは、エア ダクト サイレンサーとは異なりますが、ダクト配管の端である程度同様に動作する機能を備えています。

これらは遮音材で裏打ちされており、音波がボックスの表面積全体に均一に広がります。

ただし、これらのプレナム ボックスの取り付けは非常に正確である必要があります。空気供給部と空気抽出部を互いに直接対向して配置および設置することはできません。そのように配置すると、高周波音波の効率的な低減が妨げられるからです。

エアダクトの騒音を低減する方法は複数ありますが、エアダクトのサイレンサーを使用すると、不快なファンの騒音が大幅に低減されるだけでなく、通気口を通じて伝達および伝導されるクロストークの量も大幅に低減されます。

したがって、エアダクトノイズサイレンサーを効率的に設置した人が経験する音響的快適さのレベルは、ダクト内に振動減衰アセンブリ要素とフレキシブルカップリングを追加することによって向上します。

これにより、ダクトから発生する騒音に対処する主な理由が軽減され、プライバシーが確保されるだけでなく、当然の平和と静寂が得られます。

類似の投稿