ゆっくりと停止すると車のブレーキが鳴る3つの理由

これを想像してみてください。あなたが美しい景色を楽しみながら静かな近所を車で走っていると、突然ブレーキをかけると車から甲高いきしみ音が発生しました。ドライブの静けさを台無しにするだけでなく、車の状態に関する懸念も生じます。

ゆっくりと停止するとブレーキが鳴るのはなぜなのかとイライラして疑問に思う人

ゆっくりと停止するとブレーキが鳴くことがよくあります。 磨耗したパッド、パッド内の高金属含有量、または部品の湿気。これを軽減するには、 コンポーネントに注油し、高品質のブレーキパッドを使用し、新しいブレーキに適切な慣らしテクニックを適用します。.

原因を理解し、予防策を講じることで、不快な異音を回避し、ブレーキを最適な状態に保つことができます。

こちらもお読みください: 車の加速時のガタガタ音を解決する方法

ゆっくり停止するとブレーキが鳴く理由を理解する

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

ブレーキ鳴きの問題に効果的に対処する前に、根本原因を理解する必要があります。 ブレーキ鳴きを引き起こす重要な要因は次の 3 つです。

  • 磨耗したブレーキパッド
  • ブレーキパッドの金属含有量が高い
  • ブレーキコンポーネントに湿気が蓄積します。

これらの原因を特定したら、問題を修正し、ブレーキ システムの効率を維持するための適切な措置を講じることができます。

1. ブレーキパッドの磨耗

摩耗したブレーキパッド

ブレーキ鳴きの主な原因はブレーキパッドの磨耗です。ブレーキパッドが薄くなると、摩耗インジケーターと呼ばれる金属製のタブが金属製のブレーキディスクに沿って引きずり始め、大きなきしみ音が発生します。

この警告サインを無視すると、さらなる損傷につながる可能性があり、ブレーキパッドの交換が必要になるだけでなく、ブレーキローターの高額な修理も必要になります。

これらの予兆ノイズに即座に対応することで、時間とお金を節約でき、そして最も重要なことに、道路上の安全を確保できます。

2. ブレーキパッド中の金属含有量が多い

ブレーキ鳴きのもう一つの原因は、ブレーキパッドに含まれる金属含有量が高いことです。低品質のブレーキパッドには金属含有量が多くなる傾向があり、きしみ音が発生しやすくなり、ブレーキ性能が低下します。

車のブレーキパッドに使用される材料には、次のようなものがあります。

  • 黒鉛
  • 鋼鉄

ブレーキシステムの有効性に影響を与える可能性があります。高品質のブレーキパッドへの投資は、鳴きを軽減するだけでなくブレーキ体験を向上させるため、安全な運転と停止のために不可欠です。

3. ブレーキコンポーネントへの湿気の蓄積

ブレーキコンポーネントに水分が蓄積すると、ゆっくりと停止したときにきしみ音が発生する場合もあります。この蓄積は、結露や雨、氷、雪などの気象条件にさらされることによって引き起こされることが多く、ブレーキ部品の表面に錆びを引き起こす可能性があります。

走行を続けることで、ブレーキ鳴きの原因となるローターに湿気が蓄積する場合に効果的です。錆層は急速に除去され、走行後すぐに鳴きが止まり、車のブレーキパッドが適切に機能するはずです。

ゆっくりと停止するときにブレーキが鳴る場合の修理方法

低速で停止するときにブレーキが鳴る原因を特定したので、この問題に対処するためのいくつかの実用的な解決策を検討してみましょう。

3 つの効果的な方法には、ブレーキ コンポーネントの潤滑、高品質のブレーキ パッドへのアップグレード、新しいブレーキの適切な慣らしテクニックの実施が含まれます。

これらのソリューションを実装すると、不快なきしみ音を軽減し、車両全体のブレーキ効率を向上させることができます。

1. ブレーキコンポーネントに注油します

車のブレーキ部品に注油する整備士

ブレーキコンポーネントを潤滑すると、ブレーキパッドとローター間の摩擦が大幅に軽減され、きしみ音が最小限に抑えられます。

ドラムブレーキ車は潤滑不足によりブレーキ鳴きが発生することがあります。これは、シューとドラムが接触し、それらの間の潤滑が不十分な場合に発生します。

ブレーキパッドの裏側とキャリパーのスライドに高温のブレーキ潤滑剤を塗布すると、この問題が軽減され、スムーズでノイズのないブレーキが可能になります。

2.高品質ブレーキパッドへのアップグレード

セラミック ブレーキ パッドなどの高品質のブレーキ パッドに投資すると、次のようなメリットが得られます。

  • 鳴きの減少
  • 全体的なブレーキ性能の向上
  • 長期にわたる耐久性
  • 最小限のきしみ
  • 防錆性

高価であり、急ブレーキのシナリオには理想的ではないかもしれませんが、優れたブレーキ性能と騒音の低減という利点により、投資する価値があります。

あなたの車に合わせて賢く選択し、ブレーキが信頼性が高く静かであることを理解して、安心して運転してください。

3. 新しいブレーキには適切な慣らしテクニックを使用する

新しいブレーキパッドを適切に慣らし、ローターと適切に接触させることが重要です。これにより、ぎらつきや鳴きの可能性が軽減されます。

新しいブレーキパッドを取り付けた後は、急ブレーキを避け、徐々にゆっくりと停止することをお勧めします。これによりパッドがローターになじみ、鳴きのリスクが最小限に抑えられ、最適なブレーキ性能が確保されます。

ブレーキ鳴きを防ぐための予防策

車のブレーキパッドを点検する人

原因と解決策を理解するだけでなく、徐停止中にブレーキがきしむのを避けるための予防措置を講じることも同様に重要です。

定期的なブレーキメンテナンス、強引なブレーキテクニックの回避、適切な保管条件の確保はすべて、ブレーキ鳴きの発生を最小限に抑え、ブレーキシステムの性能を維持するのに役立ちます。

定期的なブレーキメンテナンス

鳴きを防ぐために定期的にブレーキメンテナンスを行ってください。ブレーキパッドの摩耗の検査、ブレーキラインの漏れの確認、ブレーキ液が適切なレベルにあることの確認は、日常メンテナンス作業のほんの一例です。

車のブレーキとブレーキ システムをこまめにメンテナンスすると、潜在的な問題を回避し、スムーズで安全な運転体験が保証されます。

強引なブレーキングを避ける

急停止したり、ブレーキペダルを踏み続けたりするなど、強引なブレーキをかけると、ブレーキが過熱し、ブレーキ鳴きが発生する可能性があります。代わりに、穏やかなブレーキをかけて、可能な限り急停止を避けてください。

これらの運転習慣を採用すると、ブレーキの鳴きを軽減し、ブレーキコンポーネントの寿命を延ばすことができます。

適切な保管条件

温度管理された環境で車両を保管すると、湿気の蓄積が軽減され、ゆっくりと停止したときのブレーキ鳴きを防ぐことができます。これにより、ブレーキを乾燥した状態に保ち、ブレーキコンポーネントに湿気が蓄積するのを防ぎます。

適切な保管条件を維持すると、ブレーキの鳴きを軽減し、車両のブレーキ システムを最高の状態に保つことができます。

こちらもお読みください: 車のエンジンのリフターカチカチ音 - 修理と治療

その他のブレーキ異音とその原因の特定

急なブレーキを避けて車を運転する人

ブレーキシステムから発生する可能性のある異音はきしみだけではありません。ギシギシ音やガタガタ音も一般的なブレーキノイズであり、それぞれに独自の原因と考えられる解決策があります。実際、きしむ音はブレーキ システム内に問題がある兆候である可能性もあります。

このセクションでは、道路上で車両の安全性と健全性を維持することを目的として、これらの追加のブレーキノイズとその効果的な解決策について詳しく説明します。

研削音

ブレーキのギシギシ音は通常、金属と金属の接触が原因で発生し、磨耗したブレーキパッドやローターの損傷によって発生することがよくあります。ブレーキをかけたときにギシギシ音が聞こえる場合は、さらなる損傷を防ぐために、すぐに問題に対処することが重要です。

車両を整備士に返却して直ちに対応してもらうと、さらなる損傷を防ぎ、ブレーキが良好に機能することを確認できます。

カタカタ音

ブレーキのガタガタ音は、コンポーネントの緩み、部品の破損、またはブレーキパッドの摩耗によって発生する可能性があります。ブレーキをかけているときにガラガラ異音を発見した場合は、車両へのさらなる損傷を防ぐために、直ちに対処する必要があります。

プロの整備士による徹底的な検査は、ガタつきの原因を特定し、車両のブレーキ性能を回復するための適切な措置を推奨するのに役立ちます。

こちらもお読みください: 車の運転中にカチカチ音がしますか?

まとめ

結論として、低速で停止するときにブレーキが鳴るのは迷惑かもしれませんが、原因を理解し、効果的な解決策を実行することで、問題に対処し、車両のブレーキ性能を維持することができます。

定期的なメンテナンスを実施し、無理なブレーキを避け、適切な保管条件を確保することで、ブレーキ鳴きの発生を最小限に抑え、スムーズで安全な運転体験を楽しむことができます。

ブレーキのきしみが平穏なドライブを台無しにしないようにしましょう。先を見越して高品質のブレーキ コンポーネントに投資し、車両が今後の道路に最適な状態にあることを確認してください。

ブレーキは車両の安全システムの重要な部分であり、ブレーキを抑制するために必要な措置を講じることは、快適さだけでなく、あなたと同乗者の安全にとっても最も重要です。

よくある質問

ブレーキの鳴きを止めるにはどうすればよいですか?

ブレーキの鳴きを止めるには、ブレーキパッドとキャリパーキャリアの接触点をブレーキグリスなどの適切な潤滑剤で潤滑してください。必要に応じて、ノイズを低減するためにシムを取り付けたり、ローターやパッドを交換したりすることもできます。

車がきしむのにブレーキをかけると止まるのはなぜですか?

運転中に車がきしみ、ブレーキをかけたときに停止する最も可能性の高い原因は、ブレーキ摩耗インジケーターがローターの表面に触れていることです。

パッドは正常なのにブレーキが鳴くのはなぜですか?

ブレーキをかけたときに聞こえるきしみ音は、ブレーキパッドに組み込まれた摩耗インジケーターから来ている可能性があり、すぐに交換する必要があることを示しています。あるいは、ブレーキが温まると停止するはずのローターに結露が溜まっているだけかもしれません。

ブレーキパッドを新品にした後、ゆっくり停止しているときにブレーキが鳴くのはなぜですか?

新品のブレーキパッドは、「慣らし」のプロセスにより鳴きが発生しやすいことがよくあります。これは正常なことであり、それ以上使用する場合は中止する必要があります。

ブレーキ鳴きを防ぐにはどのような予防策を講じればよいでしょうか?

ブレーキのきしみを防ぐには、定期的にブレーキのメンテナンスを行い、穏やかなブレーキテクニックを使用し、車両を乾燥した環境に保管してください。

情報源

類似の投稿