バスルームでエコーが発生する 3 つの理由とその解決方法

バスルームは、エコーの問題が発生することを最も望んでいない、または発生すると予想される部屋です。この迷惑行為は予期せぬプライバシーの問題につながり、非常に恥ずかしいことです。しかし、そもそもバスルームでこれほど反響が大きい原因は何でしょうか?

バスルームは通常、防音性と断熱性が不適切なため、反響音が大きくなります。最も一般的な原因は、バスルームの建設に使用される材料の問題です。浴室の反響音を軽減するには、浴室を防音仕様にリフォームするのが効果的です。

こちらもお読みください: 室内のエコーを安価に低減する 5 つの効果的な方法

バスルームでエコーが発生する理由とその解決方法

この記事では、浴室のエコー問題の正確な原因を特定する方法について説明します。このエコーを除去する方法についても説明します。それでは、詳細を掘り下げて、なぜバスルームでこれほど反響が大きいのかを理解しましょう。 

バスルームにエコーが響く 3 つの理由

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

あなたのバスルームに反響が大きい理由を判断する最善の方法は、建物に欠陥がないか検査することです。 

バスルームの建材、パイプが発する音、バスルームのドアの厚みなどが原因で、バスルームに反響が大きくなる場合があります。これらすべての要因により音が増幅され、バスルームにエコーが発生する可能性があります。 

1. 建築材料と表面が音を増幅する可能性がある

まず、バスルームの音を増幅させている可能性のある建材や表面に損傷がないかどうかを検査します。 

バスルームの音がうるさい理由を調査する際に注意すべき点には、次のようなものがあります。 

  • ひび割れ。 亀裂は、音波が前後に跳ね返る小さな穴です。この反響によりエコーが発生し、バスルーム内のあらゆる音も増幅されます。  
  • 平らな表面。 装飾されていない壁や鏡など、ほとんどの平らな表面では、バスルーム内でエコーが跳ね返ります。
  • バスルームの建材。 バスルームに反響が大きくなるもう 1 つの要因は、バスルームの建設に使用される材料です。 難しい 木や石などの素材は音を反射します。グラスファイバーのような柔らかいものはそうではありません。

グラスファイバー以外にも騒音防止に適した素材がいくつかあります。 デグナンデザインビルド改造 また 推奨します ロックウールを最適な素材として検討しています。

バスルームに適切な建築材料を選択すれば、騒音の問題を心配する必要がなくなります。騒音を遮断する、頑丈で耐久性のあるものが必要です。

2. 騒音の多いパイプ

バスルームに不快な騒音を引き起こす可能性のあるもう 1 つはパイプです。水の動きの音を遮断するのに十分な材料がないと、パイプの音が非常に大きくなる可能性があります。

「Silver Lineing Day Dreams」は、一般的な住宅の問題に対する簡単な解決策を提供することに特化したホームセンターの YouTube チャンネルです。彼らは、バスルームのパイプの騒音を適切に防ぐ方法に関するチュートリアルを作成しました。

「Silver Lineing Day Dreams」のチュートリアルで示されているように、断熱材を使用してパイプのノイズを消すことができます。彼らのビデオでは、泡を使用してパイプを包みます。 

さらに、パイプが緩んでいると、常に騒音が発生する可能性があります。断熱材としてフォームを使用すると、パイプのガタガタ音やエコーを防ぐことができます。

パイプの緩みによるガタガタ音に加えて、温度もパイプの不要な異音の一般的な原因です。冬季の気候によりパイプが収縮するため、継続的にきしむ音が発生することがあります。この場合でも、断熱材が騒音を遮断し、パイプの収縮を最小限に抑える最善の方法です。 

3. バスルームのドアの厚みや頑丈さが不十分である可能性があります

場合によっては、バスルームのドアから騒音が侵入してしまうことがあります。ドアとドア枠の間に隙間があると、ある程度の騒音が発生します。

あなたがそれを見つけたら、 ドアは薄くて空洞です、ソリッドコアドアを設置することをお勧めします。中実のドアは中空のドアよりも厚いため、騒音をよりよく遮断します。

ドアスイープは、ドアと床の間の隙間を埋めることで機能します。不要なノイズに対する優れたバリアとして機能します。

私のものをチェックしてください 防音対策におすすめのドアスイープ

浴室内のエコーを軽減する方法

バスルームのエコーの原因を分析したので、解決策を見てみましょう。

1. しっかりとした防音材を使用する

バスルームを新築する場合でも、改装する場合でも、反響を防ぐ建築材料を使用することが不可欠です。また、水に濡れにくい素材を選ぶことも大切です。

浴室のリフォームに興味がある場合は、断熱材を厚くし、壁や床の亀裂や隙間を塞いでください。 

予算に優しい修正をするには、秘密をインストールしてみてください 防音材 あなたのバスルームで。 テクスチャーのあるウォールアート、タオルバー、キャビネットや植物などの家具を使用して、空間を分割し、騒音を軽減することができます。 

2. パイプをフォームで保護し断熱する

前に述べたように、パイプがガタガタして異音が発生した場合は、パイプをフォームで包むと簡単に修正できます。 

さらに、この方法でパイプを保護すると、他の利点も得られます。 ウォーターヒーター.com 議論します パイプを発泡材で包むことでエネルギーコストがどのように節約されるか。

フォームがパイプのガタつきを防ぎ、断熱効果があるため、パイプを保護することができます。

泡でパイプを適切に保護する方法についてのチュートリアルが必要な場合は、次のビデオをお勧めします。 ホームデポ:

上記のチュートリアルでは、 ホームデポ 必要な泡の量を決定するためにパイプを注意深く測定することをお勧めします。この作業には、ポリエチレンフォームまたはゴム製のパイプスティックを使用することを推奨しています。

3. 丈夫なドアを選ぶ

頑丈なドアを選択すると、バスルームから騒音が漏れるのを防ぐことができます。

推薦する 頑丈なコアドアへの投資。それは、ソリッドコアドアは当然厚いことに加えて、より高い断熱性も備えているためです。

ソリッドコアドアをドアスイープなどの他のヘルパーと組み合わせることもできることを忘れないでください。この組み合わせは、バスルームを断熱して隔離し、騒音が漏れるのを防ぎます。 

こちらもお読みください: 防音室内ドアベスト5

結論

バスルームの音がうるさいのはイライラする問題ですが、簡単に解決できます。エコーを防ぐための最良の方法の 1 つは、ノイズをブロックする適切な素材を選択することです。

これには、ガタガタするパイプを包むために発泡体やゴムを使用することが含まれます。エコーを防ぐもう 1 つの良い方法は、断熱性の高いドアを選択することです。  

浴室を常に点検して、騒音の侵入を引き起こす亀裂や隙間がないことを確認してください。場合によっては、こうした小さな問題が原因でノイズが継続的に発生することがあります。ただし、適切なツールと材料を使用すれば、この煩わしさは長引くことはありません。

類似の投稿