緑色の接着剤は防音に効果がありますか?

私は、Green Glue に投資する価値があるかどうかをよく尋ねられます。防音プロジェクトについて調べているなら、この名前に出会って同じことを疑問に思ったことがあるかもしれません。さて、簡単な答えは次のとおりです。

防音シーラントのブランドであるGreen Glueは間違いなく価値があります。音が通過する材料間の小さな隙間をシールするのに最適であるだけでなく、低周波音を減衰させるのにも優れています。これは、それらを熱エネルギーに変換することによって行われます。

緑色の接着剤には価値がありますか_

この記事では、Green Glue とは何なのか、どのように機能するのか、防音プロジェクトでどのように使用できるのかについてもう少し詳しく説明します。最後までに、Green Glue のエキスパートになっていることを願っています。

チェックアウト 私のレビュー グリーングルーの。

グリーングルーとは何ですか?

アフィリエイトとして、私はこのページのリンクから売上の一部やその他の報酬を徴収する場合があります。

Green Glue は、防音コンパウンドの一種のブランド名です。同社はこれをこのように呼んでいますが、本質的には音響コーキングです。

音響コーキングは通常のコーキングとほぼ同じです。物をくっつけたり、材料間の小さな隙間をシールしたりするために使用できます。

ただし、大きな違いが 1 つあります。Green Glue には消音特性が含まれており、空間内の騒音低減に貢献します。

その主な成分は、 粘弾性化合物、硬化するが硬化しない材料です。つまり、Green Glue は表面を接着しますが、通常のコーキングのように完全に硬化することはありません。

これらの粘弾性特性により、この製品は非常に効果的な防音効果を発揮します。音波が製品に接触しても、音波が通過することはありません。基本的に、Green Glue は音波による振動の発生を防ぎます。

その背後にある科学は次のとおりです。音波は材料内の分子を振動させます。これはせん断力として知られています。

せん断力は、物質 (空気であっても固体であっても) に波紋を引き起こします。この波紋は本質的には音波です。

音波は表面を通して振動しますが、緑色の接着剤は弾性を維持しているため、緑色の接着剤によって停止されます。

コーキングの弾性は、音波が引き起こす上下の動きに抵抗するため、その軌道におけるせん断力を阻止します。

次に、Green Glue の分子を振動させようとして力を消費するため、振動エネルギーは熱エネルギーに変換されます。

前にも述べたように、Green Glue は単なるブランド名です。他の種類の音響コーキングも入手できますが、おそらく Green Glue が最もよく知られています。

防音プロジェクトで使用すると、騒音伝達のレベルに驚くほどの違いが生じますが、明らかに、Green Glue を単独で使用することはできません。

基本的にはシーラントの一種であるため、使用する他の方法を改善するだけであることに注意してください。たとえば、乾式壁シートをシールするのには優れていますが、それ自体では何も機能しません。

緑色の接着剤を使用することの長所と短所

緑色の接着剤
画像ソース: greengluecompany.com

一般的に言えば、Green Glue はすべてポジティブです。ただし、次の防音プロジェクトで使用する場合は、考慮すべき小さな欠点がいくつかあります。

防音用Green Glueの主なメリットとデメリットは次のとおりです。

長所

低周波ノイズに効果があります

多くの防音製品の主な欠点は、高周波ノイズに対しては効果がほとんどないことです。

これは、構造に質量を追加するなどのソリューションにも当てはまります。

ただし、Green Glue は低周波で効果があり、物体を通過する際のエネルギー消費が少なくなります。

これは、80 ~ 100 Hz の周波数を扱うのに便利な追加機能であることを意味します。

接合部や隙間をシールするのに役立ちます

Green Glue は、その消音特性に加えて、乾式壁のシート間などの小さな隙間をシールするのに最適です。 大量に充填されたビニール (Amazonリンク)。

音波は、最も小さな隙間さえも通過できるという意味で、熱とよく似た働きをします。

したがって、空間を効果的に防音するには、これらの小さな隙間をすべて密閉する必要があります。

この作業に Green Glue を使用すると、2 つのレベルで機能します。つまり、物理的に隙間を密閉し、ある程度の防音効果も提供します。

衝撃音と空気伝播騒音の両方に対して効果を発揮します

Green Glue はその弾性特性により、衝撃音と空気伝播騒音の両方を低減できます。

乾式壁やフローリングなどの硬い構造物を音波が通過する能力を低減するのに特に効果的です。

短所

単独では使用できません

これは実際には欠点ではありませんが、それでも検討する価値はあります。 Green Glue をプロジェクトの唯一の防音材として使用することはできません。

最良の結果を得るには、基本的に、大量のマスやその他の緩衝材を塗布した後、グリーングルーを仕上げ剤として使用する必要があります。

治るまでに30日くらいかかる

繰り返しますが、これは大きな欠点ではありませんが、Green Glue は完全に効果を発揮するまでに約 30 日かかります。

先ほども述べたように、完全に乾燥することはありませんが、30 日以内に最高の結果を期待しないでください。

迅速な防音プロジェクトを計画している場合は、Green Glue の即効性を期待しないでください。

実は接着剤ではないんです

名前は違うかもしれませんが、Green Glue は実際には接着剤ではありません。シーラントとして使用できる制振剤です。

つまり、大量の荷重がかかったビニールや乾式壁を貼り付けるために使用できるとは考えないでください。この種の作業では、依然として従来の接着剤、釘、またはネジに頼る必要があります。

Green Glue を壁に追加する場合は、最初に塗布してから 15 分以内にその上に材料を固定してください。

安くないよ

Green Glue はさまざまな販売元から購入できますが、安くはありません。

大規模な防音プロジェクトを計画している場合は、予算を拡大する準備をしてください。

とはいえ、まとめ買いをすることでコストを抑えることができます。これ グリーングルーの5ガロンバケツ (Amazon リンク) は高価ですが、少量を購入するよりも費用対効果が高くなります。

緑のりの使い方

緑のりの使い方

ほとんどの場合、Green Glue の使用は、表面に向けてトリガーを握るのと同じくらい簡単です。

ただし、プロセスを簡単にするための役立つヒントがいくつかあります。

Green Glue の使用方法に関する主なヒントは次のとおりです。

  1. Green Glue を掃除するのはほぼ不可能なので、必ず新聞紙やダストシートをたくさん敷いてください。
  2. 最良の結果を得るには、乾式壁シートの背面に塗布し、シート間の隙間をシールします。
  3. 有毒ではありませんが、作業場は常に換気がよく、適切な安全装備を着用していることを確認してください。
  4. かう ディスペンスガン (Amazon リンク) が最も簡単なアプリケーションです。

最後に、Green Glue でどのような領域をカバーできるかを知っておく価値があります。もちろん、購入する金額によって異なりますが、大まかな数字をいくつか示します。

材料 16 平方フィートあたり、グリーングルーのチューブ全体 (約 29 オンス) を使用することをお勧めします。

これは、亀裂の間とシートの裏側全体に適用することに基づいて、乾式壁の 4 x 8 フィートのシートあたり約 2 本のチューブとして機能します。

もちろん、これは単なる大まかなガイドラインです。必要に応じて自由に設定することもできますが、上記の測定値以上に寛大になることはお勧めしません。

最終的な考え

つまり、Green Glue は間違いなく投資する価値があります。防音工事の最終段階を追加するので、防音プロジェクトを終えるのに最適な方法だと私は思います。

Green Glue を使用して何か良い結果がありましたか?以下のコメント欄でお知らせください。

類似の投稿